プレミアクラブが一致団結! 南米から選手を連れ戻すためのチャーター機手配でまさかのタッグ

2021.10.14 16:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チームの死活問題を解決するため、プレミアリーグのクラブが一致団結するようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。10月のインターナショナル・マッチウィークが終了し、再び各国でリーグ戦が再開する今週末。ヨーロッパではUEFAネーションズリーグ ファイナルズが行われた他、カタール・ワールドカップ(W杯)の予選が各大陸で行われている。

各選手が自国のW杯出場を目指して予選を戦い、続々とチームに合流している中、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で日程消化が遅れている、南米と北中米カリブ海の予選の日程が変更。13日、14日も予選が行われることとなった。

週末に試合がある中で、木曜日に予選を戦うため、南米の代表選手のチーム合流がギリギリになる状況。ラ・リーガでは、影響が出るチームの試合日程を変更。レアル・マドリーvsアスレティック・ビルバオ、グラナダvsアトレティコ・マドリーの2試合が延期となっていた。

同様に南米選手の合流が遅れることとなったプレミアリーグだが、試合日程はズラせず。また、チャーター機を飛ばすことなれば、10万ポンド(約1550万円)以上の費用がかかることとなり、各クラブが頭を悩ませている。

そんな中、主力選手を派遣しているクラブがタッグを組んでプライベートジェットを飛ばす計画があるとのこと。すでに手配をしているという。

14日に行われる南米予選では、ブラジル代表とウルグアイ代表が対戦。その2チームにはプレミアリーグから9選手が派遣されており、各チームが手を組むようだ。

南米予選には、シティがブラジル代表にGKエデルソンとFWガブリエウ・ジェズス、リバプールがブラジル代表にGKアリソン・ベッカーとMFファビーニョ、ユナイテッドがブラジル代表にMFフレッジとウルグアイ代表にFWエディンソン・カバーニを派遣。その他、リーズ・ユナイテッドがブラジル代表にFWハフィーニャ、チェルシーがブラジル代表にDFチアゴ・シウバ、アストン・ビラがブラジル代表にMFドウグラス・ルイスを派遣している。なお、アストン・ビラは守護神のGKエミリアーノ・マルティネスをアルゼンチン代表へと派遣している。

いずれの選手もクラブの試合は土曜日に行われ、一番早いのはリバプールが日本時間の16日20時30分キックオフに。ブラジル代表の試合後、35時間でのキックオフに。最も離れていてもチェルシーの40時間と、ほとんど差はない状況だ。

なお、この9名はクラブの試合開催地に合わせて2手に分かれることが検討されている。

ブラジルとウルグアイ以外にも選手は派遣されており、トッテナムはアルゼンチン代表にMFジオバニ・ロ・チェルソ、DFクリスティアン・ロメロ、コロンビア代表にDFダビンソン・サンチェスに加え、ブラジル代表にDFエメルソン・ロイヤルと4名も派遣。試合は日曜日にニューカッスルで行われるため、4選手をまとめてプライベートジェットに乗せる計画のようだ。なお、対戦するニューカッスルはパラグアイ代表にMFミゲル・アルミロンを派遣している。

9月の代表活動では、イギリスからのレッドリスト国に指定されていたため、帰国後の検疫期間が設けられるとともに、代表参加したことで処分が下されることに。しかし、10月に向けてはレッドリストから外れた国があるため、検疫期間を設けなくても良くなっている。

なお、コロンビアはレッドリストに載っているため、ダビンソン・サンチェスやエバートンのDFジェリー・ミナ、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのMFジェレミー・サルミエントは帰国後に検疫期間が設けられることとなる。

コロナ禍での国をまたいだ移動に関しては各国で対応が様々。W杯予選を戦うという義務がある中で、そのために選手たちは戦っているが、クラブとの兼ね合いはまだまだ難しいものを強いられることになりそうだ。

関連ニュース
thumb

前回対戦時は冨安を巡ってバトル!クロップ&アルテタの“気まずそう”な抱擁シーンをファンは見逃さず「やらされてる感すごい」

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、リバプールvsアーセナルが13日にアンフィールドで行われた。 リバプールFW南野拓実はフル出場、アーセナルDF冨安健洋はベンチ外となったこの試合、アーセナルのMFグラニト・ジャカが24分に一発退場となり、リバプール優位と思われながらも、90分には南野が決定機を逃してしまう場面もあり、0-0のドローに終わっている。 そんな中、大きな注目を集めているのが、両指揮官による抱擁のシーンだ。 リバプールのユルゲン・クロップ監督とアーセナルのミケル・アルテタ監督の2人は、前回対戦時の2021年11月、冨安とFWサディオ・マネが接触した際にバトル。激しくやり合い、どちらにもイエローカードが提示されていた。 そんないざこざがあっただけに、今も2人の間には気まずさが残っているのかもしれない。『Bleacher Report』の公式ツイッターが投稿した抱擁シーンの写真では、2人は互いに抱き合いながらも、目を合わせることはなく、全くの無表情だ。 『Bleacher Report』が「とても気まずそう」というコメントとともに投稿した1枚にはファンも笑いを隠せなかった模様。「やらされてる感すごい」、「喧嘩後の兄弟みたい」、「アルテタもクロップも死んだ魚の目」、「これ好き」と思い思いの反応をしている。 アーセナルホームで開催される2ndレグは1週間後の20日に開催されるが、そこでも2人の挨拶シーンに注目したい。 <span class="paragraph-title">【動画】クロップ監督とアルテタ監督の気まずすぎる1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So awkward <a href="https://t.co/CGL8MOaOTw">pic.twitter.com/CGL8MOaOTw</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1481762786346741760?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「悪い顔してる」決定機逸の南野の目の前で“満面の笑み”浮かべる冨安の相方にファン注目「最高だな」

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、リバプールvsアーセナルが13日にアンフィールドで行われた。 リバプールの日本代表FW南野拓実は、アフリカ・ネーションズカップ参戦組に代わり先発で起用されたものの、アーセナルの日本代表DF冨安健洋は負傷でベンチ外となり、日本人対決はお預けとなった。 試合はアーセナルのMFグラニト・ジャカが24分で退場し、リバプールが試合の主導権を握るも中々ゴールを奪えず。試合終盤にかけては割り切ってゴールレスでのクローズを狙うアーセナルに対して、勝利がほしいリバプールが猛攻を仕掛けていく展開となった。 そして90分、リバプールに最大のチャンス。右サイドからのクロスに対し、飛び出したアーセナルのGKアーロン・ラムズデールと味方が交錯したルーズボールがボックス中央の南野のもとへこぼれる。だが、南野はバウンドにうまく合わせ切れず、シュートを大きくふかしてしまい、無念の決定機逸となってしまった。 このシーンでは、リバプールの面々も思わず頭を抱え、南野も肩を落としたが、満面の笑みを浮かべる人物が南野の目の前にいた。 それはアーセナルのイングランド代表DFベン・ホワイト。普段は右サイドバックの冨安の隣でチームの守備を支える男は、この日も奮闘。1人少ないなかで無失点に抑え続けていた。 このピンチの場面でも、南野のシュートを体を張って防ごうとゴール前でただ1人準備。シュートが枠外に飛んでいくと、感情が高ぶったのか南野の方を向きながら満面の笑みを浮かべていた。 この瞬間を切り取った写真がSNS上で拡散されると、アーセナルファンを中心に反響。「最高だな」、「複雑」、「ホワイトさん笑」、「悪い顔してる」と様々な反応が寄せられている。 試合はそのまま0-0で終了。アーセナルとしてはリバプール相手に前半に退場者を出しながら引き分けるという満足いく結果になっただけに、ホワイトの喜びも相当に大きかったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】リバプールファンは見ない方がいい?南野拓実の目の前で満面の笑みを浮かべるベン・ホワイト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Night Gooners! <a href="https://t.co/bDquW30Zfr">pic.twitter.com/bDquW30Zfr</a></p>&mdash; Evan Cooper (@Lacazest) <a href="https://twitter.com/Lacazest/status/1481778853710286849?ref_src=twsrc%5Etfw">January 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.14 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

一発レッドのジャカ「みんなに謝りたい」…望みを繋いだ同僚に感謝も

アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカが謝罪した。 ジャカを擁するアーセナルは13日に敵地アンフィールドでカラバオカップ準決勝1stレグのリバプール戦に臨み、0-0のドロー。20日にホームで予定する第2戦に望みを繋ぐ結果を手にした。 だが、先発したジャカは24分、敵陣からのロングフィードを左足で処理しようとするが、同じくこのボールに反応したポルトガル代表FWジオゴ・ジョタの腹部に蹴りを見舞ってしまった。 主審は間髪入れずにレッドカードを提示。ジョタが自身の視界にいきなり飛び込む形で蹴りを入れてしまったジャカは故意ではないと強く主張するが、覆ることなく、ピッチを後にした。 これまでも何度か退場処分を受けるなか、またも持ち前の戦う姿勢が仇となり、チームを苦境に追いやってしまったジャカ。試合後、自身のインスタグラムに詫びの言葉を綴った。 「みんなに謝りたい。今夜、クリーンシートでやり過ごしてくれたチーム、そしてそのスピリットを誇りに思う」 2022.01.14 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

サラーと交渉難航のリバプール…クラブOBも不安 「彼は望む報酬に値する選手だ」

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏がエジプト代表FWモハメド・サラー(29)の契約延長を願った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2017年夏にローマから加入したサラーはチームのエースに君臨すると、ここまで公式戦通算229試合の出場で148ゴール56アシストを記録。2度のプレミアリーグ得点王に輝き、チームのプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ(CL)、FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)など数多くのタイトル獲得に絶大な貢献を果たした。 今シーズンも開幕から絶好調を維持するサラーは、公式戦26試合で23ゴール9アシストをマークしており、プレミアリーグでは現在16ゴールで得点ランキングトップに立っている。 こうした並外れた活躍を続けるサラーだが、2023年までとなっている契約の交渉は難航。選手本人はクラブへの残留希望を示す一方で、給料面で合意できない状況が続いている。 このまま交渉が進展しなければ大エースを失う恐れのあるリバプールについて、キャラガー氏も懸念を表明。サラーは高額な給料を要求するだけの活躍をしてきたと語り、クラブに契約延長の決断を促した。 「リバプールのサポーターはこの状況が長引くことを警戒すべきだろう。リバプールの他の大物選手であるアリソン(・ベッカー)やトレント(・アレクサンダー=アーノルド)、ヴィルヒル・ファン・ダイクらはここ3、4カ月で契約延長したからね」 「サラーはプレミアリーグや世界のサッカー界のトップ選手と同等の報酬を望んでいるようだ。しかし、それをしてはいけない理由はないだろう。彼はその報酬に値する、世界最高の選手の一人なのだから」 「問題は、サラーがどこに行くかだ。スペインの巨人(レアル・マドリードとバルセロナ)たちは財政面を考えると選択肢から外れる。サラーがマンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドに行って、自分のレガシーを台無しにする? おそらくそれはないだろう。そして、それがリバプールにとっての交渉材料になるかもしれない」 「できるだけ早く交渉が行われることを望むよ。クラブはサラーと契約した時の価格を忘れてはいけない。彼らは1億ポンドを費やしたわけではなく、自分たちが得意とすることを行い、見事な取引になった。移籍金も給料も、そこまで大きなものではなかった」 「リバプールやオーナーに選手が望むものをそのまま与えろと言うわけではないが、サラーが今夏や1年半後にこのクラブを去るような事態になれば、許されることではないと思う」 「彼はリバプールのレジェンドであり、クラブがこれまでに擁したなかでももっとも偉大な選手の一人だ。だからこそ、早急に解決する必要がある」 2022.01.14 16:46 Fri
twitterfacebook
thumb

数的有利活かせずドローのリバプール、クロップ監督は「もっと良いプレーができるはず」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が数的有利を生かせず、勝利を逃したことを悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは13日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグでアーセナルと対戦した。アフリカ・ネーションズカップ開催によってFWモハメド・サラーとFWサディオ・マネを欠く状況で迎えた一戦は、前半相手に退場者が出ながらも攻めあぐねる展開に。ボールを握るもチャンスを作れない状況が続くと、終了間際に訪れた決定機をFW南野拓実が決めきれなかったこともあり、ゴールレスドローに終わった。 試合後のインタビューに応じたクロップ監督は、相手に退場者が出たことで逆に難しくなったと説明。20日に2ndレグが控えているが、まずは週末のプレミアリーグに集中したいと語った。 「これは言い訳ではなく説明だが、我々は明確な理由によって今夜はメンバーを変えざるを得なかった。それでも、試合の入り方はとても良かったと思う。序盤には見たかったものがすべて見られた。その後レッドカードが出て、低いブロックと対戦することになった。いくつかの間違った判断があったと思う。急ぎすぎて、プレッシャーを感じているようだった。これはよくあることだ」 「これはカップ戦であり、2つの試合がある準決勝だ。今はまだハーフタイムを0-0で終えたようなものであり、おそらくアーセナルが現時点でより良い位置にいると感じていても、まだ試合が終わったとは感じていない」 「アーセナルが次の試合で何をするか、私はまったくわからない。私の頭の中はすでに(週末に行われる)ブレントフォード戦に切り替わっている。先ほども言ったように、自分たちがもっと良いプレーができることは分かっており、それをしなければならない。それがこの試合の真実だ。今はそれを受け入れて、これから進んでいかなければならない」 「今夜のフットボールには問題があったが、今夜並べたこのチームで問題は解決できる。それは間違いない。とはいえ、同じように何かを求めて戦っている相手がいることを無視してはいけないだろう。今夜のアーセナルは非常に情熱的なパフォーマンスだった。だからこその0-0だと我々は受け止めている。そして、ここからが本番だ」 2022.01.14 10:41 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly