アーセナルDFホールディングが昇格組ルートンへレンタルか? アルテタ監督も移籍許可、ウルブスやパレスも狙う

2023.08.30 14:20 Wed
Getty Images
プレミアリーグに初昇格したルートン・タウンがアーセナルDFロブ・ホールディング(27)を獲得する可能性があるようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。
PR
クラブ史上初のプレミアリーグ挑戦となっているルートン。開幕3試合を終え、ホームゲームが開催できないことから2試合を消化。ブライトン&ホーヴ・アルビオン、チェルシーを相手に連敗スタートとなっている。
特に守備陣は厳しさを感じており、2試合で7失点。その中で獲得に関心を持っているのがホールディングだという。

アーセナルで8シーズン目を迎えているホールディング。レギュラーポジションをなかなか奪えないキャリアになっているが、バックアッパーとして信頼は厚く、昨シーズンはクローザーとして主に起用されプレミアリーグで14試合に出場した。

アーセナルでは公式戦162試合に出場。しかし、近年はディフェンスラインの補強が進み、今季はまだ試合に出場できていない。
ミケル・アルテタ監督もホールディングの移籍を許可。スペインからの関心やウォルバーハンプトン、クリスタル・パレスも関心を寄せる中、ルートンがレンタル移籍での獲得を目指しているという。

今夏はイングランド代表MFデクラン・ライス、ドイツ代表FWカイ・ハヴァーツ、オランダ代表DFユリエン・ティンバー、スペイン代表GKダビド・ラヤを補強。一方で、人員整理も行う必要があり、ホールディングもその1人となっている。

なお、MFアルベール・サンビ・ロコンガ、DFセドリック・ソアレス、DFヌーノ・タヴァレス、FWニコラ・ペペが放出対象。また、アメリカ代表FWフォラリン・バログンもモナコ移籍が迫っている。

PR
関連ニュース

橋岡大樹がシティ相手に待望のデビュー! ファンは歓迎、現地では及第点の評価

ルートン・タウンでついにデビューを果たしたDF橋岡大樹。及第点の評価を受けている。 27日、FAカップ5回戦でルートンはホームにマンチェスター・シティを迎えた。 3連覇中のプレミアリーグ王者であり、今シーズンも優勝争いをしているシティに対し、昇格組で降格圏に沈んでいるルートンの一戦となった。 橋岡はベンチスタートとなった中、試合は力の差を見せつけられることに。開始4分にアーリング・ハーランドがゴールを奪うと、18分、40分と前半だけでハットトリックを決められてしまう。 苦しい展開となったが、ルートンも反撃。45分にジョーダン・クラークが1点を返すと、52分にもクラークがゴールを奪い、2-3と1点差に迫る。しかし、再びハーランドが覚醒。55分、58分と連続ゴールで勝負あり。圧巻の5ゴールを奪うと、最後は橋岡の目の前でマテオ・コバチッチが強烈ミドルを放ち、ゴールを奪われ、2-6で惨敗に終わった。 シント=トロイデンから今冬加入後は出番がなかった橋岡だったが、2-5となった62分から途中出場しデビューを果たした。 デビューした橋岡に対しイギリス『90min』は5点(10点満点)の評価と及第点。また、『EUROSPORT』も5点(10点満点)を与え、まずまずの評価を得ている。 <span class="paragraph-title">【動画】橋岡大樹がついにデビューし拍手で出迎え! 試合後にはハーランドとも握手</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="O3UV1-MboMg";var video_start = 443;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.28 13:05 Wed

実戦復帰グリーリッシュに苦難続く…そけい部の負傷再発

マンチェスター・シティで実戦復帰したイングランド代表MFジャック・グリーリッシュだが、負傷交代した。 シティは27日のFAカップ5回戦でルートン・タウンと対戦。アーリング・ハーランドの衝撃5発にケビン・デ・ブライネの4アシストなどで6-2と快勝した。 連覇に力強く前進したシティだが、グリーリッシュが39分にジェレミー・ドクと交代。ベンチではうなだれる姿も確認され、状態が心配されるところだ。 今季のグリーリッシュはというと、ここまで公式戦27試合に出場中だが、ケガが悩みの種に。ルートン戦はそけい部の故障から戻って初の先発だった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ジョゼップ・グアルディオラ監督はそけい部のケガを再発させた可能性を認めたようだ。 「ドクターと話をしていないが、そけい部の痛みを訴えたようだ。とても良い状態だったが、残念ながら、またケガをしてしまった」 「彼にとって、タフなシーズンになっている。しっかりと治さないといけないし、復帰したら、我々の助けになってくれるだろう」 ポジション争いでも新加入のジェレミー・ドクに押され気味のなか、再離脱濃厚なグリーリッシュ。最終盤に差しかかる今季中に10番を再び見られるか。 2024.02.28 12:35 Wed

衝撃5発のハーランド「これから、これから」 4アシストのデ・ブライネと「一緒にプレーするのは喜び」

マンチェスター・シティのゴールゲッターが大暴れだ。 シティは27日のFAカップ5回戦でルートン・タウンと対戦。ルートンでは今冬加入の日本代表DF橋岡大樹がついに公式戦デビューを果たした一戦だったが、6-2とシティ快勝で幕を下ろした。 ハーランドは1人だけで5発の圧巻パフォーマンス。シティでは通算2度目の1試合5ゴールで、2023年3月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のRBライプツィヒ戦以来だ。 イギリス『BBC』によると、23歳FWは試合後の『ITV』で「僕らはプランを立て、誰もがそれを完璧にやった。全員がうまくプレーしたよ」と大満足の様子だった。 そんなハーランドの活躍ぶりを語る上で見逃せないのはベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの4アシスト。ハーランドも共鳴し合う関係性だと述べている。 「ケビン・デ・ブライネは偉大だ。彼は自分のベストを尽くしてくれる。一緒にプレーするのは喜びさ」 「それぞれ何を求めているのかわかり合っている。彼は賢い選手だし、僕は一緒にプレーするのが好きだ」 そして、話題は自身の状態にもおよび、「ベストの状態に戻りつつある。ようやく調子が上がってきているよ」と語った。 「素晴らしい気分さ。これから、これから。エキサイティングな時間だ。アタックする準備は万端だよ」 2024.02.28 11:25 Wed

ハーランドの圧巻5ゴールもありFA杯勝利のシティ、グアルディオラ監督「誰もが本当に良かった」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、チームの大量得点を喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 27日、ルートン・タウンとのFAカップ5回戦に臨んだシティは、MFケビン・デ・ブライネやFWアーリング・ハーランドら主力を先発させると、前半からハーランドがハットトリックを達成するなど大暴れ。後半にもハーランドは止まらず2ゴールを記録すると、MFマテオ・コバチッチにもゴールが生まれ終わってみれば6-2の大勝となった。 FAカップ準々決勝進出を決めたグアルディオラ監督は試合後、5ゴールのハーランドに脱帽。デ・ブライネとのコンビネーションがチームを別次元に連れて行ってくれると称えた。 「何と言えば良いか…誰もが本当に本当に良かったと思う。選手たちは完璧なプレー、完璧な試合をしてくれた。アーリングはこの試合に燃えており、ケビンとのコンビは完璧だっただろう。相手の後方には、多くのスペースがあった。 「本当に良い試合ができたと思う。厳しい状況の中での試合だったが、我々は準々決勝進出を決めることができた」 「ハーランドとデ・ブライネが今日のようなプレーをすれば、チームが新たなレベルに到達するのは間違いない。彼らには結びつきがあるのだ。アーリングにはケビンが必要であり、ケビンもアーリングの動きを必要としている」 2024.02.28 10:25 Wed

ハーランドが5得点の大暴れ!ルートン粉砕の王者シティが準々決勝進出を決める!!橋岡の英デビュー戦はほろ苦い結果に…【FAカップ】

マンチェスター・シティは27日、FAカップ5回戦でルートン・タウンと対戦し6-2で勝利した。ルートンのDF橋岡大樹は62分からプレーしている。 4回戦でトッテナムを下したシティが、エバートンを下したルートンのホームに乗り込んだ一戦。直近のボーンマス戦をフォーデンのゴールで勝利したシティはその試合からスタメンを4人変更。GKエデルソン、フォーデン、ロドリ、ルベン・ディアスに代えてデ・ブライネやグリーリッシュ、ウォーカー、GKオルテガをスタメンで起用した。 今冬に加入した橋岡がベンチスタートとなったルートンに対し、シティは開始早々の4分に先制する。マテウス・ヌネスのスルーパスでボックス左に抜け出したデ・ブライネの折り返しをハーランドが左足で流し込んだ。 先制後はルートンの反撃を受けたシティだが、18分に追加点。GKオルテガからのロングフィードをセンターサークル内のハーランドが落とすと、これを受けたデ・ブライネが素早くスルーパスを供給。これに反応したハーランドがボックス内まで切り込むと、左足のシュートをゴールに流し込んだ。 リードを広げたシティは、30分にもボックス左手前でハーランドの落としを受けたベルナルド・シウバのクロスをボックス中央のデ・ブライネがボレーシュート。さらに相手GKの弾いたボールをハーランドがダイレクトで合わせたが、これはGKクルルの正面を突いた。 攻勢を続けるシティは40分、デ・ブライネのスルーパスでDFの裏に抜け出したハーランドがボックス内まで侵入すると、冷静に飛び出したGKを確認し浮かせたシュートをゴールネットを揺らし、ハットトリックを達成した。 その後、シティは45分にクラークの見事なゴラッソで1点を返され、前半を3-1で終えた。 迎えた後半、シティは早い時間に再び失点する。52分、バックパスを受けたGKオルテガのミスパスをボックス手前でカットされると、バークリーの浮かせたパスでボックス内に抜け出したクラークにハーフボレーを叩き込まれた。 1点差に迫られたシティだったが、すぐに反撃。すると55分、ウォーカーの絶妙なパスでボックス右に抜け出したデ・ブライネの折り返しをハーランドが難なく流し込んだ。 さらにシティは、その3分後にもベルナルド・シウバのパスをボックス中央左で受けたハーランドが鋭いシュートを放つと、GKクルルの股下を抜いたシュートがネットを揺らし、5点目を奪った。 3点を追う展開となったルートンは、62分にオグベネを下げて橋岡を投入。しかし、再びスコアを動かしたのはシティ。72分、バイタルエリア手前でパスを受けたコバチッチがボックス手前まで持ち上がりミドルシュート。これがゴール左に突き刺さった。 試合を決定づけたシティは、77分にハーランドやベルナルド・シウバら4人を交代。その後も危なげない試合運びを見せたシティが6-2で勝利。6大会連続のベスト8進出を決めた。 2024.02.28 07:08 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly