「自然な動きではない」ソン・フンミンへのファウルに審判協会が見解、一方で「ファウルではない」の声も

2021.04.12 11:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】自然な動きではない?マクトミネイの右手がソン・フンミンの頬に(0:53~)





1 2
関連ニュース
thumb

長いリハビリから復帰のP・ジョーンズ、スールシャール監督は起用示唆 「チームに参加するだろう」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、元イングランド代表DFフィル・ジョーンズへの期待を語った。クラブ公式サイトが伝えている 2011年にユナイテッドへ加入したジョーンズは、GKダビド・デ・ヘアと並ぶチーム最古参として公式戦224試合に出場。しかし、近年は序列が低下する一方で、昨シーズンはヒザの負傷による手術の影響から1試合も出場がなかった。 迎えた今シーズン、ユナイテッドはレアル・マドリーからフランス代表DFラファエル・ヴァランを獲得。これにより、ジョーンズはチームの構想外と報じられることもあったが、22日に行われるウェストハムとのEFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦の前日会見に出席したスールシャール監督は、この試合でジョーンズが試合に出場する可能性があると明言。長期のリハビリに必死に取り組んだ選手の復帰を喜んでいる。 「フィルのことを考えるととても嬉しいよ。彼はU-23チームで90分のプレーを2回こなしただけでなく、非公開での試合でも何分かプレーした。それでも、ヒザには何の反応もなかった。彼は本当に一生懸命取り組んできたんだ」 「私自身、彼とはこの3年間で最高の時間を過ごしたこともある。そして少なくとも3年のうち2年以上は、彼が精神的にどんな試練を乗り越えてきたかを知っているよ。『またフットボールができるのか、また歩けるようになるのか、庭で子供たちと遊べるようになるのか』と、彼は考えていただろう」 「彼は非常に勤勉で、プロ意識が高く、飾り気がなく、ソーシャルメディアも使わない。私はそういう選手が好きだ。彼はただ一つのことに集中し、課題を克服して戻ってきた。彼はチームに参加するだろう。彼にとっても我々にとってもそれは良い日であり、これは彼自身が獲得したものだ」 2021.09.22 17:46 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの母が息子への願望を語る「私が死ぬ前に、スポルティングへ」

マンチェスター・ユナイテッドへと復帰したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは輝き放っている。しかし、母からはある願いが告げられたようだ。 ユベントスから今夏12年ぶりにユナイテッドへと復帰したC・ロナウド。36歳とベテランの域に達しながらもその能力は衰えを知らない。 19日に行われたプレミアリーグ第5節のウェストハム戦でもフル出場を果たし、歳デビュー戦となったニューカッスル戦に続き、連続ゴールを記録。得点力が健在であることを示している。 ユナイテッドファンも歓喜の渦に包まれている中、C・ロナウドの母であるドロレス・アヴェイロさんも息子のユナイテッドでの活躍を喜んでおり、再デビューとなったニューカッスル戦も観戦に訪れていた。 しかし、ポルトガル『A Bola』によると母には夢があるようだ。 「ロナウドはここに戻らなければいけない。私にとって、彼はすでにここにいるわ」 「彼はスポルティングの試合を見るのが好きなの」 「『息子よ、私が死ぬ前に、スポルティングに戻ってくるのが見たい』ともう伝えたわ。彼は『見てみよう…』と言っていたの」 「もし彼でないならば、クリスティアニーニョ(息子のクリスティアーノ・ロナウド・ジュニア)よ。彼の今の年齢では、ロナウドよりもうまくプレーしているわ」 ドロレス・アヴェイロさんは、C・ロナウドのポルトガルへの凱旋を望んでいる様子。かつて所属したスポルティング・リスボンでプレーする姿を再び見たいという夢があるという。 仮に息子のC・ロナウドが難しければ、孫でも良いというほど、母の愛は強いようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】C・ロナウドと愛する母親の2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CJdrE6KgR__/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CJdrE6KgR__/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CJdrE6KgR__/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.22 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「口を閉じろ」相手サポーターの暴言にポグバが“挑発”で返す

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが相手サポーターからの挑発に応戦した。 ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第5節でウェストハムとアウェイで対戦。ポグバは先発出場を果たした。 試合は先制を許す苦しい展開を強いられたものの、ユナイテッドがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとイングランド代表MFジェシー・リンガードのゴールで勝ち越すと、後半アディショナルタイムに献上したPKチャンスをスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが見事なセーブ。2-1の逆転勝利を収めた。 リンガードと交代したポグバは73分でピッチを後にしたが、試合終了後、ロッカールームへと引き上げる最中に複数のウェストハムサポーターがポグバに突っかかり、「ポグバ、お前は口を閉じていろ」「くたばれ」といった暴言を吐いた。 するとポグバは足を止め、そのサポーターと目を合わせながら口をポカンと開けて静止。「口を閉じろ」という発言に挑発し返した。ノリノリで煽り返していたポグバだったが、最終的にはアシスタントコーチのマイケル・キャリック氏に止められている。 <span class="paragraph-title">【動画】ポグバが相手サポーターの目の前で挑発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Paul Pogba wanted to hear what the West Ham fans had to say after today&#39;s game... <a href="https://twitter.com/hashtag/WHUMUN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WHUMUN</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a> <a href="https://t.co/tEpZjBBViY">pic.twitter.com/tEpZjBBViY</a></p>&mdash; BettingOdds (@BettingOddsUK) <a href="https://twitter.com/BettingOddsUK/status/1439680745111531522?ref_src=twsrc%5Etfw">September 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.21 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴァラン、去就揺れるポグバに「ここに長くいて」 マグワイアとのコンビにも言及

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表DFラファエル・ヴァランがノルウェーのテレビ局『TV2』で今季からクラブレベルでも共闘する同代表MFポール・ポグバ(28)の残留を願った。 2016年夏にユベントスから古巣マンチェスター・ユナイテッドに復帰したポグバ。今季のプレミアリーグで開幕5試合で7アシストと個人としても好スタートに成功したが、延長交渉が滞る去就に目を向けると、ユナイテッドとの残り契約が12カ月を切り、不透明な状況が続く。 その一方で、今夏にレアル・マドリーを離れ、ユナイテッドでのキャリアを歩み始めてから違和感なく、重要な戦力として機能するヴァラン。イギリス『メトロ』によると、将来揺れるポグバについて、どんな決断でも尊重する姿勢を示しつつ、クラブとの契約延長を期待した。 「当然ながら彼が決めることだが、僕はもちろん、ここに長くいてくれるのを願っている。素晴らしい選手だし、間違いなく残ってほしい」 フランス人センターバックはまた、自身がユナイテッド移籍を決意する前にポグバと交わしたやり取りを尋ねられると、こう続けた。 「彼が僕を説得する必要なんてなかった。でも、彼とはこのクラブについての話をして、ここでの日々がどんなものなのかを教えてもらった」 「クラブのことやチームが抱く野心について、彼の意見や考えを聞けたというのは僕からしたら大きかった」 そして、イングランド代表DFハリー・マグワイアについても言及。「彼はトッププレーヤー」と賛辞を送ったが、「フィールド上での僕らはまだ互いを知ろうと頑張っているところだ」と続け、もっと強固なパートナーシップが確立されるまでには時間が必要だと主張した。 「もっと理解を深め、動きやポジショニングで足並みを揃えていくために話し合うようにしている。それは僕やハリーだけじゃなく、ディフェンス陣の全体にも言えることだ」 「オートマチックになるまでにはまだ時間が必要なのはわかっているが、ディフェンス陣には互いが補完し合えるだけのクオリティを持った選手がいるし、そうなれるだろう」 「僕らなら、だんだんと理解を深め、もっと良いパートナーシップを築いていけると思う。それがパフォーマンスの向上や最大レベルでの競争という部分に繋がるはずだ」 2021.09.21 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

G・ネビル、リンガードの挽回劇喜ぶも「彼を思うと、夏に出て行くべきだった」

マンチェスター・ユナイテッドでのポジション争いに再び挑み、アピールを続けるイングランド代表MFジェシー・リンガード(28)だが、クラブOBであり、元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏は本人のことを思うと、移籍した方が良いと感じているようだ。 ここ数シーズンのユナイテッドで序列を下げ、燻り続けたリンガードだが、今年1月から半年レンタルでウェストハムに移ると、息を吹き返す活躍ぶりを披露して、代表にも復帰。今夏はウェストハムの再獲得も囁かれたが、ユナイテッド復帰という形で決着した。 そんなリンガードは先のチャンピオンズリーグ(CL)で盛大にやらかしてチームを逆転負けに追いやってしまったが、19日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節のウェストハム戦に途中出場して、1-1の88分に決勝弾。個人としてもバウンスバックしてみせた。 今季のここまで出場した公式戦4試合すべてが途中からで、総プレータイムも63分間しか巡ってきていないものの、ユナイテッドで生き残る道を模索するなかで、リーグですでに2ゴールと奮闘するリンガード。しかし、G・ネビル氏は勿体なさを感じているようだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』のポッドキャストに出演したG・ネビル氏も先のCLで大失態をおかした後輩がその直後の一戦で示した力強いリアクションに感服したが、良い選手が故によりレギュラーとしてプレーできるチームに移籍すべきだったと私見を述べた。 「私は彼が去るべきだったと今も思っている。これからそうなるかもしれないがね。ミッドウィークでのあの出来事が起こってからのバウンスバックぶりを見て、私も嬉しかった」 「立ち直り、ゴールを決めたというのは彼にとって、素晴らしいものだった。彼は良い性格をしているし、非常に良い選手でもあるから、1シーズンに40〜45試合で出場すべきだ」 「ユナイテッドにいれば、フル出場の機会が巡ってこないかもしれない。ユナイテッドにとっても、有益な選手だが、私はジェシーのことを思うと、出て行くべきだったと思う」 「リンガードのような選手がいてくれれば、ユナイテッドはより良いチームになるだろうがね」 なお、リンガードだが、契約は今季限り。ユナイテッドから届いた延長オファーを拒否したともいわれるリンガードだが、オーレ・グンナー・スールシャール監督は先日、改めて交渉中であることを明らかにしている。 2021.09.21 13:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly