現役引退・内田篤人の功績、CL日本人最長出場記録

2020.08.20 19:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
鹿島アントラーズの元日本代表DF内田篤人(32)が現役引退を決断した。23日の明治安田生命J1リーグ第12節のガンバ大阪戦がラストマッチとなり、31日にで鹿島との契約が満了。スパイクを脱ぐこととなる。

内田と言えば、鹿島とともに忘れてならないのがシャルケでの活躍だろう。“ウッシー”の愛称でも親しまれ、右サイドバックのレギュラーとして長らくプレー。元スペイン代表FWラウール・ゴンサレスや元オランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラール、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(現バイエルン)などワールドクラスの選手ともチームメイトとしてプレーした。

シャルケでは公式戦通算153試合に出場し2ゴール18アシストを記録した内田。DFBポカールのタイトルのみとなったが、最高峰の舞台であるチャンピオンズリーグ(CL)では誇るべき成績を残している。

日本人としてチャンピオンズリーグに出場したことがあるのは19名。内田は29試合の出場で日本人歴代2位の出場試合数を記録しているが、プレーイングタイムでは1位の成績を残している。

内田は29試合で2418分間プレー。1ゴール2アシストを記録した。2位はドルトムントとマンチェスター・ユナイテッドで出場したMF香川真司(レアル・サラゴサ)で2286分(33試合)となっている。

また2010-11シーズンのCL準々決勝ではインテルと対戦し、長友佑都との日本人対決も実現していた。

ヒザのケガとの戦いもあった中でのこの記録はいずれ抜かれる可能性はあるが、偉大な功績と言えるだろう。

◆チャンピオンズリーグ 日本人選手出場記録

1位:内田篤人/2418分(29試合)
シャルケ

2位:香川真司/2286分(33試合)
ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッド

3位:長友佑都/1658分(21試合)
インテル、ガラタサライ

4位:中村俊輔/1288分(17試合)
セルティック

5位:本田圭佑/809分(11試合)
CSKAモスクワ

6位:小野伸二/736分(9試合)
フェイエノールト

7位:南野拓実/517分(7試合)
ザルツブルク、リバプール

8位:稲本潤一/470分(7試合)
アーセナル、ガラタサライ

9位:伊東純也/441分(6試合)
ヘンク

10位:長谷部誠/347分(6試合)
ヴォルフスブルク

11位:岡崎慎司/336分(7試合)
レスター・シティ

12位:鈴木隆行/146分(4試合)
ヘンク

13位:奥川雅也/72分(4試合)
ザルツブルク

14位:柿谷曜一朗/57分(3試合)
バーゼル

15位:奥寺康彦/30分(2試合)
ケルン

16位:清武弘嗣/15分(1試合)

17位:宇佐美貴史/9分(1試合)
バイエルン

18位:西村拓真/2分(2試合)
CSKAモスクワ

19位:宮市亮/1分(1試合)
アーセナル
関連ニュース
thumb

週給820万円の削減、構想外のFW武藤嘉紀の放出にニューカッスルも前向き

ニューカッスルは、元日本代表FW武藤嘉紀(29)を手放すことに前向きであるようだ。イギリス『Chronicle Live』が伝えた。 2020-21シーズンはエイバルへのレンタル移籍を経験した武藤。エイバルではラ・リーガでは26試合で1ゴール2アシストと数字を残せず、チームは2部へと降格。武藤はニューカッスルに復帰していた。 プレシーズンマッチに出場するなど、現在はニューカッスルで調整する武藤だが、先日はギリシャのアリス・テッサロニキへの移籍が報じられていた。 しかし、アリスへの移籍は交渉途中で話がストップしたようだ。 また、武藤にはヴィッセル神戸への移籍が報道され、この件はニューカッスルにとっても受け入れられるものだとのこと。完全に構想外であり、サラリーを抑えられることをプラスに考えているようだ。 『Chronicle Live』によれば、武藤の週給5万4000ポンド(約823万円)が負担となっており、戦力とみなしていない選手に払うのを避けたい状況。アリスへの移籍は無くなったが、神戸に売却してサラリーを削減したいと考えているようだ。 神戸は今シーズン15ゴールを決めていた日本代表FW古橋亨梧がセルティックへと完全移籍し、新たなストライカー確保に動いている状況だ。 武藤はFC東京でキャリアをスタート。公式戦61試合で26ゴール5アシストを記録すると、2015年7月にマインツへと移籍。マインツでは公式戦72試合で23ゴール11アシストを記録し、そこでの活躍が認められ2018年8月にニューカッスルへと移籍。しかし、プレミアリーグでは結果を残せず、2020-21シーズンはエイバルへとレンタル移籍した。 なお、ニューカッスルでは公式戦28試合の出場にとどまり、2ゴールしか記録していなかった。 <span class="paragraph-title">【動画】武藤嘉紀がコパ・デル・レイで決めたゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVaHVZdlhzVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.02 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕連勝目指したシュミット&松原vs森岡の日本人対決はゴールレスドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

7月31日、ジュピラー・プロ・リーグ第2節のシャルルロワvsシント=トロイデンが行われ、0-0の引き分けに終わった。 開幕戦でヘント相手に2-1で勝利していたシント=トロイデンは、日本代表GKシュミット・ダニエルとDF松原后が2試合続けてのフル出場。シャルルロワの元日本代表MF森岡亮太もフル出場を果たした。 開幕2戦目で日本人対決が実現したカード。共に連勝を目指し試合は試合はシャルルロワが押し込む展開で進んで行く。 先にチャンスを作ったのはシャルルロワ。18分、右サイドのFKからイライマハリトラがクロス。クリアボールをデソレイユがシュートも枠を外れる。 25分には右CKからのシュートコーナー。森岡が繋いでザルリーがクロス。しかし、GKシュミット・ダニエルがパンチングで難を逃れる。 なかなか攻め手がないシント=トロイデン。前節アシストの松原も積極的に仕掛けるが、効果的なプレーは見せられない。 ゴールレスで迎えた後半もシャルルロワペース。51分には、右サイドのゴリザデが松原を振り切り突破。その流れからクネジェヴィッチが強烈シュートも、松原が顔面ブロックで防ぐ。 シャルルロワは65分に森岡がドリブルで仕掛けると、相手の股を抜いて中央を突破。相手に倒されたかと思われたが、ノーファウルの判定となる。 68分には自陣からのロングフィードに抜け出した森岡が巧みなコントロールからGKシュミット・ダニエルと一対一となると浮き球のパス。これをべディアが頭で決めるが、VARの結果、森岡がわずかにオフサイドポジションにいたためにゴールは認められなかった。 77分にはシント=トロイデンが反撃。ボックス手前左でパスを受けた松原がクロスを送るも、DFがわずかに先に触りクリア。特典とはならない。 終盤にかけてもシャルルロワが攻め立てるシーンが続いたが、結局ゴールは生まれず。0-0のゴールレスドローに終わった。 シャルルロワ 0-0 シント=トロイデン 2021.08.01 10:23 Sun
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧がセルティックデビュー! チームはリーグ戦も黒星発進《スコティッシュ・プレミアシップ》

日本代表FW古橋亨梧がセルティックデビューを遂げた。 今夏にスコットランドの名門セルティックと4年契約を結び、欧州挑戦を果たした古橋。隔離措置を経て、背番号「8」の割り当ても決まると、7月31日に敵地で行われたスコティッシュ・プレミアシップ開幕節のハーツ戦でさっそくベンチ入りした。 チャンピオンズリーグ(CL)予選2回戦敗退直後とだけあって、そこからの仕切り直しも求められたセルティック。だが、元横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が率いるチームは8分に自陣左サイドから突破を許して、先に失点してしまう。 前半のうちに追いつけず、試合を折り返したセルティックだが、54分にアンソニー・ラルストンが味方とのパス交換も絡め、バイタルエリア中央からボックス中央に仕掛けていくと、左足フィニッシュがゴール左隅に。後半の早い段階で追いつく。 セルティックはこの勢いに乗じて、79分にデビュー戦の古橋とライアン・クリスティを同時投入するが、89分に自陣右サイドで許したFKからのクロスをジョン・サウターに頭で合わせられ、再びビハインドに。その後の交代策も虚しく、1-2で敗戦した。 CL予選敗退のショックを払拭できなかったセルティックは覇権奪還を目指すリーグ戦も黒星スタートという結果に終わった。 ハーツ 2-1 セルティック 【ハーツ】 スティーブン(前8) サウター(後44) 【セルティック】 ラルストン(後9) 2021.08.01 09:55 Sun
twitterfacebook
thumb

イニエスタと同じ! セルティックFW古橋亨梧の背番号は「8」、クラブ伝統の番号を託される「驚くべき名誉」

セルティックは30日、日本代表FW古橋亨梧(26)の加入を正式に発表した。既報通り2025年6月までの4年契約となる。 また、背番号も発表され「8」を着用することが決まった。 セルティックの8番といえば、2007-08シーズンから2020-21シーズンまで14シーズン在籍した元スコットランド代表MFスコット・ブラウンが着用した番号。公式戦611試合に出場し46ゴール63アシストを記録した、クラブのレジェンドの1人だ。 キャプテンが長年愛用していた番号だけに、セルティックファンにとっても非常に思い入れのある番号であることは間違いない。 クラブにとって非常に意味のある番号を受け継ぐこととなった古橋はクラブを通じてコメント。ヴィッセル神戸でのチームメイトである元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとも同じ番号であることに触れ、自分も着けたかった番号だとクラブのインタビューで語った。 「セルティックの選手になれることを心から喜んでいます、監督やチームメイトと合流し、素晴らしいサポーターのためにプレーすることが待ち遠しいです。スコットランド、そしてセルティックへの移籍は、僕にとっては大きな意味を持ち、とても興奮しています」 「セルティックファンにとっては大きな番号であり、クラブの真のヒーローの1人であるスコット・ブラウンが長い間着用していたことは僕も知っています。彼がクラブに何を与えたかもよく知っています」 「彼はセルティックの真のレジェンドであり、スコットがこのユニフォームを長い間着用して、成功を収めていることを知るということは、僕ができる限り彼に敬意を示し、敬意を表するために最善を尽くすためのさらなるモチベーションになります」 「また、僕の元チームメイトであるアンドレス・イニエスタが着けていた番号です。彼とはとても親しく、友人と言えることを光栄に思います」 「2人の偉大な選手の番号を着けることは、多くのことを意味し、僕にとっては驚くべき名誉です。それを正しかったと思ってもらうためにも、一生懸命努力します」 「しかし、名誉なのは僕にとっては数字だけではないです。セルティックのため、素晴らしいクラブの一員になるため、ハードワークし、チームメイトと仲良くなり、サッカーを楽しみ、監督と密に協力し、そしてサポーターに僕が持っている全てを捧げることもです」 なお、今週末にも古橋はスコットランドへと入国し、チームに合流することになる。 <span class="paragraph-title">【写真】古橋亨梧も「夢が叶った」と報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CR9OGFCs9yR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CR9OGFCs9yR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CR9OGFCs9yR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">古橋亨梧/Kyogo Furuhashi(@kyogo_furuhashi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.07.31 07:52 Sat
twitterfacebook
thumb

「契約はまだ2年残っている」MF鎌田大地がフランクフルトでの新シーズンに集中

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が、自身にまつわる移籍の噂や新シーズンについて語った。ドイツ『ビルト』が伝えた。 鎌田は、フランクフルトの攻撃を牽引する選手として飛躍。2020-21シーズンはブンデスリーガで32試合に出場し5ゴール15アシストを記録し、チームを牽引した。 トップ下のポジションを務める鎌田は、2人や1人と試合によってシステムが変わる中で多くのアシストを記録。決定的な仕事に絡むパフォーマンスが高く評価されている。 その鎌田は『ビルト』のインタビューで移籍について言及。クラブと話はしていないとし、シーズンに向けて集中していると語った。 「僕はまだ監督や幹部とは話していません。でも、僕の契約はまだ2年残っています。アイントラハトでの新シーズンに向けた準備に集中しています」 アディ・ヒュッター監督の後任として今シーズンから就任したオリバー・グラスナー新監督は鎌田について「彼は素晴らしいゲームインテリジェンスとスペースに対しての感覚を持っている」と高く評価。チームの攻撃の軸として考ているようだ。 フランクフルトは昨シーズン28ゴールを記録したポルトガル代表FWアンドレ・シウバがRBライプツィヒへと完全移籍。コロンビア代表FWラファエル・ボッレを獲得したが、得点力が落ちることは明らかだ。 鎌田は自身のゴール数をもっと増やしたいとコメント。15ゴールに絡むことを目標に掲げた。 「僕は昨シーズン15スコアポイント(得点とアシストの合計)という目標を立てただけではないです。毎年達成したいと思っています」 「きっと今シーズンはアシストよりも多くのゴールがあるはずです。パスするよりも自分で打った方が良い状況はありました」 また、東京オリンピックにU-24ドイツ代表として参加しているFWラフナール・アヘについても言及。チームを助ける存在になってくれるとし、ポジション争いも問題ないと意気込んだ。 「ラフナール・アヘは日本でそのことを示したばかりです。彼はゴールに適した選手の1人です。アンドレ(・シウバ)が抜けた穴を埋めるのを手伝ってくれます」 「攻撃的な中盤はとても充実していますが、昨年も僕の契約延長後に、攻撃の選手の3人が契約しました。だから競争は新しく生まれたわけではありません」 2021.07.30 13:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly