なでしこジャパンメンバーが発表! 海外組8名も、長谷川唯&岩渕真奈は招集外、U-20からも招集《国際親善試合》

2022.09.28 14:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は28日、10月に行われる国際親善試合のナイジェリア女子代表戦、MS&ADカップ2022のニュージーランド女子代表戦に臨む、なでしこジャパンのメンバーを発表した。

7月に日本で行われたEAFF E-1サッカー選手権では見事に優勝を果たしたなでしこジャパン。来年に迫る女子ワールドカップに向けた強化を進めている。

今回はインターナショナル・マッチウィークということもあり、海外組も招集。DF熊谷紗希(バイエルン)、DF清水梨紗(ウェストハム)、DF南萌華(ローマ)、DF宝田沙織(リンシェーピング)、MF杉田妃和(ポートランド・ソーンズ)、MF長野風花(ノースカロライナ・カレッジ)、MF林穂之香(ウェストハム)、MF遠藤純(エンジェル・シティ)を招集。マンチェスター・シティのMF長谷川唯やアーセナルのFW岩渕真奈は招集外となった。
なお、杉田は10月3日の夜、熊谷、清水、南、林は10月4日の昼、宝田、遠藤は4日の夜に合流する。

また、U-20女子ワールドカップで準優勝に終わったU-20女子代表からは、MF藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)、MF小山史乃観(セレッソ大阪堺レディース)が初招集。また、大会MVPに輝いたFW浜野まいか(INAC神戸レオネッサ)も招集を受けている。

日本はナイジェリア女子代表と6日にノエビアスタジアム神戸で、ニュージーランド女子代表と長野Uスタジアムで対戦する。

今回発表されたなでしこジャパンのメンバーは以下の通り。

◆なでしこジャパンメンバー
GK
1.山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)
21.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)
18.田中桃子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)

DF
4.熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)※
5.三宅史織(INAC神戸レオネッサ)
12.乗松瑠華(大宮アルディージャVENTUS)
2.清水梨紗(ウェストハム/イングランド)※
22.清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)
6.宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
3.南萌華(ローマ/イタリア)※
19.宝田沙織(リンシェーピング/スウェーデン)※
17.高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)

MF
8.猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)
15.杉田妃和(ポートランド・ソーンズ/アメリカ)※
16.林穂之香(ウェストハム/イングランド)※
10.長野風花(ノースカロライナ・カレッジ/アメリカ)
20.北村菜々美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
7.宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)
13.遠藤純(エンジェル・シティ/アメリカ)※
23.藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)★
25.小山史乃観(セレッソ大阪堺レディース)★

FW
14.井上綾香(大宮アルディージャVENTUS)
11.田中美南(INAC神戸レオネッサ)
9.植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
24.浜野まいか(INAC神戸レオネッサ)

★初招集
※遅れて合流

関連ニュース
thumb

シティ長谷川唯が初のマンチェスター・ダービーへ意気込み「世界最大級の一戦、待ちきれない」

初の大一番に臨むマンチェスター・シティのなでしこジャパンMF長谷川唯が意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 今夏の移籍ウインドウ最終日にFA女子スーパーリーグ(FA WSL)のウェストハムからシティへ電撃移籍した長谷川は、加入直後の2戦こそケガで欠場した。 だが、10月16日のレスター・シティ戦で初出場を飾ると、加入後初ゴールまでも記録。この試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)にも選出された。 以降カップ戦での1試合を除き、全試合に出場。開幕2連敗スタートとなったチームも、長谷川の登場に呼応するように以降は公式戦7試合で全勝中だ。 6勝2敗で4位につけるシティは、7勝1分けで2位のマンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチを11日に控えている。チケットはすでに40000枚が購入されているとのことだ。 初のビッグマッチへ臨む長谷川はクラブのインタビューに登場。楽しみだと語った。 「大勢の観客の前でプレーできることをとても楽しみにしています。ファンの応援はこのような状況でパフォーマンスを発揮する力を与えてくれます」 「世界最大級のダービーですので非常に興奮していますし、(試合が)待ちきれないですね」 「(上位対決でもあるので)非常に重要な一戦ですね。すべての試合に勝たなければならないので本当に大事な試合です」 ウェストハム時代はチームスタイルのためにボールが行き交うことが多かったが、シティはポゼッションスタイルを確立している。日テレ・ベレーザ(現:日テレ・東京ヴェルディベレーザ)時代から馴染みのある戦術のため、長谷川はやりやすさを感じている様子だ。 また、これまでの攻撃的MFとは異なり、シティでは[4-3-3]のアンカーで起用されているが、こちらも楽しんでいると残している。 「シティのスタイルは本当に好きですし、ここでプレーできることをとても嬉しく思います。日本でも似たようなスタイルのサッカーをしていたので、うまく適応できています」 「6番の位置(アンカー)でプレーするのはフィジカル的にもメンタル的にも難しさは感じますが、攻撃と同じくらい守備も好きなので楽しくやれていますし、監督からも「その位置でうまくやれているよ」と言われているので、自信にもつながっています」 FA WSLでは上位3チームに来季のUEFAチャンピオンズリーグ(UWCL)出場権が与えられる。今季を占うであろう大一番で、なでしこジャパンの司令塔が輝きを放てるか。 <span class="paragraph-title">【動画】長谷川がシティデビュー戦で決めた素晴らしいミドルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What a strike <br><br>That’s how to get your first <a href="https://twitter.com/ManCityWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManCityWomen</a> goal <a href="https://twitter.com/maybe10_?ref_src=twsrc%5Etfw">@maybe10_</a>!<a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysWSL</a> <a href="https://t.co/KEhsXxX80G">pic.twitter.com/KEhsXxX80G</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1581660979867185152?ref_src=twsrc%5Etfw">October 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.10 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯へ強化進むなでしこジャパンが来年2月開催の「SheBelieves Cup」に参加、アメリカ、カナダ、ブラジルの強豪と対戦

日本サッカー協会(JFA)は10日、なでしこジャパンが2023年2月にアメリカで行われる「2023 SheBelieves Cup」に参加することを発表した。 今大会は日本の他、アメリカ女子代表、カナダ女子代表、ブラジル女子代表が参加。4カ国による総当たりの大会となる。 2016年にスタートしたこの大会。日本は2019年、2020年に参加。その後は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり参加を見送っていた中、3大会ぶりの参加となる。 過去2大会では、2019年が3位、2020年は4位という成績だった。 日本は2月16日にブラジル、同19日にアメリカ、同22日にカナダと対戦。2023年に行われる女子ワールドカップ(W杯)に向けて重要な強化の場となり、いずれもFIFAランキングで日本より上の国となる。 W杯イヤーの最初の活動となるなでしこジャパン。チームを指揮する池田太監督はJFAを通じてコメントしている。 「ワールドカップイヤーの最初の活動で、再び強豪国と対戦できることをありがたく思います。2021年10月になでしこジャパンとして新たなチャレンジをスタートさせてから、ヨーロッパの国々との親善試合、アジア各国とワールドカップ出場権を争う戦い、そしてアフリカ、オセアニアの国々と試合を重ねてきました」 「その中で今回は、ワールドカップ連覇の最中にいるアメリカ、昨年の東京オリンピックチャンピオンのカナダという北米の2ヶ国、そしてFIFA女子ワールドカップオーストラリア&ニュージーランド2023の南米予選をトップで通過したブラジルと、また新たな大陸のチームと対戦できます。7月の大会開幕に向け、ここでチームとしても個としてもさらに揉まれて、たくましさを身につけていきたいです」 2022.12.10 12:37 Sat
twitterfacebook
thumb

なでしこリーグ覇者のS世田谷が勝ち抜け、今季で解散のアンジュは敗れてクラブの歴史に幕《皇后杯》

第44回皇后杯2回戦の10試合が、3日から4日にかけて各地で行われた。 今季のプレナスなでしこリーグで初優勝を飾ったスフィーダ世田谷FCは、来季からリーグ2部へ昇格するヴィアマテラス宮崎と対戦。リーグMVP、大竹麻友の2得点などで3-1と勝利し、3回戦進出を決めた。 今季限りで活動を終えるアンジュヴィオレ広島は東洋大学と相まみえ、0-4で敗れた。6分、大宮アルディージャVENTUSへの加入が決まっている北川愛莉に先制ゴールを許すと、以降も失点が重なって4失点。反撃を試みるも及ばず、これが最後の試合となり、クラブの歴史に幕を閉じた。 1回戦で社会人チームの福岡J・アンクラスを破った藤枝順心高校は、今季のなでしこリーグ得点女王・千葉園子を擁するASハリマアルビオンと対戦。U-17女子ワールドカップ(W杯)にも出場した久保田真生のゴールなどで、90分を終えて3-3と健闘したが、延長戦で3失点を喫し、3-6で敗れた。 また、岡山県作陽高校が大倉弓佳の決勝点で筑波大学を撃破。セレッソ大阪堺レディースが静岡SSUボニータをPK戦の末に下すなど、年上のチームを破って次のステージへ駒を進めている。 その他の結果は以下の通り。なお、WEリーグ所属チームは4回戦からの登場となる。 ◆皇后杯2回戦 ▽12月3日 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">スフィーダ世田谷FC 3</span>-1 ヴィアマテラス宮崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">伊賀FCくノ一三重 2</span>-0 常盤木学園高校 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">愛媛FCレディース 3</span>-2 SEISA OSAレイア湘南FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ASハリマアルビオン 6</span>-3 藤枝順心高校 筑波大学 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 岡山県作陽高校</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">セレッソ大阪堺レディース 0</span>-0(PK5-4) 静岡SSUボニータ FCふじざくら山梨 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ニッパツ横浜FCシーガルズ</span> 朝日インテック・ラブリッジ名古屋 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 早稲田大学</span> ▽12月4日 アンジュヴィオレ広島 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 東洋大学</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">オルカ鴨川FC 5</span>-0 ディオッサ出雲FC ◆3回戦組み合わせ ▽12月10日 スフィーダ世田谷FC vs 東洋大学 伊賀FCくノ一三重 vs 愛媛FCレディース ASハリマアルビオン vs 岡山県作陽高校 オルカ鴨川FC vs 早稲田大学 ▽12月11日 セレッソ大阪堺レディース vs ニッパツ横浜FCシーガルズ 2022.12.04 20:51 Sun
twitterfacebook
thumb

「公式戦では初めて」CBで先発の浦和L・安藤梢、今季初のクリーンシートで期待に応える「面白さもあったし自信にも」

進化をし続ける10番が頼もしい。 三菱重工浦和レッズレディースは3日、2022-23 Yogibo WEリーグ第5節で大宮アルディージャVENTUSとのアウェイでの"さいたまダービー"に臨んだ。 開幕から3試合連続の複数得点を挙げ、3連勝で首位をいく浦和だったが、ダービーに向けて大きな懸念事項があった。なでしこジャパンの活動中にセンターバックの高橋はなが右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷を負い、長期離脱。ただでさえ人材不足の最終ラインで、誰が代役を務めるのかに大きな注目が集まった。 WEリーグカップではサイドが本職の上野紗稀や長嶋玲奈も起用されていたが、この日、楠瀬直木監督が指名したのは安藤梢。なでしこジャパンでも126試合に出場した百戦錬磨のアタッカーを抜擢した。 メンバー発表された「DF10安藤梢」にはファンも驚きを隠せなかった。それもそのはず、本人いわくセンターバックでの出場は「公式戦では初めて」。だが、ふたを開けてみれば安定感は誰よりも抜群だった。 チームのボール保持時間が長いこともあって、明確な守備機会そのものは決して多くはなかった。だが、読みを効かせたくさびのつぶしやインターセプトなど、随所で好プレーを披露。カウンターを受けた53分のシーンでは、流れて大宮FW髙橋美夕紀を追走していたが、パス出しの瞬間にマークを捨ててスペースをケアし、好判断で見事に山崎円美のシュートをブロックした。 トラップ精度も高くパススピードも速いため、ビルドアップも卒なくこなした安藤。チームは3-0で勝利を収め、リーグ戦では今季初のクリーンシートを達成。もちろん、安藤1人の力ではないとはいえ、貢献度は誰の目にも明らかだった。 指揮官は試合直後のインタビューで「ケガ人もいて(後ろに)人がいないので、なんでも屋さんの安藤におんぶにだっこ」と冗談めかしたが、「非常にいいディフェンスラインを築いてもらって助かっています」と評価している。 クラブ公式サイトでも安藤の声を紹介。プレーへの満足感以上に、さらなる向上心をうかがわせる。 「(センターバックでの出場は)公式戦では初めてです。プレーしてみて面白さもありましたし、みんなで声を出し合いながら協力して、無失点で抑えられたので、少し自信にもなりました。でも、精度やポジショニングの部分で、上げていかないといけないところもあると感じています」 「ビルドアップのところでは、攻撃のいいスタートになればいいと意識しながら、自分がFWのときにやられたら嫌なところを突いていきたいというのはありました」 安藤は2009年シーズン後に浦和からドイツのFCR2001デュイスブルク(現:MSVデュイスブルク)へ加入し、フランクフルトやエッセンでもプレー。国内タイトルだけでなく、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)も制覇。2017年6月に古巣の浦和へと復帰し、昨季はボランチも経験した。 浦和は次節、11日にホームでINAC神戸レオネッサとの大一番を迎える。40歳となった今でも進化を続ける安藤のプレーにも注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】大宮V vs 浦和Lのハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UIORQSNjkk0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.04 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯に黄色信号…なでしこDF高橋はな、右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷で全治約8カ月

三菱重工浦和レッズレディースは25日、DF高橋はな(22)の負傷についての詳細を発表した。 高橋は11月に行われたなでしこジャパンのスペイン遠征中に負傷し、10日に離脱が発表されていた。 クラブによると、右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷で全治には約8カ月を要する見込み。18日に手術を行ったとのことだ。 浦和は今夏に南萌華がローマへ移籍し、センターバックの層が手薄となっていただけに大きな痛手を被ることに。MF栗島朱里が復活を遂げたものの、浦和は現在もMF一法師央佳、DF長船加奈、GK鈴木佐和子、GK池田咲紀子の4人が同じヒザのじん帯を負傷して離脱している。 また、なでしこジャパンも来年7月にオーストラリア&ニュージーランドW杯を控えており、こちらにも黄色信号がともることとなった。 2022.11.25 14:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly