【Jリーグ移籍情報/1月7日】柏がネルシーニョ監督の教え子三原雅俊を完全移籍で獲得!

2020.01.08 06:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。1月7日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。

【J1】
◆ベガルタ仙台
[IN]
《復帰》
GKイ・ユノ(20)←福島ユナイテッドFC

◆FC東京
《契約更新》
DF丹羽大輝(33)

◆横浜F・マリノス
[OUT]
《完全移籍》
MF堀研太(20)→ラインメール青森FC(JFL)

◆川崎フロンターレ
[IN]
《復帰》
DFタビナス・ジェファーソン(21)←FC岐阜

[OUT]
《期限付き移籍》
DFタビナス・ジェファーソン(21)

◆柏レイソル
[IN]
《完全移籍》
MF三原雅俊(31)←ヴィッセル神戸

◆清水エスパルス
《契約更新》
GK西部洋平(39)

[IN]
《復帰》
MF宮本航汰(23)←FC岐阜

◆名古屋グランパス
《契約更新》
DF太田宏介(32)
MF渡邉柊斗(22)

[OUT]
《期限付き移籍》
MF杉森考起(22)→徳島ヴォルティス

◆セレッソ大阪
《契約更新》
GK茂木秀(20)

◆ガンバ大阪
[IN]
《復帰》
DFペ・スヨン(21)←カマタマーレ讃岐
MF市丸瑞希(22)←FC岐阜
《期限付き移籍》
DFタビナス・ジェファーソン(21)←川崎フロンターレ

[OUT]
《契約満了》
DFペ・スヨン(21)

◆ヴィッセル神戸
[OUT]
《完全移籍》
MF三原雅俊(31)→柏レイソル

◆サンフレッチェ広島
[OUT]
《期限付き移籍》
DFエミル・サロモンソン(30)→アビスパ福岡

◆サガン鳥栖
《契約更新》
GK高丘陽平(23)
DF小林祐三(34)
FW豊田陽平(34)

◆大分トリニータ
[IN]
《復帰》
MF姫野宥弥(23)←ザスパクサツ群馬

[OUT]
《期限付き移籍》
MF姫野宥弥(23)→藤枝MYFC
《期限付き移籍満了》
MFティティパン(26)→BGパトゥム・ユナイテッドFC(タイ)

【J2】
◆モンテディオ山形
[IN]
《完全移籍》
MF渡邊凌磨(23)←アルビレックス新潟

[OUT]
《契約満了》
MFアルヴァロ・ロドリゲス(26)
《育成型期限付き移籍》
GK大友竜輔(19)→アスルクラロ沼津

◆東京ヴェルディ
[IN]
《期限付き移籍延長》
DFクレビーニョ(21)←フラメンゴ

[OUT]
《完全移籍》
DF李栄直(28)→FC琉球
《契約満了》
FWカン・スイル(32)
FWジャイルトン・パライバ(29)

◆ジェフユナイテッド千葉
[IN]
《復帰》
DF杉山弾斗(20)←カターレ富山

[OUT]
《期限付き移籍》
DF杉山弾斗(20)→カマタマーレ讃岐

◆ザスパクサツ群馬
[OUT]
《期限付き移籍満了》
MF後藤京介(27)→ヴァンフォーレ甲府
MF姫野宥弥(23)→大分トリニータ

◆ヴァンフォーレ甲府
[IN]
《復帰》
MF後藤京介(27)←ザスパクサツ群馬

[OUT]
《期限付き移籍》
GK岡大生(31)→カターレ富山
MF後藤京介(27)→いわてグルージャ盛岡

◆アルビレックス新潟
[IN]
《完全移籍》
FWペドロ・マンジー(31)←チェンナイ・シティ(インド)
FWファビオ(22)←オエスチFC(インド)

[OUT]
《完全移籍》
MF渡邊凌磨(23)→モンテディオ山形

◆松本山雅FC
《契約更新》
DF服部康平(28)
MF杉本太郎(23)

[OUT]
《完全移籍》
DFジョ・ジヌ(20)→大邱FC(韓国)

◆ジュビロ磐田
《契約更新》
MF針谷岳晃(21)

◆徳島ヴォルティス
《契約更新》
GK長谷川徹(31)
GK松澤香輝(27)
DF石井秀典(34)
DFジエゴ(24)
DF福岡将太(24)
MF藤田征也(32)
MF岩尾憲(31)
MF鈴木徳真(22)
FW押谷祐樹(30)
FW清武功暉(28)
FW河田篤秀(27)

[IN]
《期限付き移籍》
MF杉森考起(22)←名古屋グランパス

◆愛媛FC
《契約更新》
MF竹嶋裕二(20)

◆アビスパ福岡
《契約更新》
GKセランテス(30)
DF輪湖直樹(30)

[IN]
《期限付き移籍》
DFエミル・サロモンソン(30)←サンフレッチェ広島

◆ギラヴァンツ北九州
《契約更新》
MF内藤洋平(31)

◆FC琉球
[IN]
《完全移籍》
DF李栄直(28)←東京ヴェルディ

【J3】
◆ヴァンラーレ八戸
[IN]
《完全移籍》
FW黒石貴哉(22)←MIOびわこ滋賀(JFL)

◆ブラウブリッツ秋田
《契約更新》
DF韓浩康(26)

[OUT]
《完全移籍》
GK松本拓也(30)→FC岐阜
MF垣根拓也(28)→松江シティFC(JFL)
FW北原大奨(25)→松江シティFC(JFL)

◆いわてグルージャ盛岡
[IN]
《期限付き移籍》
MF後藤京介(27)←ヴァンフォーレ甲府
《完全移籍》
MFルーカス・モレラト(25)←ファティマ(ポルトガル)

SC相模原
[OUT]
《完全移籍》
DF加納錬(25)→アルテリーヴォ和歌山(関西1部)
《引退》
MF末吉隼也(32)

◆福島ユナイテッドFC
[OUT]
《期限付き移籍満了》
GKイ・ユノ(20)→ベガルタ仙台
《契約満了》
FW小牟田洋佑(27)

◆Y.S.C.C.横浜
[OUT]
《契約満了》
DF山内恵太(25)

◆FC岐阜
[IN]
《完全移籍》
GK松本拓也(30)←ブラウブリッツ秋田
FW町田ブライト(23)←JAPANサッカーカレッジ(北信越1部)

[OUT]
《契約満了》
GKビクトル(30)
《期限付き移籍満了》
DFタビナス・ジェファーソン(21)→川崎フロンターレ
MF宮本航汰(23)→清水エスパルス
MF市丸瑞希(22)→ガンバ大阪

◆カターレ富山
《契約更新》
MFルーカス・ダウベルマン(23)

[IN]
《期限付き移籍》
GK岡大生(31)←ヴァンフォーレ甲府

[OUT]
《期限付き移籍満了》
DF杉山弾斗(20)→ジェフユナイテッド千葉

◆藤枝MYFC
[IN]
《期限付き移籍》
MF姫野宥弥(23)←大分トリニータ

◆ガイナーレ鳥取
[OUT]
《完全移籍》
GK井上亮太(30)→松江シティFC(JFL)

◆アスルクラロ沼津
[IN]
《育成型期限付き移籍》
GK大友竜輔(19)←モンテディオ山形

◆カマタマーレ讃岐
[IN]
《内定》
DF下川太陽(17)←セレッソ大阪U-18
《期限付き移籍》
DF杉山弾斗(20)←ジェフユナイテッド千葉

[OUT]
《期限付き移籍満了》
DFペ・スヨン(21)→ガンバ大阪

関連ニュース
thumb

富山が京都共栄学園高校MFガブリエルの来季加入内定を発表 「サポーターから応援してもらえる選手になりたい」

カターレ富山は20日、京都共栄学園高校に所属するMFガブリエル・エンリケ・ナシメント・ドス・サントス(19)の来季入団内定を発表した。 ブラジル人のガブリエルは名門サントスの下部組織出身。2018年に京都共栄学園高校に短期留学すると、翌年に正式に入学し、同校のサッカー部に入部した。 富山は「ブラジルのフットサルで磨かれたテクニックと抜群のフィジカル能力を兼ね備えたプレーヤー」とガブリエルを紹介。クラブを通じて喜びの思いとともに意気込みを語っている。。 「Jリーグでプレーする夢を持って、ブラジルから来ました。その夢がカターレ富山さんのお陰で叶うことになり本当に感謝しています。留学生として日本で勉強した3年間の成長をJリーグで発揮したい」 「まずはチームの為にハードワークし、そしてゴール、アシストなどのチャンスメイクを多く狙いたい。富山のサポーターから応援してもらえる選手になりたい」 <span class="paragraph-title">【写真】京都共栄学園高校に所属するMFガブリエルがカターレ富山に来季入団内定</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">カターレ富山に京都共栄学園高校のガブリエル・エンリケ・ナシメント・ドス・サントス選手が2022シーズンより新加入することが内定いたしましたので、お知らせいたします。 <br>一緒に挑戦していきましょう‼<br><a href="https://t.co/DDgnjKpTHJ">https://t.co/DDgnjKpTHJ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AC%E5%AF%8C%E5%B1%B1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#カターレ富山</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tt?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tt</a> <a href="https://t.co/MhwQus00Qz">pic.twitter.com/MhwQus00Qz</a></p>&mdash; カターレ富山 (@katallertoyama) <a href="https://twitter.com/katallertoyama/status/1450711579880660993?ref_src=twsrc%5Etfw">October 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 16:26 Wed
twitterfacebook
thumb

7戦未勝利で昇格争いから脱落の琉球が樋口靖洋監督を解任、喜名哲裕HCが後任に

FC琉球は20日、樋口靖洋監督(60)の解任を発表した。なお、喜名哲裕ヘッドコーチ(44)が後任に就任することとなる。 樋口監督は、モンテディオ山形や大宮アルディージャ、横浜FC、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府、Y.S.C.C.横浜の監督を務め、2019シーズンから琉球を率いていた。 J2に昇格したチームを率いた樋口監督は、就任1年目は開幕4連勝を達成するなど台風の目となるが、中盤戦以降は連敗が続くなどし最終的には14位でシーズンを終えた。 2年目の2020シーズンは、開幕9試合勝利なしと不調のスタートとなったが、徐々に盛り返すも16位でフィニッシュ。3シーズン目の今シーズンは、開幕5連勝、8戦無敗と好スタートを切ったが、後半戦は全く結果を出せず、直近は7戦未勝利(1分け6敗)と結果を出せず、8位と昇格争いから一気に転落していた。 後任の喜名ヘッドコーチは、現役時代は名古屋グランパスやFC東京、大宮アルディージャ、アビスパ福岡、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本でプレー。引退後は指導者となり、2016年に琉球のトップチームコーチとU-18監督に就任。2017年からヘッドコーチを務めていた。 両者はクラブを通じてコメントしている。 ◆樋口靖洋監督 「残り8試合を残してチームを離れる事になり、チーム関係者、選手・スタッフは勿論、これまで応援して頂いたファン・サホーターの皆様に大変申し訳なく思います」 「最後までやり切れなかった事は、本当に残念であり悔しい気持ちが強く残っていますが、J1昇格の可能性がほぼ無くなった事と、直近の戦績の結果責任は監督にあり、このクラブの判断は受け入れなければいけないものだと思っています」 「FC琉球では3シーズンに渡り指揮を執らせて頂きました」 「ホップ・ステップ・ジャンプとチーム力を上げ、3年後にはJ1にチャレンジするという目標をクラブと共有し、チーム作りを行ってきました今シーズン、9月以降難しい試合が続き失速してしまいましたが、シーズンの2/3を昇格の可能性を持って戦うことが出来ました。これは選手の成長と頑張り以外の何ものでもありません」 「共に戦った選手・スタッフを誇りに思います」 「昇格という目標は叶いませんでしたが、「沖縄の青い空と海に似合う攻撃的なサッカー」を貫き、そのスタイルを積み上げ、クラブの礎となるものは築けたのではないかと思います」 「コロナ過の難しい状況にも関わらず、練習グラウンドを御提供頂いた自治体の皆様、いつも素晴らしいグラウンドを用意して頂いた、芝生管理の皆様、経済状況の厳しい中でもご支援を頂いたスポンサーの皆様、そしてスタジアムに足が運べない中でも応援を続けて頂いたファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました」 「今後のクラブの発展とFC琉球に関わる全ての皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。これからは、FC琉球のファンとして大好きな沖縄を訪れたいと思います」 ◆喜名哲裕ヘッドコーチ 「この度、FC琉球の監督に就任させていただきました喜名哲裕です。今回の監督交代はヘッドコーチとしてサポート出来なかった責任を強く感じております」 「2016年よりFC琉球トップチームに携わり多くのことを学び成長させていただいた中で恩もありますし今回、監督を引き受ける決断をいたしました」 「これまでチームが積み上げてきたものを大切にしながら、さらに前進させ攻守ともにアグレッシブに戦い、FC琉球らしい躍動感あるサッカーを展開していきたいと考えております」 「多くのサポーターの皆様に応援していただけるよう強い覚悟を持って今シーズンの残りをチーム一丸となって戦い抜きます。熱いご声援のほど宜しくお願いします」 また、倉林啓士郎会長が退団する樋口監督、新たに率いる喜名新監督へコメントしている。 「樋口監督には、FC琉球がJ3リーグからJ2リーグへ戦いの舞台を移した2019シーズンから、クラブとして新しくレベルを試された難しく不安もある時期を3シーズン共に過ごして頂きました。いつもチームやクラブに対して献身的で、目の前の勝利のためにプロフェッショナルとして挑戦を続ける樋口監督のもと、チームは「沖縄の青い空と海に似合う攻撃的なサッカー」 スタイルを築き上げ、3シーズンを戦い抜いてきました」 「特に今シーズンはコロナウィルスの影響を受けながらも、開幕から素晴らしいパフォーマンスを発揮して、J1昇格の可能性を感じさせ、ファン・サポーター・関係者に感動と喜びを与え続けてくれました。シーズン最後まで一緒に仕事をすることを楽しみにしていましたが、この数ヶ月は私達が思い描いていたような結果にはならなかったことを、とても残念に悔しく思っています』 「樋口監督のこれまでの多大なる貢献にクラブを代表して感謝を申し上げたいと思います。本当に有難うございました」 「今シーズン残り8試合は、沖縄県出身者でもある喜名ヘッドコーチが新監督となり指揮をとる事になります。沖縄初のJリーグ監督として、持ち前の柔軟な発想と思い切りの良さで、チームを勝利に導いてくれる事を期待しております。「沖縄とともに、強くなる。」チームを支えて頂いているファン・サポーター・パートナーの皆様にも、引き続きのご支援・ご声援の程、何卒よろしくお願い申し上げます」 2021.10.20 12:28 Wed
twitterfacebook
thumb

今治のDF園田拓也が現役引退…山形、愛媛、熊本でもプレー「次のステージに進もうと決断しました」

FC今治は20日、DF園田拓也(36)の現役引退を発表した。 宮崎県出身の園田は、国見中学、国見高校、中央大学を経て、2007年にモンテディオ山形へと入団し、プロキャリアをスタートさせる。 センターバックを主戦場に右サイドバックでもプレーした園田は、2012年に愛媛FCへと完全移籍。2014年にはロアッソ熊本へと完全移籍した。 今治では、2019年からプレー。JFL時代に加入し、チームのJ3参入に貢献していた。 J1通算37試合出場、J2通算237試合9得点、J3通算28試合2得点、リーグカップは8試合、天皇杯は16試合に出場した。 また、JFLでは28試合2得点を記録し、2019年のベストイレブンにも選ばれている。 園田はクラブを通じてコメントしている。 「いつも応援ありがとうございます。今シーズンをもって引退する事をご報告させていただきます」 「ここ数年は小さな怪我が続き自分自身納得するプレーが出来ない事も増え、先の事を考えた結果、現役生活に区切りをつけ次のステージに進もうと決断しました」 「モンテディオ山形から始まり、愛媛FC、ロアッソ熊本、そしてFC今治と4チームでプレーさせていただき、偉大な先輩方や頼もしい仲間達に恵まれ、幸せな現役生活を送る事が出来ました。どんな時も共に闘い背中を押してくれたファン、サポーターの皆さん、関係者の皆様、15年間ありがとうございました」 「そして、丈夫な身体に産み育ててくれた両親、一番近くで支えてくれた妻にも直接感謝を伝えたいと思います。セカンドキャリアも自分らしくコツコツ努力していきます!」 「また、今年はなかなか結果が出ず厳しい状況ではありますが、今シーズンも残り約1ヶ月半、変わらず全力でチームに貢献していきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします!」 2021.10.20 10:04 Wed
twitterfacebook
thumb

金沢、U-18所属の波本頼がトップ昇格内定 「感謝の気持ちを忘れずにプレー」

ツエーゲン金沢は17日、同クラブU-18でプレーするDF波本頼(18)のトップチーム昇格内定を発表した。 石川県出身の波本がU-15カテゴリーから金沢に籍を置く身長188cmのDF。昇格内定を受け、クラブを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語っている。 「ツエーゲン金沢U-18からトップ昇格することになった波本頼です。小さい頃からのプロサッカー選手になりたいという夢を、ジュニアユースの時からプレーしてきたツエーゲン金沢というクラブで、そのキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います」 「今この場所に立てているのはもちろん自分だけの力ではなく、家族を含め沢山の人の支えがあったからこそなので、これからも感謝の気持ちを忘れずにプレーしたいと思います。そして、ファンサポーターの皆さんに応援されるような選手になって、1日でも早く試合に出てチームの勝利に貢献出来る様に頑張ります。応援よろしくお願いします!」 2021.10.17 19:15 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMがユース2選手の来季昇格を発表 「将来F・マリノスを代表する選手に」

横浜F・マリノスは17日、同クラブユースからDF西田勇祐(18)とMF山根陸(18)の来季トップチーム昇格を発表した。 西田はジュニアユースから横浜FMの育成機関でプレー。山根はプライマリーから籍を置く。来年からのトップチーム入り決定を受け、両選手はクラブを通じてコメントした。 ◆西田勇祐 「横浜F・マリノスのファン・サポーターの皆さん、こんにちは。来季からトップチームに昇格することが決まりました西田勇祐です。小さい頃からお世話になったF・マリノスでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることをうれしく思います。そして、今までお世話になった家族、監督、スタッフの方々、学校の先生方、サッカーを通して関わったすべての人に対しての感謝を忘れず頑張りたいと思います。また、いつまでもファン・サポーターの皆さんの記憶に残るようなサッカー選手になります。1日でも早くピッチに立ちF・マリノスの勝利に貢献できるように頑張るので応援をよろしくお願いします」 ◆山根陸 「来季より、トップチーム昇格が内定しました山根陸です。幼い頃から育ててもらった横浜F・マリノスで、プロとしてのキャリアをスタートでき、非常にうれしく思うと同時に、身の引き締まる思いです。これまで僕の成長を支えサポートしていただいた家族、指導者の方々、学校の先生方、そして出会ったすべての方々へ本当に感謝しています。そして、ここからがまた新たなスタートラインだと思います。将来F・マリノスを代表する選手になって恩返しできるよう日々励んでいきます。応援よろしくお願いします」 2021.10.17 17:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly