日本代表と12日に対戦のオーストラリア代表が発表! Jリーグからタガート&デュークの2名が選出《カタールW杯アジア最終予選》

2021.10.02 17:48 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストラリアサッカー協会(FFA)は2日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨むオーストラリア代表メンバー24名を発表した。

日本代表と同じグループBに入ったオーストラリア代表。かつてベガルタ仙台でも指揮したグラハム・アーノルド監督は、23名を海外から招集。国内組は2名となった。

オーストラリアでは帰国後の検疫期間が2週間あるといい、国内でプレーする選手は招集が困難な状況となっている。
今回のメンバーには、GKマシュー・ライアン(レアル・ソシエダ)やDFミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ)、DFトレント・セインズベリー(コルトレイク)、MFアーロン・ムーイ(上海海港)らを招集した。

Jリーグ勢では、セレッソ大阪のFWアダム・タガート、ファジアーノ岡山のFWミッチェル・デュークも招集。また、古橋亨梧と同僚のMFトーマス・ロギッチ(セルティック)や長谷部誠や鎌田大地と同僚のMFアルディン・フルスティッチ(フランクフルト)も招集されている。

9月の2試合で連勝スタートとなったオーストラリアは、7日にホーム扱いながらカタールでオマーン代表と、12日にアウェイで日本代表と対戦する。

今回発表されたオーストラリア代表メンバーは以下の通り。

◆オーストラリア代表メンバー25名
GK
マシュー・ライアン(レアル・ソシエダ/スペイン)
ダニエル・ヴコビッチ(NEC/オランダ)
ローレンス・トーマス(ソナーリュースケ/デンマーク)

DF
アジズ・ベヒッチ(ギレスンポル/トルコ)
ミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ/セルビア)
リアン・グラント(シドニーFC)
ハリー・サウター(ストーク・シティ/イングランド)
トレント・セインズベリー(コルトレイク/ベルギー)
ライアン・マクゴーワン(クウェートSC/クウェート)
カラム・エルダー(ハル・シティ/イングランド)
フラン・カラチッチ(ブレシア/イタリア)

MF
ジャクソン・アーバイン(ザンクト・パウリ/ドイツ)
ケネス・ドゥーガル(ブラックプール/イングランド)
トーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド)
アーロン・ムーイ(上海海港/中国)
ジェームズ・ジェッゴ(アリス・テッサロニキ/ギリシャ)
アルディン・フルスティッチ(フランクフルト/ドイツ)
ダニエル・アルザニ(ロンメル/ベルギー)
デニス・ジェンロー(トゥールーズ/フランス)
ライリー・マッグリー(バーミンガム/イングランド)

FW
アワー・メイビル(ミッティラン/デンマーク)
マーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド)
アダム・タガート(セレッソ大阪/日本)
ミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山/日本)
クリストファー・イコノミディス(メルボルン・ビクトリー)

関連ニュース
thumb

本田圭佑の解説が話題の「ABEMA」で日本vsクロアチアが観られないことも? 入場制限の可能性を告知…地上波はフジテレビが放送

カタール・ワールドカップ(W杯)の全64試合を放送する「ABEMA」が、5日に迫った日本代表vsクロアチア代表について入場制限の可能性を発表した。 1日、日本はグループステージ最終節でスペイン代表と対戦。2-1と見事な逆転勝利を収め、グループ首位でラウンド16に進出した。 新しい景色としてベスト8以上の成績を目標としてきた中、その新しい景色を見られるかどうかが懸かった重要な一戦は、5日(月)の24時からスタートする。 遅い時間ではあるものの、比較的観戦が可能な時間のキックオフということもあり、これまで以上の人が応援することになるはず。そんな中、「ABEMA」が事前に通達を行った。 「連日多くのみなさまに「FIFA ワールドカップ カタール 2022」を楽しんでいただいており、日本史上初となるベスト8かけた一戦となる当日も、多くのアクセスが「ABEMA」に集中することが予想されます」 「そのため、快適な視聴環境を維持するために必要だと判断した際には、「ABEMA」への入場制限をさせていただく場合がございます」 サーバーへの負荷の影響も考えてのこと。ドイツ戦、スペイン戦も多くの視聴者がいた中、クロアチア戦は「ABEMA」で観られない人も出る可能性があるようだ。 また、ここまで3試合で解説を務めた本田圭佑も再び解説を務めることに。名物となりつつある本音の解説を聴きたい人も多いはずだ。 なお、地上波ではフジテレビが生中継。本田の解説は聴くことはできないが、ゲストに元日本代表監督の岡田武史氏、解説は清水秀彦氏、風間八宏氏、坪井慶介氏、小野伸二氏、田中マルクス闘莉王氏が務める予定となっている。 2022.12.04 13:28 Sun
twitterfacebook
thumb

世界中が驚いた日本代表の美女サポーター、ベスト8懸けて戦うクロアチア主将モドリッチとの激レア2ショット披露も「日本が勝たせて頂きます」

世界中を驚かせた日本代表の美女サポーターが驚きの2ショットを披露した。 カタール・ワールドカップ(W杯)で躍進を見せる日本代表。ドイツ代表、スペイン代表と世界屈指の強豪国を相手に連勝したことが世界中で話題となった。 一方で、日本代表のサポーターも大きな話題に。ゴミ拾いをする姿が称賛されたほか、休暇をくれたメッセージを紙に書いた男性、スペイン戦の逆転ゴールが決まった後に早々と泣いていた男性などが世界中で取り上げられた。 その中でも、最も世界を驚かせ、大きな反響を受けたのがドイツ戦前に国際サッカー連盟(FIFA)の国際映像に映り込んだ女性サポーター。東京発ガールズバンド「PARADOXX」のドラムを務めるSHONOさんだが、一気にSNSのフォロワーが爆増したことが話題となり、帰国後はワイドショーなどに数多く出演して反響の大きさを語っていた。 そのSHONOさんは、日本代表だけでなく、レアル・マドリー、そしてジュビロ磐田も好きとされ、日本の他にはクロアチア代表を応援していることを明かしており、中でもキャプテンのMFルカ・モドリッチが大のお気に入りだった。 そのクロアチアとは日本がベスト8を懸けてラウンド16で対戦。まさかの対戦となったが、インスタグラムではそのモドリッチとの2ショットを披露した。 SHONOさんはインスタグラムで「だいだいだいだいだーーーーーい好きなモドリッチにはごめんなさい。ここは日本が勝たせて頂きます」とラウンド16では勝たせてもらうことを宣言。それでも、2ショットともにモドリッチとのエピソードを明かした。 「先日クロアチアまで取材に行った時に撮った写真。大好きなモドリッチと」 「まだモドリッチが19番だったころのユニフォームに快くサインを書いてくれて、「マドリードダービー、ヴィニシウスに出したパスが最高でした!」って言ったら「よく見てるね」って言ってくれたの!!!ずーーーーーーーっと見てたよ!!!わら」 「まじ天使すぎる」 大好きな選手との対面を果たしていたことも驚きだが、モドリッチも世界が驚いた美女サポーターに笑顔が止まらない様子。SHONOさんは再び勝利の女神となれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】世界が驚いた日本代表の美女サポーター、大好きなモドリッチとの激レア2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Clqn1mkJCJZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Clqn1mkJCJZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Clqn1mkJCJZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@shono.contact)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.04 13:03 Sun
twitterfacebook
thumb

連覇目指すフランス代表指揮官、ポーランド代表の守備力を警戒「リスペクトするべき」

フランス代表のディディエ・デシャン監督は、ポーランド代表への警戒を強めた。フランス『RMC Sports』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)で大会連覇を目指すフランス。グループDで開幕から連勝を果たすと、第3節ではチュニジア代表に0-1で敗れたものの、首位通過を果たした。 3大会連続となるベスト8進出を懸け、4日に行われるラウンド16の対戦相手はポーランド。デシャン監督とDFバンジャマン・パヴァールの間で対立が報じられるなど、チーム内に不穏なムードも漂う中で決戦に挑む。 デシャン監督は前日会見で、ポーランドの特徴を分析。高い守備力を持っていると評しつつも、自らのチームのアタッカー陣がそれを打ち破ることを信じていると語った。 「相手のチームは、ここまでの3試合で守りに徹してきた。ディフェンスの場面が多かったし、そこでの技術も高い」 「一方で、そこだけにフォーカスしてはいけない。チームは国際経験豊富な選手が中心となっている。(ヴォイチェフ・)シュチェスニー、(カミル・)グリク、(ロベルト・)レヴァンドフスキ。若い選手もいる。相手のチームがここまでやってきたことはリスペクトするべきだ。シュチェスニーの活躍は決定的だっだ」 「しかし、我々の選手たちも、その活躍で期待に応えてくれる。相手に問題を起こすための攻撃的な主張を何度もしてくれるだろう」 また、対戦相手のレヴァンドフスキについては「こういったタイプの選手に対しては、その影響を制限する必要がある。体の使い方がとても上手く、わずかな隙を与えたら危険だ。フォーカスしすぎるのも良くないがね」とコメント。絶対的エースストライカーの完封に向けた対策を明かした。 2022.12.04 12:49 Sun
twitterfacebook
thumb

「彼を助けなければ」アルゼンチンの守護神が英雄・メッシに言及、次の相手オランダは「素晴らしい相手」

アルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、偉大なエースを讃え、準々決勝へ意気込んだ。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 3日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のアルゼンチンvsオーストラリアが行われ、アルゼンチンが2-1で勝利した。 この日から大会はノックアウトステージへ。優勝候補の一角であるアルゼンチンは、劇的に勝ち上がったオーストラリアと対戦した。 この試合の主役はキャプテンのFWリオネル・メッシ。キャリア通算1000試合出場を達成したメッシは、オーストラリアの堅い守備の前に苦戦した中で35分に先制ゴールを記録した。 その後フリアン・アルバレスのゴールでアルゼンチンは追加点を奪うと、1点を返されるも勝利を収め、ベスト8に進出した。 この試合でもゴールを守ったマルティネス。メッシも守護神の活躍を称賛していたが、マルティネスはしっかりとゴールを決めるエースを称えた。 「レオ(メッシ)は、必要な時にチームを前進させてくれる。彼のことを助けなければいけない」 この勝利でベスト8に進んだアルゼンチン。次の相手はオランダ代表となる。 マルティネスはオランダについて言及。自身の全てを捧げていくとした。 「僕たちは彼らが素晴らしい相手だということはわかっている。でも、僕たちのことも考えなければいけないだろう」 「可能な限り最善を尽くす。僕はピッチ上では冷静だ。それが最も重要なことだよ」 2022.12.04 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「批判が追い風になった」1G2Aと大暴れのオランダ代表DFダンフリースが喜び語る「両WBがアシストし合うことなんてあった?」

インテルのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリーズがアメリカ代表戦を振り返った。オランダ『デ・テレグラーフ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でアメリカと相まみえたオランダ。立ち上がりから両チームがチャンスを作る展開となった中で、10分に右サイドに抜け出したダンフリースの折り返しに、中央に走りこんだFWメンフィス・デバイが合わせて先制に成功する。 前半アディショナルタイムにも再びダンフリースのグラウンダーのクロスからDFデイリー・ブリントが追加点を記録すると、76分に1点を返されたが、81分にはダンフリースが左足のボレーシュートを叩き込んで再び2点差に。3-1のまま試合終了を迎え、ベスト8進出を決めた。 1ゴール2アシストと、全得点に絡んだダンフリース。逆サイドのウイングバックを務めるブリントとともにグループステージのパフォーマンスについて批判を受けていたと振り返りつつも、この一戦での活躍を喜んだ。 「この試合に向けて集中していた。チームの力になれたことをうれしく思うよ。もちろん、最近は批判を受けたこともあった。だけど、それは僕にとって追い風になったし、ウイングバックの相方であるブリントにとっても同じだと思う」 「ブリントとはともにポジティブな結果が出せた。今日はゲームプランがとてもうまくいったんだ。両ウイングバックが互いにアシストし合うなんて、今まであったかな?僕たちはとてもコンパクトに戦えていた。相手のセンターバックは、とても苦労していたように見えたよ」 また、次戦はアルゼンチン代表との準々決勝が控える中、「あと3試合、この大会で戦い続けたいと考えている。そうすれば、とても素敵な経験になると思うよ」ともコメント。さらなる飛躍に向けて意気込んだ。 2022.12.04 11:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly