野戦病院状態のリバプール、オプションは限られても南野先発は困難…?首位レスター戦予想スタメン

2020.11.22 18:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
主力選手たちが次々と離脱し、野戦病院状態のリバプール。代表ウィーク明けの22日に行われるリーグ首位のレスター・シティ戦ではどのような布陣で臨むのか、予想してみた。




守備の要であるDFヴィルヒル・ファン・ダイクに続き、相方DFジョー・ゴメスをも長期離脱で失ってしまったリバプール。DFトレント・アレクサンダー=アーノルドの離脱に加え、代表戦後、DFアンドリュー・ロバートソンもハムストリングに問題を抱えるなど、最終ラインが崩壊している。

DFジョエル・マティプの復帰が唯一の救いではあるものの、最終ラインのオプションは限られているだろう。CBには、チャンピオンズリーグ(CL)でチャンスを与えられた19歳のDFリース・ウィリアムズや昨夏オランダから獲得した18歳のDFセップ・ファン・デン・ベルフら、若きタレントも揃うが、ウィリアムズが腰に違和感があるという報道もあり、マティプ自身もケガ明けであることを考えれば、経験値で他の2人を上回るDFナサニエル・フィリップスとコンビを組むと考えるのが順当だ。

右SBには、昨シーズンから可能性を感じさせるプレーを見せる、DFネコ・ウィリアムズが入ることが濃厚だ。左SBでは、負傷の“疑いあり”とされるロバートソンが、リスクを負っても先発する可能性は捨てきれないが、負傷者続出の現状を考えれば、リスクを冒さず、今夏ギリシャから獲得したDFコンスタンティノス・ツィミカスにチャンスが与えられる可能性が高い。待望の左SBのバックアップ要因としてリバプールに加入したツィミカスは、ケガで出遅れたものの、CLのアタランタ戦では途中交代で出場を果たしている。

MFファビーニョや新戦力のMFチアゴ・アルカンタラの負傷に加え、主将であるMFジョーダン・ヘンダーソンも故障者リスト入りしてしまった中盤だが、頼れるベテランMFジェームズ・ミルナーや、代表戦で調子の良さを見せたMFジョルジニオ・ワイナルドゥムやMFナビ・ケイタがプレー可能だ。

また、成長著しい生え抜きのMFカーティス・ジョーンズもオプションの1つと数えられるなど、ある程度の層の厚さを確保できている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応により、レスター戦の欠場が決定しているFWモハメド・サラーを除いては、負傷者を出していない前線では、サラーの代わりに、絶好調の新戦力FWジオゴ・ジョタが右ウイングで出場することが濃厚だ。

気になるFW南野拓実だが、今回の代表戦では、パナマとの親善試合で決勝点となるPKを決めたものの、敗れたメキシコ戦では、途中出場もインパクトを残せずと、現在も調子の波に乗り切れていない。

ここまでプレミアリーグでの先発はまだなく、リーグ戦0ゴール0アシストと、ジョタに比べてややインパクトを残すことに苦しんでいる南野が、ジョタを抑えてサラーの代わりにウイングのポジションで出場するとは考えにくいだろう。

また、試合中に流動的にポジションを変えることはあっても、ここまで出場した試合では、 [4-3-3]の前線3枚の中央、FWロベルト・フィルミノのポジションでの出場が基本の形だ。

南野は貴重な戦力と見なされていることに疑いはないが、あくまでも“フィルミノの代役”となる中央のポジションでの役割を期待されていると言えるため、フィルミノが負傷していない現在、スタメンに食い込むのは困難だと予想される。

シェフィールド・ユナイテッド戦やマンチェスター・シティ戦では、[4-2-3-1]の布陣を披露したリバプール。この新布陣でレスター戦に臨んだ場合、CFまたはトップ下に南野が入る可能性は0ではないが、前述の2試合では、サラーがワントップのポジションに入り、トップ下にはフィルミノ、そして右ウイングにジョタが入るという布陣を採用していた。

しかし、ワントップでも仕事ができるサラーの欠場が決定している今、基本の形である[4-3-3]の布陣を崩してまでも、サラーの代わりに、タイプの違うフィルミノをワントップに押し上げて、南野をトップ下で、もしくはその逆で、南野がサラーの代わりにワントップに入る可能性は低いだろう。ジョタはワントップに入ることもできるが、その場合、代わりに右のウインガーとして南野が出場するのは難しい。

南野が出場できる可能性が最も高いのは、ユルゲン・クロップ監督が、リーグ戦でほぼフル稼働しているフィルミノを休ませた場合となるが、フィルミノに休養を取らせるとしても、リーグ首位を走るレスターとの負けられない試合ではなく、25日に控えたCLグループステージ、アタランタ戦と考えるのが自然だ。

昨シーズンに30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプール。リーグ王者として初めて臨む今季は、難しいシーズンとなりそうだ。そして、南野がチームの主力に定着するには、もう少し時間と結果を要するはずだ。

関連ニュース
thumb

「正直、バルサに行くもんだと…」 PSG移籍のワイナルドゥム、心変わりの理由明かす

オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の理由を明らかにした。 今月限りでリバプールとの契約が切れるなか、新天地としてバルセロナが有力視されたワイナルドゥム。その間にオランダ代表時代の恩師であるロナルド・クーマン監督の続投も決まり、ワイナルドゥムのバルセロナ加入も時間の問題とされた。 だが、つい最近になり、PSGがバルセロナと比較して2倍以上の給与を含む3年契約でオファーとの報道が浮上。ワイナルドゥムは一転してPSG入りに心が惹かれ、合意に至ったといわれると、10日に報道どおりに3年契約でのパリ行きが正式決定した。 そんなオランダのダイナモは13日に行われるユーロ2020グループC第1節のウクライナ代表戦を前にPSG入りに心変わりした理由を問われると、「難しい選択だった。バルセロナとは4週間にわたり、交渉したが、合意に至らなかったんだ」と説明を続けた。 「PSGの方が素早く、彼らのプロジェクトもより説得力があったんだ。正直、僕はバルセロナに移籍するもんだと思ってもいた。というのも、最初に興味を示してくれたのは彼らだけだったからね」 「PSGもバルセロナも本当に素晴らしく、どっちも自分がプレーしたいと思うクラブだ。そのなかで、ユーロが開幕する前に決断したく、最終的にPSGを選ばせてもらったんだ」 2021.06.13 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「さようならジニ」…PSG加入のワイナルドゥムにクロップが別れ 「永遠にリバプールのレジェンド」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに別れを告げた。クラブ公式サイトが伝えている。 ワイナルドゥムは2016年7月にニューカッスルから加入すると、クロップ監督から絶大な信頼をかけられ、常に主軸としてプレー。公式戦237試合出場で22ゴール16アシストを記録して、チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグのタイトル獲得に多大な貢献を果たした。 今シーズンも負傷者が続出したチームにあって公式戦51試合に出場。チームを支え続ける働きを見せたが、6月で満了となる契約が更新されることはなく、10日に来シーズンからのパリ・サンジェルマン(PSG)加入が正式発表されている。 クロップ監督はチームを支え続けたオランダ代表MFを絶賛。監督としても人としても別れが寂しいと胸中を明かしつつ、ワイナルドゥムの成功を祈った。 「チームとしてはシーズン最終戦のアンフィールドでジニ(ジョルジニオ・ワイナルドゥム)に別れを告げていた。ピッチ上でのガード・オブ・オナーもあったが、それとは別にプライベートな場面で別れの場も設けていたよ」 「この驚異的な人物がグループにとってどれほど重要な存在であったか考えると、我々全員にとって難しいことだ。彼は長い間、我々の人生において大きな部分を占めてきたからね。寂しくないわけがない」 「最高の能力を持ち、私がこれまで指導した中で最も賢い選手の一人である彼のことが、狂ったように恋しくなる。彼の貢献度は桁外れであり、監督にとっては夢のような存在だった」 「それとは別に、一人の人間としてもこの別れは大きな穴を残すだろう。彼からこれ以上の貢献は望めなかった。ジニはとても強く、自分の意見を持っているが、彼のモチベーションは常にチームを助けることだった。チームメイトは彼を慕い、尊敬していたよ。彼の笑顔は皆を明るくしてくれた。我々の心の支えになっていたんだ」 「チームを代表して、彼がPSGで成功することを祈っている。彼があのような素晴らしいクラブに加入したのは当然のことだ。彼の性格を考えれば街とチームをきっと好きになるだろうし、チームもまた彼を好きになるだろう」 「さようなら、ジニ。君はここに来て、見て、多くを勝ち取った。君は今も、そしてこれからも永遠にリバプールのレジェンドだ」 2021.06.11 10:24 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがリバプールMFワイナルドゥムの獲得を正式発表、3年契約「さらに上を目指せる」

パリ・サンジェルマン(PSG)は10日、リバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 なお、契約期間は2024年6月30日までの3年間。フリートランスファーでの加入となった。 ワイナルドゥムはスパルタ・ロッテルダム、フェイエノールトのユースで育つと、2007年7月にファーストチームへ昇格。2011年7月にPSVへと移籍すると、2015年7月に海を渡り、ニューカッスルへと完全移籍した。 ニューカッスルでは1年間の在籍だったが、公式戦40試合に出場し11ゴール5アシストを記録。その活躍が認められ、2016年7月にリバプールへと完全移籍を果たした。 リバプールでは公式戦237試合に出場し22ゴール16アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)とプレミアリーグのタイトル獲得に貢献すると、今シーズンも公式戦51試合出場で3ゴールと大車輪の活躍を見せていた。 また、オランダ代表としても活躍し75試合に出場し22ゴールを記録していた。 今シーズン限りで契約が満了となり、移籍は既定路線だったがバルセロナ行きが有力視されていた。しかし、突如としてPSG行きが浮上。そのまま契約に至った。 ワイナルドゥムはPSG加入についてクラブを通じてコメントしている。 「パリ・サンジェルマンに加わることは、僕にとって新たな挑戦だ」 「ヨーロッパで最高のチームのひとつに加入することになり、この野心的なプロジェクトに自分の欲望と決意を持ち込みたいと思っている」 「パリ・サンジェルマンは近年その地位を証明してきた。ファンのみんなのために、一緒になってさらに上を目指せると確信している」 <span class="paragraph-title">【動画】ワイナルドゥムがリバプールで残した軌跡</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWN2JLRnB0QyIsInAiOiJob2NoaW5ld3MiLCJwbCI6IiJ9"></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/hochinews.js"></script> 2021.06.10 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール加入10周年のヘンダーソンを称えるミルナー「常に自分よりも人のことを考えるリーダー」

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、チームのキャプテンである同代表MFジョーダン・ヘンダーソンを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 今月でリバプール加入10周年を迎えたヘンダーソンは、2011年6月にサンダーランドから移籍して以来、公式戦通算392試合出場30ゴール51アシストの成績を記録。ただ、今でこそ絶対的な選手になっているが、移籍当初はポジションを確保できず構想外の危機に立たされる時期もあった。 しかし、困難を乗り越え存在感を増していったヘンダーソンは、絶対的なレジェンドであるスティーブン・ジェラードからキャプテンを託されるほどに成長。キャプテンを務めてからは卓越したコーチング力でチームを引っ張り、チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグ優勝に貢献している。 模範的な振る舞いを続けるヘンダーソンを副キャプテンとして支え続けてきたミルナーは、クラブの公式チャンネル『LFCTV』のインタビューに応じた際、主将を絶賛。同時に、CLで優勝した際のあるエピソードについても明かしている。 「ヘンド(ジョーダン・ヘンダーソン)はCLで優勝した際、他の誰かと一緒にトロフィーを掲げることを望んでいた。でも僕は『駄目だヘンド、これは君の出番だ。君はその権利を得たのだから。これまでのキャプテンたちと同じように、このクラブの歴史に名を残す権利があるんだ』と言ったよ」 「リバプールのどの選手も、彼にトロフィーを持ち上げてもらいたかったはずだ。僕はおそらくこうも言ったと思う。『もし誰かが君と一緒にトロフィーを持ち上げようとしたら、僕がそいつをラグビーのようなタックルで追い出すぞ!』とね」 「でも、それがまた彼の無私の心を表していたと思う。彼は常に自分よりも人のことを考えている、僕たちのリーダーだ。彼の行動には何も変化がないよ。その前から変わっていたわけでもなかったけど、今は彼がその役割をより快適に感じているのは確かだね」 「彼がチームにもたらしたものについては、他の人々も同様に注目していたと思う。もちろん、彼はかつてクラブで浮き沈みを繰り返していた。他のフットボーラー同様、苦しい時期を経験したし、スティービー(スティーブン・ジェラード)の役割を担うのは簡単でない」 「でも、ヘンドのやり方、クラブの導き方は本当に素晴らしい。彼については、いくら称えても足りないくらいさ」 2021.06.10 17:24 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール加入10周年を迎えたヘンダーソン、クロップ監督は「尊敬と愛情を受ける人物」と絶賛

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チームでキャプテンを務めるイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンを絶賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 ヘンダーソンは2011年6月にサンダーランドからリバプールに加入。当初はなかなかスタメンに定着することができず、移籍を許可されるほど序列は低下。しかし、チームで戦い続けることを選択すると徐々に存在感は増していき、レジェンドであるスティーブン・ジェラードからキャプテンを託されるほどの選手に成長した。 これまでリバプールで公式戦通算392試合出場30ゴール51アシスト記録し、チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグ優勝に多大な貢献を果たしたヘンダーソンは、今月でクラブ加入10周年を迎えている。 こうしたキャプテンの貢献について、クラブの公式チャンネル『LFCTV』のインタビューに応じたクロップ監督も手放しで称賛。リバプールに関わるあらゆる人たちが、ヘンダーソンに対して尊敬と愛情を抱いていると語った。 「(クラブ加入10周年は)素晴らしいことだ。ヘンド(ジョーダン・ヘンダーソン)がリバプールのレジェンドであることは間違いない。これからも、ずっとそうであり続けるだろう。彼のことを、私は本当に誇りに思っている」 「我々の物語は、まさにヘンドの物語だ。我々が優勝したとき皆が彼のためにどれだけ喜んだか、そして皆がどれだけ彼にトロフィーを手にして欲しいと思っていたかを知れば、それが分かるだろう」 「これはチームにとって大きな意味を持つだろう。こうしたことはあまりないからね。おそらく、人々は常にそのチームのキャプテンを尊敬している。ほとんどの場合においてそうだと思う。ただ、ヘンドのように尊敬と愛情を受ける人物は、あまりいないはずだ」 2021.06.10 11:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly