秋田が選手の背番号を発表! J3得点王として加入したFW小松蓮が「10」を背負う

2024.01.08 22:40 Mon
小松蓮はJ3得点王として秋田に加入
©︎J.LEAGUE
小松蓮はJ3得点王として秋田に加入
ブラウブリッツ秋田は8日、2024シーズンの選手背番号を発表した。

2023シーズンは明治安田生命J2リーグで13位。2024シーズンも吉田謙監督がチームを率いることとなる。
新シーズンに向けては多くの選手が入れ替わることに。経験豊富なDF蜂須賀孝治(←ベガルタ仙台)、DF岡﨑亮平(←栃木SC)、MF栗本広輝(←大宮アルディージャ)を補強。また、2023シーズンの明治安田生命J3リーグ得点王のFW小松蓮を松本山雅FCから完全移籍で獲得している。

その他、期限付き移籍で加入していたFW梶谷政仁、FW丹羽詩温をそれぞれサガン鳥栖、ツエーゲン金沢から完全移籍で獲得した。

新加入選手では蜂須賀が「4」、岡﨑が「2」、栗本が「20」、小松が「10」を着用。梶谷は「17」から「11」に変更、加賀健一は「50」から「88」へと変更した。
◆2024シーズン選手背番号
GK
1.山田元気
23.矢田貝壮貴←AC長野パルセイロ/完全
31.圍謙太朗

DF
2.岡﨑亮平←栃木SC/完全
3.小柳達司
4.蜂須賀孝治←ベガルタ仙台/完全
5.河野貴志
13.才藤龍治
16.村松航太←ギラヴァンツ北九州/完全
27.喜岡佳太←モンテディオ山形/期限付き
39.星キョーワァン
88.加賀健一※背番号変更「50」

MF
6.諸岡裕人
7.水谷拓磨
9.中村亮太
20.栗本広輝←大宮アルディージャ/完全
25.藤山智史
45.鈴木陽成
80.小野原和哉←ツエーゲン金沢/期限付き

FW
8.畑潤基
10.小松蓮←松本山雅FC/完全
11.梶谷政仁←サガン鳥栖/期限付き→完全
15.丹羽詩温←ツエーゲン金沢/期限付き→完全
17.半田航也←ヴェルスパ大分/期限付き移籍満了
18.吉田伊吹
29.佐藤大樹←Y.S.C.C.横浜/期限付き
40.青木翔大
42.松本ケンチザンガ←駒澤大学/新加入

関連ニュース
thumb

地震から8年、熊本がFW道脇豊のJ初ゴールで追いつき甲府との打ち合いでドロー! 首位を窺う岡山は秋田とゴールレスドロー、横浜FCが4位浮上【明治安田J2第10節】

14日、明治安田J2リーグ第10節の4試合が全国各地で行われた。 3位につけるファジアーノ岡山(勝ち点18)は9位のブラウブリッツ秋田(勝ち点14)とアウェイで対戦。立ち上がりはホームの秋田がペースを握る展開となる。 すると13分、ゴールから離れた位置から畑潤基がロングシュート。パンチのある鋭いシュートが枠に飛ぶが、GKスベンド・ブローダーセンが落ち着いて弾いて凌いでいく。 秋田はセットプレーから岡山を押し込んでいくと、24分にもクロスボールをファーに蹴ると、折り返しを詰めにいくが、これは合わない。 押されていた岡山だったが30分に反撃。ラインの裏に出されたボールをグレイソンが追いかけるも小柳達司が対応。しかし、迷いが見られた中グレイソンが奪うと、最後はガブリエル・シャビエルがボックス内からシュートも、GK圍謙太朗が横っ飛びでセーブしピンチを凌いだ。 秋田は39分にバイタルエリアで相手をかわした小野原和哉が右足一閃。しかし、これはGKブローダーセンがセーブする。 ゴールレスで迎えた後半。風上に立った秋田は47分に畑が前半に続いてロングシュート。これも枠をとらえるが、GKブローダーセンに対応される。 秋田は62分にもビッグチャンス。佐藤大樹がクロスと見せかけてシュート。ゴールに飛んだボールはクロスバーを叩いてしまう。 互いに攻め込みながらも両守護神の好守もあり0-0のゴールレスドローに終わった。 5位につける横浜FC(勝ち点15)が18位と苦戦する藤枝MYFC(勝ち点8)をホームに迎えた一戦。立ち上がりに横浜FCがいきなりスコアを動かす。 10分、西矢健人のファウルを受けてFKを獲得した横浜FCは、福森晃斗が得意の左足でゴール前にクロス。これをンドカ・ボニフェイスがジャンピングボレーで見事に合わせ、横浜FCが先制する。 セットプレーから先制を許した藤枝は22分にチャンス。こちらもFKからの西矢のクロスをボックス内でフリーになった久富良輔が合わせにいくが、ミートしない。 すると横浜FCは41分に右サイドから福森が左足でクロス。これに髙橋利樹がヘッドで合わせてネットを揺らすが、これはオフサイドでゴールは認められない。 後半に入っても横浜FCがペースを握ると、84分にカプリーニがドリブルを仕掛けてPKを獲得。これを自ら落ち着いて決めてリードを広げ、2-0で勝利を収めた。 震災から8年が経過した熊本での試合。15位のロアッソ熊本(勝ち点11)と8位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点14)の試合は壮絶な打ち合いとなる。 開始5分にアダイウトンのゴールで甲府が先制すると、11分には熊本が竹本雄飛のゴールで同点に。しかし、12分に甲府が木村卓斗のゴールで勝ち越す。 立ち上がりにスコアが大きく動いた中、42分には熊本が岩下航のゴールで追いつくが、アディショナルタイム8分に三平和司がゴール。甲府が2-3とリードして折り返す。 後半はなかなかゴールが生まれない展開となっていったが、79分に道脇豊がJリーグでの初ゴールを決めて同点に。熊本が終盤は押し込むも3-3のドローに終わった。 13位レノファ山口FC(勝ち点12)と19位ザスパ群馬(勝ち点6)の試合は、山口が圧倒。河野孝汰の2ゴールなど4-0と快勝した。 ◆明治安田J2第10節 ▽4月14日(日) ロアッソ熊本 3-3 ヴァンフォーレ甲府 ブラウブリッツ秋田 0-0 ファジアーノ岡山 横浜FC 2-0 藤枝MYFC レノファ山口FC 4-0 ザスパ群馬 ▽4月13日(土) ベガルタ仙台 2-0 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 6-1 徳島ヴォルティス 水戸ホーリーホック 2-2 栃木SC ジェフユナイテッド千葉 1-1 大分トリニータ いわきFC 2-3 清水エスパルス 愛媛FC 2-2 鹿児島ユナイテッドFC 2024.04.14 16:10 Sun

水戸戦で負傷した秋田の2選手が離脱、喜岡佳太は全治12週間、水谷拓磨は全治8週間

ブラウブリッツ秋田は12日、DF喜岡佳太、MF水谷拓磨の負傷を発表した。 クラブの発表によると、喜岡は3日に行われた水戸ホーリーホック戦で負傷。左腓腹筋肉離れと診断され、全治は12週間とのことだ。 水谷も同じ水戸戦で負傷。左ハムストリング肉離れと診断され、こちらは全治8週間と見られている。 水戸戦では先発した水谷が10分で交代。喜岡は64分に交代していた。 喜岡は今シーズンの明治安田J2リーグで8試合に出場し1得点。水谷は4試合に出場していた。 2024.04.12 15:20 Fri

J2秋田が移動時のファンサービスに声明「ファンサービスを求める行為や出待ち行為などはお控えください」…先日は横浜FMも声明

ブラウブリッツ秋田は5日、移動時のファンサービスについて声明を発表した。 クラブによれば、トップチームのアウェイゲーム遠征などの移動時に、空港や駅、宿泊施設などでファンサービスを求めるケースが増加しているという。 秋田は、公共交通機関や宿泊施設などでのファンサービスの要求自粛をお願い。一方で、イベントなどで選手との交流の場を作っていくとした。 「現在、トップチームのアウェイゲームへの遠征などのチーム移動時に、空港・駅などの公共交通機関、宿泊施設でファンの方々がお待ちになり、選手・スタッフへファンサービスを求めるケースが増えております」 「チーム移動時における「空港・駅などの公共交通機関」や、「宿泊施設」での選手・スタッフへファンサービスを求める行為や出待ち行為などはお控えください」 「公共交通機関・宿泊施設をご利用される他のお客様や、施設にもご迷惑となってしまいます。さらにはチーム移動スケジュールの妨げになる場合もございます」 「今後も、クラブではホームゲーム時のサイン会など、各種イベントにてファン・サポーターの皆さまと選手・スタッフが交流できる機会を設けてまいります」 「皆様の安全と、チーム関係者の安心安全な移動を最優先とさせていただきたく、改めてご理解とご協力をよろしくお願いいたします」 先日は横浜F・マリノスが同様のケースについて声明を発表。一部のファン・サポーターの行為が行き過ぎているとして、公共施設でのファンサービスを全て行わないことを発表。また、つきまとい行為などの禁止も訴えていた。 2024.04.05 18:25 Fri

秋田のDF星キョーワァンが右大腿直筋肉離れで全治8週間

ブラウブリッツ秋田は27日、DF星キョーワァンの負傷を発表した。 クラブによると、星はトレーニング中に負傷。右大腿直筋肉離れと診断され、全治は8週間とのことだ。 星は横浜FCでプロキャリアをスタート。松本山雅FC、いわきFCでは期限付き移籍でプレー。2023シーズンから秋田に完全移籍していた。 秋田での1年目は明治安田生命J2リーグでの出場はなし。天皇杯2回戦の栃木SC戦での先発が唯一の試合出場となっており、不本意なシーズンを送っていた。 今シーズンは明治安田J2リーグで1試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場している。 2024.03.27 15:40 Wed

無敗続く岡山、後半ATの劇的逆転で首位キープ! 3連勝の清水が2位追走、4発快勝の横浜FCが3位浮上【明治安田J2第6節】

24日、明治安田J2リーグ第6節の10試合が各地で行われた。 4勝1分けの無敗で首位に立っているファジアーノ岡山は、唯一未勝利で最下位のザスパ群馬とアウェイで対戦。先手を取ったのは後半立ち上がりの群馬。川上エドオジョン智慧がミドルシュートを打つと、DFのクリアボールが直接ゴールへ向かってしまい、オウンゴールが記録される。 追いかける形となった岡山はすぐさま反撃。53分、敵陣深い位置でボールを奪うと、ボックス手前中央で受けた仙波大志が切り返しからゴール左隅へ決めた。 さらに後半アディショナルタイム、岡山がボックス付近でテンポ良くボールを回すと、最後はガブリエル・シャビエルが右足でフィニッシュ。劇的な逆転勝利を手にした岡山は首位をキープし、一方の群馬は4連敗となった。 ここまで4勝1敗で岡山に続く清水エスパルスは、9位・ブラウブリッツ秋田とのホームゲーム。開始6分で乾貴士が負傷交代するアクシデントもあったが、試合が動いたのは26分。左CKが流れて今度は右からクロスがあがると、左ポストの跳ね返りを北川航也が左足で蹴り込み、清水が先制に成功した。 後半はどちらもネットを揺らすことなく試合終了。3連勝の清水は首位浮上こそならなかったものの、岡山を勝ち点差「1」で追い続けている。 その他、勝ち点「10」で並ぶファンフォーレ甲府とV・ファーレン長崎の上位対決は、それぞれアダイウトンとフアンマ・デルガドがゴールを奪い、1-1のドロー決着。8位につけていた横浜FCは、2人退場者が出た鹿児島ユナイテッドFCから4得点を奪い、一気に3位まで順位を上げた。 ◆明治安田J2リーグ第6節 ▽3月24日(日) いわきFC 0-0 モンテディオ山形 水戸ホーリーホック 0-0 ジェフユナイテッド千葉 鹿児島ユナイテッドFC 0-4 横浜FC V・ファーレン長崎 1-1 ヴァンフォーレ甲府 栃木SC 2-1 大分トリニータ 清水エスパルス 1-0 ブラウブリッツ秋田 ベガルタ仙台 0-0 徳島ヴォルティス レノファ山口FC 1-1 愛媛FC 藤枝MYFC 2-1 ロアッソ熊本 ザスパ群馬 1-2 ファジアーノ岡山 <span class="paragraph-title">【動画】岡山のガブリエル・シャビエルが後半ATに劇的決勝点!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>逆転勝利で首位をキープ<br>\<br><br>劇的な決勝ゴールは<br>ガブリエル シャビエル<br><br>岡山デビュー戦でいきなりの大仕事<br><br>明治安田J2第6節<br>群馬×岡山<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/PbmlorwDAO">pic.twitter.com/PbmlorwDAO</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1771864919379415057?ref_src=twsrc%5Etfw">March 24, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.24 20:05 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly