いわきのルーキーFW有田稜がJ3得点王!後半戦定位置確保でPKなしの17得点マーク

2022.11.20 17:43 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
2022シーズンの明治安田生命J3リーグ全日程が20日に終わり、いわきFCのFW有田稜が初のJ3得点王に輝いた。

国士舘大学から今季加入したルーキーの有田は、第3節愛媛FC戦の後半アディショナルタイムにJリーグ初出場を飾ると、投入直後にヘディングでJ初ゴールを記録した。

前半戦は途中出場が続いていたものの、第18節松本山雅FC戦からスタメンに定着。第26節から第30節にかけては5試合連続得点で一挙8ゴールをマークするなどし、PKなしで計17得点を積み上げた。
いわきFCは今季がJリーグ参入初年度のため、クラブからJの得点王が誕生するのは初めてのこととなる。

次点は16得点でFC岐阜のFW藤岡浩介。先シーズンはテゲバジャーロ宮崎で10得点を挙げ、得点ランキング2位となっていた点取り屋は、今季も岐阜でゴールを量産。最終節でも1得点を挙げたが、惜しくも及ばず、2年連続の次点となった。

3位は15得点で、鹿児島ユナイテッドFCのストライカー・有田光希と、第33節ではハットトリックを達成したガイナーレ鳥取のFW石川大地が並んだ。

◆J3得点ランキング
【17】
有田稜(いわきFC)

【16】
藤岡浩介(FC岐阜)

【15】
有田光希(鹿児島ユナイテッドFC)
石川大地(ガイナーレ鳥取)

【14】
岡田優希(テゲバジャーロ宮崎)

【13】
横山暁之(藤枝MYFC)

【12】
米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC)
中川風希(FC今治)
千葉寛汰(FC今治)

【11】
横山歩夢(松本山雅FC)

関連ニュース
thumb

FC大阪、八戸退団のGK服部一輝を完全移籍で獲得「共にJ2に行きましょう!」

FC大阪は1日、ヴァンラーレ八戸のGK服部一輝(27)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「31」となる。 FC東京のアカデミーにも在籍した服部は、札幌大谷高校、明治大学と進学。2017年にカターレ富山へと入団した。 その後、カマタマーレ讃岐、福島ユナイテッドFCを経て、2022年に八戸へ入団。明治安田生命J3リーグの25試合でプレーしたが、1年で退団となった。 新たにJ3に参入したFC大阪でプレーする服部は、クラブを通じてコメントしている。 「FC大阪を応援してくださっている皆様、初めまして!ヴァンラーレ八戸から移籍してきました服部一輝です」 「Jリーグ参入初年度を共に闘えることに感謝と喜びを感じています!常にポジティブにそして熱く闘い、J3優勝を実現させられるように全力で日々を過ごします!共にJ2に行きましょう!応援よろしくお願い致します!」 2023.02.01 14:58 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグが全国30地域・45都道府県でサッカー番組「KICK OFF」を4月から放送開始、地上波で同タイトル同コンセプトのオリジナル番組は初

Jリーグは31日、今年4月から30地域、45都道府県でサッカー番組を放送することを発表した。 Jリーグは各放送局と連携し、昨年10月から福島県、富山県、愛媛県、熊本県、鹿児島県の5地域でサッカー番組の放送を開始していたが、これを全国に広げることとした。 サッカー番組は全て「KICK OFF! 」というタイトルとなり、後ろに地域名などがつくという。 この番組では、全国各地域でサッカーの普及促進につなげるべく、サッカーをする子どもや、これからもっとサッカーに興味を持っていただきたい方々に向けて、各地域における少年少女年代のサッカー情報からJクラブの情報まで、各地域のサッカーに関する話題を幅広くお届けするという。 各地域でのサッカー番組開始は、「60クラブがそれぞれの地域で輝く」というJリーグの成長戦略実現に向けた第一歩。サッカー番組開始をきっかけに、各地域におけるサッカーならびにクラブの関心を向上、サッカーの普及促進、そして、各地域でクラブがより輝く存在にしていきたい、という想いが込められている。 また、系列を超えて30地域の民放地上波テレビ局が同タイトル同コンセプトでオリジナル番組を制作する初めての取組みとなる。 基本的には土曜日の午前中か日曜日の放送に。各地域によって時間帯は異なるという。 北海道:札幌テレビ放送「KICK OFF! HOKKAIDO」北海道コンサドーレ札幌 青森:青森朝日放送「KICK OFF! AOMORI」ヴァンラーレ八戸 岩手:岩手朝日テレビ「KICK OFF! IWATE」いわてグルージャ盛岡 宮城:東日本放送「KICK OFF! MIYAGI」ベガルタ仙台 秋田:秋田朝日放送「KICK OFF! AKITA」ブラウブリッツ秋田 山形:さくらんぼテレビ「KICK OFF! YAMAGATA」モンテディオ山形 福島:福島中央テレビ「KICK OFF! FUKUSHIMA」福島ユナイテッドFC、いわきFC 関東:TBSテレビ「KICK OFF! J」(日曜深夜0時放送のスポーツ番組『S☆1』内に新コーナーを設立)*2 山梨:山梨放送「KICK OFF! YAMANASHI」ヴァンフォーレ甲府 長野:テレビ信州「KICK OFF! SHINSHU」松本山雅FC、AC長野パルセイロ 新潟:NST新潟総合テレビ「KICK OFF! NIIGATA」アルビレックス新潟 富山:チューリップテレビ「KICK OFF! TOYAMA」カターレ富山 石川:北陸朝日放送「KICK OFF! ISHIKAWA」ツエーゲン金沢 静岡:静岡第一テレビ「KICK OFF! SHIZUOKA」清水エスパルス、ジュビロ磐田、藤枝MYFC、アスルクラロ沼津 愛知・岐阜:名古屋テレビ放送「KICK OFF! TOKAI」名古屋グランパス、FC岐阜 関西:毎日放送「KICK OFF! KANSAI」*3 鳥取・島根:日本海テレビジョン「KICK OFF! SANIN」ガイナーレ鳥取 岡山・香川:RSK山陽放送「KICK OFF! OKAYAMA・KAGAWA」ファジアーノ岡山、カマタマーレ讃岐 広島:広島ホームテレビ「KICK OFF! HIROSHIMA」サンフレッチェ広島 山口:山口朝日放送「KICK OFF! YAMAGUCHI」レノファ山口FC 徳島:四国放送「KICK OFF! TOKUSHIMA」徳島ヴォルティス 愛媛:南海放送「KICK OFF! EHIME」愛媛FC、FC今治 福岡:テレビ西日本「KICK OFF! FUKUOKA」アビスパ福岡、ギラヴァンツ北九州 佐賀:サガテレビ「KICK OFF! SAGA」サガン鳥栖 長崎:テレビ長崎「KICK OFF! NAGASAKI」V・ファーレン長崎 熊本:テレビ熊本「KICK OFF! KUMAMOTO」ロアッソ熊本 大分:大分放送「KICK OFF! OITA」大分トリニータ 宮崎:テレビ宮崎「KICK OFF! MIYAZAKI」テゲバジャーロ宮崎 鹿児島:鹿児島放送「KICK OFF! KAGOSHIMA」鹿児島ユナイテッドFC 沖縄:琉球放送「KICK OFF! OKINAWA」FC琉球 *2:鹿島アントラーズ・水戸ホーリーホック・栃木SC・ザスパクサツ群馬・浦和レッズ・大宮アルディージャ・ ジェフユナイテッド千葉・柏レイソル・FC東京・東京ヴェルディ・FC町田ゼルビア・川崎フロンターレ・横浜F・マリノス・横浜FC・Y.S.C.C.横浜・湘南ベルマーレ・SC相模原 *3:京都サンガF.C.・ガンバ大阪・セレッソ大阪・FC大阪ヴィッセル神戸・奈良クラブ 2023.01.31 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

藤枝退団のFW土井智之がアルバニア1部のFKバイリスに完全移籍

藤枝MYFCは31日、FW土井智之(25)がアルバニア1部のFKバイリスに完全移籍することを発表した。 兵庫県出身の土井は、神戸弘陵学園高校から常葉大学へと進学し、2020年にアルビレックス新潟シンガポールへと入団した。 2021年に移籍したホウガン・ユナイテッドFCではシンガポール・プレミアリーグの得点王とMVPの個人タイトルを獲得すると、2022シーズンから藤枝へと加入した。 初のJリーグ挑戦となった土井だったが、夏以降は負傷の影響もあり出場機会が減少。明治安田生命J3リーグで17試合4得点に終わった。 バイリスは、アルバニア1部のカテゴリア・スペリオレに所属。現在7位(10チーム中)につけている。 2023.01.31 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグが新シーズンの分配金を決定! 成績に加えて人気も配分金に影響…今後はJ1がJ2の5〜6倍に移行予定

Jリーグは31日、理事会を開催。2023年度のクラブへの配分金を決定した。 これまでJリーグは均等配分金に重きを置いた構造となっていたが、30周年を迎え、新たな成長戦略として掲げる「2つの成長テーマ」を推進していくために競技成績やファン増加等の結果配分中心へシフト。また、それらの成果創出を後押しするため、J2、J3クラブも含めてフットボール強化とローカル露出拡大につながる施策投資原資へ振り向けることと決定した。 これまで、J1とJ2への配分金の比率は2倍程度だったが、J1が5〜6倍になるように段階的に変更していくという。 2023年度の主な変更点としては、「①均等配分金の総額見直し」、「②ファン指標配分金増額」、「③リーグ事業協力費の対象にJ3クラブを追加」という3点となる。 均等配分金に関しては、J1クラブには2億5000万円、J2クラブに1億円、J3クラブに2000万円となっている。これには、公衆送信権料のほか、Jクラブ支援費として配分しているアカデミー支援費などクラブ数に応じて均等に配分しているものが含まれている。 結果の配分として、リーグの賞金は2022シーズンと同額となり、J1の賞金総額は7億7000万円、J2は3500万円、J3は750万円となる。また、ACLサポート配分金として、2023年度にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するクラブには1クラブ1億円を支給する。 また、人気面として、ファン指標配分金があり、総額13億4000万円をDAZNの視聴者数などで配分することとなる。 2020年度以降の順位に基づいて配分されていた理念強化配分金に関しては停止。2024年度は、2023シーズンの成績2に基づき、J1の1位から9位に総額約16億円、またDAZN視聴者数等の人気順位の1位から9位に総額約5億円を配分する。 ◆結果配分(競技) 1位:1年目ー2億5000万円、2年目ー2億5000万円 2位:1年目ー1億8000万円、2年目ー1億8000万円 3位:1年目ー1億5000万円、2年目ー7000万円 4位:1年目ー1億5000万円、2年目ーなし 5位:1年目ー1億2000万円、2年目ーなし 6位:1年目ー9000万円、2年目ーなし 7位:1年目ー7000万円、2年目ーなし 8位:1年目ー6000万円、2年目ーなし 9位:1年目ー5000万円、2年目ーなし ◆結果配分(人気) 1位:1億7000万円 2位:1億2000万円 3位:7000万円 4位:5000万円 5位:4000万円 6位:3000万円 7位:2500万円 8位:2000万円 9位:1500万円 2023.01.31 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

長野が大分GK濵田太郎を期限付き移籍で獲得「自分自身の成長を求めて」

AC長野パルセイロは31日、大分トリニータのGK濵田太郎(22)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 移籍期間は2024年1月31日までとなり、大分との公式戦には出場できない。背番号は「30」に決まった。 濱田は和歌山県出身で、初芝橋本高校から大阪産業大学へと進学。2022年に大分に入団した。 プロ1年目となった昨シーズンは公式戦の出番はなし。長野での武者修行に向けて意気込みを語っている。 ◆AC長野パルセイロ 「大分トリニータから加入しました、濵田太郎です。自分自身の成長を求め、このクラブに移籍しました。長野パルセイロの勝利のために、全力で頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆大分トリニータ 「この度長野パルセイロに期限付き移籍することになりました。去年大分で結果を残すことができず、自分自身の成長を考え決断しました」 「大分から離れてプレーすることにはなりますが、1試合でも多く試合に出て、成長できるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願い致します」 2023.01.31 10:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly