スクデット戦線から脱落のナポリ、来季の悲願達成へ向けたチーム改革の全貌が徐々に明らかに

2022.05.18 18:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今季のセリエAにおいてスタートダッシュに成功するも、徐々に勢いを失い、スクデット戦線から脱落したナポリ。悲願のスクデット獲得を目指す来季のチーム編成に関して、ルチアーノ・スパレッティ監督とアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が会談を行なった模様だ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。

15日に行われたセリエA第37節で、ナポリはジェノアと対戦。前半32分にFWビクター・オシムヘンの得点で先制すると、後半20分には、キャプテンのFWロレンツォ・インシーニェがPKを沈め、英雄ディエゴ・マラドーナの名を冠したホームスタジアムで自身最後となる得点を記録した。終盤にも1点を追加したナポリは、今季最後のホームゲームを3-0の快勝で締めくくっている。

この勝利によって、最終節を残して順位を3位で確定させたナポリ。スパレッティ監督の就任1年目にして来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保したことで、一定の目標は達成できたが、その一方で、近年もっともスクデット獲得に近づいたと言えるシーズンだったがゆえに、中盤から終盤にかけての失速でタイトルを逃した後悔も色濃く残る。
そんな中、スパレッティ監督とデ・ラウレンティス会長は、来季へ向けたチームの編成を討議しているようだ。『カルチョ・メルカート』が各ポジションに焦点を当て、詳しく報じている。

まず、来季以降の編成を考えるにあたって、デ・ラウレンティス会長は、段階的にチーム全体の若返りを進めていく方針のようだ。現時点ですでに、各選手の年棒には350万ユーロ(約4億7000万円)の上限が課されており、それは来季も同様に継続されるとのことだ。

そんな中でも唯一、例外としてセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(30)のみが年棒600万ユーロ(約8億1000万円)を受け取っており、2023年6月までの契約となっているクリバリに対し、ナポリは4~5年の長期にわたる契約延長の準備があるとのことだが、現時点で話し合いは始まっていないとのことだ。

しかしながら、来季以降も守備陣の中心にクリバリを据える意向は揺るぎなく、今季限りで契約が切れ、レアル・マドリー行きが報じられているコロンビア代表GKダビド・オスピナ(34)についても、引き続きチームにとどめたい考えだとみられる。

その他の守備的なポジションに目を向けると、ポルトガル代表DFマリオ・ルイ(30)とアルジェリア代表DFファウジ・グラム(31)は、今季限りでチームを去る見込みとのこと。2選手は主に左サイドバックとしてプレーしていたが、後釜としてヘタフェに所属するウルグアイ代表DFマティアス・オリベラ(24)やフェイエノールトのオランダ代表DFティレル・マラシア(22)を確保したい考えだ。

マンチェスター・ユナイテッドからレンタル移籍中のイングランド人センターバックであるDFアクセル・トゥアンゼベ(24)は、全くと言って良いほど戦力にならず、シーズン終了後には契約通り、マンチェスターへ帰還する。従って、少なくとも1名のセンターバックを確保しなければならないとのことだ。

中盤に目を移すと、スペイン代表MFファビアン・ルイス(26)がかねてよりスペイン復帰を希望しており、バルセロナが獲得に興味を示すなど、去就が不透明だ。現行の契約が2023年6月までとなっていることから、デ・ラウレンティス会長は、移籍金次第で今夏での売却を容認すると見られている。

また、ファビアン・ルイスがチームを離れるなら、フラムからレンタル移籍中のカメルーン代表MFアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサ(26)を買い取ることは必須だ。今季の序盤戦に最も大きなインパクトを与えた1人で、これまでの現地の報道では、1100万ユーロ(約15億円)で買い取り可能とのことだ。

中盤の獲得候補としては、ヴェローナのチェコ代表MFアントニン・バラク(27)や、アタランタのクロアチア代表MFマリオ・パシャリッチ(27)ら攻撃的なタスクを担えるセンターハーフがメインとなる模様。ザンボ・アンギサらと共に来季の中盤を構成させることを目論んでいるようだ。

そして、インシーニェが去り、質・量ともにベースアップが必要なアタッカー陣においては、サッスオーロの2選手、イタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)とコートジボワール代表MFハメド・トラオレ(22)に対してアプローチをかけている模様だ。

ラスパドーリは今夏の人気銘柄の1人であり、他のビッグクラブとの競合は必至だ。従って、ウディネーゼのスペイン人FWジェラール・デウロフェウ(28)や、フェイエノールトのコロンビア代表FWルイス・シニステラ(22)にも関心を寄せているとのことだ。

また、長らく去就が不透明とされたベルギー代表FWリエス・メルテンス(35)は、ここへ来て契約延長に傾いているとされ、エースのオシムヘンとともに、引き続き来季もナポリでプレーする見込みとのことだ。

今季は序盤戦で台風の目になりながらも、徐々に勢いを失ったナポリ。スパレッティ監督のもとで堅守速攻をベースとした好チームだけに、今夏の移籍市場、そして、来季の戦いにも注目したい。

関連ニュース
thumb

ナポリがクリスマスユニを発表も選手が着るのは年明けに!?!デザイン注目もカタールW杯でセリエAは中断中

ナポリは11月29日、クリスマス用の新ユニフォームを発表した。 「エンポリオ・アルマーニ」のスポーツラインである『EA7』がユニフォームを提供しているナポリ。ホームユニフォームやアウェイユニフォーム、GKユニフォームに加えて、10月にはハロウィン仕様のユニフォームも発表していた。 今度はクリスマス仕様のもの。チームカラーの水色を基調に、袖口や首元はクリスマスらしい赤が施されている。最大の特徴はシャツ前面の下部に描かれたトナカイ。サンタクロースの帽子を被ったチャーミングなトナカイがでかでかと描かれている。 着用試合について発表はされていないものの、ナポリはクリスマスマッチシャツとしてこのユニフォームをアピールしている。ただ、カタール・ワールドカップ(W杯)で中断しているセリエAの再開は年明けの1月4日のため、クリスマスに間に合わないことになってしまう。 そのため、『Footy Headlines』によると、12月上旬に予定されている親善試合で着用する可能性もあるようだ。 なお、このデザインについては賛否が。「これで試合するの?」、「冗談でしょ」、「子供ウケは良さそう」など様々な反響が集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】子供ウケは良さそうなナポリのダサかわクリスマスユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Napoli has announced the release of its new limited edition Christmas shirt <a href="https://t.co/T7TgdOfX4T">pic.twitter.com/T7TgdOfX4T</a></p>&mdash; Barstool Football (@StoolFootball) <a href="https://twitter.com/StoolFootball/status/1597595752083378177?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">La magia del Natale scende in campo con il Set Gara Junior Natale e la Maglia Gara Natale! <br><br> Official Web Store SSC Napoli: <a href="https://t.co/XmWZkZRi5t">https://t.co/XmWZkZRi5t</a><br> Brand Store Amazon: <a href="https://t.co/NKOFiuhxam">https://t.co/NKOFiuhxam</a><br> Official Store SSC Napoli: <a href="https://t.co/8t3FvYyuJ9">https://t.co/8t3FvYyuJ9</a><br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/ForzaNapoliSempre?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ForzaNapoliSempre</a> <a href="https://t.co/WvxReclFrt">pic.twitter.com/WvxReclFrt</a></p>&mdash; Official SSC Napoli (@sscnapoli) <a href="https://twitter.com/sscnapoli/status/1597508766701789184?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.01 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

低予算でもヒット補強連発のナポリ、来夏フリーのアダマ・トラオレに関心か

ナポリがウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(26)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 昨季途中から古巣バルセロナにレンタル加入したが、思うようにいかず、今季からウォルバーハンプトンに復帰したトラオレ。今季のチームが中断期間までにプレミアリーグ最下位と波に乗れず、自身も12試合でわずか1得点とカタール・ワールドカップのスペイン代表からも漏れ、苦しい日々が続いている。 そんなトラオレだが、契約は2023年6月までで、今季終了後にフリーとなる見込み。そんななか、苦しい財政状況でも今夏に安価で獲得したMFクヴィチャ・クワラツヘリアやDFキム・ミンジェがブレイクし、セリエAの首位に立つナポリがトラオレの獲得を検討し始めたという。 ナポリの首脳陣らは来季に向けた補強計画を進行中で、トラオレがウォルバーハンプトンで250万ユーロ(約3億6000万円)というさほど高額ではない年俸であることに注目。移籍金が発生しない来夏の獲得を目論んでいるようだ。 一方、トラオレを迎え入れるには放出も必要と考えているようで、ポジションが被るメキシコ代表FWイルビング・ロサーノの売却を念頭に置いているとされている。 2022.11.26 14:51 Sat
twitterfacebook
thumb

ハムシクがスロバキア代表で涙のラストマッチ…「どうしても堪えることができなかった」

トラブゾンスポルに所属するMFマレク・ハムシク(35)が、スロバキア代表に別れを告げた。 5月に今年いっぱいでの代表引退を宣言していたハムシク。20日に行われた親善試合のチリ代表戦がスロバキア代表としてのラストマッチとなった。 先発出場していたハムシクは89分に交代を告げられると、観客から万来の拍手が贈られ、思わず涙。ベンチ前ではチームメイト全員から厚い抱擁を受けた。また、試合後にはそのチームメイトやスタッフによるガード・オブ・オナーが作られ、子供たちと共にピッチを後にした。 「最高の雰囲気の中、試合を楽しむことができたし、感動的だった。ピッチを出るまでは何とかなったけど、その後は涙を堪えることはできなかったね」 「代表でのキャリアは本当に楽しかった。僕が経験したような成功をもっと収めることができると思うし、そうなることを願っているよ」 「チームを離れて、周りのみんながいなくなるのは寂しいけど、スロバキアを代表できたことは僕にとって大きな名誉だった。ファンのみんなに感謝したい。スタジアムを満員にするのは僕の願いだったんだ」 2007年2月にポーランド戦でスロバキア代表デビューを果たしたハムシクは、通算で136試合26ゴール20アシストを記録。出場数とゴール数はどちらも同国史上最多で、まさにスロバキアサッカーの歴史に名を刻んだ選手となった。 <span class="paragraph-title">【動画】涙のハムシク、チームメイトが抱擁</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">Slovakya ile 135 maça çıkan Marek Hamsik 26 gol 20 asistlik performans sergiledi. <a href="https://t.co/T9PnnbvwUs">pic.twitter.com/T9PnnbvwUs</a></p>&mdash; 61saat (@61saat) <a href="https://twitter.com/61saat/status/1594353382075944960?ref_src=twsrc%5Etfw">November 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.21 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

バロンドールに続きベンゼマがグローブ・サッカー・アワードの最優秀選手賞を初受賞!

17日、ドバイでグローブ・サッカー・アワード2022の授賞式が行われ、レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが年間最優秀選手賞を初受賞した。 また、ファンが選ぶ年間最優秀選手にはリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが選出され、年間最優秀監督にはレアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が選出されている。各賞の受賞者は以下のとおり。 【グローブ・サッカー・アワード2022 各賞受賞者】 ◆年間最優秀選手【男子】 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス) ◆年間最優秀選手【女子】 アレクシア・プテジャス(バルセロナ/スペイン) ◆ファンが選ぶ年間最優秀選手 モハメド・サラー(リバプール/エジプト) ◆年間最優秀クラブチーム【男子】 レアル・マドリー(スペイン) ◆年間最優秀クラブチーム【女子】 リヨン(フランス) ◆年間最優秀監督 カルロ・アンチェロッティ(レアル・マドリー/イタリア) ◆年間最優秀経営者 フロレンティーノ・ペレス(レアル・マドリー/スペイン) ◆最優秀スポーツディレクター パオロ・マルディーニ(ミラン/イタリア) フレデリック・マサラ(ミラン/イタリア) ◆最優秀エージェント ジョルジュ・メンデス(ポルトガル) ◆最優秀キャリア選手賞 ズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン/スウェーデン) ウェイン・ルーニー(イングランド) ロマーリオ(ブラジル) ◆最優秀キャリア監督賞 ウナイ・エメリ(アストン・ビラ/スペイン) ◆ベストディフェンダー・オブ・オールタイム セルヒオ・ラモス(パリ・サンジェルマン/スペイン) ◆パワー・ホース・エマージング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー ビクター・オシムヘン(ナポリ/ナイジェリア) 2022.11.18 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ熱視線のクワラツヘリア、ナポリは引き留めのため新契約提示へ

ナポリがジョージア代表FWクヴィチャ・クワラツヘリア(21)との契約更新を望んでいるようだ。 クワラツヘリアは今夏の移籍市場でジョージアのディナモ・バトゥミからナポリへ加入。当初は無名の存在だったが、ルチアーノ・スパレッティ監督の信頼を得て開幕戦から先発に抜擢されると、ここまで公式戦17試合に出場して8ゴール10アシストの好成績を収めている。 今夏に退団したFWロレンツォ・インシーニェの不在を補って余りある活躍を見せるジョージア代表FWに対しては、早速各国のビッグクラブが注目。すでにリバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドといったプレミアリーグ勢が獲得に具体的な関心を示している。 しかし、イタリア『Il Mattino』によると、ナポリに新星を売却する意思はない模様だ。クラブのスポーツディレクター(SD)を務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏は、クワラツヘリアを引き留めるための新契約締結に向け動き出しており、すでに選手側の代理人と会談の場を設けているという。 契約更新となれば、現在受け取る120万ユーロ(約1億7000万円)の年俸から大幅アップする可能性もあるが、果たしてクワラツヘリアはどのような決断を下すだろうか。 2022.11.15 16:01 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly