これぞアーセナルの真骨頂!芸術作品のような美しいワンタッチの連続【インクレディブル・ゴールズ】

2020.06.22 12:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はウェストハムの元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、アーセナル時代に決めたゴールだ。

アーセン・ヴェンゲル監督時代、華麗なるパスワークで相手守備陣を完全に崩すような美しい攻撃が特徴であったアーセナル。2013年10月19日に行われたプレミアリーグ第8節のノリッジ戦でのゴールがまさにその賜物であった。

18分、ボールを保持したアーセナルは、敵陣左サイドでボールを持ったMFサンティ・カソルラがウィルシャーへとパス。ウィルシャーがツータッチでカソルラにリターンすると、カソルラはダイレクトでボックス内のFWオリヴィエ・ジルーへとパスを出す。ジルーはダイレクトでウィルシャーへとフリックし、ウィルシャーもダイレクトでリターン。再びジルーがダイレクトで浮かすと、抜け出したウィルシャーがダイレクトで流し込んだ。

見事なパスワークにノリッジ守備陣は棒立ち。わずか3人の6回のタッチで簡単に相手ディフェンスを崩してしまった。まるでゲームのような連携に、アーセナルサポーターでなくとも感嘆するゴールだったのではないだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル史上最も素晴らしいゴールの1つ!”スネーク”ジョルカエフが決めた衝撃のオーバーヘッド【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表MFユーリ・ジョルカエフ氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジョルカエフが決めた衝撃のオーバーヘッド<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqOEplZGN2WCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 元フランス代表のジャン氏を父に持つジョルカエフ氏は、フランスの複数クラブで結果を残し、1996年にインテルへと移籍。移籍初年度から11ゴールを決め、1997-98年にはUEFAカップのタイトル獲得に貢献した。 その中でも衝撃的だったのが、1997年1月5日に行われたセリエA第15節のローマ戦で魅せたオーバーヘッドシュートだ。 インテル1点リードで迎えた39分、FWマウリツィオ・ガンツがボックス外からミドルシュートを放つ。これはローマGKジョルジオ・ステレキレにセーブされ、こぼれ球を相手DFファビオ・ペトルッツィがクリアする。 しかし、クリアしたボールは高々と上がり、ボックス内にいたジョルカエフの元へ。落下点に入ったジョルカエフは、大きくジャンプすると、完璧なオーバーヘッドシュートをゴール左へと叩き込んだ。 試合はその後、両チームともに1点を加え、インテルが3-1で勝利。ジョルカエフのスーパーゴールを勝利で祝った。 2020.08.10 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ロサンゼルスへようこそ!イブラヒモビッチがダービーで魅せた鮮烈な35mデビュー弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがロサンゼルス・ギャラクシー時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ズラタンが飾った鮮烈MLSデビューゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrSkVJbUkwWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 数々の欧州トップクラブで活躍したイブラヒモビッチは、2018年3月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍。2020年1月にミランへ復帰するまでの2シーズンを過ごし、公式戦58試合53ゴールという驚異的な数字を残した。 その記念すべき1つ目のゴールになったのが、2018年3月31日のMLS第5節、ロサンゼルスFCとのLAダービーで見せたゴールだ。 LAギャラクシーはLAFCに48分までに3得点を決められ、敗戦が濃厚になっていたこの試合だったが、後半にドラマが待っていた。 それぞれ61分と73分に得点し、2-3とあと1点差に迫ったLAギャラクシー。するとここから71分に途中交代で出場していたイブラヒモビッチが魅せる。 77分、味方が前線へ送ったロングボールがイブラヒモビッチの前にこぼれてくると、高くバウンドしたボールをズラタンが豪快なボレー。鋭い弾道で放たれたボールは相手GKの頭上を越え、ゴールネットに突き刺さった。 このデビューゴールだけでも十分なイブラヒモビッチだったが、91分には再び豪快な勝ち越しゴールを決め、4-3でのダービー勝利に貢献。衝撃のデビューを飾った。 2020.08.09 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

大型補強前のシティの要!エラーノが見せた漢のドンズバFK弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFのエラーノ氏がマンチェスター・シティ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆エラーノが見せた漢のドンズバFK弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzV3VTbzF6SSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジル代表として2010年ワールドカップにも出場したエラーノ氏は、2007年から2年間マンチェスター・シティに在籍。2009年の夏にチームの大型補強に押し出される形で退団したものの、移籍初年度には公式戦ふた桁得点も記録している。 エラーノ氏のシティでの初得点は2007年9月29日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦。87分に獲得したフリーキックの場面だった。 ゴール正面やや右、ゴールまで約23mの位置でFKのチャンスを獲得すると、キッカーのエラーノは右足を一閃。GKシェイ・ギブンが構えていた方のコースへと強烈なシュートを放つ。 ギブンは逆を突かれた形となり、反応が遅れると、ボールは懸命に伸ばした手のわずか先、ゴール左上隅の完璧なコースにドンピシャで突き刺さった。 試合はこのゴールも含めシティが3-1で勝利。エラーノはシチズンズの信頼を勝ち取った。 2020.08.09 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

まるで水切り!全盛期リバウドの地を這うグラウンダーミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWリバウド氏が、バルセロナ時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆全盛期リバウドの地を這うグラウンダーミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBUUpFUnM0MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> “左足の魔術師”と称され、バルセロナで見事な活躍を見せたリバウド氏。1997-98、1998-99シーズンでのリーグ連覇に貢献し、1998-99シーズンにはバロンドールにも選ばれている。 1999年4月4日に行われたラ・リーガ第28節のオビエド戦では、当時のリバウド氏の好調ぶりを象徴するような活躍を見せた。 0-0で迎えた23分、バルセロナはチャンスを迎えると、FWアンデルソン・ダ・シウバがDFを引き付け、リバウドへと落とす。 ゴールまでは30m近くあったものの、リバウドはこれをダイレクトでシュート。振り抜いた左足から放たれたシュートは、地を這うようなグラウンダーのシュートとなり、瞬く間にゴール右へと突き刺さった。 このゴールで先制したバルセロナは、一度は同点に追いつかれるものの、2本のPKをリバウドが決め、リバウドのハットトリックの活躍で3-1の勝利を飾った。 2020.08.09 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

左足で魔法をかける!レコバの驚愕50m級ロングシュート!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ウルグアイ代表MFアルバロ・レコバ氏がインテル時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆レコバの驚愕50m級ロングシュート!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWY3I2cnRGcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国のナシオナル・モンテビデオで活躍した後、1997年にインテルへと移籍したレコバ氏は、波が激しかったものの、好調時には素晴らしいプレーを見せた。 移籍初年度には中々出場機会に恵まれなかったものの、随所でその潜在能力を発揮。1998年1月25日に行われたセリエA第17節のエンポリ戦では圧巻のロングシュートを決めている。 インテルが1点ビハインドという展開の中で、レコバは70分から途中出場を果たす。死に物狂いで同点を目指す中、82分、インテルは最後尾からボールをつないでいく。 一度は相手のタックルでルーズボールとなるものの、そのこぼれ球はハーフウェイライン付近のレコバの元へと転がる。 すると、相手GKの位置を確認したレコバは助走もなく左足を一閃。相手GKが前に出ているのを見逃さずに、ゴールまで約50メートルの位置から驚愕のゴールを叩き込んだ。 その左足から予測不可能なプレーを連発したレコバ氏は“左足の独奏者”と評され、卓越したテクニックと強烈な左足のシュートで名を馳せた。 2020.08.08 20:00 Sat
twitterfacebook