新システムのカギはWBと2シャドー、救世主はWB原口元気か/日本代表コラム

2019.06.06 12:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メンバー表を見たときに驚い人は少なくないのかもしれない。大きな期待を寄せられ、注目の的になっていたFW久保建英(FC東京)の名前がなかった。GK川島永嗣(ストラスブール/フランス)、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)のベテラン勢と共にスタンドで試合を見守った久保。しかし、それ以上に驚かせたのは、新システムの採用だった。◆ついに解禁された3バック
Getty Images
トリニダード・トバゴ代表選で森保一監督が採用したのは、[3-4-2-1]のシステム。日本代表としては久々の3バックの採用となり、いよいよ新たな準備段階に入ったことを感じさせた。

そもそも、森保監督が3バックを採用することは大きな驚きではない。サンフレッチェ広島でJリーグを制した時代には、[3-4-2-1]のシステムがお馴染み。むしろ、日本代表監督就任でこのシステムを採用しなかったことが驚かれたほどだった。

それでも、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督、西野朗監督と繋いできた日本代表にとって、いきなり3バックに変更することに抵抗があることも事実だっただろう。1月にはアジアカップも控えていたこともあり、新たな選手を慣れたシステムにハメ込むという時間だったようにも思える。

そして迎えた今シリーズ。森保監督の十八番とも言える[3-4-2-1]を採用した。しかし、結果は0-0のゴールレスドロー。結果を見れば消化不良とも言えなくはない。

◆及第点の守備陣
3バック解禁となったこの試合、その顔ぶれは冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)、昌子源(トゥールーズ/フランス)、畠中槙之輔(横浜F・マリノス)の3名。それぞれが日本代表でプレーしていたが、初の組み合わせとなった。

冨安はクラブで3バックが採用されており、いつも通りのポジション。昌子は4バックがベースのチームだが、シーズン中に3バックも経験。畠中はチームは4バックを採用しているが、変則的なシステムのため苦にしている様子はなかった。

相手も3トップを採用して数的同数の状況だったが、しっかりと個々が対応。プレー精度の問題もあり、危険なシーンはそれほど作られなかったこともあるが、落ち着いてビルドアップも行い、無失点で抑えたことは評価して良いだろう。

また、GKを務めたのもシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)と経験が浅い選手だったが、そつなくこなしていた。後半には裏に抜け出され一対一のピンチを迎えたが、冷静な対応でゴールを許さなかった。

◆課題山積の攻撃陣
Getty Images
3月のシリーズでも攻撃面で課題を残した日本だったが、この試合でも決定力のなさは露呈してしまった。前半からシュートチャンスを作っていた日本だが、決定機で放つシュートは全てGKへ。後半も猛攻を見せていたが、フィニッシュの精度がなかった。

相手GKフィリップの好セーブも何度となく見られたが、フィニッシュの形が乏しかったことも要因の一つと言えるだろう。

また、これまでのシステムでは前線が[3-1]という構成だったが、この試合は[2-1]という状況。攻撃の枚数が1枚少なかったことも攻撃が活性化しなかった要因とも言える。トップの大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)に対し、中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、堂安律(フローニンヘン/オランダ)の関わり方も良いとは言えなかった。

2人ともにボックス付近からの積極的なシュートは見せたものの、この展開は3月シリーズやアジアカップでも見られたもの。ユニットで崩しきる形ではなく、個で仕掛ける強引なシュートが増えるときは、このチームの力が最大限に発揮されるシーンではない。新システム採用という点を踏まえればこれからとも言えるが、このチームが一貫して抱える問題はまだ解消されていない。

◆WBの難しさ、原口元気が救世主か
Getty Images
そして、それ以上に課題となったのがウイングバック(WB)の働きだ。[3-4-2-1]のシステムにおいて、大きなカギを握るのが両ウイングバックとなる。

この試合では右に酒井宏樹(マルセイユ/フランス)、左に長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が入り、これまで4バックの両サイドを務めた2人がピッチに立った。

サイドバックとウイングバックの違いは、そのポジショニングの難しさにある。サイドバックは最終ラインの一角となるため、ベースポジションが後ろになるが、ウイングバックとなれば、サイドハーフとサイドバックの中間となる。攻守にわたってのプレーが求められるポジションだが、動き方だけでなく、ポジショニングがチームのバランスを決める。

酒井、長友と経験も豊富な両選手だが、その難しさを口にしている。長友は「ウイングバックというのはとにかく頭を使わないと、チーム全体が狂う」と試合後にコメント。この試合では持ち前の運動量を見せ、及第点のプレーを見せていたが、違いを見せるほどのプレーはできず、精度を上げる必要があることを感じさせた。

攻撃に出るタイミングが遅れれば、せっかくのチャンスが不意になり、早すぎればカウンターの狙い所にもされてしまうウイングバック。しかし、後半途中に投入された原口元気(ハノーファー/ドイツ)がその問題を解決してくれそうな予感を見せた。

相手が疲れてきたタイミングからの投入ではあったが、原口はウイングバックのポジションをそつなくこなした。元々ハードワークができるサイドハーフとしてプレーしてきた原口は、ハリルホジッチ監督時代には試合中にサイドバックを務めることもあった。攻撃だけでなく、守備でも貢献してきた原口にとっては、前を向いてプレーしやすいウイングバックのポジションは最も力を発揮できる場所かもしれない。

◆2シャドーの適性
Getty Images
加えて、このシステムでカギを握るのが2シャドーに入るのクオリティだ。中島、堂安が先発、途中から南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、伊東純也(ヘンク/ベルギー)が入った。

中島、堂安は良い形でボールを受け、自分たちの形を試合中に見せていたが、これまでトップ下に入っていた南野が不在であったこともあり、トップの大迫との距離感があまり良くなかった。

2シャドーと2列目のワイドでは求められるプレーに差が出てくる。1トップとの距離が変わっていたが、中島、堂安ともに外で待つシーンが多く、ウイングバックとの連係が高まっていないこの試合では効果的ではないシーンも見られた。

一方で、伊東は室屋成(FC東京)との関係となったが、持ち味であるスピードを生かそうと裏をとる動きを繰り返した。南野は大迫との距離感も良く、また相手が引いたこともあり柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)、小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)の両ボランチが前にポジションを取れたこともあって、ユニットとしての崩しを見せていた。

ここの精度アップは[3-4-2-1]を推し進めていくとなれば欠かせないもの。ウイングバックと併せて、誰が適任者なのかを見つけるとともに、個々のプレーをアジャストしていく必要はあるだろう。

いずれにしても、新システムを解禁した森保監督。9月のカタール・ワールドカップ予選まではコパ・アメリカを除けば、9日のエルサルバドル代表戦(宮城)しか残されていない。予選中も色々なことを試していくだろうが、今のチームではアジアでの戦いにも不安材料は残っている。新たな策を見出したという点では、伸び代に期待するしかない。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント
関連ニュース
thumb

日本代表が直面した2年前の悪夢が過る“わずか”ながらも決定的な差/日本代表コラム

あれから2年余り──ほとんどの人が絶望のどん底に落とされたであろう、あの試合を思い出させる結末となってしまった。 日本代表は17日、国際親善試合でメキシコ代表と対戦。結果は0-2でメキシコが勝利を収めた。 <div id="cws_ad">◆森保ジャパン、FIFAランキング11位のメキシコに奮闘も後半2失点で惜敗<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=wzzdprps6nnl1cl1m3yonz86c" async></script></div> 日本の平日早朝というなかなかないタイミングで行われる試合。ただ、出勤前、登校前に早起きして観戦した方も多いのではないだろうか。また、在宅ワークも増えている今の時期であれば、より観られた方も多いのかもしれない。 眠い目を擦りながらも早起きした人たちは、「早起きは三文の徳」という諺を実感したと思ったかもしれない。それぐらい前半の日本代表は可能性を感じさせた。 <span class="paragraph-title">◆日本が主導権、敵将に“最悪”とまで言わせるパフォーマンス</span> パナマ代表戦から中3日の日本と、韓国代表戦から中2日のメキシコと、コンディションの差はあれど、日本は立ち上がりから積極的な入りを見せる。 最初の10分ぐらいはメキシコに効果的な攻撃こそさせなかったものの、日本もプレスに引っかかるシーンがあり、一進一退の攻防となった。しかし徐々に日本の前線がコンビネーションを見せ躍動する。 10分すぎには2列目右サイドの伊東純也(ヘンク)が中央に絞ってプレスをかけてボールを奪うと左へ展開。ボックス内でパスを受けた鎌田大地(フランクフルト)が相手を引きつけて中央へ送るも、これには鈴木武蔵(ベールスホット)がわずかに合わず、先制のチャンスを逃す。 さらに12分には、再びボール奪取から原口元気(ハノーファー)がドリブルでカットインから強烈なミドルシュート。枠を捉えていたシュートだったが、GKギジェルモ・オチョアが鋭い反応でセーブする。 そして15分には左サイドで粘った原口が中央へ折り返すと、フリーで受けた鈴木がボックス内中央からシュート。しかし、これはオチョアの右足で防がれる。 その後も右サイドを再三攻め上がる伊東からのクロスに原口が飛び込むなど、日本が圧倒していた時間帯が続いたが、結局メキシコのゴールネットが揺れることはなかった。 メキシコ代表のヘラルド・マルティーノ監督は試合後に「前半の20分、25分間は、私が代表監督に就任してからの2年間で最悪の時間だった」とコメントするほど、メキシコに何もさせず、まさに日本の時間帯だった。 <span class="paragraph-title">◆前半のツケを払うことになった45分間</span> 再三のチャンスを決め切れなかった日本だが、後半はそのツケを払うことになってしまう。 鎌田と原口が攻撃のキーマンとなっていたことを見抜いたマルティーノ監督はDFルイス・ロドリゲスを右サイドバックに、DFエドソン・アルバレスをボランチに置いて鎌田のマークにつけ、ダブルボランチにしてバイタルエリアのケアを行った。 さらに、中2日からくる立ち上がりの悪さを45分間凌いだことで、後半はギアを上げ、プレスの強度やデュエルでの勝率を上げていった。 それと同時に日本はズルズルと後退。強度を上げるためか、MF柴崎岳(レガネス)と鈴木を下げ、MF橋本拳人(FCロストフ)とMF南野拓実(リバプール)を起用したが、これが裏目に。中盤のバランスが崩れ、前半からメキシコの攻撃の芽を摘み、攻撃のスイッチを入れていたMF遠藤航(シュツットガルト)をメキシコは封じに行き主導権を握ることに成功。そして、押し込んだ状態で難しい局面をエースのFWラウール・ヒメネスが決め切って先制したのだ。 明らかに日本よりは決定機の数が少なかったメキシコだが、そこを決め切って先に試合を動かすあたり、やはりレベルが1つも2つも違うことを証明した。シュートのアイデアもさすがだが、良い時間帯で仕留めるチームとしての能力の高さは日本にはないものだった。 ビハインドとなった日本だが、押し上げることができない。鎌田にもボールが入らなくなり、前線の4枚はプレスに走らされることに。さらに無理やり縦につけようとすればそこを狙われ、メキシコボールにされるという悪循環が続いた。その結果、南野に入れたボールを奪われた流れからFWイルビング・ロサーノにゴールを許し、5分間で2失点。その後は、ピッチが霧に包まれたように、日本のサッカーも霧の中に入り込み、0-2で敗れた。 <span class="paragraph-title">◆わずかでも決定的な差</span> 前半は日本、後半はメキシコという45分ずつで大きく流れが変わった試合だが、こういった試合をモノにできなければ、ワールドカップでベスト8に入ることはできないだろう。 いや、このメキシコですら1994年のアメリカ・ワールドカップから7大会連続でベスト16で敗退している。そのメキシコに良いようにやられている今のままでは、ベスト8に自信を持って進めるとは言えないだろう。 両チームの差は様々なところにあるが、大きくは2つだと考えられる。1つは90分間でゲームをデザインする力だ。 森保一監督が就任してから、日本代表はピッチ内での対応力を身に付けようと活動を続けてきた。それは、冒頭でも触れた2018年のロシア・ワールドカップ ラウンド16でのベルギー代表戦での苦すぎる経験があるからだ。 誰もがベルギー優勢だと考えていたあの試合、日本が原口と乾貴士のゴールで2点のリードを奪う。日本人を含め多くの人が予想していなかった番狂わせが起こると思ったが、その後に起きたことは悲劇としか言えなかった。 あの試合で日本が痛感したのは、ピッチ上での対応力、判断が勝敗を分けるということだった。2点ビハインドになったベルギーのロベルト・マルティネス監督は、スピードとテクニックに優れるドリエス・メルテンスとヤニク・フェレイラ・カラスコを下げ、高さのあるマルアン・フェライニとナセル・シャドゥリを投入する。そのメッセージを受け取ったベルギーの選手たちは、高さで日本に対抗し、セットプレーから5分間で2点を奪って同点とした。 あの試合にも出場していた原口は、メキシコ戦後に「実力がすごくある相手に対して、なんで毎回こうなるんだという感情になりました」と本音を吐露。良い試合運びをしながらも、簡単に相手にゴールを許す展開に「まさにフラッシュバックしました」とベルギー戦を思い出したといった。 2年が経過し、日本代表が成長していないとは言わない。ただ、ワールドカップでベスト8に入るだけの力は、まだ備わっていないことを痛感させられたメキシコ戦だった。 そして2つ目は、そのデザインを可能にする基本的なプレー精度だ。メキシコ戦では細かなミスが特に後半に散見。パフォーマンスが徐々に落ち、メキシコが勢いづく要因にもなった。吉田麻也(サンプドリア)は「1個つながれば、1個相手のプレスをかいくぐれば、もう1mボールが前に出てれば、というシーンが非常に多かった」とコメントした。あと1歩というところの精度を上げなければ、デザインした通りには上手くいかなくなってしまう。 柴崎も「選手個々人の能力というか、メキシコの選手はテクニックもしっかりしていたので、そこで差が出てしまった」と語った。個々人が残り2年でさらにレベルアップしなければ、日本がベスト8に入ることは難しいだろう。 <span class="paragraph-title">◆あと2年で何を積み上げていくか</span> 試合前に「指標になる試合」と原口や柴崎は口にしていたが、まさに日本代表の現在地を知る良い機会となった。もちろん勝って課題を見つけられた方が良いが、この試合をこの状況下でこのタイミングで行えたことは非常に大きな価値がある。 「今日がワールドカップじゃなくてよかった」と試合後に原口が語ったが、貴重な経験を2年前にできたことは大きい。「この2年間を無駄にせず」とも語ったように、長いか短いかは分からないが、残りの2年でやるべきことは整理できるはずだ。 アジアでの戦いだけでは感じられない課題、そして日本国内での親善試合では得ることのできない経験を今回の日本代表はしたはずだ。次は来年3月のカタール・ワールドカップ アジア2次予選。Jリーグ組も予選では招集される可能性もあるが、この4カ月で誰が何を積み上げるか。それぞれのクラブでのプレーにより一層注目する4カ月となりそうだ。 <div id="cws_ad">《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》</div> 2020.11.18 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

長谷部誠を思わせる遠藤航が見せつけた分析力と対応力、日本代表の欠かせない軸に/日本代表コラム

2カ月連続でのヨーロッパ組のみでの欧州遠征。11月シリーズの初戦となったパナマ代表戦は、1-0で勝利を収めた。 約1年ぶりの活動となった10月ではアフリカ勢のカメルーン代表、コートジボワール代表を相手に2試合とも無失点。結果は1勝1分けで終えていたが、パナマ戦に勝利し2連勝となった。 <div id="cws_ad">◆南野のPKで勝利!日本代表vsパナマ代表 ハイライト<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1qkaldp2hdx4h1chk2hiblftdc" async></script></div> 2年前に対戦した時とは監督もメンバーも変わっているパナマ代表。日本はキックオフから良い入りを見せたが、徐々にパナマが日本のプレスに慣れると、日本は押し込まれていないながらも窮屈な戦いを強いられた。その中で目立ったのが、後半から入ったMF遠藤航(シュツットガルト)だった。 <span class="paragraph-title">◆スタンドから分析していた前半</span> この試合はMF柴崎岳(レガネス)とMF橋本拳人(FCロストフ)の2人がボランチで先発出場。橋本は夏にFC東京からロシアへと移籍すると、1つ前のポジションで起用され得点力が開花。ここまで5ゴールを記録するなど、好調を維持していた。 10月の活動は渡航制限の影響から招集外となったが、この試合では先発。持ち味であるボール奪取は時折見せたものの、バイタルエリアで相手を自由にさせてしまうシーンが散見された。 その理由について、スタンドから見ていた遠藤が試合後に「拳人も間で受けていましたけど、1ボランチ気味だったので捕まりやすかったかなと思う」とコメント。ボランチ2人の関係性が難しさを生んでいたと分析した。 この試合では通常の[4-2-3-1]ではなく、3バックを採用した[3-4-2-1]で臨んだ日本。守備ではウイングバックが下がって5バック気味となり、ボランチの2人がその前に並ぶ形となった。 しかし、攻撃時は、3バックの前に橋本、柴崎もう1列前にポジションを取り、[3-3-1-2-1]のような形に。しかし、シャドーに入ったMF久保建英(ビジャレアル)とMF三好康児(アントワープ)が高い位置を取れなかったため、柴崎の位置が苦しい形に。そして、橋本の脇をパナマに使われるシーンが増えていった。 遠藤は「前半上から見ていて前につければチャンスになるなと。拓実やシャドーは空いてるなと思った」としたが、柴崎は距離が近すぎて使いずらい状況に。そのため「2ボランチは横並びの方がボールを動かしやすいなというイメージだった」と縦関係ではなく、横に並ぶべきだと感じていたことを明かした。 <span class="paragraph-title">◆ピッチ内でスカウティング能力を発揮</span> そう語った遠藤は、ハーフタイムで橋本に代わって登場。すると、すぐさま日本のプレーが激変する。 まず第一に、ブンデスリーガでトップのデュエル勝利数を誇る遠藤の持ち味が発揮。パナマの選手からのボール奪取を行うだけでなく、苦しくなりそうな場面には常に遠藤が顔を出してピンチを未然に防いでいた。 さらにテンポの良さも1つ大きく変化した要因だ。後方からのビルドアップを行う日本だが、最終ラインがボールを持つとペースダウン。ボランチに一度つけても、じっくりと前線やサイドの状況を見て展開していくことが多い。 もちろんその戦い方が悪いわけではなく、遅攻という点では柴崎の展開力や試合を読む力も大いに発揮されるのだが、遠藤が試みたのはテンポをアップさせることだった。 遠藤はパスを供給する時の判断材料として「味方のポジションも見ているんですが、相手がどうプレスをかけるかを特に注意しています」と、相手の守り方に合わせた判断をすると語った。「例えば、3バックのナオ(植田直通)がボールを持った時に、ボールサイドのボランチは掴まれているけど、逆の僕はフリーだたり。相手のポジションを見てプレーすることを意識している」とコメントした。 聞こえがいいということではなく、常にピッチ上で臨機応変に対応することを考えている遠藤。ポイントは、「相手の位置、味方の位置、自分の位置を把握することが大事だと思います」と、全ての立ち位置が決め手となると明かした。 このプレーはブンデスリーガで揉まれていることも大きく関係する。フィジカル的に優れた相手と常日頃対峙する上では、デュエルの強さ=フィジカルの強さだけでなく、判断力に優れていなければ、デュエルで勝つことはできない。遠藤は日々積み上げたものを、最大限ピッチで表現したということだ。 決勝ゴールとなった南野のPKに繋がるプレーでは、遠藤の起点から久保のスルーパスに繋がっていた。久保はこのシーンについて「相手もしっかりプレスに来ていましたが、判断の緩みがあって、遠藤選手から自分が受けたい位置に良いパスが来た」と語っており、遠藤のパスがきっかけだったとコメント。一方の遠藤は、「僕がタケにつけたところは特に難しいことはしていないです」と、普通のプレーだと強調。これも、ブンデスリーガで掴んだ自身が影響していると言えるだろう。 久保は遠藤のプレーについて「球際の強さと、起点のシーンでは早いパスを出してくれたので、一緒にやっていて余裕があると感じた」とコメント。「クラブで結果を出して自信を持ってきていると思うので、自分もそういう自信を吸収したいと思います」と、チームメイトでも自信を感じ取ったようだ。 <span class="paragraph-title">◆ボランチの外せない軸に成長</span> 森保一監督はこの試合の後半から遠藤を使うことは決めていたと試合後にコメント。その効果については「ディフェンスラインから、サイドからボールを受けて起点となり、流れが変わった」と評価。さらに「バランスの部分でもセカンドボールを拾えたり、球際の部分でも全体の良さが出せるようになったと思う」とし、個人の良さだけじゃなく、チーム全体へプラスの効果をもたらせたことを評価した。 日本代表のボランチといえば、長年キャプテンとしてプレーしたMF長谷部誠(フランクフルト)、そして代表最多キャップを誇るMF遠藤保仁(ジュビロ磐田)が挙げられるだろう。 バランスの取れた2人もメンバーから外れた中、ゲームメーカーとして柴崎がチームを支えてきた。ゲームを読む力で攻守にわたって高い能力を発揮している柴崎だが、ここに来て遠藤がそれを凌駕するパフォーマンスを見せている。 遠藤は「ブンデスでやっていたことが出せたということ」と、日頃のプレーをしただけだとコメントしたが、そこのレベルをしっかりと表現できることは、大きく成長していることの証だろう。 それは、同じブンデスリーガで外国人選手として最多出場、さらに今季のブンデスリーガでは最も長くプレーする選手としてドイツで成長を続けてきた長谷部を思い起こさせる。チームのバランスを取り、攻撃と守備を司る遠藤の力は、日本代表の飛躍には欠かせなくなりそうだ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2020.11.14 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

奥川雅也の招集見送りに見る、日本代表の危機管理能力の高さ

日本サッカー協会(JFA)は10日、追加招集を発表していたザルツブルクのMF奥川雅也の招集見送りを発表した。 奥川は、5日に発表された当初の日本代表メンバーには含まれていなかったものの、所属するアルミニア・ビーレフェルトが、この時期の代表招集に懸念を示す声明を発表しており、それに応じる形でMF堂安律が不参加。追加招集という形で初招集を受けていた。 京都サンガF.C.の下部組織で育った奥川は、若くして“古都のネイマール”という愛称でも親しまれ、サイドを主戦場とするドリブラーとして大きな注目を集めていた。 世代別の日本代表も経験する中、2015年6月に19歳でザルツブルクへと完全移籍。その後は、武者修行を繰り返しながら成長を果たすと、2019-20シーズンからザルツブルクでプレー。多くの選手がステップアップを果たす中でレギュラーに定着し、結果を残していた。 今季の活躍も踏まえ、大きな期待を受け手の代表招集となったが、チーム合流直前にザルツブルク内で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が判明。代表招集を受けていた選手へPCR検査を実施した結果、6名が陽性反応を示し、チームは派遣を辞める旨を発表していた。 その後、全選手を対象としたPCR検査をザルツブルクが実施すると、元々陽性反応を示していた6選手を含めて全員が陰性に。この真逆の結果には「何故、全く同じ検査機関でこのような異なる結果が出されたのかをすぐに調査する」とし、憤りを露わにしていた。 <span class="paragraph-title">◆他の選手やクラブに配慮する日本</span> 陰性がしっかりと確認されたため、奥川の招集は叶う可能性もあったが、前日の時点でJFAの広報も「多分見送りになるだろう」と、結果に関わらず見送る可能性を示唆。そこに、日本代表の新型コロナウイルスに対する考えの慎重さを垣間見た。 結果として、陰性が確認されるも奥川の招集は正式に見送りに。JFAは声明で「「2回の検査結果および行動履歴などを総合的に評価するとともに、既に各クラブから招集している23選手の安全・安心を最優先とする観点から、今回奥川選手の招集を見送る判断をいたしました」と発表し、他の選手への影響を考えて見送る決断をしたとした。 一方で、ザルツブルクは選手の派遣について11名が代表チームに合流することを発表している。 11人が合流するのは、それぞれオーストリア代表、U-21オーストリア代表、ガーナ代表、マリ代表、ザンビア代表、カメルーン代表、ハンガリー代表、U-21ドイツ代表、U-21スイス代表の9チーム。それらの国は、陰性ということで選手を受け入れることを認めたということだ。 周りの選手へ配慮し、ただでさえ感染が再拡大しているヨーロッパでの活動を慎重に行う日本と、その他の国の考え方の違いを感じる一幕。いかに、JFAが最善の感染対策を実施しているかが垣間見える出来事となった。 <div id="cws_ad">《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》</div> 2020.11.12 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英は右サイドの一番手にはなれないのか? エメリ監督に続き森保一監督も左で起用/日本代表コラム

約1年ぶりの活動となった日本代表。オランダ遠征で行ったカメルーン代表戦、コートジボワール代表戦の2試合は、非常に有意義なものとなった。 日本代表の親善試合と言えば、国内で行われるキリンチャレンジカップが大半。かつてはヨーロッパや南米、北中米カリブ海、アフリカの国を招待して実施してきた。 しかし、どの対戦相手も長距離の移動を伴う上、時差ボケも起こり、各国に散らばる選手が集合するのは試合の直前。お世辞にもコンディションが良いとは言えない状態の相手との試合ばかりで、まさにフレンドリーマッチだった。 この件については、別の機会に触れようと思うが、今回の2試合に関してはフレンドリーマッチでありながらも、しっかりと強化に繋がる内容に。コンディションの良いヨーロッパでプレーする選手が揃うアフリカ勢との対戦自体が、何よりも大きな意味があった。 <span class="paragraph-title">◆しっかりと機能した守備陣</span> コートジボワール戦の結果については、しっかりと守備を構築して決定機をほとんど作らせなかった中、終盤に投入されたDF植田直通(セルクル・ブルージュ)がMF柴崎岳(レガネス)のFKからヘディングで代表初ゴールを記録し、1-0で日本が勝利。鹿島ラインが開通して、日本に勝利を呼び込んだ。 守備面では、カメルーン戦に続いて4バックでスタート。DF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(ボローニャ)のセリエAコンビがしっかりと中央を固め、右サイドバックに起用されたDF室屋成(ハノーファー)、左サイドバックで起用されたMF中山雄太(ズヴォレ)もしっかりとサイド攻撃に対応。中央の2人のカバーリングもしっかりと機能し、ピンチの数は数えるほどだった。 また、ボランチで起用されたMF遠藤航(シュツットガルト)の守備も大きく効いていた。ブンデスリーガでもデュエル勝利数2位を誇る遠藤は、ボール奪取。柴崎との関係性もバランスが取れ、カメルーン戦で躊躇していた前に出るタイミングもしっかりと改善され、コートジボワールのシステム変更にもしっかりと対応でき、収穫の多い試合となった。 <span class="paragraph-title">◆左サイドの久保建英</span> 一方の攻撃陣で気になるところは、やはりMF久保建英(ビジャレアル)だろう。カメルーン戦では終盤に途中投入された久保だが、コートジボワール戦では先発出場。しかし、本来の2列目右サイドではなく、左サイドで起用された。 不慣れな左サイドでの起用となった久保は、ボールを持てば周りとのコンビネーションで崩すシーンや、縦に抜けてクロスを上げるシーンも。開始2分には決定機でシュートをミスしてしまったが、鈴木のあわやゴールというシーンを作るなど、多少は見せ場を作った。 森保一監督も「久保は今持っている力をプレーする時間内に発揮してくれたと思う」と試合後に語るなど、及第点と言ったところ。期待値が高いだけに、厳しい目で見られる部分も大いにあるはずだ。 実際のところ、スペインではビジャレアルのウナイ・エメリ監督が久保に極端に出場機会を与えていないことが話題となり、レアル・マドリーがレンタル契約を破棄するのでは?という憶測さえ上がっている。それだけ注目度が高く、持っている能力が評価されているということだろう。 しかし、右サイドで起用されなかった久保は、試合中に中央や右サイドへポジションを移す場面があり、やはり右の方がプレーしやすい感覚を持っているようだ。局面を見てポジションを移動する事はよくあるが、左ではどうもやりにくさを感じているように見えた。 <span class="paragraph-title">◆右の一番手にはなれないのか</span> 一方で、視点を変えれば「なぜ久保が右サイドで起用されないのか」ということがある。それはエメリ監督の下、ビジャレアルでも同様のことが言えるが、森保監督もエメリ監督も似たような理由、そして似たような考えがあるのではないかと推測する。 まず1つ考えられる事は、右サイドに適任者がいるという事だ。コートジボワール戦で久保が左サイドに起用された理由は定かではないが、伊東純也(ヘンク)を起用することを考えると右サイドに配置した方が良いということになる。カメルーン戦も後半から出場し、右ウイングバックとしてプレーしたが、日本が後半盛り返す要因の1つとなるほど、素晴らしい出来を見せた。 コートジボワール戦でも2列目の右サイドとしてプレー。右サイドを縦に仕掛けること、3バックの脇を突く動きを果敢に見せ、相手を苦しめた。決定機とまでは行かないが、何度も仕掛けることで攻撃を牽引していた。その伊東を起用したいと考えれば当然右サイドという結論が出て、久保が右サイドに入る余地はない。もちろんカメルーン戦の後半のように[3-4-2-1]のシステムにすれば右ウイングバックと右シャドーで同時起用も可能だが、現在の日本代表は[4-2-3-1]がベースであり、その可能性は今後も高いとは言えない。 一方、ビジャレアルでも同様のことが言える。エメリ監督率いるビジャレアルは、開幕から[4-4-2]を採用していたが、直近の2試合は[4-1-4-1]に変更。いずれも右サイドのポジションがあるシステムだが、ナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ、そしてスペイン代表FWジェラール・モレノが務めていた。 ウインガーとしての能力ではチュクウェゼが上であり、得点力という点ではモレノが優先される。久保は、このポジション争いに勝つ必要があり、現状で出場時間が短い理由もそこにある。 森保監督にしても、エメリ監督にしても、久保の能力の高さに関しては当然認めているはず。一方で、右サイドのポジションでしか輝けないことも当然ながら理解しているはずだ。だからこそ、心地よい右サイドでしか使えない選手にならないように、今のような久保にとっては厳しいプロセスを踏んでいると考えることもできるだろう。 <span class="paragraph-title">◆ポジションに拘らない選手に</span> エメリ監督は「日本人として初めて最高のレベルに達するという挑戦の中にいることを認識している」と久保についてコメントしていた。まさに、久保が挑戦していることであり、多くの人が望んでいることでもある。 久保の目標はビジャレアルで右サイドのポジションを確保することではない。あくまでもレンタル先であり、本来であればレアル・マドリーでポジションを確保すること。そのレベルでプレーできる可能性を秘めており、世界のトップ・トップでプレーすること、そしてそこで結果を出すことを求めている選手だ。 もちろん、日本代表としてもこの先の中心選手になってもらう必要があり、その能力も秘めている。ただ、右サイドでしかその能力を発揮できない選手なのであれば、そこに到達することは難しいだろう。 そういった意味では、右サイドだけでなく、中央でも、左サイドでもしっかりとパフォーマンスを出せる選手にならなくてはいけない。仮に右サイドで起用されるのであれば、文句の出ない結果を残さなくてはいけない。その次元の選手だということだ。 エメリ監督に言われせれば「彼は全てのオプションとポジションで競争できるよう、順応し成長しなければならない。中央では改善に努めているが、左ではもっと成長しなければならない」とのことだ。出場機会を与えないということがフォーカスされがちだが、個人的にはエメリ監督の考えは理解できなくもない。 右に拘るのではなく、左でも中央でも遜色なく使えるようになった方が、日本代表にとっても、ビジャレアルにとっても、そしてレアル・マドリーにとっても、久保という選手の価値がより高くなるだろう。それは久保自身も理解している。「誰も立場を約束された選手ではないですし、自分もその1人だと思うので全力を尽くしたいです」。この先の更なる成長に期待したい。 <div id="cws_ad">《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》</div> 2020.10.15 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

1年ぶりの試合で感じたアフリカ特有の“距離”、カギはアグレッシブさと連動性/日本代表コラム

A代表としては昨年12月のEAFF E-1サッカー選手権以来となる活動となった9日のカメルーン代表戦。オールヨーロッパ組で編成されたチームにとっては、国内組で臨んだE-1選手権でプレーしていない選手が多く、およそ1年ぶりの試合となった。 それぞれが各クラブで1年間積み上げたものを出すべく臨んだ試合。キックオフ直後のプレーでMF南野拓実(リバプール)がファウルこそ取られたが、そこからもチームとしての入りを間違えないよう、高い意識を感じさせた。 <span class="paragraph-title">◆アグレッシブな姿勢を見せたが…</span> それは前半から守備面では多く見られた。先発起用となったMF中山雄太(ズヴォレ)も積極的にボールを奪いに行き、前線で起用された選手たちもそれぞれ前からプレスをかけて行った。 その圧力に負けたのか、カメルーン代表も立ち上がりは浮き足立ち、GKへのバックパスがあわやオウンゴールになりそうな場面もあったが、10分過ぎからカメルーンが徐々にペースをつかんで行った。 この辺りから日本のアグレッシブに行く姿勢が徐々に空回りし始める。1つは前線の4枚とボランチの距離が開いてしまったことが理由だろう。プレスというのはチーム全体が連動して行ってこそ効果があり、単独でのプレスは高いレベルでは殆どボール奪取には繋がらない。 カメルーンも徐々に日本のプレスを回避し、サイドバックからセンターバックへつなぎ逆サイドへと展開。そこから中に戻したり、前を使ったりと攻撃に転じていた。プレス回避をさせてしまったという点では、久々の実戦ということで、全体の連動性が少し落ちていたことも理由の1つだろう。この点は時間が経過するにつれて解消されて行っただけに、大きな問題ではなかった。 また、奪ってから早く攻めようという意識がありすぎたのか、ボール奪取からのパスが通らないシーンも多く見られた。アグレッシブなだけでは通用せず、いかに冷静さとバランスを取るかが重要になってくるだろう。 <span class="paragraph-title">◆アフリカ特有の“距離”</span> もう1つの問題は、アフリカ人選手特有の“間合い”だ。よく言われる“懐の深さ”というものがあるが、日本代表の選手が奪いに行っても、ボールが少し届かない位置に置かれてしまう場面が多かった。取れた気になっても取りきれず、入れかわられてパスを繋がれるという場面が多かった。 また、攻撃時でもパスやドリブルを仕掛けた際、絶妙に足が伸びてカットされる場面が散見された。パスを出した側も、ドリブルを仕掛けた側も、普段の感覚なら抜けているであろうシーンだったが、さらに足が伸びるアフリカ人選手の特徴に苦しめられたと言える。 ヨーロッパでプレーし、アフリカ人選手との対戦や、チームメイトとして知ることは多くとも、すべての局面でその感覚が求められることはそうそうない。加えてトニ・コンセイソン監督が規律をチームもにもたらしたことで、カメルーン代表はチームとしても機能。選手間の距離が非常に保たれており、ビルドアップがうまくハマっていたのも、その距離がカギだったように見えた。 個々能力の高さだけでなく、チームとして連動されたことは、日本にとっては大きな壁となったはず。コートジボワール代表戦では、カメルーン戦で感じた微妙な距離の違いを加味して、選手たちにはプレーしてもらいたい。 <span class="paragraph-title">◆システム変更への対応力</span> 一方で評価すべき点がないわけでもない。もちろんゴールを奪えなかったが、無失点で終わり、決定的なシーンすらあまり作らせていなかった。加えて、前半と後半でシステムを変更し、選手たちがそこにアジャストしたことは大きい。 「ハーフタイムでどう話そうかと思った」と柴崎岳(レガネス)が語っていたように、選手の中でもハマっていないことは感じていたとのこと。そこで森保一監督がシステム変更に打って出た。 後半は3バックにし、MF伊東純也(ヘンク)を入れてピッチの幅を使うことを選んだ。結果として、右サイドの伊東が相手の裏を取る動きを何度も見せ、日本の攻撃の形が作られていった。 ラストプレーのシーンでも伊東が特徴であるドリブルで縦に抜けた結果、ボックス手前でFKを獲得。惜しくもMF久保建英(ビジャレアル)のシュートはGKにセーブされてしまったが、こういったシーンをもう少し早く作れていればゴールも奪えていただろう。 また、守備に奔走していた中山も前にしっかりと出て奪い、攻撃にも参加。選手が入れ替わる中、カメルーンのパフォーマンスが落ちてきたこともあったが、終盤はしっかりと主導権を握っていた。 2つのシステムをしっかりとこなしたこと、勝ち切れないまでも、ピッチ上の状況に合わせて対応できたことは、1年ぶりの合宿となったことを考えても、プラス材料だと言えるだろう。コートジボワール戦では、勝利、ゴールといった結果を求めたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2020.10.11 21:45 Sun
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly