日本代表の“11番”と言えば?新たな“キング”は生まれるか

2020.11.11 19:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
11月11日は「ポッキー&プリッツの日」として有名だが、サッカーが11人同士で戦うことから、「サッカーの日」としても知られている。

そこで今回は日本代表の「11」番にフォーカス。近年の日本代表で背負った選手たちを紹介したい。

背番号「11」はもともと左ウイングのポジションに与えられていた番号で、現代サッカーにおいても攻撃的な選手が着用していることが多い。横浜FCの元日本代表FW三浦知良も「11」を長年着用している。

◆今から31年前、コリチーバ時代の三浦知良のプレー集


“キング・カズ”は日本代表でも背番号「11」を着用。日本の「11」番と言えば真っ先に名前が挙がる選手だ。

カズの次に「11」番を着用したのは小野伸二だ。小野は1998年に行われたフランス・ワールドカップ(W杯)でもこの番号を背負っていた。まさかのメンバー外となったカズの番号を当時18歳の小野が背負うことは当時大きな話題となった。

その後は呂比須ワグナー、三浦淳寛、中山雅史鈴木隆行が背負い、2002年の日韓W杯では鈴木が日本代表の背番号「11」を背負った。

それからは松井大輔黒部光昭、一度鈴木隆行に戻った後に巻誠一郎が着用。2006年のドイツW杯では巻が日本の「11」番だった。

「11」番の入れ替わりは激しく、佐藤寿人播戸竜二玉田圭司前田遼一ハーフナー・マイク原口元気柿谷曜一朗豊田陽平といったフォワードたちが背負ってきたが、中々日本代表での結果には恵まれていない。

直近のロシアW杯での宇佐美貴史や、2019年のアジアカップで「11」番を背負った北川航也らも、ゴールという結果を出せなかった一人だ。

今年10月の国際親善試合では、堂安律がこれまでの「21」番ではなく「11」番を背負ったものの、11月のオーストリア遠征ではクラブ事情により代表不参加が決定している。

今後、堂安が背番号「11」を自らの番号とする活躍を見せるのか。それとも別の“キング”が誕生することになるのか。日本代表の「11」番に注目していきたい。

◆“キング・カズ”以降の日本代表「11」番
三浦知良:~1997-98
小野伸二:1997/98
呂比須ワグナー:1998/99-99/00
三浦淳寛:1999/2000
中山雅史:2000/01
鈴木隆行:2001/02-04/05
松井大輔:2002/03
黒部光昭:2003/04
巻誠一郎:2005/06
佐藤寿人:2007/08
播戸竜二:2007/08-09/10
玉田圭司:2008/09-10/11
宮市亮:2011/12
清武弘嗣:2011/12
藤本淳吾:2011/12
前田遼一:2011/12
ハーフナー・マイク:2011/12-13/14
原口元気:2013/14
柿谷曜一朗:2014/15
豊田陽平:2014/15
宇佐美貴史:2014/15-17/18
齋藤学:2016/17
久保裕也:2017/18
乾貴士:2017/18
小林悠:2017/18
北川航也:2018/19
三好康児:2019/20
永井謙佑:2019/20
田川亨介:2019/20
堂安律:2020/21


関連ニュース
thumb

東京五輪ベスト8が決定! 3連勝で首位通過の日本は準々決勝でニュージーランドと対戦《東京オリンピック》

28日、東京オリンピックの男子サッカーのグループステージ全日程が終了。ベスト8進出国が決定した。 U-24日本代表は、グループAで強豪3カ国と同居。当初は死の組とも言われたグループだったが、終わってみればグループステージで唯一3連勝を収め、首位で通過した。 また、グループAは最終戦で日本に敗れたU-24フランス代表は3位となり敗退。2位にはU-24メキシコ代表が入った。 グループBは敗戦スタートとなったU-24韓国代表がU-24ルーマニア代表、U-24ホンジュラス代表相手に連勝。ホンジュラス戦は6-0と圧勝して首位通過を決めた。2位にはその韓国に初戦で勝利したU-24ニュージーランド代表が入っている。 グループCは初戦で2人のケガ人を出した優勝候補のU-24スペイン代表が1勝2分けとして首位通過。2位には最終戦でU-24オーストラリア代表に0-2で勝利したU-24エジプト代表が最下位からの逆転突破を決めた。U-24アルゼンチン代表は3位で敗退した。 グループDは連覇を目指すU-24ブラジル代表が2勝1分けで首位、2位にはU-24コートジボワール代表が入り、U-24ドイツ代表は3位で敗退となった。 なお、準々決勝では日本はニュージーランドと対戦することが決定した。 【最終順位】 ■グループA 1.日本 勝ち点9 2.メキシコ 勝ち点6 3.フランス 勝ち点3 4.南アフリカ 勝ち点0 ■グループB 1.韓国 勝ち点6 2.ニュージーランド 勝ち点4※得失点0 3.ルーマニア 勝ち点4※得失点-3 4.ホンジュラス 勝ち点3 ■グループC 1.スペイン 勝ち点5 2.エジプト 勝ち点4 ※得失点差+1 3.アルゼンチン 勝ち点4 ※得失点差-1 4.オーストラリア 勝ち点3 ■グループD 1.ブラジル 勝ち点7 2.コートジボワール 勝ち点5 3.ドイツ 勝ち点4 4.サウジアラビア 勝ち点0 ◆準々決勝 ▽7月31日(土) 《17:00》 U-24スペイン代表 vs U-24コートジボワール代表ー【27】 [宮城スタジアム] 《18:00》 U-24日本代表 vs U-24ニュージーランド代表ー【25】 [県立カシマサッカースタジアム] 《19:00》 U-24ブラジル代表 vs U-24エジプト代表ー【28】 [埼玉スタジアム2002] 《20:00》 U-24韓国代表 vs U-24メキシコ代表ー【26】 [横浜国際総合競技場] ◆準決勝 ▽8月3日(火) 《17:00》 【26】勝者 vs 【28】勝者ー【30】 [県立カシマサッカースタジアム] 《20:00》 【25】勝者 vs 【27】勝者ー【29】 [埼玉スタジアム2002] ◆3位決定戦 ▽8月6日(金) 《20:00》 【29】敗者 vs 【30】敗者 [埼玉スタジアム2002] ◆決勝 ▽8月7日(土) 《20:30》 【29】勝者 vs 【30】勝者 [横浜国際総合競技場] 2021.07.28 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

頼もしい日本代表、久保建英の3試合連続ゴールなどでフランスを4発圧倒! 準々決勝ではNZと対戦《東京オリンピック》

U-24日本代表は28日、東京オリンピック・グループA最終節でU-24フランス代表と対戦し、4-0の快勝を収めた。この結果、首位でのグループ突破を決めている。 ここまで2連勝で首位に立つ日本。フランスに2点差以上で敗れなければ敗退することはない非常に有利な状況だ。そのため、まずは守備から入ることが予想されるこの一戦で、ケガでメンバー外が続いていた冨安が初出場。その他、オーバーエイジ枠の3名や久保と堂安が継続して先発に顔を並べており、ワントップに上田を配置する[4-2-3-1]の布陣で最終節に挑む。 まずは立ち上がり45秒、勝利が絶対条件のフランスはベカ・ベカのシュートで日本を牽制。日本も8分に、今大会初先発の旗手がボックスの外からミドルシュートを狙っていく。 その後も上田や田中が狙っていくものの、これまでの相手とは違い要所における球際が激しく、なかなか主導権を握ることができない。22分にはやや危ない場面で冨安にイエローカードが提示されるなど、隙を作れば一気に流れを許す緊張感のある試合となる。 だが、そんなプレッシャーをもろともしない男が試合を動かした。27分、田中の縦パスで攻撃のスイッチを入れた日本は、久保のパスからボックス右に抜け出した上田がシュートを放つ。これはGKベルナルドーニに弾かれてしまうものの、こぼれ球を久保がボックス中央から左足で打ち抜いた。 エースの3試合連続ゴールで先制した日本はさらに、再び久保の縦パスから上田のシュートシーンを迎える。こちらもGKに弾かれてしまったが、高く跳ね上がったボールの落ち際を酒井が押し込み、先制から7分で追加点を挙げた。 強豪相手に会心のパフォーマンスを見せる日本。その後も多彩な攻撃を仕掛けてフランスゴールに迫っていく。だがそんな中、酒井が相手へのファウルでイエローカードをもらってしまい、累積で準々決勝には出られなくなってしまった。 2点リードのまま後半を迎えた日本は、ハーフタイムで久保を下げて三好を投入。ほぼ確実となった準々決勝進出を見越して温存する余裕を見せる。56分には酒井を下げて橋岡を起用し、次戦へ備える。 その橋岡は投入直後に積極的な攻撃参加でチャンスを作ると、守備でも安定したクロス対応を見せる。ベカ・ベカとの一対一の場面では上手く体を入れて押さえ込んだが、これがFKの判定に。ボックス左外と危険な位置で、キッカーはフランスのエース・ジニャク。直接狙ったシュートはゴール前の密集地体を抜けてゴールへ飛んできたが、GK谷が落ち着いて弾き返した。 メキシコ戦のような点差を縮められる展開は避けたい日本は、守勢ではなく攻勢に徹することでもう一度流れを引き寄せていく。すると70分、最前線でボールを収めた上田の落としをボックス左手前から旗手が中へ。手前の堂安には合わなかったものの、ファーサイドから反応した三好が左足でダイレクトシュートを放つと、これがゴール左下に決まってリードを3点に広げた。 これで勝利を決定づけた日本は72分に遠藤と堂安を下げて板倉と相馬を投入。その直後、三好にファウルを働いたコロ・ムアニにイエローカードが提示されたが、VARで再確認した結果、故意で危険なものだったとしてレッドカードに変更となった。 大量リードのみならず数的有利も得て、いよいよ勝利に近づいてきた日本。80分に田中に代わって前田が入ると、その前田は後半アディショナルタイムにカウンターから相馬のラストパスを受け、ボックス左からダメ押しの4点目を決めた。 結局、日本はフランス相手に4-0で快勝。準々決勝では、史上初めてグループステージを突破したニュージーランドと対戦する。 なお、グループAもう一方のU-24南アフリカvsU-24メキシコ代表は、0-3でメキシコが勝利している。 メキシコがベガとロモのゴールで2点リードで試合を折り返す展開となった中、南アフリカは58分にマレペにイエローカード。しかし、ケガをさせかねない悪質なタックルだったとしてVARが介入すると、主審はレッドカードに変更。点差をつけられている上に数的不利で残りの3分の1を戦うことになってしまった。 メキシコはその隙にカウンターからマルティンが追加点。これで勝利を決定づけたが、67分にカルロス・ロドリゲスにもレッドカードが提示され、10人対10人の試合となる。 それでも、その後は危なげない試合運びを見せたメキシコがリードを守り切り快勝。準々決勝ではグループB首位の韓国と対戦する。 U-24フランス 0-4 U-24日本 【日本】 久保建英(前27) 酒井宏樹(前34) 三好康児(後25) 前田大然(後46) U-24南アフリカ 0-3 U-24メキシコ 【U-24メキシコ】 ベガ(前18) ロモ(前45) マルティン(後15) ■グループA最終順位■ 1.日本 勝ち点9 2.メキシコ 勝ち点6 3.フランス 勝ち点3 4.南アフリカ 勝ち点0 2021.07.28 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表スタメン発表! 冨安健洋が初出場、上田綺世&旗手怜央も初先発

28日、東京オリンピックの第3戦でU-24フランス代表と対戦するU-24日本代表のスターティングメンバーが発表された。 グループステージ最終節を迎えた男子サッカー。連勝の日本だが、この試合に敗れれば敗退の可能性がある状況。フランスは勝利を収めれば逆転突破の可能性がある。 日本のスターティングメンバーは、オーバーエイジ枠の3名に加え、MF久保建英(レアル・マドリー)やMF堂安律(PSV)らが継続して先発。1トップにはFW上田綺世(鹿島アントラーズ)が初先発となった。 また、2試合をケガでメンバー外だったDF冨安健洋(ボローニャ)も先発に復帰。DF旗手怜央(川崎フロンターレ)も先発に名を連ね、2列目で起用されると予想する。 ◆スタメン[4-2-3-1] GK:谷晃生 DF:酒井宏樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、旗手怜央 FW:上田綺世 監督:森保一 ◆サブ GK:大迫敬介 DF:板倉滉、橋岡大樹 MF:三好康児、三笘薫、相馬勇紀 FW:前田大然 2021.07.28 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

難しい『なでしこらしさ』…1勝1分け1敗は妥当、なでしこジャパンの東京五輪の戦いを振り返る

なでしこジャパンは最終節のチリ女子代表戦で今大会初勝利を収め、グループEを3位で辛くも決勝トーナメント進出を決めた。準々決勝のスウェーデン女子代表戦を前に、グループステージでの戦いを振り返ってみる。 <span class="paragraph-title">◆定義しづらい『なでしこらしさ』</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nadeshiko20210728_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> そもそも『なでしこらしさ』とはなにか。ボールを保持してパスワークで相手を攻略することか、しぶとく粘って少ないチャンスをモノにすることか。 FIFAランキングは日本が10位で、上位に位置するカナダ(8位)、イギリス(イングランドが6位)には自由なポゼッションを許してもらえず、下位のチリ戦(37位)でようやく意図通りにボールを扱うことができた。パススピードやキックの飛距離も強豪国と比べると、見劣りしていると言わざるを得ない。ならば、どの相手に対してもコンパクトな陣形を保ってショートパスで前進できているかと問われればノーだろう。強豪国相手ではプレッシャーに負けて逃げのパスが増えている印象だ。 そもそも、強度の高い相手と親善試合でマッチメイクできたのは、直前のオーストラリア女子代表戦(9位)だけ。その試合でも効果的な縦パスが入らず、攻撃は停滞気味で奪ったゴールはPKの1点のみ。ランキング上位の相手に対しては、効果的なパスワークを発揮できず、ボックス外からのミドルシュートが主になった。当然ゴールの確率は下がり、パワーで劣る日本にとって妙手とは言えない。 <span class="paragraph-title">◆フィジカル強度はエリアによるか</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nadeshiko20210728_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 中盤のデュエルも圧倒されることが多く、セカンドボールを回収できずに波状攻撃につなげられなかった。その中でも光っていたのは林穂之香のアグレッシブさか。スウェーデンのAIKフットボールでの経験は間違いなく生きているだろう。出場の2試合ではチームに推進力をもたらしていたため、下げる時間が早過ぎるような気もした。 対照的にこれまで中盤を支えてきた中島依美のパフォーマンスがピリッとせず、いずれの失点にも絡んでしまった。スタミナやキック精度が持ち味だが、ここまではそれを発揮できずにいる。 また、記録上、枠内に浴びたシュート数はカナダ戦が1本、イギリス戦が2本、チリ戦が0本となっている。クロスバーやポストに当たったシュートは枠内扱いにはならないが、それを入れれば数はもう少し増えるだろう。 ただ、どの試合も決定的なピンチは少なかったが、それを防げたか、防げなかったかが勝敗に直結した。イギリス戦では警戒していた中で、1つのチャンスを生かされて敗れた。チリ戦では“疑惑の判定”とも言われたが、クロスバーに当たったゴールは形としては完璧にやられていたが、ゴールにはならず。結果、1-0で勝利して突破をつかんだ。 いずれの試合もボックスに侵入される回数は多かったものの、中央でセンターバックが対応できれば大きな破綻はしていない。チリ戦でのあわやの場面は、清水梨紗が絞って対応し競り負ける結果となり、サイドの選手が競り合うと不利を被る悪い例になってしまったが、課題が出たという点ではプラスと言っても良いかもしれない。 <span class=“paragraph-title">◆采配の賛否というよりは</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/nadeshiko20210728_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GKに目を移せば、直前の親善試合では山下杏也加が先発で起用されており、安定したパフォーマンスを見せていた。そのため、初戦で池田咲紀子を起用した理由には疑問が残る。 フィールドプレーヤーはここまでフル出場なのは熊谷紗希と清水の2人で、よく言えばローテーションができている。ただ、ネガティブな意味で誰が出ても変わらないサッカーになっているとも取れる。 イギリス戦では、これまでサイドで起用され続けていたジョーカーの遠藤純を最前線に置いたが、効果のほどは御覧の通りだ。素直に菅澤優衣香と田中美南を半々で使い分けた方がと思わざるを得ない。 大前提としてボールを扱うためのメンバー選考であったのならば、それは達成できておらず、劣勢時のジョーカーも遠藤か木下桃香かという選択だ。そうなると22人の選び方まで話を戻さなければならなくなるが、これ以上のメンバーが現状いるのかと問われれば、太鼓判を押せる選手は即答できないのが実情だ。 川澄奈穂美や永里優季のような2011年組もまだまだ現役であり、ベテラン勢の力はもちろん必要だろう。だが、世代交代がなければアメリカでさえ躓いてしまうのが今の女子サッカー界の成長速度だ。正直なところ、実力通りの内容と結果ではないだろうか。 準々決勝の相手スウェーデンは、グループステージを全勝で突破。前回大会は銀メダル、2019年のワールドカップ(W杯)では3位の実績があり、FIFAランキングも5位と間違いなく格上だ。初戦、第2戦のような苦しい展開が予想されるが、自国開催のアドバンテージをもとに、トーナメント特有のアップセットを起こせるかに期待だ。 《超ワールドサッカー編集部》 2021.07.28 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

【U-24日本代表プレビュー】3連勝で決勝Tへ! 金メダルへ向けた運命のGS最終戦/vsU-24フランス代表【東京五輪】

28日、東京オリンピックの男子サッカーのグループステージ最終戦が行われる。 組み合わせが決定した際には、“死の組”とも言われ、苦しい戦いが予想されていたU-24日本代表。しかし、本大会が始まってからはしっかりと結果を残した。 22日のU-24南アフリカ代表戦は、苦しい戦いの中、1-0で勝利。25日のU-24メキシコ代表戦は2-1で勝利を収め、連勝スタートとなった。 順調に結果を残している日本だが、現時点でグループステージ突破は決められていない。最終節の結果次第では敗退もある状況で、迎えるのはU-24フランス代表。ともに勝利を追い求める中で、厳しい一戦となることは間違いない。 <span class="paragraph-title">◆3連勝でGS突破なるか</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210728_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> ここまで連勝の日本が目指すのは金メダル。それを目指す以上、負けることは許されない。この先の決勝トーナメントに進めば、負けた時点で終了。このグループステージでもその気持ちで試合に臨まなければいけない。 日本は引き分け以上の結果でグループステージ突破が決まるが、その考えで乗り切れる相手ではないのがフランスだ。 ここまでの2試合、常に先行している日本だが、ゴールを決めるまでには多くのチャンスを逸していることも事実。フィニッシュ精度がもっと高ければ、より試合を優位に進められた部分は多い。 しかし、南アフリカ戦は久保建英の個人技で、メキシコ戦は久保のゴールと相馬勇紀の仕掛けで得たPKを堂安律が決め手の勝利という状況。決定機の数を考えれば、物足りない結果だ。 守備面でもメキシコ戦ではFKが直接入るなど不運な部分はあったが、予期せぬ失点する可能性はいくらでもある。そのためにもしっかりとリードを奪っておかなければいけない。 フランスはこの2試合で7失点と守備は脆さを見せている。中2日で回復を優先している以上、試合でブラッシュアップしていくしかないだけに、大きく改善するとは考えにくい。ただし、日本がもたつけばそれだけ慣れてきて対応もされるだけに、早い時間帯でいかにゴールを奪うかが勝敗を分けることになるだろう。 <span class="paragraph-title">◆息巻くフランス、破壊力は抜群</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210728_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するフランスも奇跡的な勝利を挙げたことで首の皮一枚繋がった。 初戦はメキシコ相手に4-1の大敗、2戦目は南アフリカに4-3でなんとか勝利を収めた。しかし、南アフリカ戦はほぼ引き分けだった試合を後半アディショナルタイムのゴールで勝利に持ち込んだのだ。 試合自体も二転三転する中、オーバーエイジのFWアンドレ=ピエール・ジニャックがハットトリック、アディショナルタイムには同じくオーバーエイジのMFテジ・サヴァニエが値千金のゴールを決めた。チームの雰囲気は非常に良いだろう。 課題がありながらもベテランの力で白星を拾ったフランス。引き分けていれば、日本の突破が決まり、フランスのグループステージ突破は限りなく難しいものになっていただけに、生き延びたことを必ずや生かしに来るはずだ。 ジニャックは「全てを捧げるという気持ちを持たなければ」とコメント。日本を倒すために全力投球してくることは間違いない。そこにしっかりと対応できるかどうかは気になるところだ。 チームとしては4試合目の実戦。徐々に連携も上がってきている。ここまで調子が出ていないと見ていれば、痛い目に遭う可能性もある。フランスがどんな意地を見せるのかにも注目だ。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210728_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:谷晃生 DF:酒井宏樹、吉田麻也、板倉滉、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、三笘薫 FW:前田大然 監督:森保一 この2試合で先発起用した選手は12名。同じメンバーで2試合を乗り越えてきた日本は、最後の相手にどんなメンバーを送り込むのか難しい判断となる。 2連勝で余裕が生まれる展開にならなかったことは残念であり、突破が決まっていればターンオーバーを気兼ねなくできたはずだ。 しかし、全くわからない状況。2点差で敗れた場合は敗退の可能性が限りなく高くなるだけに、スタメンは大きくいじらないと予想する。 GKは3試合連続で谷晃生(湘南ベルマーレ )と予想する。メキシコ戦での失点は残念な部分もあったが、好セーブもあった。3戦目もしっかりと落ち着いて無失点を目指してもらいたい。 最終ラインも変わらないだろう。DF酒井宏樹(浦和レッズ)、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF板倉滉(フローニンヘン)、DF中山雄太(ズヴォレ)が並ぶと予想する。不用意なファウルもここまでは少なく、安定した守備を見せており、流れの中からのピンチはほとんどない。フランスを抑えるという意味でもこの4名で落ち着いて対応したいところ。連携も上がっているだけに、疲労が見えた際にしっかりとすぐに交代させることが重要となりそうだ。 ボランチコンビも3戦連続でMF遠藤航(シュツットガルト)とMF田中碧(デュッセルドルフ)となるだろう。バランス感覚は抜群で補完性も南アフリカ戦よりメキシコ戦の方が向上した。フランスの攻撃の芽を摘むという点でもしっかりと対応ができるはず。気がかりは、両者ともイエローカードをもらっており、酒井、中山共にここで出場停止になる可能性はあるが、突破できなければそもそも意味がないだけに、しっかりと良さを出してくれるはずだ。 2列目も顔ぶれは大きく変わらない。右にMF堂安律(PSV)、中央にMF久保建英(レアル・マドリー)が入り、左にはMF三笘薫(川崎フロンターレ)を予想する。ここまでの2試合は、MF三好康児(アントワープ)、MF相馬勇紀(名古屋グランパス)とスタメンを入れ替え、出遅れていた三笘はメキシコ戦の途中から出場した。独特のリズムのドリブルでファウルをもらう機会もあり、この先の戦いを見据えてもスタートで使ってみるという判断ができるポジションだろう。得点を奪うという点でも、三笘の突破力を生かしたい。 そして1トップにはFW前田大然(横浜F・マリノス)を予想する。この2試合はFW林大地(サガン鳥栖)が先発。身体を張り、チャンスメイクと徹底した守備で大きく貢献した。前田を起用する意図はライン間のスペースを空けるため、裏のスペースを果敢に狙うということ。さらに強度の高いプレスでミスを誘いたいという点だ。もちろん得点にも期待したいところだが、5人交代を考えて45分で出し切るつもりでも良いはず。フランスを圧倒するためのプレーを見せてもらいたい。 優位に立ちながらも難しい試合となるフランス戦。見せている強さが本物であることを証明するには3連勝しかない。U-24フランス代表戦は、20時30分から横浜国際総合競技場で行われる。 2021.07.28 17:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly