ユナイテッド撃破のウェストハム、PK失敗で敗戦から中2日での勝利にコーチが言及「この試合で何かを証明できたかも」

2021.09.23 11:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムでコーチを務めるスチュアート・ピアース氏が、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

22日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。

両者は19日に行われたプレミアリーグ第5節でも対戦。ウェストハムのホームで行われた試合は、1-2でユナイテッドが勝利していた。

その試合では1-1で試合が推移すると89分に昨季はレンタル移籍でプレーしていたジェシー・リンガードがゴールを決めユナイテッドが勝ち越し。しかし、ウェストハムは後半ラストプレーでPKを獲得する。

このシーンで生え抜きのレジェンドでありPKキッカーでもあるマーク・ノーブルを投入。しかし、そのPKはGKダビド・デ・ヘアが見事にセーブし、1-2でユナイテッドが勝利していた。

その試合から中2日、カップ戦で相見えた両者だがウェストハムが9分にマヌエル・ランシーニのゴールで先制。その後ユナイテッドに押し込まれる展開も逃げ切り、リーグ戦での借りを返した。

デイビッド・モイーズ監督に代わって試合後に取材対応したピアース監督は、悔しい思いをした3日前のリーグ戦から立ち直れたことを喜んだ。

「週末に何も得られなかったのは本当に残念だった。少なくとも勝ち点1を得るには十分なプレーができていたと思うので、この試合で何かを証明できたかもしれない」

「その前のサウサンプトン戦もそうだったが、週末のファンのみんなは本当に素晴らしかった」

「今日の勝利には価値があったと思う。試合の終盤にいくつかチャンスがあれば、もっと差が開いていたかもしれない」

また、先制点を決めたシーンも評価。チャンスをもっと生かすべきだったとしながらも、リバウンドメンタリティを見せた選手たちを称えた。

ライアン・フレデリックスがゴールの場面で素晴らしい働きをしてくれた。彼が相手を抜き、皿の上にボールを置いた。マヌ(エル・ランシーニ)がそこにいて、綺麗にゴールを決めた」

「他にもいくつかチャンスがあった。ジャロッド(・ボーエン)も良いチャンスがあったと思う。このようなチャンスをいくつか決められれば、今よりももう少し楽な試合になるかもしれない」

「心が折れそうになった時もあったが、今夜の選手たちが示したキャラクターは素晴らしかった。ウェストハムのスタッフは皆、この結果と彼らの活躍を誇りに思っている。監督は土曜日のリーズ戦に向けて、再び集中力を高めるだろう」

関連ニュース
thumb

ポーランド代表ラストゲームのファビアンスキが男泣き…会場全体が感動ムード

ウェストハムに所属するポーランド代表GKウカシュ・ファビアンスキ(36)が、ポーランド代表でのラストマッチで感極まった。 2006年3月に行われたサウジアラビア代表戦でポーランド代表デビューを飾ったファビアンスキは、アルトゥール・ボルツやヴォイチェフ・シュチェスニーらとポジションを争いながら、これまで通算56試合に出場してきた。 しかし、近年は所属するウェストハムで負傷離脱が続いた影響などもあり、今年8月に代表引退を発表した。 そういった中、今回のインターナショナルマッチウィークでは、ファビアンスキの長年に渡る貢献に報いたいポーランドサッカー協会(PZPN)の発案によって、9日にホームで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のサンマリノ代表戦が、同選手の代表ラストマッチに設定されることに。 そして、サンマリノ戦で代表57キャップ目を刻んだファビアンスキは、チームが3-0でリードしていた57分にGKラドスラウ・マイェッキとの交代でピッチを後にすることに。 その際、ホームサポーターからスタンディングオベーションを送られた36歳のベテランGKは、感極まって人目をはばからずに涙を流しながらピッチをゆっくりと歩き、ピッチサイドでは自チームと、サンマリノの選手たちによって作られた花道を通って愛する代表に別れを告げた。 <span class="paragraph-title">【動画】ファビアンスキが男泣き</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">I almost cried with him <br><br>enjoy retirement <a href="https://twitter.com/LukaszFabianski?ref_src=twsrc%5Etfw">@LukaszFabianski</a> <a href="https://t.co/28CL9FYlZm">pic.twitter.com/28CL9FYlZm</a></p>&mdash; (@whu_aj) <a href="https://twitter.com/whu_aj/status/1446931379690872836?ref_src=twsrc%5Etfw">October 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Łukasz Fabiański leaving the pitch to a stading ovation and a guard of honour in Poland&#39;s World Cup qualifying victory over San Marino <a href="https://twitter.com/hashtag/POLSMR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#POLSMR</a> <a href="https://t.co/WPfJ19mojA">pic.twitter.com/WPfJ19mojA</a></p>&mdash; News (@NewsNews__News) <a href="https://twitter.com/NewsNews__News/status/1446976726698008578?ref_src=twsrc%5Etfw">October 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.10.11 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「逆足でこれはえぐくね?」長谷川唯が絶妙ループで加入後初ゴール! 1G1Aの活躍で勝利の立役者に!

ウェストハム・ウィメンに所属するなでしこジャパンのMF長谷川唯が加入後初ゴールを挙げた。 ウェストハムは3日、FA女子スーパーリーグ(WSL)で昨季2位のマンチェスター・シティ・ウィメンと対戦。39分には長谷川のクロスをダグニー・ブリニャールスドッティルが頭で合わせて先制点を奪った。 だが、これ以降は防戦一方となり、GKの仕事が激増。辛うじて耐えながらリードを保って終盤を迎えると、試合終了間際にビッグチャンスが訪れる。 長谷川が最終ラインにプレッシャーを掛けると、相手DFのバックパスは焦って中途半端に。それを見逃さずにすかさずボールを奪ってGKが前に出ているのを確認すると、距離はありながらも左足で絶妙なループシュートを沈めて見せた。 最後までプレッシングを惜しまなかった背番号「14」へ与えられたご褒美にファンも大興奮。WSLの公式ツイッターが動画を公開すると「長谷川選手すご!!!」、「逆足でこれはえぐくね?」、「大胆で素晴らしい」、「彼女のプレスとスタミナのおかげ」などの賞賛が多数寄せられた。 長谷川本人も引用リツイートで「初ゴール。このゴール、日本の皆さんに久しぶりに見てもらえましたね。次は自分でこの形を」と残している。 試合はこのままタイムアップを迎え、ハマーズが2-0で勝利を収めた。1ゴール1アシストという目に見える結果はもちろん、持ち味の運動量をいかんなく発揮して勝利に貢献した長谷川。加入して間もないが、すでにチームに欠かせない存在となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】長谷川唯の加入後初ゴールは鮮やかなループ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What a way to wrap up a MASSIVE win at City from <a href="https://twitter.com/maybe10_?ref_src=twsrc%5Etfw">@maybe10_</a>!<br><br>How far out?! <a href="https://twitter.com/westhamwomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@westhamwomen</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysFAWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysFAWSL</a> <a href="https://t.co/xzA9oWgVvo">pic.twitter.com/xzA9oWgVvo</a></p>&mdash; Barclays FA Women&#39;s Super League (@BarclaysFAWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysFAWSL/status/1444678586443526145?ref_src=twsrc%5Etfw">October 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.04 14:10 Mon
twitterfacebook
thumb

なぜかウォーターサーバーのボトルまで飛び交う…ELの試合中にファン同士が衝突

9月30日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループH第2節、ウェストハムvsラピド・ウィーンの一戦で、ラピド・ウィーンの一部サポーターが問題を起こしてようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ウェストハムの本拠地ロンドン・スタジアムで行われた試合は、キックオフ前から両チームのサポーター同士の争いが起きていたという。 そして、29分にウェストハムがMFデクラン・ライスのゴールで先制すると、その直後にラピド・ウィーンの一部サポーターがアウェイチームに割り当てられた席を飛び越え、ウェストハムサポーターがいるエリアへと向かおうとした。それに対し、スタジアムの警備員が応戦する形となった。 この小競り合いでは、ペットボトルなども次々と投げられ、なぜかウォーターサーバーの水を入れるボトルまで投げ込まれていた。 さらに、コーナーキックの場面ではウェストハムのDFアーロン・クレスウェルに対してライターも投げられたという。 試合後にも再び小競り合いが起きたこの試合だが、ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督は試合後に苦言を呈した。 「ヨーロッパの常連のクラブになりたいので、正しく行動したいと思っている。誰が始めたのかは分からないが、こういう評価は望んでいない。ヨーロッパの大会に誰もが歓迎してくれるクラブになりたいと思っている」 「私はいくつものものが投げられていることに気づいていた」 なお、試合は後半アディショナルタイムに追加点を挙げたウェストハムが2-0で勝利。ラピド・ウィーンに所属する日本人FW北川航也は62分から途中出場している。 <span class="paragraph-title">【写真】通路を挟んで物の投げ合いに…なぜかウォーターサーバーの水を入れるボトルが投げられる瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Clashing West Ham and Rapid Vienna fans threw bottles of URINE at each other - Uefa investigating and arrests made<a href="https://t.co/CcvIBRzcGa">https://t.co/CcvIBRzcGa</a></p>&mdash; Duncan Wright (@dwright75) <a href="https://twitter.com/dwright75/status/1443890215656071168?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">West Ham and Rapid Vienna fans clash as objects thrown in ugly scenes<a href="https://t.co/DqPNg5018o">https://t.co/DqPNg5018o</a> <a href="https://t.co/fdHcHEihJo">pic.twitter.com/fdHcHEihJo</a></p>&mdash; Mirror Football (@MirrorFootball) <a href="https://twitter.com/MirrorFootball/status/1443666617313939458?ref_src=twsrc%5Etfw">September 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.01 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

EL2連勝のウェストハム、指揮官モイーズ「勝てて嬉しく思う」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が結果に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ウェストハムは9月30日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループH第2節でラピド・ウィーンをホームに迎え撃ち、2-0で勝利。これでグループH唯一の2連勝となり、首位の座をキープした。 公式戦でも3連勝と勢いづくモイーズ監督は試合後、喜びの心境を述べた。 「勝ち点3に値するが、厳しい戦いだった。勝てて嬉しく思う。これまでのようにボールをうまく繋げなかったと思う場面もあったが、我々にとって、新たな大会であり、新たな経験なのだ。やっていくうちに色々とわかってくるだろう」 「ヨーロッパの夜に相応しいものになったね。今夜の試合に来てくれたすべてのサポーターに感謝する。結果は期待を裏切るようなものじゃなかった。それは確か。我々は本当に高い基準を設けており、それを維持するのに必死なのだ」 2021.10.01 11:05 Fri
twitterfacebook
thumb

EFLカップ4回戦の対戦カード決定! ユナイテッド撃破のハマーズが王者シティと対戦

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦の組み合わせ抽選会が22日に行われ、全8カードが決定した。 3回戦では王者マンチェスター・シティ、チェルシー、リバプール、トッテナム、アーセナルとプレミアリーグのビッグ6が順当に勝ち抜けを決めた。 その一方で、直近のリーグ戦でも対峙したウェストハムにリベンジを許したマンチェスター・ユナイテッド、エバートンとワトフォードが下位カテゴリーのチームにジャイアントキリングを許している。 今回決定した4回戦の組み合わせではウィコム(3部)に圧勝の王者シティがユナイテッドを撃破したウェストハムと対戦するほか、FW南野拓実の2ゴールの活躍でノリッジを撃破したリバプールはチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストン・ノースエンドと、DF冨安健洋を擁するアーセナルはリーズ・ユナイテッドとの対戦が決定している。 なお、4回戦は10月の第5週のミッドウィークに開催予定だ。今回決定した4回戦組み合わせは以下の通り。 ◆EFLカップ4回戦組み合わせ チェルシー vs サウサンプトン アーセナル vs リーズ ウェストハム vs マンチェスター・シティ バーンリー vs トッテナム レスター vs ブライトン プレストン(2) vs リバプール ストーク(2) vs ブレントフォード QPR(2) vs サンダーランド(3) ※()内は所属カテゴリー 2021.09.23 07:32 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly