ピアース氏がウェストハムのコーチを辞任「新たなチャレンジを追求する適切な時期」

2022.05.24 07:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムは23日、スチュアート・ピアース氏(60)がアシスタントコーチを辞任し、クラブを離れることを発表した。

ピアース氏は現役引退後、ノッティンガム・フォレストやマンチェスター・シティ、U-21イングランド代表監督を歴任。2012年のロンドン・オリンピックでは、イギリス代表監督も務めていた。

その後、2017年11月に指揮官に就任したデイビッド・モイーズ監督のアシスタントコーチとしてウェストハムに加入。一度は退任したモイーズ監督と共にチームを離れたが、2020年8月に再任していたモイーズ監督のアシスタントコーチに就任すると、2シーズンに渡って同職を勤め上げた。

クラブを離れる決断を下したピアース氏は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「このたび、ウェストハムを去ることになり、大変残念に思っている。過去2年間、このクラブで働けたことは喜びであり、名誉出会ったが、今は離れて新たなチャレンジを追求する適切な時期だと判断しました」

「この場を借りて、ウェストハムに戻る機会を与えてくれたデイビッド・モイーズ監督、デイビッド・サリバン、デイビッド・ゴールドの両オーナー、カレン・ブレイディ副社長に感謝の意を表したい」

「ラッシュグリーン(ウェストハムの練習場)で選手やスタッフと毎日一緒に仕事ができたことは素晴らしいことで、この特別な環境を失うことはとても残念です。これからもウェストハムは特別なクラブとして常に私の心の中にあり続けるだろう」

関連ニュース
thumb

シャルケ、CBマリウス・ローデと契約解除…今年1月の加入から半年で退団へ

シャルケは16日、ノルウェー代表DFマリウス・ローデ(29)と双方合意のもとで契約を解除したことを発表した。 同選手は今年1月に母国のボデ/グリムトからフリーで加入したセンターバック。リーグ戦では6試合に出場し、日本代表DF板倉滉ともプレーした。ただ、今季はここまで公式戦3試合でベンチ外となっていた。 加入の際に2024年6月30日までの契約を結んだローデだが、本人によれば「双方がこの状況に満足していなかったから、僕たちは契約を終わらせることにしたんだ」とのこと。スポーツ・ディレクターのルーベン・シュレーダー氏も「我々は彼が公私で素晴らしい将来を送れることを願っている」とエールを送っている。 2022.08.16 19:28 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、先日プロ初ゴールのバイノー=ギテンスと長期契約締結!

ドルトムントは16日、U-19イングランド代表FWジェイミー・バイノー=ギテンス(18)と2025年まで契約を延長したことを発表した。 マンチェスター・シティのユース出身のバイノー=ギテンス。2020年夏にドルトムントがフリーで獲得し、主戦場としたU-19では昨シーズンにリーグ優勝に貢献した。 すでに昨季のブンデスリーガ終盤戦でトップチームデビューを果たしている同選手だが、今季から正式に昇格し、7月末に行われたDFBポカール1回戦や、ブンデスリーガ開幕節のフライブルク戦に出場。そのフライブルク戦では64分から右ウイングで出場し、ミドルシュートを決めてプロ初ゴールを記録した。 今月8日に18歳となったバイノー=ギテンスは、今回の契約更新に「大きな意味のあるもの」と満足感を示し、今後に向けて意欲を燃やした。 「ここに来たばかりの頃はコロナとケガで思うようにいかなかったけど、ドルトムントで続けることは僕の目標だった。今はこれから数カ月、数年とチームの力になれるよう、努力し続けることを楽しみにしているよ」 2022.08.16 18:43 Tue
twitterfacebook
thumb

フォレストで長らく活躍のロリー、シドニーFCとの2年契約にサイン

Aリーグ・メンのシドニーFCは15日、ノッティンガム・フォレストからイングランド人FWジョー・ロリー(29)の獲得を発表した。契約は2年間。 ロリーはこれまで母国イングランドの下部リーグを主戦場としたウィンガーで、2018年1月からフォレストでプレー。在籍4年半で通算169試合の出場数を誇り、チームがプレミアリーグ昇格を決めた昨季もチャンピオンシップ26試合を含む公式戦29試合でプレーした。 チャンピオンシップ通算232試合の出場で、プレミアリーグにもハダースフィールド・タウン時代に6試合のプレー歴を持つロリーは「シドニーFCに加わること、シドニー中心部のアメージングな新スタジアムでプレーできることにすごく興奮している」と喜びを語った。 2022.08.16 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

広島FWジュニオール・サントスが母国へ! ボタフォゴFRが今年末までのレンタル発表

ボタフォゴFRは15日、サンフレッチェ広島からブラジル人FWジュニオール・サントス(27)のレンタルを発表した。契約期間は12月31日までの今年末までとなる。 ジュニオール・サントスは2019年夏の柏レイソル入りを機にJリーグ挑戦。2020年夏からレンタル加入の横浜F・マリノスで明治安田生命J1リーグ13得点とブレイクを遂げ、2021年から広島に完全移籍した。 広島では1年目にJ1リーグ35試合出場で7ゴールを記録したが、横浜FMで残したインパクトの再現とはいかず、今季もここまで22試合のプレーで2得点で、この8月の公式戦4試合ではすべてベンチ外だった。 なお、ボタフォゴFRによると、ジュニオール・サントスはメディカルチェック等々ですでにリオ・デ・ジャネイロにおり、新たなチームメイトとのトレーニングにまもなく合流する見込みだという。 2022.08.16 09:25 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルGKルナルソン、ベルギーの次はトルコへ…アランヤスポルに1年レンタル

アランヤスポルは15日、アーセナルからアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(27)の1年レンタルを発表した。背番号「13」をつける。 ルナルソンは母国でプロデビュー後、デンマークやフランスで経験を積み、2020年9月にアーセナル入り。昨季はジュピラー・プロ・リーグのルーヴェンに貸し出され、公式戦20試合に出場した。 今夏にはひとまずアーセナルに戻ったが、GKアーロン・ラムズデールが正GKの座に君臨。GKベルント・レノが去ったが、GKマット・ターナーが新たに加わったため、出番が見込めなかった。 ルナルソンは「来られてすごく嬉しい。長く話し合ってきたんだ。このクラブに来た瞬間から信じられないほど手厚い歓迎を受けた。早くチームメイトと会って、チームの力になりたい」と語っている。 2022.08.16 08:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly