「疑いのない勝利」 ホーム最終戦の白星締めにラングニックも満足! 「ポゼッションにおいてはベストパフォーマンスのひとつ」

2022.05.03 09:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督がホーム最終戦の白星締めを喜んだ。

2日のプレミアリーグ第35節でブレントフォードをホームに迎え撃ったユナイテッド。逆転でのトップ4滑り込みもかなり厳しくなり、残りシーズンでの目標が希薄になるなかで迎えた今季の本拠地最終戦だったが、3-0の快勝で飾った。

MFブルーノ・フェルナンデスのリーグ戦10得点目で先制し、FWクリスティアーノ・ロナウドが自ら獲得したPKからリーグ戦20ゴールに迫る18得点目で追加点。さらに、右CKからDFラファエル・ヴァランがリーグ初ゴールでダメを押した。

そのなかで、今季限りでの退団が噂されるMFフアン・マタが初先発試合で存在感を発揮。退団が決定済みのMFネマニャ・マティッチも先発し、同じくユナイテッドを去ることが見込まれるFWエディンソン・カバーニも途中から出場した。

4試合ぶりの白星とともにホーム最終戦を最高の形で飾ったラングニック監督は試合後、イギリス『BBC』で満足感を示した。

「我々は勝利にふさわしく、疑いのない勝利だ。おそらくポゼッションにおいてはベストパフォーマンスのひとつだろう。まだ守備の隙こそあったが、これまでほど大きなものではなかった。今季最後のホーム戦で良いパフォーマンスを披露して、ファンも祝福できた」

「ゴールをもっと決められたはずだがね。選手たちからは一丸となり、手を取り合ってプレーしたいのが見て取れた。フアン・マタがマティッチとともに、ポゼッションを保つのに大いに役立ってくれたと思う。やらかしもそれほどなく、ボールをかなり支配できたよ」

「我々はカウンタープレスのトランジショナルなチームじゃなく、ポゼッションをベースにしたチーム。今夜の選手たちもボールを保持してプレーするのを好むチームだったんだ」


関連ニュース
thumb

サンチェス獲りのマルセイユ、今度はバイリーに再挑戦?

フランス『レキップ』によれば、マルセイユにマンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリー(28)を獲得しようとする動きがあるようだ。 ユナイテッドは今夏、エリク・テン・ハグ新監督の古巣アヤックスからDFリサンドロ・マルティネスを獲得。バイリーはDFラファエル・ヴァランが加入した昨季に続き、今季もさらなる序列低下に直面しており、今夏の移籍が取り沙汰される。 故障癖さえ改善できれば、高い身体能力を武器に無理の効いた守りが期待できる28歳のセンターバックにはスペインやイタリア方面から関心が注がれるが、つい先日にFWアレクシス・サンチェスの獲得に成功したマルセイユも注視している模様だ。 マルセイユは今年1月も獲得を目指したバイリー側とここ2週間にわたってコンタクト。リーグ・アンからはモナコも目を光らせているようで、ユナイテッドは買取オプション付きのレンタルではなく、完全移籍での放出を希望しているという。 また、マルセイユはDFドゥイエ・チャレタ=ツァルを手放したがっている様子。ドルトムント退団のフランス人DFダン=アクセル・ザガドゥも候補だったようだが、求めるプロフィールと合致せず、バイリーに再び熱を入れ始めたものとされる。 2022.08.11 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがオランダから3人目の補強?PSVの逸材FWガクポ獲得に動く

マンチェスター・ユナイテッドがPSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)の獲得を目指しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ガーナとトーゴにルーツを持つオランダ生まれのガクポは、左ウイングを主戦場に、前線の複数ポジションでプレー可能な189cmの大型アタッカー。そのサイズを感じさせないクイックネス、柔らかな足元のテクニックを武器に、カットインからの右足のシュートや長いストライドを生かしたロングカウンターからゴールを陥れる新進気鋭の若手だ。 PSVのアカデミーから2018年2月のフェイエノールト戦でトップチームデビュー。2018–19シーズンの後半戦から徐々に出場機会を増やすと、以降3シーズンに渡って前線の主力に定着。昨シーズンは公式戦46試合に出場し、21ゴール15アシストを記録。 今シーズンもここまで公式戦4試合で3ゴール2アシストと見事な活躍を見せる逸材をユナイテッドが虎視眈々と狙っているという。 『スカイ・スポーツ』によれば、2026年までPSVとの契約を残すガクポに対し、ユナイテッドは3500万ポンド(約56億6000万円)のオファーを準備しているようだ。 アヤックスからエリク・テン・ハグ監督を新指揮官に迎え入れたユナイテッドは、今夏だけでオランダからリサンドロ・マルティネス(アヤックス)とタイレル・マラシア(フェイエノールト)を獲得しており、ガクポの獲得に成功すれば、同一リーグから3人目の獲得となる。 なお、ガクポはテン・ハグ監督と同じ代理人であることから交渉はスムーズに進むと見られている。 2022.08.10 23:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド退団後オファーを拒否し続けるマタ、希望は欧州のトップリーグ

昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団した元スペイン代表MFフアン・マタ(34)だが、ヨーロッパでのプレーを目指してオファーを断ったようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 マタはレアル・マドリーの下部組織で育ち、カスティージャからバレンシアへと移籍。2011年8月に加入したチェルシーではチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ制覇に貢献。2014年1月からはユナイテッドでプレーしていた。 ユナイテッドでは公式戦通算285試合で51ゴール47アシストを記録。貴重なゲームメイカーとして活躍していたが、昨季は公式戦で12試合の出場に終わり、シーズン終了とともに退団していた。 マタに対しては、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブからオファーが届いたものの本人が拒否。その他にも「エキゾチックな国」からオファーが届いたが、全て拒否しているという。 マタの希望はヨーロッパのトップリーグでプレーを続けること。そのため、移籍市場が閉まるまでの間、辛抱強くオファーを待つことを決断しているという。 各リーグも開幕を迎え、今週末にセリエAとラ・リーガが開幕すれば新シーズンが全てスタート。ケガ人などの関係で声がかかる可能性はあるだろうが、残り3週間で移籍先が決まるだろうか。 2022.08.10 11:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがアルナウトビッチ獲得から撤退! ファンから苦情も?

マンチェスター・ユナイテッドは、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(33)の獲得を諦めたようだ。『アスレティック』のローリー・ホワイトウェル記者が報じている。 FWエディンソン・カバーニの退団に加え、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの去就も依然不透明とあり、ストライカーの補強を画策中のユナイテッド。そこで候補として急浮上したのがアルナウトビッチだった。 過去にストーク・シティやウェストハムに在籍し、プレミアリーグ経験もあるアルナウトビッチの獲得にユナイテッドは推定900万ユーロのオファーを提示したが、昨季のセリエAで33試合14ゴール1アシストのエースには不十分な額だとしてボローニャは拒否。スポーツ・ディレクターのマルコ・ディ・ヴァイオ氏は「プライスレスな存在」と、非売品であることを強調していた。 一部ではオファー額を引き上げると見られていたユナイテッドだが、ホワイトウェル記者によれば獲得から手を引く模様。ボローニャの要求額が高いことや、サポーターから苦情が相次いだことが理由とのことだ。 2022.08.09 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ラビオ代理人と交渉中…ユーベは売却視野

マンチェスター・ユナイテッドがユベントスに所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)の代理人と交渉中のようだ。 移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、つい先日にラビオ獲得の動きが明るみのユナイテッドは実母で代理人も務めるヴェロニク氏と直接的に接触を図り、個人条件を巡って協議中。エリク・テン・ハグ監督もラビオとの交渉に直接関与しているという。 今季を迎えるにあたって、DFタイレル・マラシア、MFクリスティアン・エリクセン、DFリサンドロ・マルティネスを確保したユナイテッドだが、テン・ハグ新監督が中盤のコネクター役として望むバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを巡る交渉は長く難航を極めている。 そのなか、7日にブライトン&ホーヴ・アルビオンとのプレミアリーグ開幕節を迎えたユナイテッドだが、1-2で敗れ、クラブOBのポール・スコールズ氏から中盤を司ったMFフレッジとMFスコット・マクトミネイに名指しで厳しい声。補強の必要性が改めて浮き彫りとなっている。 なお、ロマーノ氏によれば、ユベントス側は今季が契約最終年のラビオに関して今夏の売却を視野に入れており、クラブ間の話し合いは大きな問題なく、進むものと推察されている。 2022.08.09 17:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly