歴代最も優れた選手は? ウィルシャーがトップ5を発表!

2020.10.10 22:04 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、歴代のチームメイトの中で個人的に最も優れていた5名の名手たちを挙げている。先日、所属先のウェストハムとの契約解消が発表され、現在フリーのウィルシャー。注目の新天地に関して「違うことにチャレンジしたい」と、国外への移籍も示唆している。

そんな中、これまでアーセナルやイングランド代表でプレーしてきた同選手が、イギリス『talkSPORT』のインタビューで、共闘した選手の中で印象的だった5名を発表。往年の名プレイヤーの名前が上げられている。

1、セスク・ファブレガス
「ナンバーワンを選ぶのは簡単だね。僕がチーム(アーセナル)に加わる前から、ドレッシングルームに踏み入れる前から、彼は輝いて見えた。全てのアカデミー選手のお手本のような存在だった」

「彼がまだ16歳だった頃にすでにファーストチームでプレーしていた。チャンピオンズリーグの準決勝もだね。誰もが彼のようになりたいと思っていたよ」

「ドレッシングルームに入ると、彼はキャプテンバンドを巻いていて、それが僕には素晴らしく思えたんだ」

「最終的に僕はチームに加わり、彼の隣でプレーすることができた。彼がゲームをコントロールし、毎試合で10回から12回のチャンスを作っているのを間近で見てたんだ」

「速くも強くもなかったけど、彼は頭を使ってプレーしていた。見ていて信じられなかったよ」

2、ウェイン・ルーニー
「彼はあらゆるものを持っていた。元々ルーニーのユニフォームを持っていて、僕がイングランド代表のチームに参加した時、彼もメンバーの一人だった」

「彼はいつも周りに冗談を言っていた。何試合か一緒にこなすと仲も深まって、お互いに冗談を言い合ってたよ」

「9番タイプから守備的な中盤をこなせる選手はそう多くはいないね」

3、スティーブン・ジェラード
「一緒にプレーした時、彼は少し落ち込んでいた。その時はビデオで見たようなボックス・トゥ・ボックスの選手ではなかった」

「彼は4番を着けてたんだけど、あれほど全くミスなくボールを扱う選手は見たことないよ。試合では毎回完璧だった。僕もそんな彼を見て育ったんだ。特別な選手だよ。今でもあまり見ないね」

4、サンティ・カソルラ
「彼の印象は背が低くて面白い男だった。本当に摂生しないやつで、食べたいものを食べ、したいことをしたいた」

「彼がピッチに立つと、まるで子供のように笑ってプレーするんだ。セットプレーの時はよく監督が『インスイングはダメだ』と言うんだけど、そうすると彼は左足で蹴っていた。すごいよね」

「彼はポジションにとらわれず、左足でも右足でもボールを蹴っていた。見ていて楽しかったよ」

5、トマシュ・ロシツキ
「彼はケガを抱えていたから大変だったと思う。特に素早い選手ではなかったけど、彼がボールを持った時、周りの選手のスイッチも入る。みんな攻撃に意識を向けるんだ」

「僕たちの攻撃の始まりは全て彼からだった。彼のパスの重さと選択は完璧だった」
コメント
関連ニュース
thumb

「ミス・オブ・ザ・シーズン」決めていればハットトリック? オーバメヤンのシュート失敗に「まさかここから…」

アーセナルは18日、プレミアリーグ第19節でニューカッスルをホームに迎え、3-0で快勝した。2列目の左サイドで先発出場したキャプテンのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは2ゴールの活躍を見せ、チームの勝利に大きく貢献していた。 ニューカッスル戦でアーセナルは後半だけで全3得点を奪っていたが、前半にも先制点を奪う絶好のチャンスが訪れていた。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】アーセナル v ニューカッスル(オーバメヤンのミスは0:29~)<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1o24aovqvx6tk1teqc1xff9ca6" async></script></div> 14分、FWブカヨ・サカがボックス内右で仕掛け、シュートを放つ。ボールはニューカッスルGKカール・ダーローの足に当たって流れると、逆サイドにいたオーバメヤンのもとへ。ゴールは無人だったものの、オーバメヤンの左足シュートはゴール右のポストに直撃し、惜しくもゴールにならなかった。 直前でダーローの足に当たって少しコースが変化していることや、オーバメヤンのポジションからだと角度がなかったこともあり、絶対決められる場面という訳ではなかったが、今シーズンのオーバメヤンのコンディションが開幕から上がらなかったこともあり、このミスについて「なぜここからミスするんだ」「ミス・オブ・ザ・シーズン」といった批判的な声も上がっていた。 それでも、50分に個人技からゴールを奪ったオーバメヤンは、77分にもDFセドリック・ソアレスからの速いクロスをしっかりと押し込み、2得点。汚名返上の活躍を見せた。 2021.01.19 19:31 Tue
twitterfacebook
thumb

フリーのジエゴ・コスタ、マルセイユ移籍の可能性がなくなる

元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(32)の移籍先候補からマルセイユが消えた。イギリス『サン』が報じている。 D・コスタは昨年12月末、「個人的事情」を理由に今季いっぱいまで残すアトレティコ・マドリーとの契約の早期解消を望み、双方合意の下で退団。フリーの身となり、今後の動向に注目が集まっているところだ。 戦線離脱が続くメキシコ代表FWラウール・ヒメネスの代役探しに奔走するウォルバーハンプトンが行き先候補に挙がるなか、マルセイユも興味を示すクラブの1つに。しかし、マルセイユ入りは非現実的な模様だ。 今冬に課題の得点力向上を狙い、ストライカーポジションの強化が取り沙汰されるマルセイユだが、アンドレ・ビラス=ボアス監督は売り込みを認めつつ、高額なサラリーを理由に獲得の可能性を否定した。 「まずジエゴ・コスタが年俸1600万ユーロ(約20億1000万円)の受給者だというのを認識すべきだ」 「知らない番号からのWhatsAppを介してジエゴ・コスタがオリンピック・マルセイユに来たがっているというメッセージを受け取った。冗談かと思ったよ」 「彼はベストストライカーの1人だが、(我々は)他を探すつもりだ。あんなにもサラリーを支払えない」 2021.01.19 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルで5試合3Aのスミス=ロウ、サカとの若手コンビに自信 「本当に気が合う」

アーセナルのU-20イングランド代表MFエミール・スミス=ロウがチームメイトのFWブカヨ・サカとのコンビについて語った。クラブ公式サイトが伝えている。 9歳の頃からアーセナルのユースチームで鍛錬を積み、今やトップチームでプレーするスミス=ロウは今季当初こそなかなか出場機会を得られずにいたが、プレミアリーグ第15節のチェルシー戦で初スタメンを飾り、アシストを記録。そこから5試合連続で先発を果たすと、18日に行われた第19節のニューカッスル戦もスタメンで出場し、1アシストをマークした。 ここまでスミス=ロウがアシストをした相手はすべてサカ。両者が21歳になる前にトップリーグで3ゴールを築くのは、プレミアリーグ史上初となっている。スミス=ロウはニューカッスル戦後、ユース時代からの付き合いであるサカとのコンビに自信をのぞかせた。 「(サカとは)ピッチの外でもとても仲が良いんだ。それがピッチ上でも表現できているんじゃないかな。ピッチに立ったときも、お互いのプレーがよく分かっている。今日は彼のアシストができて嬉しいよ」 「初めて彼と一緒にプレーしたのは、FAユースカップか、U-18でのリバプールとの試合だったと思う。それ以来、僕らは本当に気が合っているよ。今夜もそれをプレーで示せたね」 また、アーセナルのユース施設であるヘイル・エンドが自分たちの成長にとって大きな存在だとも語っている。 「ヘイル・エンドとのつながりはもちろん大きな助けになっているよ。僕たちがユースを通じて一緒に成長してきたことを知れば、今がより特別なことだと思ってもらえるはずだ」 2021.01.19 11:37 Tue
twitterfacebook
thumb

トルコ移籍秒読みのエジル、恩師ヴェンゲルが発言 「今冬最大の移籍」

元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)のフェネルバフチェ移籍に対して、恩師がコメントしている。 アーセナル在籍7年半のエジルだが、2019年12月から指揮を執るミケル・アルテタ監督の下で徐々に出番を減らすと、今季のプレミアリーグとヨーロッパリーグ(EL)の登録から外れ、完全なる構想外に。先日、フェネルバフチェ加入に向けて現地入りが確認され、ついに移籍が実現しそうな様相だ。 アーセナル監督時代にそんなエジルを2013年夏にレアル・マドリーから迎え入れたアーセン・ヴェンゲル氏は教え子のトルコ行きに何を思うのか。『BeIN SPORTS』トルコ版のインタビューでその件を訊かれると、率直な思いとともに期待を口にした。 「まず移籍があまり起こり難い時期にあのような移籍が発表されるというのは喜ばしいものだ。少しばかり静かなフットボール界において、彼は今冬最大の移籍になるだろうね」 「しかし、リーグで強豪の地位を築くフェネルバフチェにしたら、ファンタスティックなニュース。彼なら、チームがトルコリーグを制する上でパズルのピースになるはずだよ」 また、ヴェンゲル氏はアーセナル監督時代にエジルから自身のルーツであるトルコ行き、そしてファンだと公言するフェネルバフチェ加入を希望してきた過去があるかと問われると、否定した。 「メスト・エジルをアーセナルにキープしたい思いしかなかった。だから、フェネルバフチェの会話は一切なかったよ」 「しかし、彼の家族や代理人、そして彼と契約を交わす際に父親と会ったとき、トルコとの強い結びつきを常に感じた」 「トルコに強い愛着があり、トルコリーグに大きな関心を抱いているのは察してもいた」 2021.01.19 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ここ5戦で4勝目のアーセナル、指揮官アルテタ「総じて満足」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が結果、内容ともに満足感を示した。イギリス『BBC』が報じている。 11位のアーセナルは18日に行われたプレミアリーグ第19節で15位のニューカッスルと対戦。3-0の勝利で飾った。 これでここ5試合負けなしの4勝目。公式戦でも6試合無敗と巻き返すアルテタ監督は試合後、手応えを口にした。 「本当に総じて満足だ。本当にポジティブなパフォーマンスだった」 「集団としても、個人としても、最初のホイッスルが鳴った瞬間から本当にソリッドで、説得力も感じられたよ」 「1点目を奪うのに予想より少し時間がかかったが、チームがプレーとともに示したケミストリー、結束、リズムは私の好むものだった」 2021.01.19 08:45 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly