【Jリーグ移籍情報/12月30日】タイトル請負人MF阿部浩之、来季は名古屋でプレー! 湘南が鳥栖主将のMF福田晃斗を獲得

2019.12.31 06:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。12月30日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。

【J1】
◆北海道コンサドーレ札幌
[OUT]
《期限付き移籍》
FW岩崎悠人(21)→湘南ベルマーレ

◆ベガルタ仙台
[OUT]
《完全移籍》
FW石原直樹(35)→湘南ベルマーレ

◆浦和レッズ
[IN]
《期限付き移籍満了》
MF伊藤涼太郎(21)←大分トリニータ

◆FC東京
《契約更新》
DF渡辺剛(22)
DF中村拓海(18)

◆川崎フロンターレ
[OUT]
《完全移籍》
MF阿部浩之(30)→名古屋グランパス
《期限付き移籍》
DFマギーニョ(27)→横浜FC

◆湘南ベルマーレ
[IN]
《完全移籍》
MF福田晃斗(27)←サガン鳥栖
FW石原直樹(35)←ベガルタ仙台
《期限付き移籍》
FW岩崎悠人(21)←北海道コンサドーレ札幌
《期限付き移籍満了》
DF小野田将人(23)→FC今治
[OUT]
《完全移籍》
MF菊地俊介(28)→大宮アルディージャ
DF小野田将人(23)→モンテディオ山形

◆松本山雅FC
《契約更新》
GK村山智彦(32)

清水エスパルス
《契約更新》
FW金子翔太(24)
[IN]
《完全移籍》
FW後藤優介(26)←大分トリニータ

◆ジュビロ磐田
[IN]
《完全移籍》
DF中川創(20)←柏レイソル

◆名古屋グランパス
[IN]
《完全移籍》
MF阿部浩之(30)←川崎フロンターレ

◆サンフレッチェ広島
《契約更新》
MF柴崎晃誠(35)
MF青山敏弘(33)
MF野津田岳人(25)
[OUT]
《期限付き移籍延長》
長沼洋一(22)→愛媛FC

◆サガン鳥栖
《契約更新》
MF高橋秀人(32)
MF樋口雄太(23)
[OUT]
《完全移籍》
MF福田晃斗(27)→湘南ベルマーレ

◆大分トリニータ
《契約更新》
DF鈴木義宜(27)
MF長谷川雄志(23)
[OUT]
《完全移籍》
FW後藤優介(26)→清水エスパルス
《期限付き移籍延長》
MF國分伸太郎(25)→ギラヴァンツ北九州
《期限付き移籍満了》
MF嶋田慎太郎(24)→大宮アルディージャ
MF伊藤涼太郎(21)→浦和レッズ

【J2】
◆モンテディオ山形
《契約更新》
FW大槻周平(30)
[IN]
《完全移籍》
DF小野田将人(23)←FC今治(JFL)
《育成型期限付き移籍》
DF宮本駿晃(20)←柏レイソル
[OUT]
《引退》
FW永藤歩(22)

◆水戸ホーリーホック
《契約更新》
MF外山凌(25)
[IN]
《完全移籍》
GK牲川歩見(25)←アスルクラロ沼津
《期限付き移籍》
MF前嶋洋太(22)←横浜FC
《内定》
MF松崎快(22)←東洋大学

◆栃木SC
《契約更新》
FW大島康樹(23)
[OUT]
《完全移籍》
DF久富良輔(28)→藤枝MYFC

◆大宮アルディージャ
[IN]
《完全移籍》
MF菊地俊介(28)←湘南ベルマーレ
《期限付き移籍満了》
MF嶋田慎太郎(24)←大分トリニータ

◆柏レイソル
[IN]
《完全移籍》
DF北爪健吾(27)←横浜FC
[OUT]
《完全移籍》
DF中川創(20)→ジュビロ磐田
《育成型期限付き移籍》
DF宮本駿晃(20)→モンテディオ山形

◆東京ヴェルディ
《契約更新》
DF近藤直也(36)
DF若狭大志(30)
DF平智広(29)
MF奈良輪雄太(32)
[OUT]
《契約満了》
MF内田達也(27)

◆横浜FC
[IN]
《期限付き移籍》
DFマギーニョ(27)←川崎フロンターレ
《育成型期限付き移籍満了》
MF前嶋洋太(22)←カターレ富山
[OUT]
《完全移籍》
DF北爪健吾(27)→柏レイソル
《期限付き移籍》
MF前嶋洋太(22)→水戸ホーリーホック

◆ヴァンフォーレ甲府
《契約更新》
FWドゥドゥ(29)

◆ファジアーノ岡山
《契約更新》
DF喜山康平(31)

◆愛媛FC
[IN]
《期限付き移籍延長》
MF長沼洋一(22)←サンフレッチェ広島

◆アビスパ福岡
[OUT]
《引退》
DF菊地直哉(35)

【J3】
◆ブラウブリッツ秋田
《契約更新》
MF沖野将基(23)
[IN]
《完全移籍》
DF谷奥健四郎(27)←カターレ富山
MF輪笠佑士(23)←福島ユナイテッドFC

◆福島ユナイテッドFC
[OUT]
《完全移籍》
MF輪笠佑士(23)→ブラウブリッツ秋田

◆ザスパクサツ群馬
《契約更新》
DF飯野七聖(23)
FW青木翔大(29)

◆Y.S.C.C.横浜
《契約更新》
GK佐川亮介(26)
[OUT]
《完全移籍》
MF飛田裕大(23)→福山シティFC(広島県社会人リーグ)

◆SC相模原
[OUT]
《完全移籍》
FW大石治寿(30)→藤枝MYFC
《期限付き移籍満了》
DF中川創(20)→柏レイソル

◆カターレ富山
[OUT]
《完全移籍》
DF谷奥健四郎(27)→ブラウブリッツ秋田
《育成型期限付き移籍満了》
MF前嶋洋太(22)→横浜FC

◆藤枝MYFC
《契約更新》
MF松岡亮輔(35)
MF清本拓己(26)
[IN]
《完全移籍》
DF久富良輔(28)←栃木SC
FW大石治寿(30)←SC相模原

◆アスルクラロ沼津
《契約更新》
DF藤嵜智貴(25)
DF後藤虹介(25)
FW清水(23)
[OUT]
《完全移籍》
GK牲川歩見(25)→水戸ホーリーホック

◆ガイナーレ鳥取
[OUT]
《完全移籍》
GK細田歩夢(21)→福山シティFC(広島県社会人リーグ)

◆ギラヴァンツ北九州
[IN]
《期限付き移籍延長》
MF國分伸太郎(25)←大分トリニータ

関連ニュース
thumb

横浜FMがユース2選手の来季昇格を発表 「将来F・マリノスを代表する選手に」

横浜F・マリノスは17日、同クラブユースからDF西田勇祐(18)とMF山根陸(18)の来季トップチーム昇格を発表した。 西田はジュニアユースから横浜FMの育成機関でプレー。山根はプライマリーから籍を置く。来年からのトップチーム入り決定を受け、両選手はクラブを通じてコメントした。 ◆西田勇祐 「横浜F・マリノスのファン・サポーターの皆さん、こんにちは。来季からトップチームに昇格することが決まりました西田勇祐です。小さい頃からお世話になったF・マリノスでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることをうれしく思います。そして、今までお世話になった家族、監督、スタッフの方々、学校の先生方、サッカーを通して関わったすべての人に対しての感謝を忘れず頑張りたいと思います。また、いつまでもファン・サポーターの皆さんの記憶に残るようなサッカー選手になります。1日でも早くピッチに立ちF・マリノスの勝利に貢献できるように頑張るので応援をよろしくお願いします」 ◆山根陸 「来季より、トップチーム昇格が内定しました山根陸です。幼い頃から育ててもらった横浜F・マリノスで、プロとしてのキャリアをスタートでき、非常にうれしく思うと同時に、身の引き締まる思いです。これまで僕の成長を支えサポートしていただいた家族、指導者の方々、学校の先生方、そして出会ったすべての方々へ本当に感謝しています。そして、ここからがまた新たなスタートラインだと思います。将来F・マリノスを代表する選手になって恩返しできるよう日々励んでいきます。応援よろしくお願いします」 2021.10.17 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

渡邉の2ゴールで大分が残留へ向けて一歩前進! 最下位仙台を下して降格圏内同士の戦いを制す【明治安田J1第32節】

明治安田生命J1リーグ第32節、大分トリニータvsベガルタ仙台が17日に昭和電工ドーム大分で行われ、2-0で大分が勝利を収めた。 リーグも終盤戦に差し掛かる中、残留争いを強いられている下位2チームによる一戦。残留圏である16位の徳島ヴォルティスと5ポイント差の19位の大分が、1ポイント差で迫る20位の仙台をホームに迎える。 下位争いを制して降格圏脱出のきっかけを掴みたい大分は、前節からスタメンを1名変更。右ウイングバックに増山を起用し、前節決勝弾を挙げた町田を今節もシャドーに配置した。一方、最下位からの脱出を目指す仙台は前節からスタメンを2名変更。前節センターバックに入っていた福森をサイドバックに置いて、センターバックに出場停止明けの吉野を起用。2トップの一角にフェリペ・ガルドーゾを並べた。 試合は序盤から大分ペースで進行。相手のハイプレスに苦しむ仙台は、ロングボールの選択を強いられ、なかなかペースを掴むことができない。一方、大分はそのロングボールをしっかり回収し、立ち上がりから攻勢を強める。 ただ、大分は35分の時点でボール支配率が75%を記録しながらも、アタッキングサードへ侵入することが少なく、シュート数が2本と決定的なチャンスを作れない。それでも、GK高木を含む守備陣が全体的なポジショニングの位置を高めて攻撃を押し上げていく。すると、39分には下田のクロスに伊佐が合わせ、徐々にゴールへ近づく。 しかし、ここで大分にアクシデントが発生。41分に右サイドで攻守に渡り活躍していた松本が足を痛めて座り込むと、そのまま刀根と交代して前半の内にピッチを後にした。 後半に入ると、試合は両チームが攻勢を強めて均衡状態となっていたものの、50分に大分がついに残留に向けて一歩前進する。自陣から下田が前線にロングボールを送ると、相手の最終ラインの左側を抜け出した伊佐がGKと1対1になる。左足で放ったシュートはポストに弾かれ高く上がったものの、後方から詰めてきていた渡邉が滑り込んでゴールに押し込み、先制点を挙げた。 これで勢いに乗った大分は、58分に町田がボックス内でGKヤクブ・スウォビィクに倒されてPKを獲得。これを先ほど先制点を奪った渡邉がキッカーを務めると、1度はGKヤクブ・スウォビィクに触られたものの、ゴール左へ決め切って追加点を奪った。 完全に試合の主導権を握った大分は、守備のプレスを強めて仙台の攻撃をかく乱。ロングボールに対してもGK高木が最終ラインの裏をカバーする活躍を見せ、仙台に攻撃を許さない。 その後も大分がゲームをコントロールしたまま試合をクローズ。最後まで大分の守備を崩せなかった仙台は最下位から抜け出せず。一方、ホームで重要な一戦を制した大分は順位を18位とし、16位徳島まで勝ち点差2まで追い上げた。 大分トリニータ 2-0 ベガルタ仙台 【大分】 渡邉新太(後5) 渡邉新太(後15) 2021.10.17 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋が3度目対戦の浦項に“初負け”で4強逃す…アジアの舞台からJリーグ勢全滅《ACL》

名古屋グランパスがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021準々決勝で姿を消した。 Jリーグ勢で唯一の8強入りとなる名古屋。クラブとして2009年以来となる12年ぶりのベスト4入りにも期待が高まるなか、17日に全州ワールドカップ競技場で行われた準々決勝ではセレッソ大阪とのラウンド16を制して、勝ち上がった浦項スティーラースと激突した。 浦項とグループステージに続いて3度目の対戦となる名古屋は[4-2-3-1]の布陣を敷いて、最後尾にランゲラックが入り、最終ラインに宮原、中谷、キム・ミンテ、吉田。稲垣と木本がボランチを務め、最前線に入るシュヴィルツォクの後ろにマテウス、柿谷、森下が並んだ。 グループステージで1勝1分けと勝ち越した相手と三たびの対決となる名古屋は睨み合いの展開に。相手に攻め込まれる時間をしっかりと凌ぎながら、ボールの主導権を握れば全体を押し上げ、もはやチームのストロングであるマテウスの推進力とアイデアを生かして崩しにかかっていく。 そのなかで突破口を探る状況が続いた名古屋だが、31分に左サイドハーフに入る森下が柿谷のスルーパスで裏を抜け出して、ボックス左からマイナス気味に折り返すと、今大会3得点のシュヴィルツォクが右足フィニッシュ。ようやく作り出した決定機だったが、枠の上に外してしまう。 さらに、カウンターに転じた33分にもマテウスのスルーパスで相手最終ラインの左裏を抜け出したシュヴィルツォクが相手GKとの一対一となるが、右足シュートはゴール前までカバーに戻ったカン・サンウがブロック。その流れで稲垣もこぼれ球に反応するが、ここも押し込み切れない。 後半も前半の流れを続けたい名古屋だったが、相手の圧を受ける入りとなると、右CKのチャンスを許した53分にニアサイドで合わせられ、こぼれ球に群がる展開に。名古屋守備陣がボックスの外に掻き出せずにいると、ファーサイドに流れたボールをフリーのイム・サンヨプに押し込まれた。 そこから巻き返そうと、前田と相馬を立て続けに送り込み、ギアを上げにかかる名古屋だが、70分に後方からのフィードに反応した最前線のイ・スンモが巧みにボールを収め、ボックス内から右足シュートを突き刺して、浦項が追加点。前がかったところを突かれ、さらに追い込まれてしまう。 まず1点を返そうと、最後の交代で金崎と成瀬も投入した名古屋だが、なかなかフィニッシュの形を作り出せない。すると、後半アディショナルタイム5分、先制弾のイム・サンヨプがボックス右から右足インサイドで再びネットを揺らして、浦項が名古屋の息の根を止める3点目を奪った。 浦項と今大会3度目の対戦にして、初黒星となる0-3の敗北を喫した名古屋はこれでアジアでの挑戦が終了。2009年以来のベスト4入りとはならず、Jリーグ勢も全滅した。なお、浦項は準決勝で全北現代モータースvs蔚山現代FCの勝者と激突する。 浦項スティーラース 3-0 名古屋グランパス 【浦項】 イム・サンヨプ(後8、後45+5) イ・スンモ(後25) 2021.10.17 15:56 Sun
twitterfacebook
thumb

Jリーグが「ホームタウン」制度撤廃報道を完全否定、公式声明を発表「撤廃・変更の事実は一切ない」

Jリーグは17日、「一部報道について」と題し、ホームタウンに関する声明を発表した。 17日、一部の報道機関が、Jリーグがホームタウン制度を撤廃することを検討していると報道。これが大きな話題を呼んでいた。 創設以来、地域密着を掲げて運営してきたJリーグにとっては異例の事態であり、各クラブのサポーターらが反応を示していた。 そんな中、Jリーグが村井満チェアマンの名義で声明を発表。報道を完全否定した。 「一部報道機関において、Jリーグがホームタウン制度を撤廃するとの表現を用いた報道がありました」 「JリーグではJクラブの本拠地を「ホームタウン」と呼び、Jクラブはホームタウンと定めた地域で、その地域社会と一体となったクラブづくりを行いながらサッカーの普及、振興に努めなければならないと定めています」 「このホームタウン制度について撤廃・変更の事実は一切なく、今後、Jクラブの営業、プロモーション、イベント等のマーケティング活動における活動エリアに関する考え方の方向性について議論しているものです。Jリーグが創設当初から掲げている地域密着の思想が揺らぐものでは全くありません」 2021.10.17 14:25 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FM、和田拓也の第二子誕生を公表 「これからは2人の娘の父親として、チームのために」

横浜F・マリノスは17日、DF和田拓也(31)の第二子となる女児誕生を公表した。 13日に新たな命が生まれたという和田はクラブを通じて「この度、第二子となる女の子が生まれました。立会いができない中1人で頑張ってくれた妻や、この状況下でサポートしてくださった病院の方々に本当に感謝しています。これからは2人の娘の父親として、チームのためにより頑張っていきたいと思います」とコメントした。 和田は2019年3月から横浜FMでプレー。今季はここまで公式戦16試合に出場して2得点1アシストをマークしている。 2021.10.17 10:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly