ドイツ代表がアルノルトを追加招集も、ブラントがインフルエンザ感染で離脱

2022.09.22 11:21 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツサッカー連盟は21日、ヴォルフスブルクのMFマキシミリアン・アルノルトをドイツ代表に追加招集することを発表した。

ドイツ代表では、GKマヌエル・ノイアー、MFレオン・ゴレツカのバイエルン所属2選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けて離脱することが発表されていた。

GKにはホッフェンハイムのGKオリヴァー・バウマンを追加招集していたが、ゴレツカの代役にアルノルトを招集した。
しかし、ドルトムントのMFユリアン・ブラントがチームを離脱。インフルエンザに感染したと発表されている。なお、新型コロナウイルスの検査では陰性だった。

ドイツは23日にホームでハンガリー代表と、26日にアウェイでイングランド代表とUEFAネーションズリーグ(UNL)の2試合を戦う予定だ。


関連ニュース
thumb

「ドイツの実力は誰もが知っている」代表OBはW杯決勝T進出を確信

元ドイツ代表MFのローター・マテウス氏は、母国のカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント進出を信じているようだ。 20日から開催されたカタールW杯のグループE初戦で、日本代表相手にまさかの敗戦を喫したドイツ。試合後には痛烈な非難を浴びることになったが、続くスペイン代表戦では先制を許しながらもFWニクラス・フュルクルクのゴールで追いつき、1-1のドローに終わった。 これにより、ドイツは12月1日に行われるグループE最終節のコスタリカ代表戦に勝利した場合、同時刻に開催される日本vsスペインの結果次第で決勝トーナメント進出が決定する状況となっている。 運命の最終節を控えるチームだが、マテウス氏は選手たちがスペイン戦で復調したと確信している模様だ。ドイツ『スカイ』で同氏はハンジ・フリック監督の采配を称え、コスタリカ戦は必ず勝利を掴めるはずだと期待した。 「ドイツは序盤からカウンターで何度もスペインを困らせた。ゴール前でもゴールキーパーや守備陣が良いプレーを見せたね。ニクラス・ジューレも、失点までは良くやっていた。失点時はポジショニングを少し間違え、相手の前に入るのが間に合わなかったのだと思う。ただ、それ以外は良いパフォーマンスで、日本戦よりずっと存在感があった」 「スペイン戦の結果は、チームにこれからの課題に対する強さ、エネルギー、自信を与えてくれただろう。そして、選手たちに意欲をもたらしてくれたのだ」 「グループ内の状況はともかく、チームのベスト16進出は必須だろう。コスタリカ戦でより質の高い勝利を収め、前進するための道筋をつけられるかどうかは、我々自身の手にかかっている」 「ドイツの実力は誰もが知っているはずだ。チームには経験があり、W杯王者やチャンピオンズリーグ優勝者がいる。そしてハンジ・フリックはバイエルンで6つのタイトルを獲得した監督だ」 2022.11.29 18:11 Tue
twitterfacebook
thumb

「日本に勝ってくれと言われた」崖っぷちのドイツ代表DFリュディガーがカルバハルに切望

スペイン代表DFダニ・カルバハルが、レアル・マドリーで同僚のドイツ代表DFアントニオ・リュディガーからあるお願いをされているようだ。 両選手は27日にグループE第2節で激突。ワールドカップ優勝経験のある強豪同士の対戦は、白熱した展開となった中で終盤にドイツが追いつく形で1-1のドローに終わった。この結果、同グループの順位は勝ち点4のスペインを筆頭に、日本とコスタリカが共に勝ち点3で並び、ドイツが勝ち点1という並びに。 そして、運命の最終節は日本vsスペインとコスタリカvsドイツという構図に。ここで崖っぷちのドイツ代表の最終ラインを守るリュディガーは、日本と対戦するスペインのカルバハルへ、クラブでのチームメイトのよしみから日本に絶対に勝つようお願いがあったようだ。カルバハルはドイツ戦を振り返りながら、リュディガーからの申し出を明かしている。 「フェアな引き分けだったと言える。両チームともアイディアを出し合った結果だ。前半は非常にタイトな展開で、その後に僕たちが先制すると、ドイツは様々な変更を加えてリスクを負いながら前に出てくるようになった。それで僕らはタフな思いをすることになったんだ」 「僕らが追加点を取れていれば試合は終わっていたけど、そうはいかずにボールロストから同点に追いつかれてしまった。今日の失敗を修正し、日本に勝たなければならないね」 「リュディガーからは日本に勝ってくれと言われたよ。だけど、そんなこと言われなくても僕らが勝ちに行くことは間違いない。僕らは全ての試合に勝って首位で突破したいんだ」 2022.11.28 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表、ベスト16行きの可能性が70%から26%にまで急下降…AI分析ではコスタリカ戦の敗戦に加えスペインvsドイツのドローも影響で苦しい事態に

カタール・ワールドカップ(W杯)初戦のドイツ代表戦で劇的勝利を収めた日本代表だったが、第2戦ではコスタリカ代表に0-1と痛恨の敗戦を喫してしまった。 今大会の試合結果の予想をAI分析を活用して算出しているのが、『NewsDigest/JX通信社』。全ての試合を1万回シミュレーションし、弾き出された結果だが、グループEの第2戦が終わった段階での最新データが発表された。 1つは、日本のグループステージ突破の確率だ。 大会前は33.9%だった中、ドイツに勝利したことで70.8%まで上昇。しかし、コスタリカに敗れたことで、一気に33.9%と大会前の数値に戻った。 加えて、スペイン代表とドイツ代表が引き分けたことを受け、28日の10時のデータでは26.1%に。大会前の予想以上に厳しい数値が弾き出されることとなった。 日本のグループステージ突破条件は、スペインに勝利するか、引き分けた場合でもコスタリカが勝利すること、そしてドイツが勝利した場合でも、1点差でさらに1-0などのロースコアで終わることが条件となる。とても厳しい状況となった。 また、ベスト8行きの確率も、大会前は25.5%あったものの現在は10.3%まで下落している。 それでは大事な第3戦の勝率はどうなのか。これは日本vsスペイン、コスタリカvsドイツの両試合の確率が公開され、日本がスペインに勝つ確率は21%、引き分けも19.5%となっている。 一方、コスタリカがドイツに勝つ確率は23.3%、引き分けは20.1%となっている状況だ。 日本は大きすぎる敗戦を喫したことがAI分析の数値の変動からも見て取れるが、果たして新しい景色を見ることはできるだろうか。 スペイン戦は12月1日に行われる。 <span class="paragraph-title">【画像】日本のグループ突破条件は!? AI分析による確率の変動もチェック</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jx20221128_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jx20221128_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jx20221128_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/groupE20221128_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.11.28 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「まだ生きている」スペインとドローのドイツ、GKノイアーは逆転のGS突破へ意欲「コスタリカに勝つ」

ドイツ代表のGKマヌエル・ノイアーが、スペイン代表戦を振り返った。ドイツサッカー連盟(DFB)が伝えた。 27日、ドイツはカタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でスペインと対戦した。 初戦で日本代表に逆転負けを喫し、敗れれば敗退の可能性が高まる試合。スペインは初戦で7ゴールの大勝を収め、勝てばグループステージ突破をほぼ決められる試合となった。 試合は強豪国同士の拮抗した展開となると、なかなかゴールが生まれずに後半へ。すると62分にアルバロ・モラタがネットを揺らしてスペインが先制する。 敗れれば敗退の危機が高まるドイツ。すると83分にニクラス・フュルクルクがネットを揺らして同点に。その後は得点が動かず、1-1の引き分けに終わった。 なんとか勝ち点1を獲得し、首の皮一枚つなげたドイツ。ノイアーは難しい試合だったと振り返りながらも、スペインを称賛した。 「ユーモアのあるスペインに対しては全てが難しかった。僕たちはこの戦いに挑み、90分間強を戦った」 「ディフェンス面では、前から後ろまで全てを出し切ったと思う。このコンパクトさでは、僕たちからゴールを奪うのは難しいだろう」 「スペインは難しいゴールを見事に決めてきた。それでも、僕たちは自分たちを信じ続けた」 最終戦はコスタリカ代表と戦うドイツ。勝利すれば、グループステージ突破の可能性がかなり高い状況だ。ノイアーは最後まで諦めず、とにかくコスタリカに勝つと語った。 「一番大事なのは、僕たちがまだ生きているということ。今、僕たちが影響を与えられることは、コスタリカに勝つということだ」 2022.11.28 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「失望感」ドイツと引き分けたスペイン、指揮官が日本戦に意気込む「目標は首位通過」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、ドイツ代表戦について振り返った。スペインサッカー連盟(RFEF)が伝えた。 27日、スペインはカタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でドイツと対戦した。 スペインは初戦で7ゴールの大勝を収め、勝てばグループステージ突破をほぼ決められる試合に。一方のドイツは、敗れれば突破がとても難しい状況となった中で迎えた。 試合は強豪国同士の拮抗した展開となると、なかなかゴールが生まれずに後半へ。すると62分にアルバロ・モラタがネットを揺らしてスペインが先制する。 敗れれば敗退の危機が高まるドイツ。すると83分にニクラス・フュルクルクがネットを揺らして同点に。その後は得点が動かず、1-1の引き分けに終わった。 試合後、ルイス・エンリケ監督は「ドイツ戦で勝てるチャンスがあったにも関わらず、最後の数分で勝てなかったというのは不思議な感覚だ」とコメント。「2試合の後、我々は死のグループをリードしている」と、首位に立っているという事実が大事だとした。 また「目標はグループで首位通過を果たすこと、すでに示したことを確認することだ」と語り、第3戦でしっかり首位を目指すと意気込んだ。 試合については「我々がなんとかリードしたが、ドイツのパニックに付き合ってしまった。そして両者のやり合いが始まった」と語り、「正確さと冷静さが足りず、自分たちの望むところへ試合を持っていけなかった」とコメント。「落ち着くのは難しいが、我々は少し地に足をつけ、冷静さが欠けていた」と、相手に付き合い、冷静に判断してプレーできなかったとした。 チームの雰囲気についても「失望感。それがドレッシングルームで感じられたものだ。ただ、正直に言って負けていたかもしれない」とコメント。逆転される可能性もあったとした。 ターニングポイントとなった点については、1-0とリードした後にマルコ・アセンシオが決定機を逸したシーンをあげ「決定的なものになっただろうと思う」とコメント。それでも「ドイツは強豪国であり、このワールドカップで優勝する可能性を否定する人はいない。我々は彼らと互角に戦ってきた」と、相手は強豪であり変わらず優勝候補であるとした。 スペインは12月1日に第3戦で日本代表と対戦。グループステージ突破を目指す。 2022.11.28 11:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly