【候補者リスト】Jリーグ今季の「ベストヤングプレーヤー賞」の候補が発表! 26名が対象に

2020.12.17 18:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは17日、2020シーズンの「ベストヤングプレーヤー賞」の対象選手を発表した。今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中断期間があり、中3日での連戦が続いた異例のシーズン。さらに、選手交代枠が「3」から「5」に拡大したこともあり、若手選手の出場機会も例年より増加していた。


「ベストヤングプレーヤー賞」の対象は、2020年12月31日において満21歳以下であり、出場試合数が17試合以上、また過去に新人王や「ベストヤングプレーヤー賞」を受賞していない選手となる。

そのため、今シーズン各クラブで活躍が目立った大卒選手は全員対象外に。高卒選手や下部組織出身の選手が対象となる。

対象選手で最も出場試合数が多いのは、シーズン終了後にロシア・プレミアリーグのルビン・カザンへと期限付き移籍することが決まっているMF齊藤未月(湘南ベルマーレ)とMF東俊希(サンフレッチェ広島)で32試合、出場時間ではDF橋岡大樹(浦和レッズ)が最長となっている。また、YBCルヴァンカップでニューヒーロー賞を受賞したDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)もノミネートされている。

なお、「ベストヤングプレーヤー賞」受賞者は、J1・18クラブの監督・選手による投票を基に選考委員会にて決定される。

◆2020Jリーグ ベストヤングプレーヤー賞 対象選手
※成績は12月16日、年齢は12月31日時点

FW山田寛人(ベガルタ仙台/20歳)
出場:18試合/出場時間:917分/得点:2

MF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ/18歳)
出場:25試合/出場時間:882分/得点:2

GK沖悠哉(鹿島アントラーズ/21歳)
出場:23試合/出場時間:2,070分/得点:0

DF橋岡大樹(浦和レッズ/21歳)
出場:30試合/出場時間:2,655分/得点:1

DF中村拓海(FC東京/19歳)
出場:16試合/出場時間:1,080分/得点:0

FW原大智(FC東京/21歳)
出場:25試合/出場時間:609分/得点:3

FW田川亨介(FC東京/21歳)
出場:21試合/出場時間:904分/得点:2

FW宮代大聖(川崎フロンターレ/20歳)
出場:16試合/出場時間:298分/得点:1

DF小林友希(横浜FC/20歳)
出場:28試合/出場時間:2,235分/得点:2

FW斉藤光毅(横浜FC/19歳)
出場:31試合/出場時間:1,869分/得点:3

MF安永玲央(横浜FC/20歳)
出場:18試合/出場時間:1,199分/得点:1

MF齊藤未月(湘南ベルマーレ/21歳)
出場:32試合/出場時間:2,261分/得点:2

GK谷晃生(湘南ベルマーレ/20歳)
出場:24試合/出場時間:2,160分/得点:0

MF田中聡(湘南ベルマーレ/18歳)
出場:16試合/出場時間:946分/得点:0

DF石原広教(湘南ベルマーレ/21歳)
出場:28試合/出場時間:2,293分/得点:0

GK梅田透吾(清水エスパルス/20歳)
出場:17試合/出場時間:1,530分/得点:0

MF鈴木唯人(清水エスパルス/19歳)
出場:29試合/出場時間:1,300分/得点:0

DF成瀬竣平(名古屋グランパス/19歳)
出場:24試合/出場時間:1,680分/得点:0

MF福田湧矢(ガンバ大阪/21歳)
出場:28試合/出場時間:1,647分/得点:1

DF瀬古歩夢(セレッソ大阪/20歳)
出場:26試合/出場時間:2,127分/得点:1

MF郷家友太(ヴィッセル神戸/21歳)
出場:23試合/出場時間:1,286分/得点:5

FW小田裕太郎(ヴィッセル神戸/19歳)
出場:18試合/出場時間:603分/得点:1

MF東俊希(サンフレッチェ広島/20歳)
出場:32試合/出場時間:1,691分/得点:1

MF本田風智(サガン鳥栖/19歳)
出場:26試合/出場時間:1,330分/得点:3

FW石井快征(サガン鳥栖/20歳)
出場:18試合/出場時間:997分/得点:3

MF松岡大起(サガン鳥栖/19歳)
出場:31試合/出場時間:2,598分/得点:0
関連ニュース
thumb

クラスター発生の柏、6人目の選手が陽性判定…ルヴァンカップの湘南戦はオンサイト検査を実施して開催

柏レイソルは21日、新たにトップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、すでに陽性判定を受けている5名を除く選手とスタッフが20日にPCR検査を受けたとのこと。その中で、選手1名が陽性判定を受けたとのことだ。 当該選手はこれまでの検査ではすべて陰性判定を受けていたとのことだ。発熱の症状はなかったが、20日の夜から倦怠感があったとのことだ。 21日は自宅待機となっていたが、喉に違和感があったとのこと。そして、陽性判定を受けた。 なお、20日に陽性判定となった1名を含めて、チーム内には濃厚接触者がいないことが確認されている。 また、21日に予定されているYBCルヴァンカップの湘南ベルマーレ戦は開催。キックオフ3時間前に「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査」を実施し、陰性を得た選手のみが試合にエントリーされる。 2021.04.21 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

柏、判定保留の選手1名も新型コロナ陽性判定でクラスターに…活動は継続

柏レイソルは20日、19日に行ったPCR検査の結果、選手1名が陽性判定となったことを発表した。 柏では、13日にトップチーム4選手新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陽性判定。15日に、当該4選手を除く選手とスタッフ55名がJリーグによる公式PCR検査を実施。54名が陰性となったものの、1名が判定保留。16日の再検査でも判定が保留となっていた。 その1名が19日に検査を受け、陽性が確定。本人に発熱や体調不良の症状はないとのことだ。 なお、濃厚接触者については引き続き調査中。陽性判定者が5名となったため、クラスターとなったが、保健所の調査の結果、トップチームを含むクラブの活動は継続可能と判断されたとのことだ。 また21日には、YBCルヴァンカップで湘南ベルマーレと対戦。試合当日のキックオフ3時間前に「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査」を実施するとのことだ。 なお、これまで定めていたエントリー可能な要件に加え、オンサイト検査で陰性を得た選手・スタッフのみ、当日の試合にエントリー可能となる。 柏は昨シーズンもクラブ内でクラスターが発生しており、今シーズンも同様のケースが生まれてしまった。 2021.04.20 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

柏のFW細谷真大がプロA契約に変更「現状に何も満足できていない」

柏レイソルは20日、FW細谷真大(19)がプロA契約に変更となったことを発表した。 細谷は柏の下部組織出身で、U-15から所属。2019年に2種登録されると、2020年にトップチームに昇格していた。 2種登録時代に明治安田生命J2リーグでデビューを果たすと、2020シーズンに明治安田生命J1デビュー。今シーズンは出場機会を得ており、ここまでJ1で5試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場していた。 細谷は、3日に行われた明治安田J1第7節の横浜FC戦で契約変更に必要な450分の出場を達成していた。 細谷はクラブを通じてコメントしている。 「A契約になることができ、素直に嬉しく思います。現状に何も満足できていないので、より一層責任と覚悟を持ち、日々精進してまいります。引き続き熱い応援よろしくお願いします」 2021.04.20 15:38 Tue
twitterfacebook
thumb

今季で契約満了のレアンドロ・ダミアン、古巣が興味も本人は川崎F残留を希望と代理人が語る

今シーズンも明治安田生命J1リーグで首位を快走し、連覇に向けて好スタートを切っている川崎フロンターレ。そのチームを牽引する元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(31)だが、川崎Fでのプレーを続けたいと考えているようだ。 レアンドロ・ダミアンは、2019年2月にサントスから川崎Fへと加入。1年目はチームにあまりフィットできずに居たが、2020シーズンは明治安田J1で34試合に出場し13ゴール6アシストを記録。チームのリーグ優勝に大きく貢献した。 そして迎えた3年目の今シーズン、チームの副キャプテンに就任したレアンドロ・ダミアンは、最前線からのプレスなど守備面でもチームに貢献。ここまで11試合に出場し7ゴール6アシストと、攻撃面でも素晴らしい数字を残している。 そのレアンドロ・ダミアンは、川崎Fとの契約が今シーズン終了までとなっている中、古巣でもあるインテルナシオナウがJリーグでの活躍を見て、チームの補強候補に挙げていた。 しかし、ブラジル『Revista Colorada』によると、レアンドロ・ダミアンは、ブラジルに戻る気がなく、川崎Fでのプレーを続けたいと考えているようだ。 レアンドロ・ダミアンの代理人であるヴィニシウス・プラテス氏は「いいえ」とブラジルに戻ることを否定し、「優先事項はここで契約を延長することだ」と語っている。 レアンドロ・ダミアンには中東からのオファーもあるようだが、日本でのプレーに充実感を感じている様子。プレー振りを見ても、その意欲は感じられるだけに、契約延長は既定路線といえるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】レアンドロ・ダミアンが決めた技ありロングシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=16xid56vho1sy1fs7rj2e32lp6" async></script> 2021.04.20 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

今季未勝利の仙台、イサック・クエンカが退団…スペインで右ヒザの治療に専念

ベガルタ仙台は20日、スペイン人MFイサック・クエンカ(29)の退団を発表した。 クエンカは、バルセロナの下部組織出身で、サバデルやアヤックス、デポルティボ・ラ・コルーニャ、ブルサスポル、グラナダ、ハポエル・ベエルシェバなどでプレー。2019年にサガン鳥栖へと加入した。 鳥栖では、明治安田J1で29試合に出場し6得点を記録。YBCルヴァンカップでも3試合に出場していたが1年で退団。2020シーズンに仙台へと完全移籍した。 仙台では開幕前に右ヒザ半月板損傷の重傷を負い手術。それでも明治安田J1で15試合に出場していた。 今シーズンはフル稼働が期待された中、右ヒザの状態が思わしくなく、ここまでプレーして居なかった。 クラブは右ヒザのケガについて慎重に協議を重ねたものの、クエンカがスペインで治療に専念することを決めたため、退団すると発表した。 クエンカはクラブを通じてコメントしている。 「最高のレベルのプレーを示すことができなかったことをお詫びしたいと思います。これからベガルタ仙台が繫栄し、J1に残り(仙台の)町の人たちが幸せになることを望んでいます」 2021.04.20 14:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly