コロンビア代表が発表! 好調ファルカオら招集も移籍直後のハメスは選外《カタールW杯南米予選》

2021.10.01 01:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コロンビアサッカー連盟(FCF)は29日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨むコロンビア代表メンバー26名を発表した。

レイナルド・ルエダ監督は今回の予選にFWラダメル・ファルカオ(ラージョ)、FWドゥバン・サパタ(アタランタ)、GKダビド・オスピナ(ナポリ)、MFフアン・クアドラード(ユベントス)、FWルイスディアス(ポルト)らを選出した。

一方、先日にアル・ラーヤン移籍が決定したMFハメス・ロドリゲスや負傷明けのFWルイス・ムリエル(アタランタ)らが招集外となっている。
コロンビアはカタールW杯南米予選を9試合を戦い、3勝4分け2敗の勝ち点13で5位に位置している。

10月7日にはアウェイでウルグアイ代表(勝ち点15/3位)と、同10日にはホームでブラジル代表(勝ち点24/1位)、同14日には同じくホームでエクアドル代表(勝ち点13/4位)と対戦する。

今回発表されたコロンビア代表メンバーは以下の通り。

◆コロンビア代表メンバー26名
GK
ダビド・オスピナ(ナポリ/イタリア)
カミーロ・バルガス(アトラス/メキシコ)
アウダイール・キンタナ(アトレチコ・ナシオナル)

DF
ウィリアム・テシージョ(クラブ・レオン/メキシコ)
ステファン・メディーナ(モンテレイ/メキシコ)
カルロス・クエスタ(ヘンク/ベルギー)
ダニエル・ムニョス(ヘンク/ベルギー)
ジョン・ルクミ(ヘンク/ベルギー)
ホアン・モヒカ(エルチェ/スペイン)
ダビンソン・サンチェス(トッテナム/イングランド)
ジェリー・ミナ(エバートン/イングランド)

MF
ジェルソン・カンデロ(アトレチコ・ナシオナル)
フアン・キンテーロ(深センFC/中国)
グスタボ・クエジャール(アル・ヒラル/サウジアラビア)
ウィルマル・バリオス(ゼニト/ロシア)
エデル・バランタ(クラブ・ブルージュ/ポルトガル)
マテウス・ウリベ(ポルト/ポルトガル)
ジェフェルソン・レルマ(ボーンマス/イングランド)
フアン・クアドラード(ユベントス/イタリア)

FW
ラダメル・ファルカオ(ラージョ/スペイン)
ドゥバン・サパタ(アタランタ/イタリア)
ルイスディアス(ポルト/ポルトガル)
ルイス・シニステラ(フェイエノールト/オランダ)
ラファエルサントス・ボレ(フランクフルト/ドイツ)
ロヘル・マルティネス(クラブ・アメリカ/メキシコ)
ミゲルボルハ(グレミオ/ブラジル)

関連ニュース
thumb

アグボンラホル氏、「ラ・リーガ行きが夢」発言のL・ディアスに喝「現在に集中すべき」

元イングランド代表FWガブリエル・アグボンラホル氏が、リバプールのコロンビア代表FWルイス・ディアスに喝を入れた。 L・ディアスは今年1月にポルトからリバプールへ移籍。今季のリバプールが中断期間までにプレミアリーグ6位と苦しい戦いを強いられるなか、自身は10月上旬に負傷しており、年末の戦列復帰に照準を合わせている段階だ。 現在は代表チームがカタール・ワールドカップ(W杯)と無縁なこともあり、回復に努めつつも束の間のオフに。アグボンラホル氏はイギリス『Football Insider』で、L・ディアスがつい先日の母国メディアのインタビューで「ラ・リーガでのプレーが夢」と語ったことに噛み付いた。 「今もスペインに行きたいと願っているのは間違いないのだろう。彼がバルセロナやレアル・マドリーでコンスタントに活躍できる選手だとは、必ずしも言い切れないがね」 「そんなことより、現在の彼はコンディションの回復に集中すべきだ。ピッチに戻るため、リバプールで最高のパフォーマンスを発揮するため、全身全霊を注ぐべき状況のはずだ」 アグボンラホル氏としては、所属クラブで試合に出られない状況が続いていたなかでの将来の移籍を示唆したとも捉えられかねない発言が気に食わなかったのだろう。L・ディアスの後半戦の爆発に期待したい。 2022.12.03 20:52 Sat
twitterfacebook
thumb

U-23コロンビア代表MFアンドレス・バランタが練習中に倒れて急逝…

アルゼンチンのアトレティコ・トゥクマンに所属するU-23コロンビア代表MFアンドレス・バランタ(享年22)が、トレーニング中に倒れて急逝した。 アトレティコ・トゥクマンは11月30日、同選手の訃報を伝えた。 アルゼンチン『ラ・ガセタ』が報じるところによると、バランタはチームのトレーニング中に突如意識を失って心停止状態になっていたという。その後、蘇生処置と40分以上にわたるAED(自動体外式除細動器)の使用によって蘇生を試みたが、緊急搬送されたサン・ミゲル・デ・トゥクマンの病院で息を引き取ったという。 現時点でバランタの死因に関する詳細は明かされていないが、同選手は前所属先のデポルティボ・カリ時代にもプレー中に意識を失った経験があった模様。ただ、その際に実施された精密検査では大きな異常は確認されていなかったとのことだ。 デポルティボ・カリでキャリアをスタートしたバランタは、2022年夏にアトレティコ・トゥクマンに加入したばかりだった。これまでフル代表デビューは果たしてないものの、U-17からU-23まで同国のアンダー世代の代表チームで主力を担ってきた。 2022.12.02 22:24 Fri
twitterfacebook
thumb

「凄いメンツ」カタールW杯現地解説の槙野、バルデラマはじめ各国レジェンド3人との2ショット披露「伝説でしかない御三方」

各国のレジェンドたちも現地に赴いているようだ。 20日に開幕を迎えたカタール・ワールドカップ(W杯)。元日本代表DF槙野智章(ヴィッセル神戸)も、ABEMAの現地解説担当としてカタール入りし、20日に行われた開幕戦のカタール代表vsエクアドル代表に続き、22日のグループC、アルゼンチン代表vsサウジアラビア代表の解説も担当した。 サウジアラビアが逆転でアルゼンチンを下す大金星を挙げた試合には、各国のスターも足を運んでいたようだ。 槙野は22日に自身のインスタグラムを更新。元アルゼンチン代表MFハビエル・サネッティ氏、元コロンビア代表MFカルロス・バルデラマ氏、元韓国代表MFパク・チソン氏とのツーショットを公開した。 「ワールドカップにはたくさんの、スーパースターの姿が!!!解説席もなかなか賑わってますよ」 インテルでの公式戦出場数は800試合を越えるサネッティ氏。独特のヘアスタイルで知られ、自身も3度のW杯出場を経験しているバルデラマ氏。アジア人初のW杯3大会連続ゴールしたパク・チソン氏。 国やクラブを代表する各選手との一枚には、「えぐーー」、「バルデラマが、相変わらずのアフロで」、「現役時代テレビで見てた」、「凄いメンツだ」、「伝説でしかない御三方」、「バルデラマすげぇー!」など、驚きや懐かしむ声が寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】現地の槙野がサネッティ、バルデラマ、パク・チソンとのツーショットを公開</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClQ8M2pL9G5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClQ8M2pL9G5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClQ8M2pL9G5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">槙野智章 Tomoaki Makino(@makino.5_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.23 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ヒザを負傷のリバプールFWルイス・ディアス、復帰は12月の可能性

リバプールのコロンビア代表FWルイス・ディアスの復帰は、しばらく先になりそうだ。 昨シーズン途中にポルトから完全移籍で加入してきたディアス。すぐに存在感を発揮すると、今シーズンも左ウイングとして重要な役割を担っていた。 しかし、10日に行われたプレミアリーグ第10節のアーセナル戦で負傷。プレー中の接触でトーマス・パルティがヒザに乗る形に。そのまま42分にブラジル代表FWロベルト・フィルミノと交代していた。 試合後には松葉杖をついてエミレーツ・スタジアムを後にする姿も目撃されていたディアスだが、どうやら年末まではプレーできないようだ。 イギリス『BBC』によると、ディアスはカタール・ワールドカップ(W杯)による中断前にプレーすることはないとのこと。W杯後の12月26日にアストン・ヴィラとのアウェイゲームが控えているが、そこまではプレーできないと見られている。 手術をする必要はないものの、W杯の中断までは10試合。過密日程をこなすリバプールにとっては大きな痛手となってしまった。 なお、コロンビアはカタールW杯には出場しないため、ケガによる欠場という悲劇は免れている。 今シーズンのディアスは、プレミアリーグで8試合に出場し3ゴール2アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)でも3試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 2022.10.11 09:35 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズがコロンビア代表FWシニステラ獲得に接近? フェイエノールトは42億円前後を要求か

フェイエノールトのコロンビア代表FWルイス・シニステラ(23)に対し、リーズ・ユナイテッドなどが関心を寄せているようだ。 シニステラは2018年夏に母国のオンセ・カルダスからフェイエノールトへと加入した左ウイングを本職とするスピードスター。昨季は公式戦通算49試合23得点14アシストを記録するなど、絶対的エースとしてチームを牽引した。 昨季終盤にはナポリが関心を寄せているとも報じられていたが、オランダ『テレグラーフ』によると、現在ではプレミアリーグへのステップアップが濃厚と目されており、エバートンとリーズが獲得に本腰を入れているとのことだ。 エバートンはこれまで攻撃の核として活躍したブラジル代表FWリシャルリソン(25)が、移籍金6000万ポンド(約82億円)でトッテナムへ移籍。一方のリーズも、同じくブラジル代表のFWハフィーニャ(25)の移籍が盛んに報じられており、エバートン同様に高額な移籍金収入が見込まれている。 現時点でシニステラ獲得により近いのがリーズとのことで、『テレグラーフ』は、リーズがハフィーニャを売却して移籍金を得た場合は、その大部分をシニステラにあてるだろうと分析。フェイエノールトは自分たちのエースを狙うクラブの足元を注意深く観察しており、3000万ユーロ(約42億円)前後を要求するものと考えられている。もし交渉が成立した場合は、フェイエノールト史上最高額の移籍となる可能性が高い。 2022.07.04 21:44 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly