ミケル・アルテタ Mikel Arteta

ポジション 監督
国籍 スペイン
生年月日 1982年03月26日(42歳)
利き足
身長
体重
ニュース クラブ 監督データ
ニュース一覧

「とても重要なこと」開幕戦でヒザに重傷…最終節で282日ぶり復帰のティンバーが早くも来季へ意気込み「チームメイトたちとのプレーを楽しみたい」

アーセナルのオランダ代表DFユリエン・ティンバーが、復帰戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 2023年夏にアヤックスから完全移籍で加入したティンバー。左右のサイドバックでプレーが可能なユーティリティさを買われ、開幕戦では左サイドバックとして先発出場を果たした。 ミケル・アルテタ監督のサッカーにフィットするには時間がかかる選手もいる中、ティンバーは初戦から可能性を感じさせるパフォーマンス。大きな補強になったと誰もが思った中、開幕戦で負傷交代。前十字じん帯を断裂してしまい、手術を行った。 全治は8カ月とされ、今シーズン中の復帰が微妙なラインだったが、懸命にリハビリに励むと4月にリザーブチームに復帰。数試合を経験し、19日に行われたプレミアリーグ最終節のエバートン戦で、ついにピッチに戻ってきた。 開幕戦以来となるプレミアリーグの舞台。1-1の状況で攻撃面を期待されて投入されたティンバーは、積極的にゴールに迫るプレーを見せる。ファンも復帰に大いに沸いた中、チームは2-1でなんとか勝利を収めたものの、2年連続での2位に終わる悔しい結果となった。 282日ぶりに復帰したティンバーは、改めて自身の復帰戦に言及。シーズン中に間に合ったことは喜びながらも、優勝を逃したことを悔やんだ。 「何カ月ものハードワークの後で気分は良かったけど、その一方で今日はチャンピオンになれずに残念だ。受け入れるのは難しい」 「チームにエネルギーを与えたかっただけだ。まだ1-1で、勝つチャンスは十分にあったので、復帰できて本当に嬉しいと感じた」 「とても重要なことだった。何分もプレーしないと、また違った感覚になると思う。最初の試合でケガをし、その後今日何が起きたのか。チャンピオンになれなかったけど、出場時間を得ることができ、その状態で夏を迎えられるのは素晴らしいことだ。僕にとっては重要だけど、それは僕の感覚に過ぎない」 プレーこそできなかったが、チームには馴染めたというティンバー。気持ちはすでに来シーズンへと向いている。 「充実した数カ月だったと思う。もちろん、ケガをしていたので大変だったけど、チームのそばにいて、チームメイトのことを知ることができたのは嬉しかった」 「毎週末、彼らのプレーを見るだけで、ただただ楽しみだった。それはみんなにとっても、僕にとっても同じだった。全てを間近で見られるだけでも特権だったし、とても楽しかった」 「僕は健康でありたいし、上手くなりたい。そして、自分の全てを捧げ、チームメイトたちとのプレーを楽しみたいと思っている」 アーセナルのサイドバックはDFベン・ホワイト、DF冨安健洋、そしてMFオレクサンドル・ジンチェンコ、DFヤクブ・キビウォルが務め、ティンバーも復帰となれば盤石。ポジション争いを含め、来季はチームの力になることが期待されている。 2024.05.21 12:40 Tue

「複雑な感情」今年は16勝1分け1敗の圧巻の成績も2年連続2位のアーセナル、アルテタ監督は来季に決意「もっと野心的なる」

惜しくも20年ぶりの優勝を果たせなかったアーセナルのミケル・アルテタ監督が、シーズンを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 19日、プレミアリーグ最終節が行われ、アーセナルはエバートンをホームに迎えた。 優勝を争うマンチェスター・シティが未消化試合で勝利したことで最終節前に首位の座を明け渡したアーセナル。まずは勝利し、良い報告を待ちたいところだった。 試合はブロックを作るエバートンの前になかなかゴールを奪えないでいると、40分にボックス手前のFKをイドリサ・ゲイエが直接狙うと、デクラン・ライスに当たってゴールへ。アーセナルは失点する。 嫌なムードが漂う中、払拭したのはこの試合も左サイドバックで先発した日本代表DF冨安健洋。43分、ボックス右からのマルティン・ウーデゴールのグラウンダーのクロスをダイレクトで蹴り込み、同点ゴールを記録する。 前半をタイスコアで終えたアーセナル。しかし、後半も攻め込んでいたもののエバートンの前に苦戦。それでも89分にカイ・ハヴァーツが値千金の逆転ゴール。2-1で勝利を収めたが、シティがウェストハムに勝利したため、2年連続2位に終わった。 試合後、アルテタ監督は4連覇を果たしたシティを祝福した。 「まず第一に、マンチェスター・シティのプレミアリーグ優勝を祝福したい。彼らが成し遂げたことは信じられない」 わずか勝ち点2及ばなかったアーセナル。昨シーズンよりは近づいた優勝だったなか、チームは2024年に入ってからのプレミアリーグで驚異的な結果を残し、16勝1分け1敗の圧巻の成績を残すこととなった。 引き分けたシティ戦、ホームで完敗に終わったアストン・ビラ戦のどちらかで勝ち点を取れていればという結果だったが、この戦いぶりをアルテタ監督は称えたものの、やはり優勝できない悔しさが残るとした。 「12月以降、我々は信じられないほどの旅を続け、どのパフォーマンスもこれまで見た中で最高レベルにあった。それでもまだ十分ではない。それがこのレベルだ」 「今日は複雑な感情だ。まず第一に、信じられないような仕事をしてくれた選手たち、スタッフを本当に誇りに思う。彼らはこのプレミアリーグで優勝するために、我々が見つけられるあらゆる限界、あらゆるマージンを押し上げてきた」 「そして残念なことに、それは少しだけ足りなかった。望んでいたビッグタイトルを届けることはできなかったが、必死の思いが伝わってきた」 2年連続での優勝争いも、シティに及ばなかったアーセナル。アルテタ監督は、さらに引き上げる必要があるとし、次のステップに向かうと意気込んだ。 「それが唯一の方法だ。だからこそ今、我々はそこに座っていて、彼らは奪っていった」 「2年目だからやるしかない。もっと決意を固め、もっと野心的にならなければならない。たくさんの勇気を持ち、あらゆる限界や我々が持っている全てを押し広げなければならない。それが次のステップだ」 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋が圧巻の股抜きシュートで今季2点目を記録!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="cMqc4JlhDus";var video_start = 7;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 09:50 Mon

逆転優勝に必勝のアーセナル、アルテタ監督も気合十分 「やるべきことに集中するだけ」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が逆転優勝を見据えている。クラブ公式サイトが伝えた。 19日、プレミアリーグが最終節を迎える中、首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を「2」としている2位アーセナル。逆転優勝に向けては、ホームに迎えるエバートン相手の勝利が絶対条件となる。 最終決戦の前日会見に臨んだアルテタ監督は、2003-04シーズン以来20年ぶりとなるリーグ制覇に向け気合い十分。直近5試合負けなしのエバートンを警戒しながらも、自分たちの勝利、さらにはシティと対戦するウェストハムの勝利を期待した。 「多くの人にとって最も大事な週の1つだ。最も重要な瞬間でもある。本当に興奮しているし、目の前の日曜日が待ちきれない。そして私は、起こり得る結果について非常に楽観的だ」 「我々はプレミアリーグを戦うシーズンの最終節を迎えている。プレミアリーグのトロフィーがエミレーツ・スタジアムにやってきたことはなく、スタジアムが建ったのはほぼ20年前のことだ。とてもとても長い年月が経っている」 「だからこそ我々は大いに楽観的になる必要がある。自分たちの義務を果たさなければならないし、その後、何が起こるか見守る必要がある」 「我々は自分たちの仕事をしなければならないが、エバートンは本当に良い時期にあるからタフなミッションになるだろう。我々の方が優れていて、試合に勝てるということをもう一度証明しなければならない。それから最高の結果を祈る。ウェストハムが良い1日を過ごし、我々の夢の実現を助けてくれるよう祈るんだ」 また、同時刻開催のシティのスコアを逐一知りたいかどうか問われたアルテタ監督。どうなっているかは雰囲気でわかると述べ、自分たちのやるべきことに集中すると強調した。 「(観客が)6万人くらいかな?(笑) それにスタッフ、アシスタントコーチ、その家族が携帯電話の向こう側にいる。だからそれで十分だと思う」 「雰囲気も違うだろう。私自身も選手として何度か経験したが、やるべきことに集中するだけでいい。何が起こっているのかは何かしらのリアクションで理解できるが、我々がしなければならないことに集中する」 「我々が話し合った唯一のことは、この日曜日をまだ夢が続いているような美しい1日にするため、チャンスを得たいということだ」 「現場に着いたら、ただその瞬間を生き、毎週と同じようにプレーし、夢を実現するために勝たなければならないことを理解する必要がある。そして、ウェストハムがその夢の実現を手伝ってくれることを再び期待しなければならない」 2024.05.19 19:16 Sun

アーセナルの共同オーナーからグーナーへメッセージ「今日、最後のホイッスルが鳴るまでに何が起きても…」

アーセナルの共同オーナー、ジョシュ・クロエンケ氏がクラブ公式サイトを通じてサポーターへメッセージを送った。 全世界が注目する2023-24シーズン・プレミアリーグの優勝争い。三つ巴の構図からリバプールが脱落したなか、最終節1試合を残して可能性を残すは、勝ち点2差の首位マンチェスター・シティと2位アーセナルだ。 冨安健洋所属のアーセナルとしては、決して大きくない可能性に懸けてまずは勝利、といったところだが、シティをも凌ぐ今季の素晴らしい戦いぶりはタイトルの有無だけでは語れない。 共同オーナーのクロエンケ氏は19日、「今日、最後のホイッスルが鳴り響くまでに何が起きても、今季は私たちの記憶に深く刻まれていく」と銘打つ自身名義の声明を出した。 「シーズン最終日にプレミアリーグのタイトルを懸けて争えるこの状況こそ、クラブ全員のハードワーク、意欲、決意の証と言えるでしょう。CL準々決勝は14年ぶり。この事実も同じくです」 「そうは言っても、最大の喜びは私たち全員の間に感じられた“つながり”でしょうか。選手たちに与えられた声援が成果に大きな役割を担いました。ミケル・アルテタ(監督)たちが全ての人に心から感謝していると私は知っています」 「これまでの進歩を誇りに思っているのは間違いないですが、このクラブでは誰も立ち止まりません。今日、何がどのように作用しても、私たちは皆、再び前進するために、エキサイティングな新しいストーリーを書くことに集中していきます」 アーセナルは20年ぶりの栄冠を目指し、日本時間19日24:00からエバートンとホームで対戦する。 2024.05.19 19:05 Sun

アーセナル在籍8年のエルネニーが今季限りでの退団を発表「とても寂しい」

アーセナルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー(31)が、今季限りで退団することを発表した。 エルネニーは2016年1月にバーゼルからアーセナルに加入。中盤のバックアッパーとしても重要な役割を担っていた中、徐々に出番を失い、2019年9月にはベシクタシュにレンタル移籍したが、翌年に復帰するとここまで在籍8年間で公式戦161試合に出場し、6ゴール10アシストを記録していた。 ミケル・アルテタ監督の下では、手薄となったボランチを支える活躍を見せたが、昨年1月に右ヒザの手術を受け、長期離脱を強いられて以降はほとんどプレーできておらず、今季もここまで公式戦6試合の出場でプレー時間は95分間にとどまっていた。 退団を決断したエルネニーは、自身の公式SNSでメッセージ動画を投稿。そのなかで今季限りでの退団することを明かし、ファンへ以下のように感謝を語った。 「グナーズの皆さんへ。僕は今日、君たちにメッセージを送り、皆さんの愛、サポート、優しさに対して別れを告げるためにここに来た。君達と離れるのはとても寂しいよ。どれだけ愛しているか、どれだけ大切な存在か、そして僕を支えてくれたことを決して忘れないと伝えたい。日曜日にエミレーツ・スタジアムで、直接会ってお別れを言うよ。また会おう、グナーズ」 2024.05.18 07:00 Sat

「本当に幸せ」2007年以来のユナイテッド相手にダブル、クラブ新の27勝目のアルテタ監督は最終節へ意気込み「優勝のチャンスを掴む」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 12日、プレミアリーグ第37節でアーセナルはアウェイでユナイテッドと対戦した。 マンチェスター・シティとの優勝争い中のアーセナル。昨シーズンは失速したが、今シーズンは最後までその可能性を残している状況だ。 先に試合を終えているシティが首位に。アーセナルは消化が多いため、ここで勝って首位を奪い返し、シティにプレッシャーを掛けたいところだ。 試合は立ち上がりからアーセナルが圧力をかけるもゴールが遠く。ユナイテッドはロングボールやカウンターで応戦する形に。すると20分、押し込んでいたアーセナルはカイ・ハヴァーツのアシストからレアンドロ・トロサールが決めて先制する。 先制したものの、アウェイでの戦いは簡単ではない。ユナイテッドが攻勢に出るも、アーセナルは堅守で応戦。両サイドを使った攻撃をベン・ホワイト、冨安健洋がしっかりと封じ、最後まで粘った守備でクリーンシート達成。0-1で勝利し、2007年以来となるユナイテッドにシーズンダブルを達成するとともに、クラブ新記録となるプレミアリーグ27勝目を達成した。 試合後、アウェイでの勝利を収めたアルテタ監督は喜びを露わにした。 「本当に幸せだ。明らかに全て危険に晒されていた。1月以来、ミスが許される余地はなかった。どんな状況であっても、我々は勝ち続けなければならない。そして今日、我々は本当に特別な場所でプレーしなければならなかった」 「我々の歴史は、何が起こるかについてあまり楽観的ではなかったが、勝つ方法を見つけた。それは、チームがどれほど望んでいたかを物語っている」 ただ、先制したあとにはチームが苦しんだと振り返り、いつ追いつかれてもおかしくない状況には緊張感もあったという。 「(緊張感はあったか?)もちろんだ。最後には、引き分けた場合、その後にどんな結果をもたらすのか分かるからだ。その場で本当に望んでいるものがある時、試合前のチームは非常に良い状態にあると感じていた」 「試合の入りは良く、ゴールも決めた。しかし、あのゴールは、特に両ポゼッションでの任務ややらなければいけないことを考えると、何かに触れたと思う」 「そして、あまりにも安全にプレーをし始めた。どんな構造かを尊重せず、自分たちの目的を知っているのにも関わらずだ。それはあまり好きではなかった私はそれを変えなければならないし、変えようと思った時には苦労した」 「しかし、より優位に立ち、ゲームに存在感を示すという要素がなければ、並外れた競争力と守備力を発揮しなければならない。そして、結局のところ、我々は優秀だったということだ」 粘りの守備でなんとか勝利を持ち帰ったアーセナル。しかし、首位に立っているものの、あくまでも暫定。自力優勝の可能性は実はない。 2位で追いかけるシティは14日に未消化のトッテナム戦を控えており、その結果を持って最終節を迎える。 トッテナムとシティの戦いについてアルテタ監督はなんでも起こるとコメント。とにかく最終節でもやるべきことをやり、勝利して結果を待つだけだとした。 「過去20年間のこのリーグでの経験では、どのチームもどのチームに勝つことができるということ。そして、私は最終日に様々なシナリオを経験してきた。多くのチームの誰もが試合にかける誠実さと敬意は驚異的だった」 「結果が必要であることはわかっているし、最終節でも自分たちのやるべきことをやる必要があるが、今日は本当にそのドアをたたき、夢の箱を開け、シーズン最後の日をサポーターの前で終えたいと思っている」 「プレミアリーグ優勝のチャンスを掴む。それは我々が一緒にやろうとしていることだ。この選手たち、スタッフたちと一緒にいられることも、とても嬉しく思っている」 <span class="paragraph-title">【動画】白熱のビッグマッチ!ユナイテッドvsアーセナル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yGLNLsE4jP0";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.13 10:23 Mon

冨安健洋はユナイテッド戦を欠場か? サカと共にトレーニング不在…アルテタ監督「疑問がある」

20年ぶりのプレミアリーグ優勝に向けて戦っているアーセナル。週末にはマンチェスター・ユナイテッドとの大一番が控えている中、2人の主軸の出場に疑問符がついている。 アーセナルは残り2試合となった中、勝ち点83で首位。2位には勝ち点85でマンチェスター・シティが後を追いかけているが、残り3試合という状況。自力で優勝の可能性があるのは実はシティという構図だ。 そのアーセナルは12日に予定されているプレミアリーグ第37節でアウェイでユナイテッドと対戦するが、2名の出場が疑わしいようだ。 その2人とは、日本代表DF冨安健洋とイングランド代表FWブカヨ・サカ。2人は10日のトレーニングにいなかったという。 試合に向けた記者会見でミケル・アルテタ監督は冨安とサカについて質問を受けると、状態について言及した。 「明日になれば解決できるような疑問がいくつかある。というのも、まだトレーニングがあるからだ。出した名前の選手には疑問がある」 冨安は左サイドバックとして公式戦4試合連続先発中。チェルシーやトッテナムといった大一番でも安定したパフォーマンスを見せていた。 サカもこれまでプレミアリーグ34試合に出場し16ゴール9アシストを記録と、チームの優勝争いを牽引していた。 2024.05.10 22:58 Fri

「ただ、タイトルが欲しい」冨安健洋が持つプレミア優勝への思い、安定感抜群の最終ラインへ「僕もその一員になりたい」

アーセナルの日本代表DF冨安健洋が、プレミアリーグ優勝に向けて意気込みを語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 2021年夏にアーセナルに加わった冨安。ミケル・アルテタ監督の下ですぐに信頼を勝ち得ることに。1年目は右サイドバックのレギュラーとしてプレーしていたが、シーズン終盤に負傷離脱。2年目は左サイドバックの控えがメインとなっていた中、またしてもシーズン中に離脱するなど、安定したパフォーマンスの一方でケガにも苦しむこととなった。 2年目も優勝争いをしていたが、シーズン終盤に冨安を含めてケガ人が相次ぎ失速。2位に終わった中、3年目の今シーズンは最後まで優勝を争っている状況だ。 今シーズンの冨安は左サイドバックでプレーすることに。シーズン当初はケガの影響で出遅れたが、徐々に出場時間を増やしポジションを確保。しかし、その矢先にまたしても負傷離脱。アジアカップ前に長期間不在となったが、アジアカップで復帰。しかし、そのアジアカップでも負傷してしまい、復帰が遅れた。 シーズン最終盤でやっと復帰した冨安は、直近の公式戦4試合連続で先発出場。チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン、リーグ戦のチェルシー、トッテナムとビッグマッチでも安定したプレーを見せている。 今季は残り2試合となったアーセナル。週末にはマンチェスター・ユナイテッドとの大一番が控えており、優勝のためには残り2連勝が必須。冨安は、最近の安定ぶりについてブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイス、フランス代表DFウィリアム・サリバ、元イングランド代表DFベン・ホワイトと最終ラインを共に形成する3名のプレーぶりが影響しているとした。 「2人のセンターバック、ガビとサリバはとても安定しています。そしてベンも同様です」 「彼らのおかげで、僕たちは何度もクリーンシートを達成できました。僕はその一員になりたいです。オールド・トラッフォードでも無失点を目指して頑張ります」 アウェイでの大事な試合。簡単なゲームになることはいつもないが、タイトルのためには勝利が必要。冨安は、なんとしてもプレミアリーグのタイトルを獲得したいと意気込んだ。 「勝ち点3を奪うのは難しい場所なので、簡単な試合ではないのは明らかです。でも、僕たちは自信を持っていますし、勝ち点3を獲得するつもりです」 「もしタイトルを獲得できれば、僕たちは幸せになるでしょう。他には何も入りません。ただ、タイトルが欲しいだけです」 「僕にとって、このタイトルレースに関わる機会はあまりなかったので、今回参加できるのがとても嬉しいです。目の前にチャンスがあるならば、それを掴みに行かなければなりません」 また、今シーズンも続いてしまった負傷離脱についても言及。アジアカップ後の負傷は、自身にとっても痛いものだったとした。 「アジアカップで負けた後はプレーしたかったので、(ケガは)僕にとって大変でした。アジアカップで負けた日本代表の選手たちはプレーしていましたし、僕もすぐにプレーしたかったです」 「でも、そういうこともあります。今はプレーできる状態なので、今がシーズンで最も重要な時期です」 「ピッチ上で満足していますし、チームに貢献できることを願っています。チームのために全力を尽くし、この瞬間を楽しむだけです」 残り2節で20年ぶりの優勝を掴めるか。ユナイテッド戦は、12日の24時30分にキックオフを迎える。 2024.05.10 11:30 Fri

プレミア最優秀監督の最終候補5名が発表! ペップ、クロップ時代にアルテタが割り込むか?

プレミアリーグは9日、2023-24シーズンの最優秀監督賞であるマネージャー・オブ・ザ・シーズンのノミネート監督5名を発表した。 シーズンも残すところあとわずか。2022-23シーズンに続いてアーセナルとマンチェスター・シティが優勝を争っている状況だ。 4連覇を目指すシティと20年ぶりの優勝を目指すアーセナル。両クラブを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督、ミケル・アルテタ監督がノミネートされている。 また、3位のリバプールを指揮し今季限りでの退任が決まっているユルゲン・クロップ監督、4位のアストン・ビラを指揮するウナイ・エメリ監督、そして3月の月間最優秀監督賞も受賞したボーンマスのアンドニ・イラオラ監督がノミネートされている。 ファン投票は5月13日まで、プレミアリーグの公式サイトから投票が可能。サッカー専門家委員会の投票と合わせて勝者が決定され、5月18日に受賞者が発表される。 ◆最優秀監督候補5名 ミケル・アルテタ監督(アーセナル) 今季成績:36試合26勝5分け5敗/+60 ウナイ・エメリ監督(アストン・ビラ) 今季成績:36試合20勝7分け9敗/+20 ジョゼップ・グアルディオラ監督(マンチェスター・シティ) 今季成績:35試合25勝7分け3敗/+54 ※4回受賞 アンドニ・イラオラ監督(ボーンマス) 今季成績:36試合13勝9分け14敗/-11 ユルゲン・クロップ監督(リバプール) 今季成績:36試合23勝9分け4敗/+43 ※2回受賞 2024.05.09 23:55 Thu

アーセナルがイタリア代表MFジョルジーニョと契約延長! 残留希望が叶う「チームに残れて本当に嬉しい」

アーセナルは9日、イタリア代表MFジョルジーニョ(32)との契約延長を発表した。なお短期契約に合意したという。 ジョルジーニョは、エラス・ヴェローナ、サンボニファチェーゼ、ナポリ、チェルシーでプレー。ブラジルにルーツを持ちながらイタリア代表としてプレーした。 マウリツィオ・サッリ監督の下で花開き、ナポリとチェルシーでゲームメーカーとして躍動。それでも大型補強を敢行したクラブで余剰戦力となり、2023年1月にアーセナルに加入した。 アーセナルでは移籍直後には出番を得るも、完全にレギュラーポジションを掴んでいるわけではなく、今シーズンも控えがメインに。それでも重要な局面での仕事ぶりはチームの支えになっており、優勝争いに貢献している。 様々な移籍の憶測が出ている一方で、ミケル・アルテタ監督は高く評価し頼りにしていることを示してきていたが、クラブに留まることを決断してくれることとなった。 なお、アーセナルでは公式戦51試合に出場し1ゴール3アシストを記録している。 ジョルジーニョはクラブを通じてコメントしている。 「このファミリーの一員になれるのは光栄なことなので、ここに残れて本当に嬉しい。僕の家族は幸せだ。僕たちは本当によく落ち着いている。そしてこれからさらに多くのことが起こるだろう!」 また、アルテタ監督、そしてエドゥSD(スポーツ・ディレクター)からの信頼により、契約にサインすることは簡単だったという。 「正直に言うと、話すことはあまりなかった」 「ここでは本当に気分が良いからだよ。彼らが僕に感謝し、僕にもっと長く滞在してほしいと思っていることを知ることは、僕にとって大きなことだった。もっとやるべきことがあると感じているし、それが僕がここに留まる理由だ」 さらに、ライバルであるチェルシーから加入した自分を、アーセナルサポーターが歓迎してくれたことも大きかったと語った。 「それは多くのことを意味する。そして、それが契約に署名するもう一つの理由だ。なぜなら、彼らは僕に多くの愛情とサポートを与えてくれているから、僕は彼らにもっと与えることができる。そしてそうしたいと思っている。僕が望むのはそれを返してもらうことだけだ」 「僕は自分のできるすべてを周りの人たちに捧げるように努めている。それは時には抱擁であったり、時には言葉であったり、時には何かを示したりすることもある。僕はどんな状況でもできる限り助けようとしているだけだ。ここにいる誰もが僕を信頼できていると感じている。僕はいつでも彼らのためにそこにいる」 2024.05.09 22:54 Thu
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2016年7月1日 アーセナル 引退 -
2011年8月31日 エバートン アーセナル 完全移籍
2005年7月1日 レアル・ソシエダ エバートン 完全移籍
2005年5月16日 エバートン レアル・ソシエダ レンタル移籍終了
2005年1月31日 レアル・ソシエダ エバートン レンタル移籍
2004年7月9日 レンジャーズ レアル・ソシエダ 完全移籍
2002年7月1日 バルセロナ レンジャーズ 完全移籍
2002年6月30日 PSG バルセロナ レンタル移籍終了
2001年1月25日 バルセロナ PSG レンタル移籍
2000年7月1日 Barcelona B バルセロナ 完全移籍
1999年7月1日 Barcelona C Barcelona B 完全移籍
1999年1月1日 バルセロナU19 Barcelona C 完全移籍
1997年7月1日 バルセロナU19 完全移籍
監督履歴
就任日 退任日 チーム 種類
2019年12月22日 アーセナル 監督
2016年7月1日 2019年12月20日 マンチェスター・C コーチ
今季の成績
プレミアリーグ 38 28 5 5 0 0
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 4 1 1 2 0 0
UEFAチャンピオンズリーグ グループB 6 4 1 1 0 0
EFLカップ(カラバオカップ) 2 1 0 1 0 0
FAカップ 1 0 0 1 0 0
コミュニティ・シールド 1 0 1 0 0 0
合計 52 34 8 10 0 0
出場試合
プレミアリーグ
第1節 2023-08-12 vs ノッティンガム・フォレスト
2 - 1
第2節 2023-08-21 vs クリスタル・パレス
0 - 1
第3節 2023-08-26 vs フルアム
2 - 2
第4節 2023-09-03 vs マンチェスター・ユナイテッド
3 - 1
第5節 2023-09-17 vs エバートン
0 - 1
第6節 2023-09-24 vs トッテナム
2 - 2
第7節 2023-09-30 vs ボーンマス
0 - 4
第8節 2023-10-08 vs マンチェスター・シティ
1 - 0
第9節 2023-10-21 vs チェルシー
2 - 2
第10節 2023-10-28 vs シェフィールド・ユナイテッド
5 - 0
第11節 2023-11-04 vs ニューカッスル
1 - 0
第12節 2023-11-11 vs バーンリー
3 - 1
第13節 2023-11-25 vs ブレントフォード
0 - 1
第14節 2023-12-02 vs ウォルバーハンプトン
2 - 1
第15節 2023-12-05 vs ルートン・タウン
3 - 4
第16節 2023-12-09 vs アストン・ビラ
1 - 0
第17節 2023-12-17 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン
2 - 0
第18節 2023-12-23 vs リバプール
1 - 1
第19節 2023-12-28 vs ウェストハム
0 - 2
第20節 2023-12-31 vs フルアム
2 - 1
第21節 2024-01-20 vs クリスタル・パレス
5 - 0
第22節 2024-01-30 vs ノッティンガム・フォレスト
1 - 2
第23節 2024-02-04 vs リバプール
3 - 1
第24節 2024-02-11 vs ウェストハム
0 - 6
第25節 2024-02-17 vs バーンリー
0 - 5
第26節 2024-02-24 vs ニューカッスル
4 - 1
第27節 2024-03-04 vs シェフィールド・ユナイテッド
0 - 6
第28節 2024-03-09 vs ブレントフォード
2 - 1
第30節 2024-03-31 vs マンチェスター・シティ
0 - 0
第31節 2024-04-03 vs ルートン・タウン
2 - 0
第32節 2024-04-06 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン
0 - 3
第33節 2024-04-14 vs アストン・ビラ
0 - 2
第34節 2024-04-20 vs ウォルバーハンプトン
0 - 2
第29節 2024-04-23 vs チェルシー
5 - 0
第35節 2024-04-28 vs トッテナム
2 - 3
第36節 2024-05-04 vs ボーンマス
3 - 0
第37節 2024-05-12 vs マンチェスター・ユナイテッド
0 - 1
第38節 2024-05-19 vs エバートン
2 - 1
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024-02-21 vs ポルト
1 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024-03-12 vs ポルト
1 - 0
準々決勝1stレグ 2024-04-09 vs バイエルン
2 - 2
準々決勝2ndレグ 2024-04-17 vs バイエルン
1 - 0
UEFAチャンピオンズリーグ グループB
第1節 2023-09-20 vs PSV
4 - 0
第2節 2023-10-03 vs RCランス
2 - 1
第3節 2023-10-24 vs セビージャ
1 - 2
第4節 2023-11-08 vs セビージャ
2 - 0
第5節 2023-11-29 vs RCランス
6 - 0
第6節 2023-12-12 vs PSV
1 - 1
EFLカップ(カラバオカップ)
3回戦 2023-09-27 vs ブレントフォード
0 - 1
4回戦 2023-11-01 vs ウェストハム
3 - 1
FAカップ
3回戦 2024-01-07 vs リバプール
0 - 2
コミュニティ・シールド
2023-08-06 vs マンチェスター・シティ
1 - 1