ブラジル代表が発表! ジョエリントンら4選手が初招集に

2023.05.29 07:00 Mon
Getty Images
ブラジルサッカー連盟(CBF)は28日、来月に行われる国際親善試合に向けたブラジル代表メンバー23名を選出した。

ラモン・メネゼス暫定監督はDFマルキーニョス、FWヴィニシウスジュニオールやMFカゼミロ、GKアリソンベッカーらこれまでの主力を順当に招集。また、DFアイルトンルーカス(フラメンゴ)、DFニノ(フルミネンセ)、DFヴァンデウソン(モナコ)、MFジョエリントン(ニューカッスル)の4選手を初招集した。
ブラジルは今回のインターナショナルマッチウィークで、6月17日にバルセロナでギニア代表戦、同20日にリスボンでセネガル代表戦を戦う予定だ。今回発表されたブラジル代表メンバーは以下のとおり。

◆ブラジル代表メンバー23名
GK
アリソンベッカー(リバプール/イングランド)
エデルソン(マンチェスター・シティ/イングランド)
ウェヴェルトン(パウメイラス)

DF
アイルトンルーカス(フラメンゴ)
ニノ(フルミネンセ)
ヴァンデウソン(モナコ/フランス)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)
ロジェール・イバニェス(ローマ/イタリア)
ダニーロ(ユベントス/イタリア)
アレックス・テレス(セビージャ/スペイン)
エデル・ミリトン(レアル・マドリー/スペイン)
MF
アンドレ(フルミネンセ)
ラファエウ・ヴェイガ(パウメイラス)
ジョエリントン(ニューカッスル/イングランド)
ブルーノ・ギマランイス(ニューカッスル/イングランド)
ルーカス・パケタ(ウェストハム/イングランド)
カゼミロ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

FW
ヴィニシウスジュニオール(レアル・マドリー/スペイン)
ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリー/スペイン)
リシャルリソン(トッテナム/イングランド)
マウコム(ゼニト/ロシア)
ホニ(パウメイラス)
ペドロ(フラメンゴ)
関連ニュース

性的暴行の元ブラジル代表DFダニエウ・アウベスが有罪に…懲役4年6カ月の判決が下る

強姦の容疑で逮捕された元ブラジル代表DFダニエウ・アウベスに有罪判決が下った。 スペイン『マルカ』など複数メディアによると、22日にバルセロナの裁判所で判決が言い渡され、アウベスは性的暴行の容疑で、懲役4年6カ月の有罪となった。 なお、刑期を終えてから5年間の監視期間が設けられ、9年6カ月は被害者の自宅や職場、1km以内に近づくこと、いかなる手段によるコミュニケーションも禁止されることとなった。 さらに、道義的な損害として15万ユーロ(約2450万円)の罰金も科されることが決定した。 事件が起こったのは、2022年12月。バルセロナのナイトクラブの「モエ」のブース内で発生。被害者の当時21歳の女性はいとこや友人の隣に座っていた中、同行していた男性が2人をプライベートエリアに招き、シャンパンを飲ませたという。 女性たちは最初は拒否していたが、アウベスと友人の強引な誘いを受け入れ、5人でシャンパンを飲み、喋ったり踊ったりしていたとのこと。アウベスは被害者を意識し、抱きしめ、接近し、2度も手を股間に持って行ったとのこと。すると午前3時20分ごろにアウベスは宿泊者専用の個室に行き、女性を呼び、鍵を閉めて、女性を部屋に閉じ込めると、行為に及ぼうとしたが女性が抵抗。その後、女性に暴行を加えて無理矢理性行為に及んだという。 2023年11月にはスペイン検察当局は、アウベスに対して懲役9年を求刑。その後、10年間の監視付きの自由を与え、女性の1km以内に近づくことと、10年間の連絡の禁止を求めていた。 7日、アウベスはバルセロナの裁判所に出廷。女性との行為は合意の上で行ったものだと容疑を否認。そこからおよそ2週間が経過し、判決が下された。 なお、無罪を主張するアウベスはカタルーニャ高等裁判所へ上訴が可能。さらに、最高裁にも上訴することが可能となっている。 また、逃亡の恐れがあることから、一貫してアウベスの仮釈放は認められていない。 2024.02.22 19:10 Thu

負傷アリソンは3月末まで離脱か…ブラジル代表指揮官が明かす「次の代表ウィークは招集不可」

ブラジル代表のドリヴァウ・ジュニオール監督が、リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーの離脱期間を示唆した。イギリス『メトロ』が伝えた。 10日の第24節バーンリー戦から欠場が続いているアリソン。ユルゲン・クロップ監督は21日の第26節ルートン・タウン戦前の会見で「アリが欠場するのは明らかだ。筋肉を痛めていて、どれくらい時間がかかるか正確にはわからないが、復帰まで時間がかかることは間違いない」と守護神の状態に言及していた。 このクロップ監督の会見があった20日の夜、ブラジル『TNT Sports』では1月からブラジル代表指揮官を務めているドリバル・ジュニオール監督もアリソンについてコメント。3月の代表ウィークで予定されているイングランド代表戦やスペイン代表戦にアリソンは出場できないだろうと語った。 「招集の可能性に関して言えば、名前が挙がっている選手は全て重要であり、所属クラブでもある程度の存在感を放っている。彼らがプレリストに載るのは当然だろう」 「しかしだ。アリソン、マテウス・クーニャ、ジョアン・ペドロ、さらにはネイマールなど、深刻なケガを負っている何人かの選手たちは、現時点で完全に除外されている」 「誰か1人かそれ以外かが事前に定義されているわけではない。我々が持っているこの大規模なリストの中には、現時点で招集が現実的ではない名前もあるのだ」 3月末まで離脱する可能性が高くなったアリソンは、25日のEFLカップ(カラバオカップ)決勝チェルシー戦や、FAカップ5回戦サウサンプトン戦、またプレミアリーグの数試合を欠場する見込み。当分は引き続きアイルランド代表GKクィービーン・ケレハーに頼ることになりそうだ。 2024.02.21 19:31 Wed

アドリアーノ氏が42歳のお誕生日!短くも強烈な全盛期を送った“皇帝”、古巣のエースが思い入れ語る「僕の永遠のNo.1」

2月17日、短くも強烈な全盛期を送った元ブラジル代表FWアドリアーノ氏が42歳の誕生日を迎えた。ブラジル『グローボ』が伝えている。 かつて“皇帝”の異名をとったアドリアーノ氏。190cm近い長身に鋼のような肉体、何よりその左足から放たれる強烈“すぎる"シュートに、時として相対するGKはなす術もなかった。 クラブキャリアではフラメンゴでデビュー後、インテル移籍で欧州上陸。レンタル先のフィオレンティーナ、パルマで活躍したのち、復帰したインテルでは背番号「10」を与えられた。 しかし、ブラジル代表の一員としてドイツ・ワールドカップ(W杯)を戦ったのを境に、当時インテルを率いたロベルト・マンチーニ監督との不和、無断練習欠席、うつ病発症などなど、その輝きが徐々に色褪せていくことに。 母国へのレンタル移籍によって一時的には復活も、イタリア帰還後は遅刻や夜遊び、ウェイトオーバーの常習犯となり、死亡説が流れたことも。結局、2016年に34歳で引退したアドリアーノ氏、その全盛期は20〜24歳ごろまでだったと言える。 そんな元皇帝も今年で42歳。古巣フラメンゴは公式SNSやYouTubeチャンネルでかつてのヒーローを祝い、アドリアーノ氏に憧れてフラメンゴへ来たという現エース・元ブラジル代表FWペドロが思い入れを語った。 「アドリアーノは間違いなく僕のアイドル。ピッチで彼以上に僕にインスピレーションを与えてくれる男はいなかった…小さな頃から彼を追いかけてきたんだ」 「マラカナンでのコリチーバ戦のゴールは、僕が最も心に残っている彼のゴール。あのとき僕はゴール裏にいてね。一人のファンとして彼を追いかけた記憶が色褪せることなんか決してない。繰り返すけど、彼は僕のインスピレーションの源であり、永遠にNo.1の選手だ」 現在のアドリアーノ氏の様子は、公式X(@A10imperador)から垣間見ることができる。20代の現役フットボーラーにも多大な影響を与えた男が、幸せそうで、何よりだ。 <span class="paragraph-title">【写真】幸せそうで何より! 現在のアドリアーノ氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Partiu sampa <a href="https://t.co/uHCVhEuQcN">pic.twitter.com/uHCVhEuQcN</a></p>&mdash; Adriano Imperador (@A10imperador) <a href="https://twitter.com/A10imperador/status/1755992129824817420?ref_src=twsrc%5Etfw">February 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.18 20:30 Sun

「めっちゃいい笑顔」川崎F退団のダミアンが新天地でトレーニング開始!期待値は高まるばかり「緑のシャツが似合う」「得点王は決まったな」

川崎フロンターレを退団した元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンが、新天地で始動した。 ダミアンは、2019年にインテルナシオナウから完全移籍で川崎Fに加入。2021年にはリーグ戦23得点を記録し、得点王に輝くと共に、最優秀選手賞も受賞するなど、チームのJ1優勝に大きく貢献した。 昨季で川崎Fに別れを告げたストライカーは、8日に母国のコリチーバ加入が決定。14日にクラブ公式X(旧:ツイッター)から「ストライカー、レアンドロ・ダミアンの最初のトレーニングセッション」と、始動するダミアンの姿が公開された。 国内外のサポーターからは早速「カモン、ダミアン!」、「緑のシャツが似合っている」、「セリエBの得点王は決まったな」、「めっちゃいい笑顔、頑張れダミアン」と、新天地での活躍を期待する声が多数寄せられることに。 コリチーバは、昨シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを20チーム中19位で終えてセリエBに降格。ダミアンは1シーズンでの1部復帰を託されることになる。 <span class="paragraph-title">【動画】母国コリチーバで始動したレアンドロ・ダミアン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Primeiro treino do atacante Leandro Damião<a href="https://twitter.com/hashtag/VamosCoxa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VamosCoxa</a> <a href="https://t.co/CSSa3FfvXv">pic.twitter.com/CSSa3FfvXv</a></p>&mdash; Coritiba (@Coritiba) <a href="https://twitter.com/Coritiba/status/1757525661491613844?ref_src=twsrc%5Etfw">February 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.16 16:45 Fri

W杯予選3連敗&五輪予選敗退…低迷するブラジル代表、アルゼンチンからも嘆きの声「文化的な退廃だろうか」

低迷するブラジル代表。宿敵アルゼンチンにさえその惨状を嘆く声がある。 11日、U-23ブラジル代表がパリ五輪南米最終予選最終節でU-23アルゼンチン代表に敗れ、2004年アテネ大会以来となる20年ぶりの予選敗退に。リオデジャネイロ、東京に続く3大会連続金メダルの夢が潰えた。 いくら五輪がA代表のワールドカップ(W杯)とコパ・アメリカより重要度が低いといっても、『南米予選敗退』はブラジル国民にとって強烈すぎるパワーワードであり、17歳エンドリッキに頼りきった戦いを批判する論調が渦巻く。 今夏のレアル・マドリー移籍が内定しているエンドリッキと、それ以外の招集可能選手(主に国内組)でタレント力の差が途方もなく、2024年現在のブラジルは“新たな人材の輩出”という点でやや苦労している印象。しかし、苦しいのはA代表も同じだ。 21世紀最初のW杯を制してはや22年、時代のトップランナー・ネイマールがエースに君臨したブラジル代表は一度もW杯決勝まで駒を進めれず、現在進行中の2026W杯南米予選は、第6節を終えて2勝1分け3敗の10カ国中「6位」…なんと3連敗中だ。 次回から出場枠が増えるために、6位のままでも本大会へ進めるわけだが、ひとえに「ブラジルが10カ国中6位」「南米で3連敗」という事実が信じ難い。そんな惨状について、永遠のライバル・アルゼンチンからも嘆く声が上がる。 アルゼンチン『DSports』の取材でブラジル代表についてコメントしたのは、1978年の母国開催W杯でアルゼンチン代表を初優勝に導いた伝説的名将、セサール・ルイス・メノッティ氏。ブラジルサッカーをお手本に指導者として大成した人物として知られ、過去に何度もブラジル代表へのリスペクトを公言してきた御年85歳の長老だ。 「懐かしい話になるが、1970年のメキシコW杯でブラジル代表に同行(※1)し、ともに素晴らしい時間を過ごさせてもらった…現在のブラジルサッカーに何が起きているのか…私は恥ずかしい」 (※1)アルゼンチン代表は出場せず メノッティ氏は現役時代にブラジルの名門サントスでプレーし、「マラドーナよりペレが遥かに上」と一貫主張してきたことでも知られる。昨年のU-20W杯でブラジルがイスラエルに敗れたことにも触れ、「文化的な退廃に襲われているのだろうか」と代表チームの低迷を嘆いた。 クラブレベルでは、アルゼンチン勢を差し置いて2019年から5年連続でコパ・リベルタドーレス王者を出しているブラジルだが、A代表は昨年11月に聖地マラカナンでアルゼンチンに敗れ、U-23もアルゼンチンに敗れて五輪予選敗退…両国を愛すメノッティ氏は複雑な思いなのだ。 U-23代表はパリ五輪へ向かえずも、A代表は今年中に挽回のチャンス。W杯予選はもちろん、今夏はコパ・アメリカが開催される。王国の意地をぶつけるにはこの上ない舞台だ。 2024.02.13 16:10 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly