39歳カソルラが1部昇格逃したオビエドで現役続行、地元クラブに忠誠

2024.06.28 06:30 Fri
Getty Images
レアル・オビエドは27日、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(39)との契約を2025年6月まで延長したことを発表した。

2023-24シーズン、セグンダ・ディビジョン(スペイン2部)で24試合に出場4アシストを記録し、プリメーラ昇格プレーオフ進出に貢献していたカソルラ。
オビエドは惜しくも決勝プレーオフでエスパニョールの前に敗れてプリメーラ昇格は果たせなかったが、12月に40歳を迎えるベテランMFは古巣アーセナルのスタッフ入りの可能性も報じられた中、新シーズンもユース時代を過ごした故郷オビエドで現役を続行する決断を下した。

なお、受け取る年俸はチームで最も低く、その一部を下部組織に寄付するとのことだ。

サンティ・カソルラの関連記事

元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(39)は、今シーズン終了後にアーセナル帰還を検討しているようだ。 アーセナル時代はピッチ上で魔法のようなプレーで輝きを放った一方、アキレス腱のケガと患部の感染症による長期離脱も経験したカソルラ。しかし、クラブとしては依然として良好な関係を築いている。 そのベテランMFは昨夏、古巣であるレアル・オビエドに1年契約で加入。過去のケガや39歳という年齢もあり、フル稼働には至っていないが、セグンダ・ディビジョン(スペイン2部)で24試合に出場。レギュラーシーズンをプリメーラ昇格プレーオフ圏内の6位フィニッシュしたチームは、3位のエイバルとのプレーオフ準決勝1stレグを0-0のドローで終え、昇格への望みを繋いでいる。 筋肉系の問題でエイバル戦を欠場したものの、愛するクラブのプリメーラ昇格に全力を注いでいる元スペイン代表MFだが、クラブの昇格、2部残留に関わらず、今夏に現役続行あるいは引退という重大な決断を下す可能性が高いという。 そして、スペイン『マルカ』によれば、スパイクを脱ぐ決断を下した場合、カソルラがミケル・アルテタ監督率いるアーセナルのコーチングスタッフ入りする可能性が高いという。 アルテタ監督は以前から同胞MFのスタッフ入りを希望していることを明言しており、カソルラ自身も同紙のインタビューでその可能性を認めている。 「僕は幸運にもミケル・アルテタと同じロッカールームにいた。そして今、彼は監督だ。僕らは彼のコーチングスタッフに加わる可能性について話し合っていた」 「だけど、今はこのクラブ、オビエドに貢献すること。そして、プレーヤーとしてフットボールを楽しみ続けること以外には何も考えていないんだ。その後、自分の将来がどうなるかがわかる。ただ、アーセナルは、僕が復帰するための扉を常に開いてくれたクラブであることは明らかだよ」 右足切断の可能性もあった大ケガを乗り越えたカソルラが、できるだけ長くピッチで活躍する姿を見たいと思う一方、その優れた戦術眼を指導者として発揮する姿を見たいという気持ちもある中、39歳の決断はいかに…。 2024.06.09 22:00 Sun
カタールのアル・サッドは30日、ポルトガルのアロウカからスペイン人FWラファ・ムヒカ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ラス・パルマスで生まれたムヒカは、ラス・パルマスの下部組織からバルセロナの下部組織に加入。その後、リーズ・ユナイテッドの下部組織へと移籍した。 リーズ在籍時にはエストレマドゥーラ、ビジャレアルB、レアル・オビエド、ラス・パルマスへとレンタル移籍を繰り返した中、2022年7月にアロウカへ完全移籍を果たした。 ポルトガルで2年目を迎えた今シーズンは、プリメイラ・リーガで30試合に出場し20ゴールを記録。得点ランキング3位の活躍を見せていた。 スペイン『アス』によれば1000万ユーロ(約17億円)をムヒカに支払ったとのこと。若くしてカタールへと活躍の場を移すこととなった。 アル・サッドは、元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏や、元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス氏、元スペイン代表MFサンティ・カソルラと過去にもスペイン人が多くプレーしている。 2024.05.31 23:40 Fri
セグンダ・ディビジョン(スペイン2部)のレアル・オビエドは17日、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(38)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 レアル・オビエドの下部組織からビジャレアルの下部組織に移籍したカソルラは、2004年7月にファーストチームに昇格すると、レクレアティボ・ウエルバへの移籍を経験するも、1年でビジャレアルに復帰し中心選手として活躍した。 その後、2011年7月にマラガへと完全移籍すると、2012年8月にはアーセナルへ完全移籍。プレミアリーグでもそのパスセンスとゲームメイク力を発揮。しかし、度重なる足首のケガでプレーできない期間が続くと、2018年8月にビジャレアルへと復帰した。 ジャレアル復帰後は、ケガも癒えて本来のパフォーマンスを取り戻すと、2020年8月に当時チャビ・エルナンデス監督(現バルセロナ監督)が指揮していたアル・サッドに完全移籍した。 アル・サッドでは公式戦96試合に出場し38ゴール36アシストを記録。2度のカタール・スターズリーグ制覇に加え、カタール・スターズカップ(2019-20)、アミール・カップ(2019-20, 2020-21)、カタール・カップ(2021)の獲得に貢献。また、個人としても2020-21シーズンにシーズン最優秀選手賞を獲得していた。 2023.08.17 07:05 Thu
カタールのアル・サッドは2日、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(38)が退団したことを発表した。 レアル・オビエドの下部組織からビジャレアルの下部組織に移籍したカソルラは、2004年7月にファーストチームに昇格すると、レクレアティボ・ウエルバへの移籍を経験するも、1年でビジャレアルに復帰し中心選手として活躍した。 その後、2011年7月にマラガへと完全移籍すると、2012年8月にはアーセナルへ完全移籍。プレミアリーグでもそのパスセンスとゲームメイク力を発揮。しかし、度重なる足首のケガでプレーできない期間が続くと、2018年8月にビジャレアルへと復帰した。 ジャレアル復帰後は、ケガも癒えて本来のパフォーマンスを取り戻すと、2020年8月に当時チャビ・エルナンデス監督(現バルセロナ監督)が指揮していたアル・サッドに完全移籍した。 アル・サッドでは公式戦96試合に出場し38ゴール36アシストを記録。2度のカタール・スターズリーグ制覇に加え、カタール・スターズカップ(2019-20)、アミール・カップ(2019-20, 2020-21)、カタール・カップ(2021)の獲得に貢献。また、個人としても2020-21シーズンにシーズン最優秀選手賞を獲得していた。 なお、現時点でカソルラが現役を続行するかは不透明だが、昨年11月のイギリス『デイリー・メール』のインタビューでは、「引退後の人生を考え始めなければならないね。監督か、アシスタントコーチか、はたまたスポーツ・ディレクターかはわからないけどね」と今後の進退について言及していた。 2023.07.02 22:40 Sun
カタールのアル・サッドは5日、ポルトのコロンビア代表MFマテウス・ウリベ(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの3年となる。 母国の名門アトレティコ・ナシオナルからメキシコのクラブ・アメリカを経由し、2019年8月にポルトへ完全移籍で加入したウリベ。 ポルトでは、セルジオ・コンセイソン監督からの全幅の信頼を得てボランチの主力に定着。在籍4年間で公式戦175試合に出場し、15ゴール8アシストの数字を残していた。この間に2度のプリメイラ・リーガ制覇を含め5つのタイトル獲得に貢献している。 ポルトはコロンビア代表代表として通算45キャップを刻む実力者の慰留に向けて再三延長オファーを掲示したものの、アル・サッドからの好条件のオファーもあり、今夏の退団が決定した。 かつてヴィッセル神戸でも指揮を執ったフアンマ・リージョ監督が率いるアル・サッドでは、元スペイン代表MFサンティ・カソルラや韓国代表MFチョン・ウヨンらと中盤でコンビを組むことになる。 2023.06.06 05:30 Tue

サンティ・カソルラの人気記事ランキング

1

ポルトガル1部で今季20ゴール、25歳のスペイン人FWムヒカがカタールのアル・サッドへ完全移籍

カタールのアル・サッドは30日、ポルトガルのアロウカからスペイン人FWラファ・ムヒカ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ラス・パルマスで生まれたムヒカは、ラス・パルマスの下部組織からバルセロナの下部組織に加入。その後、リーズ・ユナイテッドの下部組織へと移籍した。 リーズ在籍時にはエストレマドゥーラ、ビジャレアルB、レアル・オビエド、ラス・パルマスへとレンタル移籍を繰り返した中、2022年7月にアロウカへ完全移籍を果たした。 ポルトガルで2年目を迎えた今シーズンは、プリメイラ・リーガで30試合に出場し20ゴールを記録。得点ランキング3位の活躍を見せていた。 スペイン『アス』によれば1000万ユーロ(約17億円)をムヒカに支払ったとのこと。若くしてカタールへと活躍の場を移すこととなった。 アル・サッドは、元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏や、元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス氏、元スペイン代表MFサンティ・カソルラと過去にもスペイン人が多くプレーしている。 2024.05.31 23:40 Fri
2

ジルーが語る「マウントとハヴァーツは次元が違った」

フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、チェルシーでチームメイトだったイングランド代表MFメイソン・マウントとドイツ代表MFカイ・ハヴァーツの2人は「別クラスの選手だった」と話している。 今夏の移籍市場でチェルシーからミランへ移籍したジルー。チェルシーでは概ねサポート役に回ったものの、各コンペティションで重要なゴールを決める勝負強さを発揮し、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、FAカップと3つのタイトルに貢献した。 そんなジルーがイギリス『Tribal Football』のインタビューで、共にプレーした中で最も才能を感じた選手を挙げた。チェルシーでは現在も中心選手として活躍する2人の若手に特に感銘を受けたようだ。 「アーセナルでプレーしていた時、ベストプレイヤーの一人はサンティ・カソルラだった」 「チェルシーではエデン・アザールがその一人だけど、多くの若いタレントが揃っている。メイソンとカイ・ハヴァーツは別次元の選手だったよ。彼らが成長してトッププレイヤーになるのは楽しみだね」 「メイソンはまだまだ高みへ行くためのクオリティとメンタルを備えている。彼に言ったことがあるよ。絶対に成功する、間違いないとね」 2021.10.20 16:30 Wed
3

歴代最も優れた選手は? ウィルシャーがトップ5を発表!

元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、歴代のチームメイトの中で個人的に最も優れていた5名の名手たちを挙げている。 先日、所属先のウェストハムとの契約解消が発表され、現在フリーのウィルシャー。注目の新天地に関して「違うことにチャレンジしたい」と、国外への移籍も示唆している。 そんな中、これまでアーセナルやイングランド代表でプレーしてきた同選手が、イギリス『talkSPORT』のインタビューで、共闘した選手の中で印象的だった5名を発表。往年の名プレイヤーの名前が上げられている。 1、セスク・ファブレガス 「ナンバーワンを選ぶのは簡単だね。僕がチーム(アーセナル)に加わる前から、ドレッシングルームに踏み入れる前から、彼は輝いて見えた。全てのアカデミー選手のお手本のような存在だった」 「彼がまだ16歳だった頃にすでにファーストチームでプレーしていた。チャンピオンズリーグの準決勝もだね。誰もが彼のようになりたいと思っていたよ」 「ドレッシングルームに入ると、彼はキャプテンバンドを巻いていて、それが僕には素晴らしく思えたんだ」 「最終的に僕はチームに加わり、彼の隣でプレーすることができた。彼がゲームをコントロールし、毎試合で10回から12回のチャンスを作っているのを間近で見てたんだ」 「速くも強くもなかったけど、彼は頭を使ってプレーしていた。見ていて信じられなかったよ」 2、ウェイン・ルーニー 「彼はあらゆるものを持っていた。元々ルーニーのユニフォームを持っていて、僕がイングランド代表のチームに参加した時、彼もメンバーの一人だった」 「彼はいつも周りに冗談を言っていた。何試合か一緒にこなすと仲も深まって、お互いに冗談を言い合ってたよ」 「9番タイプから守備的な中盤をこなせる選手はそう多くはいないね」 3、スティーブン・ジェラード 「一緒にプレーした時、彼は少し落ち込んでいた。その時はビデオで見たようなボックス・トゥ・ボックスの選手ではなかった」 「彼は4番を着けてたんだけど、あれほど全くミスなくボールを扱う選手は見たことないよ。試合では毎回完璧だった。僕もそんな彼を見て育ったんだ。特別な選手だよ。今でもあまり見ないね」 4、サンティ・カソルラ 「彼の印象は背が低くて面白い男だった。本当に摂生しないやつで、食べたいものを食べ、したいことをしたいた」 「彼がピッチに立つと、まるで子供のように笑ってプレーするんだ。セットプレーの時はよく監督が『インスイングはダメだ』と言うんだけど、そうすると彼は左足で蹴っていた。すごいよね」 「彼はポジションにとらわれず、左足でも右足でもボールを蹴っていた。見ていて楽しかったよ」 5、トマシュ・ロシツキ 「彼はケガを抱えていたから大変だったと思う。特に素早い選手ではなかったけど、彼がボールを持った時、周りの選手のスイッチも入る。みんな攻撃に意識を向けるんだ」 「僕たちの攻撃の始まりは全て彼からだった。彼のパスの重さと選択は完璧だった」 2020.10.10 22:04 Sat
4

ポルトの主力MFウリベがリージョ率いるアル・サッド加入!

カタールのアル・サッドは5日、ポルトのコロンビア代表MFマテウス・ウリベ(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの3年となる。 母国の名門アトレティコ・ナシオナルからメキシコのクラブ・アメリカを経由し、2019年8月にポルトへ完全移籍で加入したウリベ。 ポルトでは、セルジオ・コンセイソン監督からの全幅の信頼を得てボランチの主力に定着。在籍4年間で公式戦175試合に出場し、15ゴール8アシストの数字を残していた。この間に2度のプリメイラ・リーガ制覇を含め5つのタイトル獲得に貢献している。 ポルトはコロンビア代表代表として通算45キャップを刻む実力者の慰留に向けて再三延長オファーを掲示したものの、アル・サッドからの好条件のオファーもあり、今夏の退団が決定した。 かつてヴィッセル神戸でも指揮を執ったフアンマ・リージョ監督が率いるアル・サッドでは、元スペイン代表MFサンティ・カソルラや韓国代表MFチョン・ウヨンらと中盤でコンビを組むことになる。 2023.06.06 05:30 Tue
5

39歳カソルラが1部昇格逃したオビエドで現役続行、地元クラブに忠誠

レアル・オビエドは27日、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(39)との契約を2025年6月まで延長したことを発表した。 2023-24シーズン、セグンダ・ディビジョン(スペイン2部)で24試合に出場4アシストを記録し、プリメーラ昇格プレーオフ進出に貢献していたカソルラ。 オビエドは惜しくも決勝プレーオフでエスパニョールの前に敗れてプリメーラ昇格は果たせなかったが、12月に40歳を迎えるベテランMFは古巣アーセナルのスタッフ入りの可能性も報じられた中、新シーズンもユース時代を過ごした故郷オビエドで現役を続行する決断を下した。 なお、受け取る年俸はチームで最も低く、その一部を下部組織に寄付するとのことだ。 2024.06.28 06:30 Fri

レアル・オビエドの人気記事ランキング

1

ホームで先勝のオビエドが23年ぶり1部昇格へ王手! エスパニョールホームの第2戦は23日に【ラ・リーガ昇格PO】

ラ・リーガ昇格プレーオフ決勝1stレグのレアル・オビエドvsエスパニョールがエスタディオ・カルロス・タルティエレで行われ、ホームのオビエドが1-0で先勝した。 2000-01シーズン以来のプリメーラ昇格を目指すオビエドは、今季のセグンダ・ディビシオンを6位フィニッシュ。昇格プレーオフ準決勝では3位のエイバルを2戦合計2-0で撃破し、決勝の舞台に到達。 一方、1年でのプリメーラ復帰を目指すエスパニョールは4位でレギュラーシーズンを終えると、昇格プレーオフ準決勝では5位のスポルティング・ヒホンを2戦合計1-0で退けた。 プリメーラ昇格を懸けた運命の初戦。開始2分にエスパニョールのカレーラス、15分にオビエドのアレモンとボックス内で決定的なシュートを放っていくが、以降は中盤でのバトルがメインとなる堅い展開に。 互いに後方から丁寧に動かしながら前進を試みていくが、リスクを冒し切れない攻撃は相手守備に簡単に撥ね返される場面が多く、序盤以降は決定機はおろか、なかなかフィニッシュまで持ち込めないクローズな状況のままハーフタイムを迎えた。 後半も試合に大きな変化は起こらず。これを受け、両ベンチは60分過ぎに動きを見せる。 すると、この交代をキッカケに流れを引き寄せたホームチームは66分、カウンターからマスカの鋭い左足のミドルシュートでGKジョアン・ガルシアにファインセーブを強いると、この数分後に意外な形から先制ゴールが生まれる。 72分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのセオアネが意表を突いてゴールへ向かう無回転気味のキックを選択すると、パンチングではなくキャッチを試みたGKジョアン・ガルシアがバックステップでゴールラインを割ることを危惧したか、ボールを急遽リリース。ゴール前の混戦を制したアレモンが冷静に右足シュートを左隅へ蹴り込んだ。 この先制ゴールで勢いづくオビエドは畳みかける攻めで80分にもゴールネットを揺らす。カウンターから中央のコロンバットを起点にボックス左に走り込んだドゥバシンが正確なクロスを供給。これをマスカが側頭部で巧みに合わせたヘディングシュートを突き刺す。だが、追加点かに思われたこのゴールはVARの結果、マスカのオフサイドで取り消しとなった。 その後も攻勢を仕掛けたオビエドは追加点こそ奪えなかったものの、危なげないゲームクローズでエスパニョールに決定機を許さず。ホームでの初戦をウノセロで勝利し、23年ぶりのプリメーラ昇格に王手をかけた。 なお、エスパニョールのホームで行われる2ndレグは23日に開催される。 レアル・オビエド 1-0 エスパニョール 【オビエド】 アレモン(後27) 2024.06.17 03:36 Mon
2

主将ハビ・プアドが殊勲のドブレーテ、エスパニョールが逆転でプリメーラ昇格【ラ・リーガ昇格PO】

ラ・リーガ昇格プレーオフ決勝2ndレグのエスパニョールvsレアル・オビエドが23日に行われ、2-0でエスパニョールが勝利。2戦合計スコアを2-1としたエスパニョールがプリメーラ昇格を果たしている。 先週行われた1stレグではホームのオビエドが1-0で先勝していた一戦。 1年でのプリメーラ復帰を目指すエスパニョールはブラースヴァイトとハビ・プアドの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 一方、2000-01シーズン以来のプリメーラ昇格を目指すオビエドは1stレグで決勝弾を挙げたアレモンを最前線に配す[4-2-3-1]で臨んだ。 球際の激しい立ち上がりの主導権争いを経て徐々にエスパニョールが押し込む流れで推移した一戦。 しかし互いに高い集中力を保っていたため決定機を生み出すには至らず時間が経過していく。 そんな中32分、エスパニョールは右クロスにメラメドがダイレクトで合わせる好機を演出したが、枠を捉えきれなかった。それでも44分、エスパニョールが2戦合計スコアでタイに戻す。左CKからプアドのボレーが決まった。 さらに追加タイム2分、エスパニョールが一気に逆転する。決めたのは再び主将プアド。ロングフィードをボックス左のミジャがダイレクトで落とすと、これをプアドがボレーで蹴り込んだ。 エスパニョールが逆転して迎えた後半、前がかるオビエドの攻撃を凌いで時間を進めていく。 結局、オビエドに好機を許すことなく時間を消化したエスパニョールは追加タイムのピンチを凌いでシャットアウト勝利。逆転でのプリメーラ昇格を果たしている。 エスパニョール 2-0 レアル・オビエド 【エスパニョール】 ハビ・プアド(前44) ハビ・プアド(前47) 2024.06.24 03:35 Mon
3

“チャビ後任”の目論見崩れたラファ・マルケスがバルサ退団も? スペイン2部と母国メキシコから指揮官オファー

バルセロナ・アトレティックのラファエル・マルケス監督(45)が退任する可能性も。 今季途中にトップチームのチャビ・エルナンデス監督(当時)が辞任を示唆したあたりから、後任として24-25シーズンより内部昇格する可能性が伝えられていたマルケス監督。 しかし、二転三転の末に盟友チャビがクラブを離れることとなり、その後任はハンジ・フリック氏に決定。内部昇格を期待していたとされるマルケス監督の目論見は崩れ去った。 Bチームのアトレティックを率いる契約は今季まで。スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、現在セグンダ(スペイン2部)のクラブ、そして母国メキシコのクラブから指揮官就任オファーが届いているという。 愛するバルセロナに残留、すなわち契約延長の意志を捨てているわけではないようで、24日にもクラブ側と協議。今後数回に分けて話し合いを重ねるとされ、もちろん関係性も良い。 ただ、代理人はスペイン2部・オビエド、またリーガMX(メキシコ1部)クラブと話し合いを継続。育成年代ではなくトップチームを指揮したいクライアントのために動いている格好だ。 マルケス監督自身は「何があってもまずはバルサを優先する」と取材対応で語ったが、実際のところ、どちらへ転ぶかはわからない状況だ。 2024.06.24 16:50 Mon
4

39歳カソルラが1部昇格逃したオビエドで現役続行、地元クラブに忠誠

レアル・オビエドは27日、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(39)との契約を2025年6月まで延長したことを発表した。 2023-24シーズン、セグンダ・ディビジョン(スペイン2部)で24試合に出場4アシストを記録し、プリメーラ昇格プレーオフ進出に貢献していたカソルラ。 オビエドは惜しくも決勝プレーオフでエスパニョールの前に敗れてプリメーラ昇格は果たせなかったが、12月に40歳を迎えるベテランMFは古巣アーセナルのスタッフ入りの可能性も報じられた中、新シーズンもユース時代を過ごした故郷オビエドで現役を続行する決断を下した。 なお、受け取る年俸はチームで最も低く、その一部を下部組織に寄付するとのことだ。 2024.06.28 06:30 Fri

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly