欧州遠征でスイス、イタリアと戦うU-21日本代表、大岩剛監督は「成長においては非常に重要な2試合」

2022.09.16 17:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-21日本代表の大岩剛監督が、欧州遠征について語った。

日本サッカー協会(JFA)は16日、U-21日本代表のメンバーを発表。今月は欧州遠征を行い、スペインでU-21スイス代表と、イタリアでU-21イタリア代表と対戦する。

海外組3名を含む21名を招集した中、大岩監督はヨーロッパのチームと対戦できることが貴重だとした。
「今回ヨーロッパに行くことで、レベルの高い国と対戦ができるという機会を非常に重要視していますし、我々のグループの成長においては非常に重要な2試合になると思います」

「しっかり準備をして強豪国2カ国を相手に戦いたいと思います」

これまでドバイカップやU-23アジアカップとアジアの相手を中心に戦ってきたU-21日本代表。パリ・オリンピックに向けて強化をしていく中では、ヨーロッパや南米などとの対戦は重要になる。

今回のメンバーには、EAFF E-1サッカー選手権で日本代表に招集されていたGK鈴木彩艶(浦和レッズ)、MF藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)、FW細谷真大(柏レイソル)らも招集されている。

大岩監督は期待することについて「彼らはE-1で非常に貴重な経験というか、レベルを体感したことで自分たちなりに色々感じ取ったと思います」とし、「クラブに戻ってのパフォーマンスを見ても、日程上の厳しさが求められるのは代表選手なので、そのあたりのタフさも見せてくれていると思います。しっかりと我々のグループに落とし込む、反映させてもらいたいと思っています」と、大きな経験をした選手たちを評価し、U-21世代に落とし込んでもらいたいとした。

大岩監督が就任当初から口にしているA代表経由のパリ五輪行きというものを実現しそうな選手がいる一方で、A代表を経験していなくともヨーロッパに渡った選手もいる。

湘南ベルマーレから今夏ベルギーのコルトレイクへと移籍したMF田中聡も招集。田中について大岩監督は「目に見えて成長しているというのを見られる時間ではないですが、試合を見る限りは日本とは違うサッカーに対して、どう順応していくか。どうアジャストしていくかというところに立っていると思うので、上手くいっているところ、いっていないところをしっかり分析して成長につなげていると思っています」と、良い経験をしていると感じている様子。「我々のグループに来たときにも他の選手とコミュニケーションをとって伝えてもらいたいと思います」と、今回の遠征で他の選手たちと共有してもらいたいとした。

さらに今回は大学生が2名、MF佐藤恵允(明治大学)、FW木村勇大(関西学院大学)が招集されている。

これまでも大学生を数名招集しているが「名前が上がった2人は試合において非常に印象的なパフォーマンスをしていて、ラージグループには名前が上がっています。非常に印象的なパフォーマンスを見せていると思います」とコメント。また、京都サンガF.C.の特別指定選手で、すでにJ1でゴールも記録している木村については「木村は京都でのプレーも我々のプレーにも生きてくるので、しっかりと示してもらいたいと思います」と、代表でも良いパフォーマンスを見たいとした。

今回の遠征では様々なチャレンジもできることになる中で、大岩監督は「アジアの戦いが主でしたので、ヨーロッパのチームとやるという経験は2試合目、3試合目です。相手も来年のU-21ヨーロッパ選手権に向けての強化の途中と聞いています」とし、「強度が高いチームと経験できることは我々にも跳ね返ってくるので、何ができるのか。攻守の面でも、セットプレーではサイズの面を考えても、我々にとって良いゲームになると思います。さまざまなチャレンジをするという準備を進めたいと思います」と、色々と準備をしていきたいとした。

その中で対戦するスイスとイタリアの印象については「両チームとも前回の試合から時間が空いているので、どういう選手が招集されるかは手元にない状態です」と語り、「どちらのチームもサイズがあってスピードもある、パワフルな試合、サッカーをする印象があるので、システムを含めて、分析をした上で準備をしたいですし、非常に良いゲームになる準備をしたいです」と、相手をしっかりと分析してから良い試合を繰り広げたいとした。

関連ニュース
thumb

藤尾の劇的弾でU-21日本が欧州選手権2021準優勝のポルトガルから金星を飾る!《欧州遠征》

U-21日本代表は22日、ポルトガルのポルティマン競技場で行われたU-21ポルトガル代表との国際親善試合に2-1で勝利した。 4日前に行われたU-21スペイン代表戦で完敗した日本は、その試合からスタメンを5人変更。スペイン戦と同じ[4-4-2]の布陣でGKに鈴木彩艶、4バックに半田陸、鈴木海音、木村誠二、バングーナガンデ佳史扶を起用。中盤はフラットに並べた松村優太、山本理仁、川﨑颯太、斉藤光毅。2トップに小田裕太郎と鈴木唯人が入った。 多くの選手が欧州のトップリーグで活躍するポルトガルに対し、スペイン戦同様にアグレッシブに前から守備に行く日本は15分にピンチ。ボックス右から侵入したフランシスコ・コンセイソンにシュートを許したがこれはGK鈴木彩が弾く。さらに味方のクリアが相手選手に当たると、ふわりと浮いたボールがゴールへ向かったが、これもGK鈴木彩が右手一本で掻き出した。 立て続けのピンチを凌いだ日本は、最初のチャンスで先制する。21分、斉藤のパスで左サイド深くまで駆け上がったバングーナガンデ佳史扶のクロスをゴール前の小田がヘディングでゴール右に流し込んだ。 先制した日本は31分にも、敵陣中盤でボールを拾った斉藤がドリブルでボックス中央を切り込みシュートを放ったが、これは飛び出したGKのブロックに阻まれた。 日本は直後の33分に、ドリブルで左サイドを持ち上がったヌーノ・タヴァレスの折り返しからピンチを迎えたが、ボックス中央右でボールを受けたコンセイソンのコントロールショットはGK鈴木彩が好セーブを披露。 ハーフタイムにかけては一進一退の展開が続く中、日本は42分に山本の左CKから木村がヘディングシュートでゴールに迫ったが、これはわずかにゴール右に逸れた。 迎えた後半、1点をリードする日本は川﨑に代えて藤田譲瑠チマを投入。ややボールを握られる立ち上がりとなった中、日本は59分に斉藤と小田を下げて西川潤と三戸舜介をピッチに送り出した。 しかし、直後の61分に日本はカウンターからピンチを迎える。アフォンソ・ソウザのスルーパスでDFの裏に抜け出したコンセイソンがボックス中央右まで切り込みシュートを放ったが、これは飛び出したGK鈴木彩がファインセーブ。 最大のピンチを凌いだ日本は、69分に松村とバングーナガンデ佳史扶を下げて藤尾翔太と加藤聖を投入。しかし、次にスコアを動かしたのはポルトガルだった。 77分、日本は自陣中盤でFKを与えると、ファビオ・ヴィエイラが供給したロングパスをボックス左で競り合った相手選手に頭で折り返されると、このボールが藤尾の右手に当たり、PKを献上。ファビオ・ヴィエイラのPKはゴール左隅へ決まった。 追いつかれた日本は、89分に鈴木唯と山本を下げて染野唯月と松岡大起を投入。すると後半アディショナルタイム2分、細かなパスワークで左サイドを崩すと加藤のクロスが流れたボールをファーサイドの藤尾が胸トラップから足裏でゴールに押し込み、勝ち越しに成功。 結局、これが決勝点となり2-1でタイムアップ。日本が昨年行われたU-21欧州選手権2021で準優勝のポルトガルから金星を飾った。 U-21日本代表 2-1 U-21ポルトガル代表 【日本】 小田裕太郎(前21) 藤尾翔太(後47) 【ポルトガル】 ファビオ・ヴィエイラ(後32[PK]) ◆U-21日本代表 GK:鈴木彩艶(浦和) DF:半田陸(山形)、鈴木海音(栃木)、木村誠二(FC東京)、バングーナガンデ佳史扶(FC東京)[→加藤聖(長崎)] MF:松村優太(鹿島)[→藤尾翔太(徳島)]、山本理仁(G大阪)[→松岡大起(清水)]、川﨑颯太(京都)[→藤田譲瑠チマ(横浜FM)]、斉藤光毅(スパルタ)[→三戸舜介(新潟)] FW:小田裕太郎(神戸)[→西川潤(鳥栖)]、鈴木唯人(清水)[→染野唯月(東京V)] 2022.11.23 06:20 Wed
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表、後半の2失点で強豪スペインに完敗…《欧州遠征》

U-21日本代表は18日、スペインのオリンピコ・セビージャで行われたU-21スペイン代表との国際親善試合に0-2で完敗した。 9月に行われた欧州遠征に続き、今回のインターナショナルマッチウィークでも欧州遠征に臨むパリ五輪出場を目指すU-21日本代表。今回の遠征ではU-21スペイン代表、U-21ポルトガル代表という欧州の強豪を相手に現チームの現在地を図る。 大岩剛監督は、今回の初戦に向けてGK佐々木雅士、4バックに半田陸、鈴木海音、木村誠二、加藤聖を起用。中盤は右から三戸舜介、山本理仁、藤田譲瑠チマ、斉藤光毅。2トップに藤尾翔太、鈴木唯人が入った。 試合は立ち上がりから互いに攻める姿勢は持つものの、共に要所を締める守備を見せ、シュートがないまま時間だけが過ぎていく。そんな中、日本は30分に最初のピンチを迎える。味方のパスで左サイドのスペースに抜け出したマヌ・サンチェスがダイレクトクロスを供給すると、ファーサイドのセルヒオ・ゴメスが左足で合わせたが、これはGK佐々木が正面でキャッチ。 ピンチを凌いだ日本は33分、斉藤のスルーパスに反応した鈴木唯がボックス内まで持ち上がりシュートを放ったが、これは飛び出したGKのブロックに阻まれた。結局、その後も膠着した前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、三戸と藤尾を下げて松村優太、小田裕太郎を投入した日本は、開始早々に失点する。47分、右サイド深くまで侵入したロドリのパスをボックス右で受けたセルヒオ・ゴメスにシュートを許すと、木村にディフレクトしたボールが山本に当たりゴール前にこぼれると、最後はトゥリエンテスに押し込まれた。 不運な形で先制を許した日本は、59分に再びピンチを迎える。ドリブルでボックス左手前まで切り込んだリケルメのミドルシュートが右ポストを直撃。さらにこぼれ球をアベル・ルイスが詰めたが、これはGK佐々木の好セーブに救われた。 1点を追う展開が続く日本は、63分に斉藤、加藤、山本を下げて佐藤恵允、バングーナガンデ佳史扶、川﨑颯太を投入する3枚替えを敢行。しかし、再びスコアを動かしたのはスペインだった。 70分、ニコの縦パスをゴール前のアベル・ルイスが落とすと、これを受けたリケルメがシュート。これは鈴木海のブロックで防ぐも、こぼれ球をゴールエリア左のマヌ・サンチェスにヘディングで流し込まれた。 リードを広げられた日本は、80分に鈴木唯、藤田、鈴木海、半田を下げて西川潤、松岡大起、馬場晴也、畑大雅をピッチに送り出したが、その後は試合巧者のスペインにうまく時間を使われて見せ場を作れず。0-2のままタイムアップを迎えた。 スペインに完敗した日本は、22日にポルトガルのポルティマン競技場でU-21ポルトガルと対戦する。 U-21日本代表 0-2 U-21スペイン代表 【スペイン】 トゥリエンテス(後2) マヌ・サンチェス(後25) ◆U-21日本代表 GK:佐々木雅士(柏) DF:半田陸(山形)[→畑大雅(湘南)]、鈴木海音(栃木)[→馬場晴也(東京V)]、木村誠二(FC東京)、加藤聖(長崎)[→バングーナガンデ佳史扶(FC東京)] MF:三戸舜介(新潟)[→松村優太(鹿島)]、山本理仁(G大阪)[→川﨑颯太(京都)]、藤田譲瑠チマ(横浜FM)[→松岡大起(清水)]、斉藤光毅(スパルタ)[→佐藤恵允(明治大)] FW:藤尾翔太(徳島)[→小田裕太郎(神戸)]、鈴木唯人(清水)[→西川潤(鳥栖)] 2022.11.19 06:10 Sat
twitterfacebook
thumb

欧州遠征のU-21日本代表、東京VのFW染野唯月を追加招集

日本サッカー協会(JFA)は14日、東京ヴェルディのFW染野唯月をU-21日本代表に追加招集した。 前回の9月に続いて欧州遠征に臨むU-21日本代表だが、柏レイソルFW細谷真大がコンディション不良で途中離脱。これを受け、染野を代替招集した。 今回の欧州遠征ではU-21スペイン代表(18日/ポルトガル)、U-21ポルトガル代表(22日/スペイン)と対戦する。 2022.11.14 22:16 Mon
twitterfacebook
thumb

再び欧州遠征のU-21日本代表、細谷真大が途中離脱…代替招集選手は追って発表へ

日本サッカー協会(JFA)は14日、U-21同国代表の選手変更を発表した。 前回の9月に続いて欧州遠征に臨むU-21日本代表だが、柏レイソルFW細谷真大がコンディション不良で途中離脱。代替招集選手は確定次第、追って知らせるという。 今回の欧州遠征ではU-21スペイン代表(18日/ポルトガル)、U-21ポルトガル代表(22日/スペイン)と対戦する。 2022.11.14 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表の欧州遠征に東京V馬場晴也が追加招集! C大阪DF西尾隆矢の不参加で

日本サッカー協会(JFA)は13日、U-21日本代表の選手変更を発表した。 前回の9月に続いて欧州遠征に臨むU-21日本代表。セレッソ大阪DF西尾隆矢のコンディション不良による不参加に伴い、東京ヴェルディDF馬場晴也を追加招集した。 今回の欧州遠征ではU-21スペイン代表(18日/ポルトガル)、U-21ポルトガル代表(22日/スペイン)と対戦する。 2022.11.13 15:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly