「ベストヤングプレーヤー賞」対象選手18名が発表! 2桁得点の鹿島MF荒木遼太郎や湘南の日本代表GK谷晃生ら

2021.12.05 12:43 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは5日、2021シーズンの「ベストヤングプレーヤー賞」の対象選手18名を発表した。

当該シーズンの12月31日時点で21歳以下で、シーズン19試合以上の出場選手であり、過去に同賞および新人王を受賞していない選手が今回の候補メンバーとなった。

上位陣では3位のヴィッセル神戸DF小林友希、4位の鹿島アントラーズのMF荒木遼太郎、MF松村優太がノミネートしている。

「ベストヤングプレーヤー賞」は、J1の全20クラブの監督・選手による投票を基に選考委員会にて決定。ブック型楯と賞金50万円が渡されることとなる。

◆ベストヤングプレーヤー賞 対象選手(18名)

MF荒木遼太郎(鹿島アントラーズ/19歳)
36試合10得点:2291分

MF松村優太(鹿島アントラーズ/20歳)
22試合2得点:759分

FW細谷真大(柏レイソル/20歳)
28試合3得点:1090分

MF安永玲央(横浜FC/21歳)
27試合1得点:1741分

GK谷晃生(湘南ベルマーレ/21歳)
34試合0得点:3060分

DF畑大雅(湘南ベルマーレ/19歳)
22試合0得点:1413分

MF田中聡(湘南ベルマーレ/19歳)
36試合2得点:2669分

MF鈴木唯人(清水エスパルス/20歳)
33試合2得点:2005分

MF松岡大起(清水エスパルス/20歳)
36試合0得点:3177分

MF奥野耕平(ガンバ大阪/21歳)
26試合0得点:1385分

DF西尾隆矢(セレッソ大阪/20歳)
31試合2得点:2556分

DF小林友希(ヴィッセル神戸/21歳)
22試合0得点:1509分

FW鮎川峻(サンフレッチェ広島/20歳)
19試合1得点:603分

MF東俊希(サンフレッチェ広島/21歳)
35試合3得点:2475分

FW宮代大聖(徳島ヴォルティス/21歳)
32試合7得点:2556分

MF藤田譲瑠チマ(徳島ヴォルティス/19歳)
28試合1得点:1473分

DF大畑歩夢(サガン鳥栖/20歳)
30試合0得点:1768分

DF中野伸哉(サガン鳥栖/18歳)
34試合0得点:1790分


関連ニュース
thumb

本当は「先週のタイトルってすごかったでしょ?」と言いたいとこだったのに?! の巻/倉井史也のJリーグ

ところでみなさん、先週のデータ、ご覧いただけました? え? 見てない? 見た? あれ、もっと早く見たかったって感じでしょ? そりゃ苦労しましたよ。1週間がかりで調べましたから。どんだけ注目してほしかったかって、フィル・コリンズの「Against All Odds」の副題が「Take A Look At Me Now(見つめて欲しい)」にかかってたってくらい。それなのに、あまりに反響がなくて、今週はもうがっくしだけど、でもとりあえず「There's Just An Empty Space」を埋めなきゃなって。 で、ちょっと思いついたんです。個人タイトルと言えばやっぱり得点王。歴代得点王ってどれくらいのペースで得点してたんでしょうか。 1993年:ラモン・ディアス(横浜M)/28得点(32試合)ー87.5% 1994年:オッツェ(フランク・オルデネビッツ:市原)/30得点(40試合)ー75.0% 1995年:福田正博(浦和)/32得点(50試合)ー64.0% 1996年:三浦知良(V川崎)/23得点(27試合)ー85.2% 1997年:エムボマ(G大阪)/25得点(28試合)ー89.3% 1998年:中山雅史(磐田)/36得点(27試合)ー133.3% 1999年:黄善洪(C大阪)/24得点(25試合)ー96.0% 2000年:中山雅史(磐田)/20得点(29試合)ー69.0% 2001年:ウィル(札幌)/24得点(26試合)ー92.3% 2002年:高原直泰(磐田)/26得点(27試合)ー96.3% 2003年:ウェズレイ(名古屋)/22得点(27試合)ー81.5% 2004年:エメルソン(浦和)/27得点(26試合)ー103.8% 2005年:アラウージョ(G大阪)/33得点(33試合)ー100.0% 2006年:マグノ・アウベス(G大阪)/26得点(31試合)ー83.9% 2006年:ワシントン(浦和)/26得点(26試合)ー100.0% 2007年:ジュニーニョ(川崎F)/22得点(31試合)ー71.0% 2008年:マルキーニョス(鹿島)/21得点(30試合)ー70.0% 2009年:前田遼一(磐田)/20得点(34試合)ー58.8% 2010年:ケネディ(名古屋)/17得点(31試合)ー54.8% 2010年:前田遼一(磐田)/17得点(33試合)ー51.5% 2011年:ケネディ(名古屋)/19得点(31試合)ー61.3% 2012年:佐藤寿人(広島)/22得点(34試合)ー64.7% 2013年:大久保嘉人(川崎F)/26得点(33試合)ー78.8% 2014年:大久保嘉人(川崎F)/18得点(32試合)ー56.3% 2015年:大久保嘉人(川崎F)/23得点(32試合)ー71.9% 2016年:ピーター・ウタカ(広島)/19得点(33試合)ー57.6% 2016年:レアンドロ(神戸)/19得点(31試合)ー61.3% 2017年:小林悠(川崎F)/23得点(34試合)ー67.6% 2018年:ジョー(名古屋)/24得点(33試合)ー72.7% 2019年:マルコス・ジュニオール(横浜FM)/15得点(33試合)ー45.5% 2019年:仲川輝人(横浜FM)/15得点(33試合)ー45.5% 2020年:オルンガ(柏)/28得点(32試合)ー87.5% 2021年:前田大然(横浜FM)/23得点(36試合)ー63.9% 2021年:レアンドロ・ダミアン(川崎F)/23得点(35試合)ー65.7% ちょっと、プロ野球でも3割バッターはすごいのに、この得点王の得点率すごくないですか? 特に1998年の中山雅史。これってもう3打数5安打ぐらいな感じですよ。 ってことで、移籍だなんだ、今年はちょっとスタートが遅いけどまだまだいろいろありそうです。こんな数字でも眺めつつ、もう少し余韻に浸りますか!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.12.11 21:52 Sat
twitterfacebook
thumb

920ゴールの頂点に立ったのは柿谷曜一朗の超絶バイシクル「大久保嘉人さんの前でゴールを決められたことは思い出」

今シーズンは920ものゴールが生まれた明治安田生命J1リーグ。その頂点に立つ、ベストゴールに選ばれたのは名古屋グランパスのFW柿谷曜一朗のゴールだった。 毎月の月間ベストゴールの中から、最も優れたゴールに送られる賞。そのゴールは、柿谷にとって特別なゴールだった。 柿谷が決めたゴールは、11月27日に行われた第37節のセレッソ大阪戦。自身の古巣でもあるC大阪を相手に、シーズンの最終盤で決めたゴールが選ばれた。 0-0で迎えた67分、大きな展開からボックス内でこぼれ球になると、これを受けた柿谷が自ら浮かせてすぐにバイシクルシュート。このシュートが左ポストを叩きながら、ネットを揺らし、名古屋が先制した。 古巣サポーターの前で決めたスーパーゴールであり、この試合が現役を引退する憧れの人、大久保嘉人のホームラストマッチで決めたということもあり、ドラマチックすぎるものとなった。 6日に行われたJリーグアウォーズで表彰された柿谷は「すごく嬉しかったですし、大久保嘉人さんの前でゴールを決められたことは思い出のゴールになりました」とコメント。やはり、大久保の前で決めたゴールは思い出深いようだ。 また、「あのゴールを決められたことは嬉しいですが、僕自身、小さい頃に大久保選手の素晴らしいゴールをたくさん見てきた結果、そういうサッカー選手になれたと思います」と語り、「少しでも小さい子供たちの記憶に残れば良いなと思います」と、自身のゴールが語り継がれることで、未来のスーパーゴールが生まれてもらいたいとした。 <span class="paragraph-title">【動画】2021年ベストゴール! まさに“ジーニアス”と言わんばかりの超絶バイシクル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="QaKloSbggEk";var video_start = 178;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.07 05:46 Tue
twitterfacebook
thumb

キャリアハイの8得点で初のベストイレブン選出の稲垣祥「胸を張って受賞したい」

2021シーズンのJリーグベストイレブンに選ばれた名古屋グランパスのMF稲垣祥が、受賞の喜びを語った。 6日にJリーグアウォーズが行われ、MVPや得点王、ベストヤング賞などの各賞が発表された。 ベストイレブンでは、優勝した川崎Fから最多7名が選出。名古屋からは稲垣の他、GKランゲラックも選出され、2人とも初受賞となった。 ベストイレブンに選ばれた稲垣は「錚々たるメンバーがいるJリーグの中から、このベストイレブンの中の1人として受賞させていただいて、本当に光栄です」とコメント。「グランパスのチームとしての結果、成績が評価されてこそだと思うので、チームメイトに感謝したいですし、胸を張って受賞したいです」と、チームとしての成功あってこそだと語った。 名古屋の選手が複数人選出されるのは、2011年に楢崎正剛、田中マルクス闘莉王、藤本淳吾、ジョシュア・ケネディの4名が選ばれて以来となる。その点については「2人選んでいただいたことが、グランパスとして認められている1つの証でもあると思いますし、これからもそういった魅力あるチームになっていければと思います」と、より多くの選手が選ばれるようなチームになりたいとした。 今シーズンの稲垣は守備だけでなく攻撃でも躍動。38試合で8得点を記録するキャリアハイの数字を残した。 この1年については「今シーズンは自分の中では運にも恵まれて良いシーズンを過ごせたと思います。来シーズンも今シーズン以上のパフォーマンスを出していきたいですし、チームとしてもさらにレベルアップしていきたいです」と、更なる飛躍を誓った。 また、ゴールについてもプレー中に落ち着いて冷静になることが大事だと語っていた稲垣。「そういったところがあったからこそ、今シーズンはゴール数という結果も出せていたと思います。もちろんゴール以外のところでも、そういったところは僕の今までのキャリアの経験があったからこそ、落ち着きや冷静さを試合で表現できていると思うので、これまでの積み上げの結果だと思います」とコメント。全てのプレーにプラスに働いているようだ。 ただ、8得点には満足していないようで、「もうちょい取れましたね。来シーズン以降の課題として持っていきたいです」と貪欲にゴールを狙う姿勢を続けていきたいとした。 今年3月には日本代表デビューを果たしデビュー戦で2ゴールの活躍を見せた。今後についても「今年は代表にも選んでいただいて、自分は今まで年代別代表も選ばれたことがない選手だったので本当に嬉しかったです。チャンスは狙っていきたいと思いますが、自分のスタンスとしては目の前の練習、目の前の試合、それに向き合って全力でやっていくことは変わらないので、継続していきたいです」と語り、日本代表入りを目指すのではなく、目の前の試合をしっかりとプレーした結果で選ばれたいと語った。 2021.12.06 23:52 Mon
twitterfacebook
thumb

3度目のベストイレブン選出の家長昭博「選手が投票してくれて選ばれているのは嬉しい」

2021シーズンのJリーグベストイレブンに選ばれた川崎フロンターレのMF家長昭博が、受賞の喜びを語った。 6日にJリーグアウォーズが行われ、MVPや得点王、ベストヤング賞などの各賞が発表された。 ベストイレブンでは、優勝した川崎Fから最多7名が選出。家長は自身3度目、2年連続のベストイレブン選出となった。 ベストイレブンに選ばれた感想については「選手が投票してくれて選ばれているのは嬉しいポイントですし、チームメイトにも感謝したいと思いますし、対戦相手で鎬を削ったみんなにも感謝したいです」とコメント。「来年もここに戻って来れるように頑張りたいと思います」と新シーズンでも受賞したいと意気込んだ。 連覇を達成したシーズンだったが「楽しみながらやれた部分もありましたし、楽しむほど余裕があったわけでもないです」と、簡単なシーズンではなかったとコメント。「でも、1年間通してケガなくプレーできましたし、マイペースですけど、楽しみながら一生懸命できたと思います」と、サッカーを楽しんでプレーできたと強調した。 来年は36歳になる家長。年齢でサッカーをしているわけではないが、円熟味が増していっている状況。「年齢のことはあまり深く考えていないですけど、隣に僕より年上のイニエスタ選手もおられましたし、まだまだ上手くなると思います」と語り、「どんな選手になりたいというのはないですが、見ていて楽しいと思ってもらえる選手になりたいですし、成長できるようにやりたいと思います」と、更なる飛躍を誓った。 2021.12.06 23:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「団結力」がポイントと語る個人2冠のレアンドロ・ダミアン、ベストゴールは「湘南戦」、印象に残った試合は「名古屋との連戦」

2021シーズンのJリーグベストイレブンに選ばれた川崎フロンターレのFWレアンドロ・ダミアンが、受賞の喜びを語った。 6日にJリーグアウォーズが行われ、MVPや得点王、ベストヤング賞などの各賞が発表された。 ベストイレブンでは、優勝した川崎Fから最多7名が選出。レアンドロ・ダミアンは初のベストイレブン選出。さらに、リーグ得点王に加え、最優秀選手賞も受賞となった。 充実のシーズンを過ごしたレアンドロ・ダミアンは「今シーズンは移動も多く、隔離生活が長いシーズンでしたが、より自分たちの団結力を生むことができたのかなと思います」とチームの団結力がポイントだったとコメント。「この団結力をもって今シーズンを戦うことによって、Jリーグを優勝することができましたし、みんなのおかげで自分は得点王にたどり着けたので、みんなには感謝していますし、この賞をもらって嬉しく思います」とチームメイトを含めた全員への感謝を述べた。 今シーズンで印象に残っている試合は「名古屋戦の連戦のところの試合です。あそこは1つカギになった試合だったと思います」とコメント。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程の関係もあり、まさかの首位攻防戦が連戦で行われたところがポイントだったとコメント。「名古屋とはあのタイミングで競っていたので、フロンターレの力を見せることができたのかなと思います」と、そこで結果を残せたことがプラスだったと語った。 また、一番印象に残っているゴールについては「湘南戦(第16節)のゴールです」と5月26日の湘南ベルマーレ戦のゴールを挙げ、「隣にいる山根視来選手から素晴らしいパスをもらって、自分がゴールをしました。あのゴールは自分でもすごく気に入っていて、友人たちからもメッセージが届きました。あのゴールは1つ強く思い出に残っています」と、5月の月間最優秀ゴールに選ばれた一発を挙げた。 このゴールは周囲からの反応も大きかったとコメント。「バイシクルシュートを数々決めてきていますが、相手にサプライズを起こす1つの手段です」と語り、「パスは転がってきたボールでしたが、自分で上手く上げることができて、自分の特徴であるバイシクルシュートを決めることができました」とゴールを解説。「あのゴールを見た時に、友人たちはスーパーゴールだと。これからもこういったゴールを決めてくれと言ってくれました」と、素晴らしいゴールを量産したいとした。 リーグ連覇、得点王にMVP、そしてベストイレブンと充実したシーズンだが、来シーズンはアジアのタイトルも狙う。 「ACLに関しては1位で予選を突破することもできましたし、本当に良い大会を過ごすことができたと思います。残念ながらPKであのような結果になってしまいましたが、今大会はあそこでチームとして非常に良い経験ができたのではないかなと思います」 「この素晴らしい経験を必ず来年のACLに生かして、タイトルを勝ち取りたいと思っています」 <span class="paragraph-title">【動画】ダミアンが一番印象に残っている湘南戦のバイシクルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="tvgcZSCJmXg";var video_start = 273;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.06 23:31 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly