【Jリーグ移籍情報/12月30日】タイトル請負人MF阿部浩之、来季は名古屋でプレー! 湘南が鳥栖主将のMF福田晃斗を獲得

2019.12.31 06:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。12月30日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。【J1】
◆北海道コンサドーレ札幌
[OUT]
《期限付き移籍》
FW岩崎悠人(21)→湘南ベルマーレ

◆ベガルタ仙台
[OUT]
《完全移籍》
FW石原直樹(35)→湘南ベルマーレ

◆浦和レッズ
[IN]
《期限付き移籍満了》
MF伊藤涼太郎(21)←大分トリニータ

◆FC東京
《契約更新》
DF渡辺剛(22)
DF中村拓海(18)

◆川崎フロンターレ
[OUT]
《完全移籍》
MF阿部浩之(30)→名古屋グランパス
《期限付き移籍》
DFマギーニョ(27)→横浜FC

◆湘南ベルマーレ
[IN]
《完全移籍》
MF福田晃斗(27)←サガン鳥栖
FW石原直樹(35)←ベガルタ仙台
《期限付き移籍》
FW岩崎悠人(21)←北海道コンサドーレ札幌
《期限付き移籍満了》
DF小野田将人(23)→FC今治
[OUT]
《完全移籍》
MF菊地俊介(28)→大宮アルディージャ
DF小野田将人(23)→モンテディオ山形

◆松本山雅FC
《契約更新》
GK村山智彦(32)

清水エスパルス
《契約更新》
FW金子翔太(24)
[IN]
《完全移籍》
FW後藤優介(26)←大分トリニータ

◆ジュビロ磐田
[IN]
《完全移籍》
DF中川創(20)←柏レイソル

◆名古屋グランパス
[IN]
《完全移籍》
MF阿部浩之(30)←川崎フロンターレ

◆サンフレッチェ広島
《契約更新》
MF柴崎晃誠(35)
MF青山敏弘(33)
MF野津田岳人(25)
[OUT]
《期限付き移籍延長》
長沼洋一(22)→愛媛FC

◆サガン鳥栖
《契約更新》
MF高橋秀人(32)
MF樋口雄太(23)
[OUT]
《完全移籍》
MF福田晃斗(27)→湘南ベルマーレ

◆大分トリニータ
《契約更新》
DF鈴木義宜(27)
MF長谷川雄志(23)
[OUT]
《完全移籍》
FW後藤優介(26)→清水エスパルス
《期限付き移籍延長》
MF國分伸太郎(25)→ギラヴァンツ北九州
《期限付き移籍満了》
MF嶋田慎太郎(24)→大宮アルディージャ
MF伊藤涼太郎(21)→浦和レッズ

【J2】
◆モンテディオ山形
《契約更新》
FW大槻周平(30)
[IN]
《完全移籍》
DF小野田将人(23)←FC今治(JFL)
《育成型期限付き移籍》
DF宮本駿晃(20)←柏レイソル
[OUT]
《引退》
FW永藤歩(22)

◆水戸ホーリーホック
《契約更新》
MF外山凌(25)
[IN]
《完全移籍》
GK牲川歩見(25)←アスルクラロ沼津
《期限付き移籍》
MF前嶋洋太(22)←横浜FC
《内定》
MF松崎快(22)←東洋大学

◆栃木SC
《契約更新》
FW大島康樹(23)
[OUT]
《完全移籍》
DF久富良輔(28)→藤枝MYFC

◆大宮アルディージャ
[IN]
《完全移籍》
MF菊地俊介(28)←湘南ベルマーレ
《期限付き移籍満了》
MF嶋田慎太郎(24)←大分トリニータ

◆柏レイソル
[IN]
《完全移籍》
DF北爪健吾(27)←横浜FC
[OUT]
《完全移籍》
DF中川創(20)→ジュビロ磐田
《育成型期限付き移籍》
DF宮本駿晃(20)→モンテディオ山形

◆東京ヴェルディ
《契約更新》
DF近藤直也(36)
DF若狭大志(30)
DF平智広(29)
MF奈良輪雄太(32)
[OUT]
《契約満了》
MF内田達也(27)

◆横浜FC
[IN]
《期限付き移籍》
DFマギーニョ(27)←川崎フロンターレ
《育成型期限付き移籍満了》
MF前嶋洋太(22)←カターレ富山
[OUT]
《完全移籍》
DF北爪健吾(27)→柏レイソル
《期限付き移籍》
MF前嶋洋太(22)→水戸ホーリーホック

◆ヴァンフォーレ甲府
《契約更新》
FWドゥドゥ(29)

◆ファジアーノ岡山
《契約更新》
DF喜山康平(31)

◆愛媛FC
[IN]
《期限付き移籍延長》
MF長沼洋一(22)←サンフレッチェ広島

◆アビスパ福岡
[OUT]
《引退》
DF菊地直哉(35)

【J3】
◆ブラウブリッツ秋田
《契約更新》
MF沖野将基(23)
[IN]
《完全移籍》
DF谷奥健四郎(27)←カターレ富山
MF輪笠佑士(23)←福島ユナイテッドFC

◆福島ユナイテッドFC
[OUT]
《完全移籍》
MF輪笠佑士(23)→ブラウブリッツ秋田

◆ザスパクサツ群馬
《契約更新》
DF飯野七聖(23)
FW青木翔大(29)

◆Y.S.C.C.横浜
《契約更新》
GK佐川亮介(26)
[OUT]
《完全移籍》
MF飛田裕大(23)→福山シティFC(広島県社会人リーグ)

◆SC相模原
[OUT]
《完全移籍》
FW大石治寿(30)→藤枝MYFC
《期限付き移籍満了》
DF中川創(20)→柏レイソル

◆カターレ富山
[OUT]
《完全移籍》
DF谷奥健四郎(27)→ブラウブリッツ秋田
《育成型期限付き移籍満了》
MF前嶋洋太(22)→横浜FC

◆藤枝MYFC
《契約更新》
MF松岡亮輔(35)
MF清本拓己(26)
[IN]
《完全移籍》
DF久富良輔(28)←栃木SC
FW大石治寿(30)←SC相模原

◆アスルクラロ沼津
《契約更新》
DF藤嵜智貴(25)
DF後藤虹介(25)
FW清水(23)
[OUT]
《完全移籍》
GK牲川歩見(25)→水戸ホーリーホック

◆ガイナーレ鳥取
[OUT]
《完全移籍》
GK細田歩夢(21)→福山シティFC(広島県社会人リーグ)

◆ギラヴァンツ北九州
[IN]
《期限付き移籍延長》
MF國分伸太郎(25)←大分トリニータ
関連ニュース
thumb

清水、加藤拓己の全治6カ月を報告…早稲田大から来季入団の特別指定選手

清水エスパルスは2日、FW加藤拓己の負傷を報告した。 来季からの清水加入が内定して、今季からJFA・Jリーグ特別指定選手としてトップチームに登録されている加藤。7月1日に早稲田大学ア式蹴球部でのトレーニング中に左ヒザ前十字じん帯断裂のケガを負ったという。 それを受けて、7月28日に手術。全治6カ月を要する見込みだ。 2021.08.02 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

五輪の中断期間ってJリーグにどんだけ影響があったっけ!? の巻/倉井史也のJリーグ

現在、一応は五輪の中断期間なワケですよ。一部のチームだけはしっかり試合があったとしても。で、ちょっと気になりません? この五輪でチームの波が変わっちゃうんじゃないかって。 ってことで、今週は過去の五輪で中断期間のあとってそれまで首位に立って他チームはどうなっちゃったか、調べてみるよ!! 【1996年】アトランタ五輪 7/19〜8/4 Jリーグ 5/18(第15節)-中断-8/28 データなし 【2000年】シドニー五輪 9/15〜10/1 J1リーグ 8/19(2nd第11節)-中断-11/8 ・8/19時点(2ndステージ) 1. G大阪 勝点26 2. 鹿 島 勝点24 3. 柏 勝点22 ・2ndステージ最終順位 1. 鹿 島 勝点33 2. 柏 勝点32 3. 磐 田 勝点30 【2004年】アテネ五輪 8/13〜8/29 J1リーグ 6/26(1st第15節)-中断-8/14 ・6/26(1st第15節) 1. 横浜FM 勝点36 2. 磐 田 勝点34 3. 浦 和 勝点25 ・2ndステージ最終順位 1. 浦 和 勝点37 2. 市 原 勝点28 3. G大阪 勝点27 【2008年】北京五輪 8/8〜8/24 J1リーグ 7/27(第19節)-中断-8/9 ・7/27時点 1. 鹿 島 勝点35 2. 浦 和 勝点33 3. 名古屋 勝点33 ・最終順位 1. 鹿 島 勝点63 2. 川 崎 勝点60 3. 名古屋 勝点59 【2012年】ロンドン五輪 7/27〜8/12 J1リーグ 7/14(第18節)-中断-7/28 ・7/14時点 1. 広 島 勝点36 2. 仙 台 勝点36 3. 浦 和 勝点31 ・最終順位 1. 広 島 勝点64 2. 仙 台 勝点57 3. 浦 和 勝点55 【2016年】リオ五輪 8/5〜8/21 J1リーグ 8/27(2nd第10節)-中断-9/10 ・8/27時点(2ndステージ) 1. 川 崎 勝点22 2. 浦 和 勝点22 3. 鳥 栖 勝点21 ・2ndステージ最終順位 1. 浦 和 勝点41 2. 神 戸 勝点35 3. 川 崎 勝点34 ってことで、まずビックリなのは1996年のデータって本当に一部しかオフィシャルにも残ってなくて、調べられませんでした。いや、これ残さなくていいのか、Jリーグ。 でもって2004年以降は五輪期間中もしっかりJリーグやってます!! でもって、中断期間と五輪は時期合わなくなってます。でも五輪に出場する選手は自分のチームでも当然主力なんだから、五輪でさらに躍進したか、疲労が溜まりまくったかって考えると、きっと最後の順位に響いているはず。 では調べられた5年のうち、中断前と中断後で首位が変わらないのは2回、変わったのは3回。これだけでは優位性が分からないので、詳しく見ると2008年の鹿島は2007年からリーグ3連覇を達成したやたらに強いチーム。2012年の広島も、2015年までの4年で3回リーグを制覇したチーム。ちなみにすべて監督は森保一監督。 ちゅうことで、連覇できるくらい強ければ五輪の中断はまったく関係ありません。おっと、去年から飛び抜けて強い川崎も、やっぱり影響を受けないかもしれないかもしれないですね。ってどっちやねん!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.07.31 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌が幾多のチャンスを活かせず…メモリアルゲームの矢島弾でG大阪が2連勝! 13位に浮上【明治安田J1第4節】

明治安田生命J1リーグ第4節延期分、北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪が30日に札幌厚別公園競技場で行われ、0-2でG大阪が勝利を収めた。 G大阪のチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の集団感染が起きた影響により開催が延期されたこの一戦。現在、勝ち点29で10位に位置する札幌は、10日の第22節ベガルタ仙台戦からスタメンを2人替え、各選手のポジションを大幅に変更。キャプテンの宮澤がメンバー外となる中、右ウイングバックにこの日24歳の誕生日を迎えた金子、左ウイングバックにルーカス・フェルナンデスを置き、ワントップにはジェイが構える配置となった。 一方、ACFチャンピオンズリーグ(ACL)から帰還して以降、中2日や中3日と短い間隔の連戦が続くガンバ大阪は、27日に行われた前節の大分トリニータ戦からスタメンを5枚変更。レアンドロ・ペレイラをワントップに置き、ウェリントン・シウバとこの試合でJ1リーグ通算100試合目の出場となる矢島のシャドーで、ひとつ上の14位湘南ベルマーレを追いかける。 [3-4-2-1]のミラーゲームとなったこの試合は、ホームの札幌ペースで進んでいく。5分にジェイがボックス中央でシュートを放つと、6分にはまたもジェイがセンターサークルからロングシュート。さらに、13分にはクロスボールを荒野がボックス内で合わせるなど、立ち上がりから札幌がボールを握り積極的に攻撃を展開していく。 攻め込まれる中でG大阪は、22分にウェリントン・シウバがビッグチャンスを迎える。自陣内でボールを奪いドリブルでボックス内中央まで運ぶと、ゴール右下へ右足で巻いたシュートを放つ。しかし、これは札幌のGK菅野のビッグセーブに阻まれる。 序盤の攻め込まれる展開から徐々に攻撃のリズムを掴み始めたG大阪は、29分に待望の先制点が生まれる。左サイドで小野瀬からボールを受けたウェリントン・シウバが、ボックス左手前の角で相手DF2人をかわして置き去りにする。その後、ボックス内左からクロスを上げると、ゴール前で待っていた矢島がネットに突き刺して先制点。自身のメモリアルゲームを自らのゴールで飾り付けた。 サイドの崩しから先制したG大阪だったが、32分にアクシデントが起こる。この日、右ウイングバックとして出場していた高尾が、相手のファールを受け負傷。プレー続行が不可能と判断され、黒川と交代しピッチを後にした。 高尾の負傷により前半から途中出場となった黒川。しかし、この交代がG大阪に追加点をもたらす。53分、札幌陣内のセンターサークル付近から倉田が左サイドを駆け上がる黒川へパスを送る。これを受けた黒川は、ボックス左手前からゴール前へクロスを上げる。これに反応したレアンドロ・ペレイラが豪快なヘディングシュートを放つと、一度はGK菅野に弾かれたもののこれを身体ごとゴールへ押し込みG大阪が追加点を奪った。 85分の時点でボール支配率が63%の札幌。ボールを握り、チャンスを作り続け、フィニッシュまで持っていけているものの、5枚の最終ラインに加えてGK東口が立ちはだかるG大阪ゴールを割ることができずに時間が経過していく。 札幌は最後まで攻め続けるも、最後までネットを揺らすことができずに試合終了。16本のシュートを放つもゴールを奪うことができず敗戦。一方、4試合ぶりのクリーンシートとなったG大阪は2連勝を飾り、得失点差により湘南、清水エスパルスを抜き順位を13位に浮上上させた。 北海道コンサドーレ札幌 0-2 ガンバ大阪 【G大阪】 矢島慎也(前29) レアンドロ・ペレイラ(後8) 2021.07.30 20:25 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖の17歳DF中野伸哉が正式にトップ昇格、2種登録でJ1通算34試合に出場

サガン鳥栖は30日、DF中野伸哉(17)のトップチーム昇格を発表した。 7月30日付で正式にトップチームの一員となる。なお背番号は変わらず「47」をつける。 中野はU-15から鳥栖に所属しており、現在は鳥栖U-18所属ながら2種登録でJリーグの試合に出場。2020シーズンは明治安田生命J1リーグで14試合、今シーズンはここまで20試合に出場していた。 またU-15から日本代表に招集されており、2019年にはU-17ワールドカップにも出場。今年はU-24日本代表にも招集されていた。 中野は改めて正式にトップチームに昇格し喜びを語った。 「この度、トップチームに昇格することができ、大変嬉しく思います」 「常に支えてくれた両親をはじめ、お世話になってきた監督やスタッフ、サポーターの皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、これからももっともっと頑張ります!」 「ここからがスタートなので、プロとしての自覚を持ち日々の練習から全力で取り組みます。応援よろしくお願いします!」 2021.07.30 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

「日本に行きたい」ノルウェー人FWがJリーグ行きを熱望、実際にオファーも

ノルウェーのオッドに所属する元ノルウェー代表FWムシャガ・バケンガ(28)がJリーグ行きを希望しているようだ。ノルウェー『Nettavisen』が報じた。 バケンガはノルウェーのローゼンボリでキャリアをスタート。2012年1月にクラブ・ブルージュへ完全移籍すると、セルクル・ブルージュ(ベルギー)、エスビャウ(ノルウェー)、ブラウンシュヴァイク(ドイツ)、モルデ(ノルウェー)とレンタル移籍を繰り返し、2016年7月にローゼンボリへと復帰した。 その後、トロムソ、ランハイム・フォトバルとノルウェー国内でプレーし、2020年6月にオッドへと加入した。 これまでエリテセリエン(ノルウェー1部)で通算151試合54ゴール13アシストを記録しているバケンガ。U-15から世代別のノルウェー代表で常にプレーすると、2014年1月にA代表デビューしていた。 今シーズンもエリテセリエンではここまで11試合で11ゴールを記録。しかし契約は今年一杯となっており、多くのクラブからのオファーがあるという。 バケンガに対しては、サウジアラビアのアル・タイがオファーを出したとのこと。オッドはオファーを受け入れたとのことだが、バケンガ自身は日本に行きたいと考えているようだ。 「オッドが彼らからのオファーを受け入れたのは事実だ。ただ、日本からもオファーを受けた」 「日本に行きたい。それは僕が先に進みたいという僕の願いに合っている。そこに価値があることも知っている」 「覚悟を決めていたが、フィットしなければならない経験を持つトータルパッケージだ。それが今やっときた」 日本のクラブ名は明かされていないが、オッドは金銭面でサウジアラビアからのオファーを受けたとのこと。一方で、日本のクラブはバケンガのプロ意識の高さに感銘を受けたようだ。 バケンガはそのような評価をしてもらったことへの驚きを隠さず、自身も日本に行きたいという願望を改めて主張した。 「極東のクラブからこれほど多くの分析しているのを経験するのは初めてだ」 「オッドに多くを捧げた気がする。彼らが約束を守るためには、テーブルに上がったオファーを受け入れなければいけない」 「彼らはサウジアラビアからのオファーを受け入れたが、僕が望んでいたオファーがあったとしても邪魔はしないだろう。僕の願いは、日本に行きたいということだ」 エリテセリエンに絡む選手では、2020シーズンの得点王であるFWキャスパー・ユンカーが浦和レッズに加入しゴールを量産中。また、同じノルウェー人では大宮アルディージャにFWイバが在籍している。北欧の選手では、デンマークのDFアレクサンダー・ショルツが浦和に加入。過去にはスウェーデン人のFWロビン・シモヴィッチ(名古屋グランパス、大宮アルディージャ)やノルウェー人のFWトル・ホグネ・オーロイ(ジェフユナイテッド千葉)らもJリーグでプレーしていた。 2021.07.30 10:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly