ニースがスコット・パーカー招へいを画策? ポチェッティーノ招へい困難で代替案に

2022.09.22 23:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニースがスコット・パーカー氏(41)の新監督招へいに動いているようだ。

今夏、クリストフ・ガルティエ監督がパリ・サンジェルマン(PSG)に引き抜かれたニースは、過去に実績を残したルシアン・ファブレ監督を後任として招へい。

今夏の移籍市場では、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルやコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺ、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーといった実力者を獲得するなど積極補強を敢行した。
ただ、一部ではその補強はスイス人指揮官が求めたものではなく、クラブ主導で行われ、多くの取引が移籍市場終盤に完了したこともあり、戦術面の浸透に苦戦。チームは今季のリーグ・アンで8試合を消化した段階で2勝2分け4敗の13位に低迷している。

成績不振に加え、コミュニケーションの問題も抱える両者は、近日中に袂を分かつ可能性が高まっている。

そういった中、ニースは昨季までPSGを率いていたマウリシオ・ポチェッティーノ氏(50)の招へいに動いたものの、アルゼンチン人指揮官側にチームを率いる意思はなく、交渉は早期の段階で破談に終わった模様だ。

フランス『フット・メルカート』によると、これを受けてクラブは先日にボーンマスを解任されたパーカー氏を後任候補としてリストアップしているという。

同メディアによると、過去にクリスタル・パレスやカーディフでスポーツディレクターを務め、ニースのクラブアドバイザーを務めるイアン・ムーディ氏が、パーカー氏をクラブに推薦しているようだ。

現役時代にチャールトンや、チェルシー、ニューカッスル、ウェストハム、トッテナムでプレーしたパーカー氏は、引退後、トッテナムU-18の監督として指導者キャリアをスタート。

その後、フルアムでアシスタントコーチになると、2019年2月に監督就任。2021年7月にはボーンマスの監督に就任していた。

チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したボーンマスを率いると、チームは見事に1年での昇格を掴み、今シーズンからプレミアリーグに復帰していた。だが、格上相手の序盤戦で大敗を重ねると、先月末に解任の憂き目を味わっていた。

関連ニュース
thumb

ニースがトディボとの契約を2027年まで延長!

ニースは13日、フランス人DFジャン=クレール・トディボ(22)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 2019年1月にトゥールーズからバルセロナにステップアップしたトディボだが、バルセロナでの公式戦出場はわずか5試合に留まった。シャルケ、ベンフィカへの武者修行を繰り返した中、2021年2月にニースへ買い取りオプション付きのレンタルで加入。その後、昨年6月にクラブが完全移籍で買い取っていた。 ここまではレンタル期間を含め公式戦77試合に出場するなど、バックラインの主力として安定したパフォーマンスを継続。これを受け、クラブは2025年までの現行契約を2027年まで延長するオファーを掲示し、今回の公式発表に至った。 2022.11.14 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

菅原所属のAZが決勝トーナメント進出!フィオレンティーナがEL敗退組とのPOへ《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループステージが3日に全日程を終了。この結果、決勝トーナメントに進出する8チームとプレーオフに進出する8チームが決定した。 今シーズンのグループステージでは、唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZや昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出を果たしたビジャレアル、ウェストハム、ニースといった強豪が順当に決勝トーナメントに進出。 また、イタリアのフィオレンティーナや、ベルギーのアンデルレヒトらがグループステージを2位で通過し、ヨーロッパリーグ(EL)をグループ3位で敗退したクラブとのプレーオフに臨むこととなった。 なお、プレーオフの組み合わせ抽選会は7日にスイスのニヨンで開催され、今ラウンドでは同じ国のサッカー協会に所属するチーム同士の対戦はない。そして、プレーオフは2023年2月中旬以降の開催となる。 ▽ECLグループステージ最終順位 ◆グループA 1. バシャクシェヒル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. フィオレンティーナ(勝ち点13) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハーツ(勝ち点6) 4. FK RFS(勝ち点2) ◆グループB 1. ウェストハム(勝ち点18) ――ECL決勝T進出―― 2. アンデルレヒト(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. シルケボー(勝ち点6) 4. FCSB(勝ち点2) ◆グループC 1. ビジャレアル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. レフ・ポズナン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハポエル・ベエルシェバ(勝ち点7) 4. オーストリア・ウィーン(勝ち点2) ◆グループD 1. ニース(勝ち点9) ――ECL決勝T進出―― 2. パルチザン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ケルン(勝ち点8) 4. スロヴァコ(勝ち点5) ◆グループE 1. AZ(勝ち点15) ――ECL決勝T進出―― 2. ドニプロ-1(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. アポロン(勝ち点7) 4. ファドゥーツ(勝ち点2) ◆グループF 1. ユールゴーデン(勝ち点16) ――ECL決勝T進出―― 2. ヘント(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. モルデ(勝ち点7) 4. シャムロック・ローバーズ(勝ち点2) ◆グループG 1. スィヴァススポル(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. クルージュ(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. スラビア・プラハ(勝ち点8) 4. バルカニ(勝ち点4) ◆グループH 1. スロバン・ブラチスラヴァ(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. バーゼル(勝ち点11) ―ECLプレーオフ進出― 3. ピュニク(勝ち点6) 4. ジャルギリス(勝ち点5) ◆ELグループ3位 ボデ/グリムト(ノルウェー) ラルナカ(キプロス) ルドゴレツ(ブルガリア) ブラガ(ポルトガル) シェリフ(モルドバ) ラツィオ(イタリア) カラバフ(アゼルバイジャン) トラブゾンスポル(トルコ) 2022.11.04 07:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ニース、新守護神候補のGKブルカが肩の脱臼で手術か

ニースのポーランド人GKマーシン・ブルカ(23)が、約2カ月の長期離脱になる見込みだ。 GKブルカは27日に行われたUEFAカンファレンスリーグ第4節のパルチザン戦で肩を負傷。以降の2試合を欠場していた。 フランス『フットメルカート』が報じたところによると、ブルカは肩の脱臼で手術を受けることになり、最大2カ月の離脱になるとのことだ。 ニースは今夏に新守護神としてレスター・シティからデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル(35)を獲得。しかし、先月にはルシアン・ファブレ監督との確執や複数の規律違反も報じられており、クラブは今後ブルカを重宝する方針だと伝えられていた。 2022.11.03 22:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ニース、ファブレ監督のアシスタントと契約解除…ホテル受付員に不適切な振る舞い

ニースは12日、ルシアン・ファブレ監督のアシスタントを務めていたアルヤン・ペコ氏(47)との契約解除を発表した。 現役時代にアルバニア代表歴もあった同氏は、バーゼルの下部組織で各カテゴリーの監督を務めた後、今夏にニースに復任したファブレ監督のアシスタントコーチに就いた。 ただ、先月11日のアジャクシオ戦前に、滞在先のホテルの受付係に不適切な振る舞いをしたとして問題に。タイミング的に今回の契約解除はそれが理由と見られているが、ニースはスポーツ上の理由であるとしている。 なお、新体制で迎えた今季のニースは、ここまで3勝2分け5敗の13位。ファブレ監督にも解任の噂が立っている状況だ。 2022.10.13 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

元レスター守護神のシュマイケル、今夏加入のニースを早くも退団へ?

デンマーク代表GKカスパー・シュマイケル(35)が加入したばかりのニースを早くも退団する可能性があるようだ。フランス『フットメルカート』が伝えている。 シュマイケルは昨季まで11年間在籍のレスター・シティで通算479試合に出場し、2015-16シーズンのプレミアリーグ優勝や2020-21シーズンのFAカップ優勝に貢献。近年の躍進を象徴する1人だったが、クラブの財政難もあり、惜しまれながら今夏に退団となった。 新天地として選んだニースでは開幕当初から正GKを託されたものの、先月にはルシアン・ファブレ監督との確執に加え、複数の規律違反も報じられていた。 フランス『レキップ』によると、シュマイケルはファブレ監督の求めるプレースタイルに合致しておらず、6日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループD第3節のスロヴァコ戦でも起用されず。今後は23歳のGKマーシン・ブルカが重宝される方針だという。 さらに、期待されていたようなリーダーシップも皆無で、遠征時の朝食ルールを変更しようとするといった行動も見られる模様。シュマイケル自身もフラストレーションが溜まっているとされ、早々にニースを離れる可能性が高まりつつあるようだ。 2022.10.09 20:27 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly