野戦病院状態のリバプール、オプションは限られても南野先発は困難…?首位レスター戦予想スタメン

2020.11.22 18:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
主力選手たちが次々と離脱し、野戦病院状態のリバプール。代表ウィーク明けの22日に行われるリーグ首位のレスター・シティ戦ではどのような布陣で臨むのか、予想してみた。




守備の要であるDFヴィルヒル・ファン・ダイクに続き、相方DFジョー・ゴメスをも長期離脱で失ってしまったリバプール。DFトレント・アレクサンダー=アーノルドの離脱に加え、代表戦後、DFアンドリュー・ロバートソンもハムストリングに問題を抱えるなど、最終ラインが崩壊している。

DFジョエル・マティプの復帰が唯一の救いではあるものの、最終ラインのオプションは限られているだろう。CBには、チャンピオンズリーグ(CL)でチャンスを与えられた19歳のDFリース・ウィリアムズや昨夏オランダから獲得した18歳のDFセップ・ファン・デン・ベルフら、若きタレントも揃うが、ウィリアムズが腰に違和感があるという報道もあり、マティプ自身もケガ明けであることを考えれば、経験値で他の2人を上回るDFナサニエル・フィリップスとコンビを組むと考えるのが順当だ。

右SBには、昨シーズンから可能性を感じさせるプレーを見せる、DFネコ・ウィリアムズが入ることが濃厚だ。左SBでは、負傷の“疑いあり”とされるロバートソンが、リスクを負っても先発する可能性は捨てきれないが、負傷者続出の現状を考えれば、リスクを冒さず、今夏ギリシャから獲得したDFコンスタンティノス・ツィミカスにチャンスが与えられる可能性が高い。待望の左SBのバックアップ要因としてリバプールに加入したツィミカスは、ケガで出遅れたものの、CLのアタランタ戦では途中交代で出場を果たしている。

MFファビーニョや新戦力のMFチアゴ・アルカンタラの負傷に加え、主将であるMFジョーダン・ヘンダーソンも故障者リスト入りしてしまった中盤だが、頼れるベテランMFジェームズ・ミルナーや、代表戦で調子の良さを見せたMFジョルジニオ・ワイナルドゥムやMFナビ・ケイタがプレー可能だ。

また、成長著しい生え抜きのMFカーティス・ジョーンズもオプションの1つと数えられるなど、ある程度の層の厚さを確保できている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応により、レスター戦の欠場が決定しているFWモハメド・サラーを除いては、負傷者を出していない前線では、サラーの代わりに、絶好調の新戦力FWジオゴ・ジョタが右ウイングで出場することが濃厚だ。

気になるFW南野拓実だが、今回の代表戦では、パナマとの親善試合で決勝点となるPKを決めたものの、敗れたメキシコ戦では、途中出場もインパクトを残せずと、現在も調子の波に乗り切れていない。

ここまでプレミアリーグでの先発はまだなく、リーグ戦0ゴール0アシストと、ジョタに比べてややインパクトを残すことに苦しんでいる南野が、ジョタを抑えてサラーの代わりにウイングのポジションで出場するとは考えにくいだろう。

また、試合中に流動的にポジションを変えることはあっても、ここまで出場した試合では、 [4-3-3]の前線3枚の中央、FWロベルト・フィルミノのポジションでの出場が基本の形だ。

南野は貴重な戦力と見なされていることに疑いはないが、あくまでも“フィルミノの代役”となる中央のポジションでの役割を期待されていると言えるため、フィルミノが負傷していない現在、スタメンに食い込むのは困難だと予想される。

シェフィールド・ユナイテッド戦やマンチェスター・シティ戦では、[4-2-3-1]の布陣を披露したリバプール。この新布陣でレスター戦に臨んだ場合、CFまたはトップ下に南野が入る可能性は0ではないが、前述の2試合では、サラーがワントップのポジションに入り、トップ下にはフィルミノ、そして右ウイングにジョタが入るという布陣を採用していた。

しかし、ワントップでも仕事ができるサラーの欠場が決定している今、基本の形である[4-3-3]の布陣を崩してまでも、サラーの代わりに、タイプの違うフィルミノをワントップに押し上げて、南野をトップ下で、もしくはその逆で、南野がサラーの代わりにワントップに入る可能性は低いだろう。ジョタはワントップに入ることもできるが、その場合、代わりに右のウインガーとして南野が出場するのは難しい。

南野が出場できる可能性が最も高いのは、ユルゲン・クロップ監督が、リーグ戦でほぼフル稼働しているフィルミノを休ませた場合となるが、フィルミノに休養を取らせるとしても、リーグ首位を走るレスターとの負けられない試合ではなく、25日に控えたCLグループステージ、アタランタ戦と考えるのが自然だ。

昨シーズンに30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプール。リーグ王者として初めて臨む今季は、難しいシーズンとなりそうだ。そして、南野がチームの主力に定着するには、もう少し時間と結果を要するはずだ。

関連ニュース
thumb

リバプール副官リンダースが南野への期待語る 「タキのことを本当に熱心に考えている」

リバプールのアシスタントコーチを務めるペップ・リンダース氏が日本代表FW南野拓実への期待を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 南野は2020年1月にザルツブルクからリバプールへ加入。絶対的とされていたFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミノから成る3トップの負担を軽減できる存在として期待が寄せられていたが、加入シーズンは公式戦14試合の出場にとどまり、ゴールを記録することはなかった。 昨季はコミュニティ・シールドでアーセナル相手にゴールを決めるなど好調なスタートを切ったものの、ベンチに座る日々が続いたこともあり、今年1月の移籍市場最終日にサウサンプトンへレンタル。レンタル先では公式戦10試合で2ゴールの成績を残した。 今季はリバプールに復帰し、プレシーズンでは好調さを示していたが、開幕からここまで出場機会はいまだ巡ってきていない。そのなかで、21日に行われるEFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦のノリッジ・シティ戦では今季初出場の可能性が予想されている。 EFLカップの試合前日会見に出席したリンダース氏も南野の出場をほのめかしつつ、同選手を称賛。今後の成長についても期待を寄せている。 「タキ(南野)は本当に良いプレシーズンを過ごした。サウサンプトンに行ったことは非常に重要だったと思う。彼は我々と一緒に完全なプレシーズンを過ごしてインパクトを与えてくれた。我々は彼のことを本当に熱心に考えていたんだ。その後、代表チームで小さな負傷を抱えたが、今は戻ってきた。最初は100%の状態ではなかったが今は問題ない」 「彼がチームの一員になってくれて本当に嬉しいよ。ユルゲン(・クロップ)は『タキがGKと一対一になる回数は凄いな』と言っていた。私はそのとき『そうだね、GKと一対一になるのに超スピードは必要ないとわかる』と返したよ。彼はとても自然で、知的な動きをする選手だ」 「我々が必要としているのはこの才能であり、前の試合でもすでに必要だったと思う。彼は背後に回るタイミングが良く、選手が彼の近くにいるときのコンビネーションプレーも優れている」 「彼はより良くなるだろう。それが我々の好むところであり、だからこそ、彼を獲得した。完成したものではなく、ポテンシャルを評価したのだからね」 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実、今夏プレシーズンのオサスナ戦でのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1WlZjZld2bCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.21 11:26 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールのチアゴは少なくとも2試合欠場へ…C・パレス戦でふくらはぎを負傷

リバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが少なくとも公式戦2試合を欠場することになった。 チアゴは、18日に行われたプレミアリーグ第5節のクリスタル・パレス戦に先発出場。しかし、試合中にふくらはぎを痛めて62分にMFナビ・ケイタとの交代でピッチを後にしていた。 リバプールでアシスタント・マネージャーを務めるペピン・リンダース氏は20日にクラブ公式のインタビューで、最新のチームニュースに言及。チアゴが少なくともEFLカップ3回戦のノリッジ戦、リーグ次節のブレントフォード戦を欠場することを認めている。 「チアゴに関しては先日の試合後に(ユルゲン・クロップ)監督が言ったように、ふくらはぎを痛めていた。どのくらい時間がかかるかは今は言えないが、明日も週末も無理だろう」 「検査の結果を見て、適切な診断をするつもりだ。彼は試合を支配していたし、私の意見では適切なプレーメーカーだったから残念だ。彼を失ったことは残念だよ」 「1週間で2人の影響力のあるミッドフィルダーを失ってしまったのは痛手だ」 また、リンダース氏はその他の離脱者の最新情報についても言及。ハムストリングのケガで公式戦3試合欠場中のブラジル代表FWロベルト・フィルミノ、体調不良でパレス戦を欠場したイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、ウェールズ代表DFネコ・ウィリアムズの3選手の欠場を明言している。 「まず、トレントから話そう。我々の試合は、基本的に12時のパレス戦から始まっている。彼は責任を持ってドクターと話をした」 「それは簡単なことではない。多くのプレーヤーは多少の不安や体調不良があっても、すべての試合でプレーをしたいと思っているからだ。しかし、彼は責任を果たした」 「トレントには、新型コロナウイルスのような症状はないが、我々はそれに関係なく検査を行う。彼は数日で回復するだろうが、ノリッジ戦は早すぎる」 「また、ボビー(フィルミノ)もチームトレーニングの一部に参加する予定だが、彼もまだ準備ができていない。しかし、経過は良好だ。ネコも順調に回復しているが、明日はまだ早い」 2021.09.20 22:27 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールデビューのコナテを称賛するミルナー 「僕が横にいたから大変だったと思うけど…」

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーがチームメイトであるU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテを称賛した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 コナテは今年5月末にRBライプツィヒから3500万ポンド(約53億円)の移籍金でリバプールに加入。昨シーズン負傷者が続出したセンターバックの新戦力として高い期待が寄せられていたが、開幕からの公式戦5試合はいずれもベンチスタートとなり、出場機会は訪れなかった。 それでも、18日に行われたプレミアリーグ第5節のクリスタル・パレス戦で、コナテはようやくスタメンデビュー。フィジカルとスピードを全面に出す相手チームに対して粘り強い守備を見せ、クリーンシート達成に貢献した。 リバプールで上々のスタートを切ったコナテに対しては、クリスタル・パレス戦で共にスタメンとして戦ったミルナーも『リバプール・エコー』のインタビュー内で称賛。これからチームに多くのものをもたらしてくれると期待を寄せた。 「彼は素晴らしい選手であり、面白い男さ。見ての通り、彼はとても強く素早く、ボールを扱うのが上手い。本当に感心したよ」 「彼にとってすぐチームに入れなかったのは難しかったと思う。アンフィールドでプレーしたくて、ウズウズしていただろうね」 「アンフィールドでのデビュー戦では僕が(右サイドバックとして)横にいたから、彼にとってはとても大変な仕事だったかもしれないね。でも、もう片方にはヴィルヒル(・ファン・ダイク)がいてくれたから、それは良かった。彼はトップクラスであり、このチームにとって本当に良い選手になるはずだ」 「傍観者の立場で数試合を見ることは彼にとって悪くなかったと思う。激しい試合を見たり、観客の様子を知れたりしたからね」 また、ミルナーはチームがプレミアリーグ優勝を飾ったシーズンよりも成熟してきていると強調。昨シーズン不振に陥った経験が良い糧になっていると語った。 「良いことがあっても喜び過ぎず、悪いことがあっても落ち込み過ぎない必要がある。うまくいっていると『さぁ、次の試合だ』となりがちだけど、何度か悪い結果になったり、曖昧なパフォーマンスをしたりすると、それだけで辛くなることが多いんだ」 「でも、このチームはタイトルを獲得したときよりも経験豊富になっていると思う。昨季は苦しい時期もあったが、結果的にとても良いシーズンになった。あの状況下で達成できたこと、そして終盤の走りで得られたものを考えるとね。グループとして、一緒に乗り越え得られた経験や感情は良いものでしかないよ」 2021.09.20 17:28 Mon
twitterfacebook
thumb

ドヤ顔?困惑? スーパーボレーが話題のナビ・ケイタ、レジェンド彷彿のパフォーマンスの方が話題に

リバプールのギニア代表MFナビ・ケイタのスーパーゴールとパフォーマンスが大きな話題となっている。 リバプールは18日、プレミアリーグ第5節でクリスタル・パレスをホームのアンフィールドに迎えた。 ここまで3勝1分けと無敗のリバプール。一方で、前節はトッテナムに3-0と快勝したクリスタル・パレスの一戦。試合は拮抗した展開で進むが、43分にサディオ・マネのゴールでリバプールが先制する。 後半もクリスタル・パレスが粘るが、78分にモハメド・サラーが追加点。リバプールが試合を優位に進める。 すると88分にその時が訪れる。右CKを得たリバプールは、ゴール前にクロスを送るとGKビセンテ・グアイタがパンチング。するとボックス手前に待っていたケイタが落下点に入り、左足でダイレクトボレー。このシュートがしっかりミートすると、ゴール右に強烈に突き刺さり、3-0とした。 完璧すぎるボレーシュートにケイタはドヤ顔パフォーマンス。かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたレジェンドであるエリック・カントナ氏が華麗なドリブル突破から最後はループシュートを決めた後に披露したもののオマージュだと話題になった。 シュートの凄さも話題となったが、このパフォーマンスも大きな話題に。「カントナのセレブレーションを自分なりにアレンジした」「カントナよりカントなのパフォーマンスを上手くやっている」などの声が集まった。また、あまりにも完璧なボレーに驚いているのではないかというコメントも集まり「彼は自分がボレーでゴールを決めたことを信じられていない」、「なぜ観客が突然祝い出したのか不思議に思っている」と、その表情を困惑と捉えるファンもいた。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】まるでカントナ!ケイタが圧巻ボレーにドヤ顔パフォーマンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Beautiful goals deserve beautiful angles <br><br>Take a bow, Naby Keita <a href="https://t.co/iQki2WXMb6">pic.twitter.com/iQki2WXMb6</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1439335922802192387?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Even Naby Keita looked confused after he scored an incredible volley <a href="https://t.co/mYKmOsBZ8f">pic.twitter.com/mYKmOsBZ8f</a></p>&mdash; ESPN UK (@ESPNUK) <a href="https://twitter.com/ESPNUK/status/1439260186926096390?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/89GZzzL0pa">pic.twitter.com/89GZzzL0pa</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1439262410678939649?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.19 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

先のエリオットに続いてチアゴも負傷…クロップ「深刻なものじゃないのを願う」

プレミアリーグのタイトル奪還を目指して好スタートを切ったリバプールだが、またも負傷者が出てしまった。イギリス『リバプール・エコー』が報じている。 今季のプレミアリーグ開幕から3勝1分け無敗の好スタートを切ったリバプールは18日に本拠地で行われた第5節でクリスタル・パレスと対戦。前節のトッテナム戦を3-0の勝利で飾ったC・パレスとの一戦だったが、3-0の快勝で飾り、2連勝を成し遂げた。 これで勝ち点を「13」に伸ばして先頭集団にしっかりと割って入るリバプールだが、C・パレス戦に先発したスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラは59分頃にふくらはぎを痛め、62分にギニア代表MFナビー・ケイタとの交代でピッチを後にしている。 チャンピオンズリーグ(CL)を含めると公式戦3連勝の好調な歩みの喜びもつかの間、先のU-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットに続いて、チアゴまでも負傷したリバプール。ユルゲン・クロップ監督は試合後、チアゴの状況に触れ、軽傷を願った。 「(この試合で)影を落としたのはチアゴの件だけだが、深刻なものじゃないのを願う。ふくらはぎを痛めてしまった」 リバプール加入初年度の昨季、新型コロナウイルス感染やケガもあり、不本意なシーズンを過ごしたチアゴ。挽回を記す今季はプレミアリーグの開幕戦こそ欠場したが、ここまで公式戦5試合に出場して1アシストだった。 2021.09.19 10:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly