コラム

thumb

【日本代表コラム】気になった2つのこと

▽残念ながら、試合の入り方、試合運びという面で、シリア代表戦の反省を生かすことはできなかった。キックオフ直後からバタバタしたプレーが多く、球際で強さを見せるイラン代表に苦戦を強いられる。そして、両サイドの推進力を駆使してボールを持ち上がる相手に押し込まれていった。 ▽その後、ピッチをワイドに使いながらイランの守備 2015.10.14 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】前後半の変化

▽蒸し暑い気候、長めの芝生といった環境の中、シリア代表との首位攻防戦を制して得た勝ち点3と、グループ首位の座。中立地での試合ということを差し引いても、悪くない結果だったと言えるだろう。特に前半は予想以上にアグレッシブなシリアの出足を受け、思うように試合を進めることができなかったが、ゴールレスのまま迎えた後半に戦い方を変 2015.10.09 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】改善した左と生まれた幅

▽前日会見で「2つのポジションで先発が決まっていない」と語っていたハリルホジッチ監督のコメントを受け、多くの人が宇佐美の先発を予想しただろう。そういった意味で原口の起用は驚きだったが、その意図は明白だった。そして、原口も期待に応えるパフォーマンスを披露し、結果と内容を両立させることに成功した。 ▽先日のカンボジア 2015.09.09 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】起点になった右とちぐはぐな左

▽このところの練習で取り組んでいたというサイド攻撃で何度も形は作ったが、特に前半はそのほとんどが右サイドからだった。最後のクロスが少し単調ではあったが、本田と酒井宏、そこに長谷部や香川が絡んだコンビネーションや動きからゴールに迫る場面を何度か作りだした。ただ、前述したように、ボックス中央に放り込まれるクロスが合うことは 2015.09.04 13:36 Fri
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】東アジアカップで得たもの

▽今回の東アジアカップは、国内組の選手たちにとって代表定着に向けて自身の力をアピールする格好の舞台だった。今大会に向けたメンバー発表の席で、「一番試したいことは?」と問われたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「次の合宿に向けて選手を発見したい」と主張。その後、別の記者から「選手の発掘と結果を両立できるのか」との質問を受 2015.08.10 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】積極果敢なチャレンジを

▽過密日程、疲労、選手の発掘、といった要素から、全選手の入れ替えも予想された韓国戦だったが、日本代表はGK西川、DF遠藤、森重、槙野、MF山口、FW永井の6選手が北朝鮮戦に引き続き先発した。チームのバランスを大きく崩したくなかったこともあるとは思うが、北朝鮮戦でやられた形を“復習”しておきたいとの考えもあったのではない 2015.08.06 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】敗戦の中にも見られた新戦力の活躍

▽右サイドに展開されたボールを受けたDF遠藤航が早いタイミングでゴール前へクロスを送る。すると、ニアサイドに走り込んだMF武藤雄樹が左足のインサイドにボールを当ててゴールに流し込む。この試合がA代表デビューとなった二人のプレーから、幸先の良い先取点がもたらされた。 ▽その後も、遠藤は一対一で抜群の強さと安定感を見 2015.08.03 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

【コラム】「らしさ」を貫いたなでしこジャパン

▽5-2という衝撃的なスコアで幕を閉じた女子ワールドカップ(W杯)。敗戦から一夜明け、7日になでしこジャパンのメンバーが帰国した。優勝まであと一歩のところでの大敗は、多くの人に衝撃を与えたはずだ。しかし、帰国後の取材で選手たちは決勝での敗戦を冷静に受け止めていた。 「対策はしていましたが、それを上回ってくることを 2015.07.10 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【コラム】なでしこを混乱させたセットプレーに集約されたアメリカの意地

▽悪夢の16分間──こんな展開を誰が予想していただろうか。日本人はおろか、アメリカ人でさえ、ここまでの展開は予測していなかったと思う。連覇を目指したなでしこジャパンにとって、立ち上がりの16分間で喫した失点は最後まで重くのしかかってしまった。 ▽4大会ぶりのワールドカップ(W杯)優勝、そして日本へのリベンジに意気 2015.07.07 00:22 Tue
twitterfacebook
thumb

白クマが繋ぐなでしこのチームワーク、連覇に向けた決勝Tへ《カナダ女子ワールドカップ2015》

▽日本時間17日にカナダ女子ワールドカップ2015グループC第3節が行われ、エクアドル女子代表に1-0と辛勝したなでしこジャパンは、グループ首位での決勝トーナメント進出を決めた。試合内容はともあれ、まずは目標だったグループステージ首位通過を達成したことを評価したい。 ▽さらにこの3試合では、登録メンバー23名全員 2015.06.17 22:48 Wed
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】準備不足

▽キックオフ直後、MF柴崎からの大きな展開が右サイドのFW本田へ。本田のカットインからこぼれたボールを拾ったFW宇佐美が、ゴール正面の位置からやや強引にシュートを放っていく――。キックオフからここまでに要した時間は約9秒。キックオフ直後に受けに回ってしまった11日のイラク代表戦の反省を生かし、上々の滑り出しを見せた。 2015.06.17 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】新たな世代の胎動

▽素早い攻守の切り替えを見せ、少ないタッチでパスを回し、距離感を保ちながらタテへの速さを意識する。ヴァイッド・ハリルホッチ監督の就任後、3度の合宿(国内組合宿含む)の中で意識づけし、行ってきた練習の成果がしっかりと落とし込まれた試合だった。 ◆4と0 ▽4-0という結果だと「4」の方に注目が集まりがちだが、個人 2015.06.12 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

初招集選手プロファイル No.2~谷口彰悟~

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、11日にキリンチャレンジカップ2015のイラク代表戦(神奈川/日産スタジアム)、そして16日にロシア・ワールドカップアジア2次予選のシンガポール代表戦(埼玉/埼玉スタジアム2002)を迎える。 ▽この2試合に向け、初招集されたのはDF丹羽大輝(G大阪)と、MF谷口 2015.06.11 11:52 Thu
twitterfacebook
thumb

初招集選手プロファイル No.1~丹羽大輝~

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、11日にキリンチャレンジカップ2015のイラク代表戦(神奈川/日産スタジアム)、そして16日にロシア・ワールドカップアジア2次予選のシンガポール代表戦(埼玉/埼玉スタジアム2002)を迎える。 ▽今回の2試合に向け、初招集されたのはDF丹羽大輝(G大阪)と、MF谷 2015.06.11 11:51 Thu
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】上々の船出

▽ハリルホジッチ監督の言葉どおり「本当に素晴らしい出発になった」。青山のスーパーボレーにはじまり、最後は宇佐美と川又の“らしい”代表初ゴールで大量5得点を奪取。最高の形で新体制の2試合を終えたようにも思えるが、試合をトータルで評価すると、課題も多く見つかった。ただ、前回のコラムでも触れたように、それは当然のこと。試合後 2015.04.01 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】選手の意識を高めた初陣

▽「明日は、これまでプレー機会が少なかった選手たちを起用したいと思っている」。前日会見でそう語った新指揮官の言葉どおり、大分スポーツ公園総合競技場のピッチには新鮮な顔ぶれが並んだ。結局、最後は後半途中から出場した“先輩方”がご活躍。岡崎と本田という役者のゴールにより、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の初陣を白星で飾ること 2015.03.28 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【日本代表コラム】開かれた代表

▽先日の就任会見同様、新指揮官の並々ならぬ意欲を感じる約1時間のメンバー発表会見だった。そして、今回の会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督が何度も強調していたのが、「日本代表は全員に開かれている」ということだった。 ▽今回のリストに名を連ねたのは、通常の23名ではなく、ケガ人3名を含む31名(そのほかバックアップ 2015.03.20 20:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp