ラツィオのサッリ監督とロティート会長が会談、今夏に少なくとも6選手を獲得か?

2022.05.13 21:58 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督が、自身の契約延長および来シーズンへ向けての補強に関して、クラブを率いるクラウディオ・ロティート会長と会談したようだ。

イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、5日に両者は夕食会を開き、ロティート会長からサッリ監督に対して、今シーズンが終了する前に契約延長にサインするよう求めたとのことだ。

しかし、サッリ監督は、今年1月の移籍市場における補強が買い取りオプション付きのレンタル移籍1名にとどまったことなど、クラブの補強姿勢に不満を抱いており、自身の契約延長に関して口頭合意はしたものの、現時点で署名には至っていないという。

ロティート会長としては、来シーズンも引き続きサッリ監督にチームを委ねることに疑問を抱いておらず、補強に関してもできる限りの資金投下を約束したものとみられている。

ラツィオは、アルバニア代表のGKトーマス・ストラコシャ(27)、イタリア代表のDFルイスフェリペ(25)およびDFフランチェスコ・アチェルビ(33)、元ブラジル代表MFルーカス・レイバ(35)の退団が有力視されており、サッリ監督は今夏の移籍市場において少なくとも6選手の獲得が必要であると考えている模様だ。

また、今夏の人気銘柄であるセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)までも手放すとなった場合には、さらに多くの補強が必要になるとの認識を示し、絶対的エースであるイタリア代表FWチーロ・インモービレ(32)の契約延長は、それらを上回る最優先事項であると、ロティート会長に直談判したとみられている。

来シーズンのラツィオ飛躍のカギを握るのは、セリエA屈指の倹約家として知られるロティート会長なのかもしれない。

関連ニュース
thumb

2022-23シーズンのセリエA日程が発表! 王者ミランは2戦ドローのウディネーゼ戦で開幕

レガ・セリエAは24日、2022-23シーズンのセリエA日程を発表した。 2021-22シーズンの王者であるミランは、今季いずれもドローに終わったウディネーゼと対戦。そのミランから覇権奪還を目指すインテル、ナポリ、ユベントスの第2集団はセリエB王者のレッチェ、ヴェローナ、サッスオーロという曲者と対戦する。 また、セリエA初昇格のモンツァはトリノとのホームゲーム、同じく久々の1部での戦いとなるクレモネーゼはフィオレンティーナとのアウェイゲームでシーズンをスタートさせる。 気になる各デルビーではミランとインテルのデルビー・ディ・ミラノが9月初旬の5節(インテルホーム)、2023年2月初旬の21節(ミランホーム)に開催。ユベントスとインテルのデルビー・イタリアは11月初旬の13節(ユベントスホーム)、2023年3月中旬の27節(インテルホーム)に。 ローマとラツィオのデルビー・デッラ・カピターレは、11月初旬の13節(ローマホーム)、2023年3月中旬の27節(ラツィオホーム)に開催される。 なお、今シーズンはカタール・ワールドカップ開催に伴い、2022年11月中旬から2023年1月までの約1カ月半中断期間が設けられる。 ◆セリエA2022-23開幕節(8/13.14) フィオレンティーナ vs クレモネーゼ ユベントス vs サッスオーロ ラツィオ vs ボローニャ レッチェ vs インテル ミラン vs ウディネーゼ モンツァ vs トリノ サレルニターナ vs ローマ サンプドリア vs アタランタ スペツィア vs エンポリ ヴェローナ vs ナポリ ◆セリエA2022-23最終節(2023/6/4) アタランタ vs モンツァ クレモネーゼ vs サレルニターナ エンポリ vs ラツィオ レッチェ vs ボローニャ ミラン vs ヴェローナ ナポリ vs サンプドリア ローマ vs スペツィア サッスオーロ vs フィオレンティーナ トリノ vs インテル ウディネーゼ vs ユベントス 2022.06.24 21:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマがECL決勝で対戦のフェイエノールトからセネシを獲得? 先日5日にはアルゼンチン代表デビュー

ローマがフェイエノールトのアルゼンチン代表DFマルコス・セネシ(25)の獲得を目指しているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が報じている。 セネシは2019年9月に母国のサン・ロレンソからフェイエノールトへと加入した左利きのセンターバック。相手アタッカーに対する鋭いチェックやハードなタックルを持ち味とし、ボールを奪ってカウンターの起点となることもしばしば。質の高い左足フィードも局面を一気に変える力を持っている。 また、6月5日にはアルゼンチン代表デビューを果たすなど、今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)メンバー入りも期待されている1人だ。 これまでオランダの地で3シーズンにわたって活躍するセネシに対しては、今年1月にはナポリから、今夏はインテルなどからの関心が寄せられてきた中、ローマはセネシ獲得へ向けてすでに具体的な動きを見せている。 一方のフェイエノールト側は、2000万ユーロ(約28億3000万円)を要求しているものの、ローマのゼネラルマネージャー(GM)を務めるチアゴ・ピント氏は、セネシの現行契約が2023年6月までとなっていることに着目し、要求額より安価で獲得まで漕ぎ着けられるチャンスもあると睨んでいるようだ。 なお、選手本人はセリエA行きを望んでリーグ・アンのクラブからのオファーを固辞したと伝えられており、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝戦で対戦し、涙を呑んだローマが新天地となる可能性は十分にあるようだ。 2022.06.24 17:39 Fri
twitterfacebook
thumb

「今夏は多くの主力が去ると思う」去就不透明のクリバリが来季に向けた展望語る…残留の様相か

退団が噂されているナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリだが、あるインタビューでクラブへの忠誠心を示した。 深刻な財政難で主力放出の危機に瀕するナポリは、契約が残り1年のクリバリはその筆頭と言われている。バルセロナをはじめ、マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンなどビッグクラブからの関心が伝えられており、去就は不透明だ。 しかし、アフリカ版『BBC』のインタビューに答えたクリバリは、「今夏は何人かの選手を失い、変化もあるだろうが、ナポリはタイトル争いに加わるために全力を尽くすと思う」と、自身を退団から距離を置くコメントを残した。 「ナポリの人々とはとても特別な関係を持っている。私や家族、友人をとてもよく迎えてくれたんだ。アフリカネーションズカップで優勝したときはみんなが祝福してくれたよ」 クリバリはまた、最後まで優勝争いに残れなかった今季のチームを振り返り、「完全に満足することはできない。最後の最後でポイントを逃してしまったのだから」と、悔しさをあらわに。一時は移籍も考えたものの、現在はナポリ残留に傾いているようだ。 2022.06.23 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国代表DFキム・ミンジェにナポリも? 近く代理人と会談か

ナポリがフェネルバフチェの韓国代表DFキム・ミンジェ(25)に関心を寄せているようだ。 キム・ミンジェは全北現代や北京国安(現北京FC)などを経て2021年8月にフェネルバフチェに加入。190cmの恵まれた体躯を生かしたダイナミックなプレーを売りにする韓国代表のセンターバックで、今季は初の欧州でのプレーながら公式戦39試合に出場して活躍した。 韓国でプレーする頃から欧州のクラブに注目されてきたキム・ミンジェには最近もトッテナムやスタッド・レンヌなどの獲得が取り沙汰されてきた。だが、セリエAのナポリも ”韓国のマグワイア”をリストアップしているようだ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ナポリはDF陣の要であるセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(30)が退団となった場合を想定し、後釜としてキム・ミンジェに白羽の矢を立てている様子。獲得には移籍金推定1500万ユーロ(約21億4000万円)が必要とみられ、現時点でフェネルバフチェとの接触こそないものの、選手の代理人側とは近日中に会談の場を設けるようだ。 2022.06.22 11:18 Wed
twitterfacebook
thumb

契約延長オファー拒否のファビアン・ルイス、プレミア勢が関心

ナポリのスペイン代表MFファビアン・ルイス(26)が最新の契約延長オファーを拒否したようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 2023年6月にナポリとの契約が切れるファビアン・ルイス。3000万ユーロ(約43億円)の契約解除条項が付いているとされる中、イタリアメディアはアーセナルやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ニューカッスルといったプレミアリーグ勢が獲得に関心を示していると報じている。 2021-22シーズン、セリエAで32試合に出場して7ゴール4アシストを記録し、自身最高のシーズンを過ごした中、新シーズンは新たなチャレンジへ向かうことになるのか。 2022.06.21 22:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly