ユルゲン・クロップ Jrugen KLOPP

ポジション 監督
国籍 ドイツ
生年月日 1967年06月16日(56歳)
利き足
身長
体重
ニュース クラブ 監督データ
ニュース一覧

「僕たちは特別な旅をしてきた」ロバートソンが退任クロップ監督に惜別の言葉「常に心の特別な場所にいる」

リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが、退任のユルゲン・クロップ監督に感謝の言葉を述べた。クラブ公式サイトが伝えている。 2015年にリバプールの指揮官へと就任して以来、9シーズンにわたってチームを指揮してきたが、今年1月にエネルギーの枯渇を理由に退任を表明したクロップ監督。先週末のプレミアリーグ最終節でリバプールラストマッチを迎え、選手やスタッフ、多くのファンに惜しまれながらアンフィールドを去った。 退団セレモニーでは、ヴィルヒル・ファン・ダイクやトレント・アレクサンダー=アーノルドが涙を流す姿も見られたが、ロバートソンもまた大きな感情を抱いていたようだ。 2017年夏にリバプールへ加入してから、クロップ監督と共に多くのタイトル獲得を成し遂げてきたスコットランド代表DFは、指揮官への特別な想いを明かしている。 「彼はすべてを得るに値する人だよ。ここでは、誰もが彼を愛しているんだ。おそらく、スタジアムの規模が10倍か20倍はあっても、(ラストマッチは)満員になっただろうね。それこそ、彼がここで作り上げたものなんだ」 「彼がこのクラブにやってきた瞬間から、僕たちは特別な旅をしてきた。(加入時の)僕は比較的若く、23歳だったと思う。まだ子供もいなかった。それからピッチの外では明らかに環境が変わったけど、彼はいつも僕のためまっさきに駆けつけてくれた」 「ピッチの外で、僕が経験した困難な瞬間や良い瞬間に、彼はいつも誰よりも早く電話に出てくれたり、祝福の言葉を送ってくれたり、僕が元気かどうかを確認したりするメッセージをくれたよ」 「それはおそらくみんなが知らない部分だと思う。監督としての彼についても一日中話すことはできるし、誰でもそれは可能だろう。でも、彼は人としても僕たち全員に多くのことをしてくれた。だから、彼は常に僕たちの心の、特別な場所にいるだろう」 「そして、僕たちはこれからも先に進まなければならない。彼はこのクラブにとって特別な人物であり、彼が得られるすべての瞬間に値する人物だった」 2024.05.21 15:40 Tue

「死に物狂いで戦う」…サラーが来季の抱負! 夏移籍なしか

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが来季を睨んだメッセージを発信した。 今季途中にユルゲン・クロップ監督がこのシーズンをもっての退任を表明したリバプール。一時は4冠の可能性があった今季だが、最終的にカラバオカップのタイトルのみに終わった。 そんなクロップ・ラストイヤーが終わり、束の間のオフを迎えたなか、エースが自身のXを更新。今季限りで別れのドイツ人指揮官に感謝の言葉と今後を祈った。 「この7年間でのすべてのトロフィーと経験をあなたと共有できて最高だった。今後の幸運を祈るとともに、また会えるのを願っている」 そう恩師に感謝した31歳FWは続く投稿で来季に触れ、クロップ監督の後任となるアルネ・スロット新監督のもとでチームとして良いシーズンにすると誓っている。 「トロフィーこそが大切なものだと認識しているし、来季はそれを実現するために全力を尽くす。ファンはそれに値するし、僕らも死に物狂いで戦う」 リバプールとの契約が来季までということもあり、サウジアラビア行きの可能性が取り沙汰され続けるサラーだが、残留を示唆する形にもなり、各メディアの注目も集めている。 2024.05.21 13:10 Tue

「どれほど礼儀正しく組織的か…」遠藤航の4人の子供たちの様子が話題に! 最終戦セレモニーで父の後をついていく姿にファンも注目

リバプールの日本代表MF遠藤航。プレミアリーグ最終戦後の子供たちの様子が話題を呼んでいる。 今シーズンはシュツットガルトでスタートした遠藤だったが、開幕直後にリバプールへと電撃移籍。ボランチの補強で後手を踏み続けたリバプールが急遽獲得した日本人には、懐疑的な目が向けられ続けた。 しかし、途中出場が続いた中でもピッチ上でユルゲン・クロップ監督の信頼を勝ち得ると、レギュラーに定着。プレミアリーグ29試合に出場し1ゴールを記録。公式戦では43試合で2ゴール1アシストを記録した。 クロップ監督のラストマッチとなったウォルバーハンプトン戦もフル出場した遠藤。試合後にはアンフィールドのピッチでセレモニーが行われ、家族もピッチに登場した。 その遠藤の家族の姿が話題に。『SPORT Bible』がインスタグラムアカウントに遠藤と4人の子供たちの写真をアップした。 遠藤を先頭にピッチを歩いている子供たち。全員がリバプールのフルキットを身につけているが、しっかりと父の後を整列して歩いている。 『SPORT Bible』は「リバプールファンは、アンフィールドでのシーズン終了セレモニー中、遠藤航の子供たちがどれほど礼儀正しく、組織的だったかに注目せずにはいられなかった」としている。 1人のファンは「彼の子供はまるで母鶏のように彼の後をついていく」とし、隊列を組んでいる様子に注目していた。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】遠藤航の後をしっかりついていく4人の子供たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/1lGKmpo262">pic.twitter.com/1lGKmpo262</a></p>&mdash; Anything Liverpool (@AnythingLFC_) <a href="https://twitter.com/AnythingLFC_/status/1792488127820345359?ref_src=twsrc%5Etfw">May 20, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C7MxY1oIxqV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C7MxY1oIxqV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C7MxY1oIxqV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">SPORTbible(@sportbible)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.21 12:05 Tue

クロップ監督の後任発表のリバプール、スロット監督以外に2名の指揮官もリストアップしていた?

アルネ・スロット監督の就任を発表したリバプールだが、他に2名の候補もリストアップしていたようだ。 9シーズンにわたって指揮を執ってきたユルゲン・クロップ監督が退任となったリバプール。当初はさまざまな後任候補の名前が取り沙汰されていたが、次第にスロット監督の噂が強まると、20日に就任が正式発表された。 新シーズンは、フェイエノールトをエールディビジやKNVBベーカーで優勝に導いた実績を持つ指揮官と歩むことになったリバプールだが、クラブは他に2人の指揮官も有力候補としてリストアップしていたようだ。 イギリス『The Athletic』によると、当初最有力候補だったレバークーゼンのシャビ・アロンソ監督招へいが難しいと悟ったクラブは後任のリストを作成。スロット監督のほかに、アスレティック・ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督とイタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督も候補に加えていたという。 両監督はクラブが徹底したデータ分析を行った結果、クロップ監督の後任に適しているとの結果が出た模様。ただし、最優先はあくまでスロット監督だったとのことだ。 バルベルデ監督は、これまでビジャレアルやバレンシア、バルセロナの監督を歴任。2022年からキャリア3度目となるビルバオの指揮官就任を果たすと、今シーズンはコパ・デル・レイでチームを40年ぶり24度目の優勝に導いた。 スパレッティ監督はこれまでローマ、ゼニト、インテルで指揮を執り、2021年に就任したナポリでは昨シーズンに33年ぶりのスクデット獲得を達成。昨年9月からは母国の代表監督に就任していた。 いずれも経験豊富な指揮官たちだが、彼らより優先される形となったスロット監督がどのような手腕を発揮するか、新シーズンは大きく注目されることになりそうだ。 2024.05.21 10:40 Tue

リバプールがスロット氏の新監督就任合意を発表!労働許可証取得後に正式契約へ

リバプールは20日、フェイエノールトのアルネ・スロット監督(45)が新監督に就任することで合意に至ったことを発表した。 9シーズンにわたってチームを率いたユルゲン・クロップ監督が、今シーズン限りで退任したリバプール。後任候補にはさまざまな名前が浮上していたが、フェイエノールトを昨シーズンにエールディビジ王者へ導いた実績を持つスロット監督の招へいに成功した。 これまでカンブールやAZなどを率いてきたスロット監督は、2020年12月にフェイエノールトの指揮官に就任すると、一昨シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ準優勝導くと、昨シーズンはエールディビジ優勝。今シーズンはエールディビジ連覇は逃したが、6シーズンぶりのKNVBベーカー優勝に導くなど卓越した手腕を発揮していた。 なお、スロット監督は労働許可証の取得を条件として6月1日に正式に就任するとのことだ。 2024.05.21 07:05 Tue

「これは奇跡」「持ってるなぁ〜」アンフィールドで初観戦の女優、試合後にまさかのクロップ監督と2ショットに成功「大大大大大大好きです!!!」

ユルゲン・クロップ監督のラストマッチとなったプレミアリーグ最終節。女優の眞嶋優さんに驚きの出来事が待っていた。 フリースタイルフットボールのアンバサダーで、リフティングのテクニックに長けており、サッカー経験者でもある眞嶋さん。熱心な浦和レッズサポーターとしても知られている。 その眞嶋さんは、クロップ監督のラストマッチということもあり、19日に行われたプレミアリーグ最終節を現地観戦。アンフィールドでの試合を最前列で見られることを報告していた。 試合は2-0でリバプールが勝利。クロップ監督をしっかりと送り出すこととなった試合だったが、その試合後に驚きの出来事が起こっていたことを自身のインスタグラムで報告した。 眞嶋さんがインスタグラムにアップした写真は、まさかのクロップ監督との2ショット。ピッチサイドにやってきたクロップ監督が撮影時応じてくれたという。 ーーーーー これは夢なのか⁈と思うような時間でした 初めてのアンフィールドでの観戦、 最高、最高、最高!!! 大興奮中なのでまた落ち着いたら ゆっくり感想書きます^ ^ 最後までスタジアムに残っていたら、 クロップ監督がスタンドまで来てくださって 沢山人がいたから難しいと思っていたけど 奇跡のツーショット!!!本当に奇跡!!! クロップ監督、大大大大大大好きです!!! 本当にありがとうございました!お疲れさまでした! このバナーは、一緒に観戦した日本人サポーターの 方の手作りバナーです!凄い!!! クロップ監督、見てくれてるといいな〜 ーーーーー ファンは「これはすごい!」、「これは奇跡だ」、「羨ましい限り」、「スゴイ興奮が伝わります」、「これヤバいわ」、「持ってるなぁ〜」とコメントを寄せている。 クロップ監督との2ショットに加え、クロップ監督のインスタグラムに投稿されたサポーターの中にもしっかりと写り込んでいる眞嶋さん。現地まで足を運んだ甲斐がまさにあったというものだ。 <span class="paragraph-title">【写真】女優・眞嶋優さん、まさかのクロップ監督と2ショットに成功!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C7KvwKNovXR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C7KvwKNovXR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C7KvwKNovXR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">眞嶋優/ Yu Mashima(@yu_mashima)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.20 23:05 Mon

「マジなのか!」「ずるいよー」見取り図・盛山さん、クロップラストマッチを現地アンフィールドで観戦「生ユルネバ感動で…」

ユルゲン・クロップ監督のラストマッチとなったプレミアリーグ最終節。日本の人気芸人が現地で観戦していた。 19日、プレミアリーグ最終節でリバプールはホームにウォルバーハンプトンを迎えた一戦。日本代表MF遠藤航も先発した。 すでに優勝の可能性がなくなったリバプール。9シーズン指揮し、多くのタイトルをクラブにもたらせたクロップ監督のラストマッチ。多くのエモーショナルな瞬間が待っていた。 そんな中、試合を現地観戦したのはお笑いコンビ・見取り図の盛山晋太郎さん。サッカー好きとしても知られる盛山さんが、現地アンフィールドに足を運んだ。 盛山さんは自身のX(旧ツイッター/@morishimc)を更新。「アンフィールドにきたぞ!ENDO!!KLOPP!」と投稿。アンフィールドの前で、日本国旗を掲げ、新シーズンのユニフォームを纏い、遠藤のマフラーを首にかけた写真を投稿した。 さらに、「生ユルネバ感動でおしっこ漏れそうなった」と投稿。スタンドでタオルを掲げる盛山さんの後ろ姿の写真が投稿されている。 ファンは「まさかの現地!」、「羨ましい」、「すげーーー」、「マジなのか!」、「ずるいよー」とコメントが集まった。 <span class="paragraph-title">【写真】見取り図・盛山さんがクロップラストマッチで現地に駆けつける!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">アンフィールドにきたぞ!<br>ENDO!!KLOPP!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#リバプール</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アンフィールド</a> <a href="https://t.co/wL7564Qha7">pic.twitter.com/wL7564Qha7</a></p>&mdash; 見取り図 盛山 (@morishimc) <a href="https://twitter.com/morishimc/status/1792196182711894171?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">生ユルネバ感動でおしっこ漏れそうなった<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アンフィールド</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#リバプール</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a> <a href="https://t.co/Aiafx5VGR5">pic.twitter.com/Aiafx5VGR5</a></p>&mdash; 見取り図 盛山 (@morishimc) <a href="https://twitter.com/morishimc/status/1792222894891642988?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.20 21:50 Mon

「影響力を与えた」「圧倒する基盤を与えた」クロップ監督ラストマッチでフル出場、遠藤航を現地紙も評価の一方で補強にも言及「エリートの6番に注目すべき」

リバプールの日本代表MF遠藤航が高い評価を受けている。 19日、プレミアリーグ最終節が行われ、リバプールはホームにウォルバーハンプトンを迎えた。 リーグ優勝の可能性がなくなった中、ユルゲン・クロップ監督のラストマッチとなった一戦。遠藤はこの試合でもアンカーで起用され、フル出場を果たした。 攻守に渡って安定したプレーを見せ、しっかりとセカンドボールも回収。40分には、ボックス手前からのグラウンダーのミドルシュートを放つも、GKジョゼ・サにセーブされてしまった。 遠藤にはイギリス『リバプール・エコー』は7点(10点満点)の評価。中盤で影響力があったとした。 「ジョゼ・サに好ストップを強い、ハーフタイムにかけては多くのルーズボールを拾い始め、影響力を増していった。カードをもらった」 また、リバプール専門メディアの『This is Anfield』も7点(10点満点)をつけたが、より良いアンカーを補強すべきと厳しい言葉を向けている。 「遠藤の影響力はシーズンが進むにつれて薄れてきたが、日本人は日曜日に大きく改善した」 「日本人は中盤でハーヴェイ・エリオットやアレクシス・マク・アリスターとうまく連携したが、遠目からシュートを打つこともあった」 「彼は良い契約をしてきたが、この夏はエリートの6番に注目する必要があるだろう」 イギリス『90min』も7点(10点満点)をつけ、「中盤での彼のフィジカルはリバプールにウルブスを圧倒する基盤を与えた。ボールを離すこともほとんどなかった」と、中盤での存在感を評価した。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航、クロップ監督ラストマッチのプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="fqlUr0eKS48";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 19:40 Mon

「今日から私は、皆さんの一員」9年間指揮したリバプールを離れるクロップ監督が最後のスピーチでサポーターに感謝「あなたたちは世界で最高の人々だ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、9年間を過ごしたアンフィールドでリバプールサポーターへの別れを告げた。クラブ公式サイトが伝えた。 2015年10月、リバプールの扉を開いたクロップ監督。ドルトムントで名を挙げての挑戦となった中、1年目からEFLカップとヨーロッパリーグ(EL)で決勝に進出するも、タイトルを勝ち取ることはできなかった。 就任当初はチームの成績は向上もタイトルに恵まれず。それでも2018-19シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)で見事に優勝。一方で、プレミアリーグではどうしてもタイトルに手が届かなかったが、翌2019-20シーズンはリバプールに初めてのプレミアリーグ優勝をもたらすなど、チームをタイトルの争える状態に成長させた。 在籍9シーズンで獲得したタイトルは8つ。今シーズンもEFLカップで優勝を果たし、プレミアリーグも優勝を争ったが、最終盤で脱落。それでも輝かしい成績をリバプールにもたらせてきた。 今シーズン限りでの退任を早々に発表し、直近では後任監督の話で持ちきりでもあった中、最終節はホームのアンフィールドでウォルバーハンプトンを迎えて、2-0でしっかり勝利。3位でシーズンを終えた。 試合後、リバプールのサポーターに対してクロップ監督がスピーチ。最後まで愛情を感じられたことに驚きながら、チームの成長に改めて賛辞を送り、これからは自分もサポーターの1人だと宣言した。 「本当に驚いている。正直に言うと、もうバラバラになってしまったのかと思っていたが、そうではなかった。とても嬉しいし、信じられない」 「皆さんのこと、雰囲気、試合のこと、このファミリーの一員であること、我々のこと、この日をどうように祝ったのか。本当に信じられない。本当にありがとう」 「終わりという感じではなく、ただの始まりのように感じる。なぜなら、今日のチームが才能に満ち、若さに満ち、創造性に満ち、欲望に満ち、貪欲に満ちたプレーをしているのを見たからだ。それは成長の一部であり、明らかに必要なものだ」 「しかし、明らかに数週間前からは注目されすぎていて、とても不快に感じている。ただ、今回はたくさんのことに気がついた。人々は私に、彼らを懐疑的な者から信者に変えたと言った。それは真実ではない」 「信じるということは積極的な行動であり、自分自身で行わなければならない。私はそうしなければならないと言った。皆さんができた。それは大きな違いだ」 「信じることを止めろとは誰も言わない。なぜなら、このクラブはかつてないほどに良い状態にあるからだろうか?多分そうだろう。ケニー(・ダルグリッシュ)に聞いてみなければ!久しぶりなのでそう言わせてほしい」 「我々には素晴らしいスタジアムと、素晴らしいトレーニングセンターがある。我々には、世界のサッカー界の強大な力を持つ、あなたたちがいる」 「心配なのか、楽しみなのかを決めるのは我々だ。信じるか信じないかを決めるのは我々だ。信頼するかしないのかを決めるのは我々だ。そして今日から私は、皆さんの一員であり、みなさんを信じ続けていく。私は100%信じ続ける」 「私も今からあなたたちと同じ1人だ。心からみなさんを愛している。私のジャンパーには『愛情をありがとう』『I will never walk alone again(もう1人では歩かない)』と書かれている。本当にありがとう!あなたたちは世界で最高の人々だ。ありがとう!」 <span class="paragraph-title">【動画】クロップ監督が大観衆の前で最後のスピーチ! チャントが送られる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="9P9ljXzP0c0";var video_start = 67;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 10:20 Mon

「私が想像できる最大の名誉」クロップ監督ラストマッチを前にアンフィールドで特別セレモニー…スタンドに集まったスタッフとトロフィーと記念写真

リバプールとの別れが近づいているユルゲン・クロップ監督。リバプーるは指揮官への感謝と愛情を示し、監督も応えた。 リバプールの指揮を執り始めて9シーズン。プレミアリーグ初優勝やチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、7つのタイトルを獲得。リバプールを常勝軍団の1つに押し上げていた。 今シーズンもEFLカップ(カラバオカップ)を制していた中、プレミアリーグも優勝争いをしていたが、終盤に失速することとなった。 クロップ監督にとっては、19日に行われる最終節のウォルバーハンプトン戦がリバプールのラストマッチに。その前に、本拠地アンフィールドではクラブから素晴らしいセレモニーが行われた。 リバプールはその様子をSNSにアップ。カジュアルな服装でアンフィールドのトンネルを駆け出たクロップ監督。すると、メインスタンドには大勢の人々が整列して座っている。 階段には赤い絨毯が敷かれ、クロップ監督が手にした7つのトロフィーが並べられることに。スタンドに座っていたのは、リバプールで共に仕事をしてきたスタッフたち。拍手でクロップ監督を出迎えた。 驚きの表情も見せるクロップ監督。スタッフたちとの印象的な集合写真は、クラブからの感謝の気持ちを愛情が感じられるものに。そして、クロップ監督は、スタッフやファンなどサポートしてくれた人々へのメッセージも残している。 「絶対に誰も忘れることのないようなフットボールの物語を生み出すことはできますか?」 「契約にサインする前からクラブを愛していることは分かっていた。それは私が想像できる最大の名誉です」 「ここはケニー(・ダルグリッシュ)のクラブ、スティーブン・ジェラード、ビル・シャンクリーのクラブだ。スカウザーズはとてもオープンでとても温かい」 「私が今の仕事ができているのは、人々がとても情熱を持っているからだ。あらゆる人々の関わりが素晴らしく、スタジアムで生み出せる感情は、この街にいる人間だけが持つ感情だ」 「これらは我々が決して忘れることのない瞬間であり、これらの瞬間をできるだけ多く集めることが人生というものだ。それはあなたのためであり、あなたのためにそれを行うことは光栄だ。なんてクラブなんだ。そしてあなたたちがこのクラブを作ったのだ」 栄光の9年間を終えるクロップ監督。ホームで迎えるラストマッチ後には、大きな拍手で送り出されることになるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】クロップ監督への愛情! 獲得したトロフィーとクラブスタッフとスタンドで集合写真!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C7EzRS1tyv1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C7EzRS1tyv1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C7EzRS1tyv1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Liverpool Football Club(@liverpoolfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.19 20:50 Sun
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2001年2月27日 マインツ 引退 -
1990年7月1日 RW Frankfurt マインツ 完全移籍
1989年7月1日 Vik. Sindlingen RW Frankfurt 完全移籍
1988年7月1日 フランクフルトII Vik. Sindlingen 完全移籍
1987年7月1日 1.FC Pforzheim フランクフルトII 完全移籍
1987年1月1日 TuS Ergenzingen 1.FC Pforzheim 完全移籍
1986年7月1日 TuS Ergenzingen 完全移籍
監督履歴
就任日 退任日 チーム 種類
2015年10月8日 2024年6月30日 リバプール 監督
2008年7月1日 2015年6月30日 ドルトムント 監督
2001年2月28日 2008年6月30日 マインツ 監督
1987年7月1日 1988年6月30日 Frankfurt Yth. 監督
今季の成績
プレミアリーグ 38 24 10 4 0 0
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント 4 3 0 1 0 0
UEFAヨーロッパリーグ グループE 6 4 0 2 0 0
EFLカップ(カラバオカップ) 6 5 1 0 0 0
FAカップ 4 3 0 1 0 0
合計 58 39 11 8 0 0
出場試合
プレミアリーグ
第1節 2023-08-13 vs チェルシー
1 - 1
第2節 2023-08-19 vs ボーンマス
3 - 1
第3節 2023-08-27 vs ニューカッスル
1 - 2
第4節 2023-09-03 vs アストン・ビラ
3 - 0
第5節 2023-09-16 vs ウォルバーハンプトン
1 - 3
第6節 2023-09-24 vs ウェストハム
3 - 1
第7節 2023-09-30 vs トッテナム
2 - 1
第8節 2023-10-08 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン
2 - 2
第9節 2023-10-21 vs エバートン
2 - 0
第10節 2023-10-29 vs ノッティンガム・フォレスト
3 - 0
第11節 2023-11-05 vs ルートン・タウン
1 - 1
第12節 2023-11-12 vs ブレントフォード
3 - 0
第13節 2023-11-25 vs マンチェスター・シティ
1 - 1
第14節 2023-12-03 vs フルアム
4 - 3
第15節 2023-12-06 vs シェフィールド・ユナイテッド
0 - 2
第16節 2023-12-09 vs クリスタル・パレス
1 - 2
第17節 2023-12-17 vs マンチェスター・ユナイテッド
0 - 0
第18節 2023-12-23 vs アーセナル
1 - 1
第19節 2023-12-26 vs バーンリー
0 - 2
第20節 2024-01-01 vs ニューカッスル
4 - 2
第21節 2024-01-21 vs ボーンマス
0 - 4
第22節 2024-01-31 vs チェルシー
4 - 1
第23節 2024-02-04 vs アーセナル
3 - 1
第24節 2024-02-10 vs バーンリー
3 - 1
第25節 2024-02-17 vs ブレントフォード
1 - 4
第26節 2024-02-21 vs ルートン・タウン
4 - 1
第27節 2024-03-02 vs ノッティンガム・フォレスト
0 - 1
第28節 2024-03-10 vs マンチェスター・シティ
1 - 1
第30節 2024-03-31 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン
2 - 1
第31節 2024-04-04 vs シェフィールド・ユナイテッド
3 - 1
第32節 2024-04-07 vs マンチェスター・ユナイテッド
2 - 2
第33節 2024-04-14 vs クリスタル・パレス
0 - 1
第34節 2024-04-21 vs フルアム
1 - 3
第29節 2024-04-24 vs エバートン
2 - 0
第35節 2024-04-27 vs ウェストハム
2 - 2
第36節 2024-05-05 vs トッテナム
4 - 2
第37節 2024-05-13 vs アストン・ビラ
3 - 3
第38節 2024-05-19 vs ウォルバーハンプトン
2 - 0
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024-03-07 vs スパルタ・プラハ
1 - 5
ラウンド16・2ndレグ 2024-03-14 vs スパルタ・プラハ
6 - 1
準々決勝1stレグ 2024-04-11 vs アタランタ
0 - 3
準々決勝2ndレグ 2024-04-18 vs アタランタ
0 - 1
UEFAヨーロッパリーグ グループE
第1節 2023-09-21 vs LASK
1 - 3
第2節 2023-10-05 vs ユニオン・サン=ジロワーズ
2 - 0
第3節 2023-10-26 vs トゥールーズ
5 - 1
第4節 2023-11-09 vs トゥールーズ
3 - 2
第5節 2023-11-30 vs LASK
4 - 0
第6節 2023-12-14 vs ユニオン・サン=ジロワーズ
2 - 1
EFLカップ(カラバオカップ)
3回戦 2023-09-27 vs レスター・シティ
3 - 1
4回戦 2023-11-01 vs ボーンマス
1 - 2
準々決勝 2023-12-20 vs ウェストハム
5 - 1
準決勝1stレグ 2024-01-10 vs フルアム
2 - 1
準決勝2ndレグ 2024-01-24 vs フルアム
1 - 1
決勝 2024-02-25 vs チェルシー
0 - 1
FAカップ
3回戦 2024-01-07 vs アーセナル
0 - 2
4回戦 2024-01-28 vs ノリッジ
5 - 2
5回戦 2024-02-28 vs サウサンプトン
3 - 0
準々決勝 2024-03-17 vs マンチェスター・ユナイテッド
4 - 3