林大地がシント=トロイデンと正式契約、背番号「15」で労働許可が下り次第合流

2021.08.20 17:57 Fri
©STVV
シント=トロイデンは20日、サガン鳥栖のU-24日本代表FW林大地(24)を完全移籍で正式加入することを発表した。背番号は「15」となる。

林はガンバ大阪Jrユース、履正社高校、大阪体育大学を渡り歩き、大学在学中の2019年に2種登録選手としてサガン鳥栖のトップチームに登録。2020年に正式加入した。
ルーキーイヤーの昨シーズンは明治安田生命J1リーグ31試合の出場でチーム最多の9ゴールを記録。チームが上位争いを演じる今季も20試合の出場で4ゴールの活躍を披露していた。

林はU-23日本代表には絡んでいなかったが、シーズンの活躍を受けてU-24日本代表のバックアップメンバー入り。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けてメンバーが18名から22名に拡大。そこで滑り込んだ林は、3位決定戦を含む5試合で1トップを務めていた。

なお、労働許可書が発行され次第、チームに合流する予定とのことだ。
シント=トロイデンは、日本代表GKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨、MF伊藤達哉、DF松原后に加え、林と同じ東京オリンピックに出場したDF橋岡大樹が所属しており、林が6人目の日本人選手となる。

またこれまでにはFW小野裕二(ガンバ大阪)や日本代表DF冨安健洋(ボローニャ)、日本代表MF遠藤航(シュツットガルト)の他、フランクフルトからのレンタル移籍で日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)が所属。そのほかにも、MF関根貴大(浦和レッズ)やFW中村敬斗(LASKリンツ)、FW木下康介(浦和レッズ)、DF小池裕太(セレッソ大阪)が所属した。
関連ニュース

元日本代表FW岡崎慎司が現役引退を決断…日本代表で50ゴール、レスターでは奇跡のプレミア優勝を達成「気付いたら体がボロボロで…」

シント=トロイデンは26日、元日本代表FW岡崎慎司(37)が今シーズン限りで現役引退することを発表した。 岡崎は滝川第二高校出身で、2005年に清水エスパルスでプロ入り。闘志溢れる献身的なプレーが魅力で、“ダイビングヘッド”を代名詞に活躍。公式戦154試合で49ゴールを記録した。 2011年1月にシュツットガルトに完全移籍。ブンデスリーガに挑戦すると、公式戦85試合で13ゴールを記録。2013年7月にマインツへと移籍すると、公式戦70試合で29ゴールを記録した。 2015年7月にはレスター・シティへ移籍すると、奇跡のプレミアリーグ優勝のメンバーに。公式戦137試合で19ゴールと得点数は減ったが、前線からの献身的な守備でチームを支え評価を受けることに。マラガへの移籍がクラブの問題で頓挫するもウエスカに移籍しラ・リーガでのキャリアをスタート。カルタヘナを経て、2022年8月にシント=トロイデンへ完全移籍した。 シント=トロイデンでは、ボランチでもプレーするなどした中で、ヒザのケガにも悩まされることに。1年半で公式戦39試合2ゴールを記録していたが、今シーズンはケガでプレーできない時間が続いていた。 日本代表としても119試合に出場し歴代3位の50ゴールを記録。2010年、2014年、2018年と3度のワールドカップに出場。2011年、2015年の2度のアジアカップに出場すると、2011年は優勝を経験していた。 岡崎はクラブを通じてコメント。引退の決断は身体の限界だとしている。 ーーーーーー 皆さんにご報告があります。 今シーズン限りで引退する事に決めました。サッカー選手として今まで全力を尽くしてきたけど、気付いたら体がボロボロで、そして自然と自分に限界を感じました。このクラブに来た事、このクラブで引退を決意した事は運命だと感じています。 シーズンが終わったら改めて引退について話が出来たらと思います。シーズン最後まで復帰を目指しながらチームに貢献できるよう頑張ります。 応援してくれる人に正直でいたくて、クラブと話をして早くに発表させてもらいました。最後は自分を応援してくれた人の為にも頑張ります。 ーーーーーー <span class="paragraph-title">【動画】引退決断…岡崎慎司、Jリーグ時代のゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="OPpsVWOjFDo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】守備で大きな貢献を果たした岡崎慎司プレミア全ゴール!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="EVumm1Ua_84";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.26 16:30 Mon

「これは見事」「テクニカル過ぎる」伊藤涼太郎が美技弾で決勝点!シント=トロイデン創設100周年記念試合の主役に

シント=トロイデンの日本代表MF伊藤涼太郎が、観衆を魅了した。 シント=トロイデンは24日、ジュピラー・プロ・リーグ第27節でウェステルローを本拠地に迎え、1-0で勝利を収めた。 決勝点を挙げたのは伊藤。ハーフウェーラインを越えた右サイドから、外のヤルネ・ステウカースへボールをはたきつつ斜めのコース取りで中央へと立ち位置を移していく。 ステウカースが切れ込みながらアブバカリ・コイタへ縦に付けると、落としを受けた伊藤は、ワントラップから左足での鮮やかなループシュートを沈めた。 GKの位置を見極めての見事なフィニッシュには、「涼太郎上手いわ」、「テクニカル過ぎる」、「これは見事なゴール」、「相変わらずうめぇ」といった賛辞が寄せられている。 1月1日には、国立競技場でのタイ代表戦で日本代表デビューを飾りながらも、インパクトを残せなかった伊藤。悔しさを噛みしめながら「数字を残さないと」と吐露していたなかで、今年に入ってから2得点目、今季のリーグ戦では4つ目のゴールを数えた。 なお、23日にクラブ創設100周年を迎えていたシント=トロイデンは、この試合をクラブ創設100周年記念試合に設定。伊藤の美技弾で、メモリアルマッチの勝利を収めている。 また、その他の日本人選手は、鈴木彩艶がフル出場し、藤田譲瑠チマが71分から、山本理仁が89分から途中出場。小川諒也はベンチ入りも出番がなく、岡崎慎司はメンバー外となっている。先発した殊勲の伊藤は、70分までプレーしている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤涼太郎の見事なループシュートが決勝点に!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IBSHxqTBnx8";var video_start = 195;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.25 21:25 Sun

鈴木彩艶が代表戦の鬱憤晴らす好セーブ!シント=トロイデンを完封勝利に導く「この調子で頑張ってほしい」「これこそザイオン!」

シント=トロイデンの日本代表GK鈴木彩艶が完封勝利に貢献した。 シント=トロイデンは9日、ジュピラー・プロ・リーグ第25節でKVコルトレイクをホームに迎え、1-0で勝利を収めた。 鈴木は先発出場し、リードして迎えた69分にビッグセーブを披露。シント=トロイデンは左サイドを崩され、クロスからニアでイサーク・デイビスにフィニッシュを許したが、ポジショニングを微調整して足でストップ。窮地を救った。 DAZNがこのプレーを「日本代表守護神がビッグセーブ」と称してピックアップすると、ファンからも「この調子で頑張ってほしい」、「日本の守護神彩艶!」、「これこそザイオン!」といったエールが贈られることとなった。 1日に浦和レッズからの完全移籍移行が発表されたばかりの鈴木。日本代表として4試合に出場したアジアカップ2023ではベスト8に終わったが、悔しさをはねのける活躍で虎の子の1点を死守している。 なお、その他の日本人プレーヤーは、シント=トロイデンの藤田譲瑠チマが先発出場し、後半アディショナルタイムまでプレー。山本理仁は78分から途中出場し、小川諒也と伊藤涼太郎はベンチ入りも出番がなかった。岡崎慎司はメンバー外だった。 また、コルトレイクの角田涼太朗と藤井陽也は揃ってフル出場。藤井は40分にCKからオウンゴールを献上している。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表帰りの鈴木彩艶が好セーブ披露でクリーンシート達成</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>日本代表守護神がビッグセーブ<br>\<br><br>鈴木彩艶が完封勝利に貢献<br>チーム合流後初のリーグ戦で活躍<br><br>ベルギーリーグ第25節<br>シント=トロイデン×コルトレイク<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/STVV_JP?ref_src=twsrc%5Etfw">@STVV_JP</a> <a href="https://t.co/2C9seGQP9g">pic.twitter.com/2C9seGQP9g</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1756203218487345292?ref_src=twsrc%5Etfw">February 10, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.10 22:30 Sat

アジアカップで奮闘中の鈴木彩艶がシント=トロイデンに完全移籍移行! 浦和に感謝…「11年間ありがとうございました」

シント=トロイデンと浦和レッズは1日、日本代表GK鈴木彩艶(21)の完全移籍移行を発表した。完全移籍の契約は今年7月1日からとなる。 現在、アジアカップでベスト8まで勝ち進む日本代表で全4試合に先発中の鈴木。クラブレベルでは昨夏に浦和からシント=トロイデンに期限付き移籍し、欧州に舞台を移すと、ジュピラー・プロ・リーグでは加入直後から16試合連続で先発が続いている。 パリ・オリンピック出場も目指す注目株はシント=トロイデンを通じて、「このたび、STVVに完全移籍することになりました」と報告しつつ、決意を新たにしている。 「まず初めにシーズンの半分をこのクラブで過ごし、正直、自分としてはまだまだ力不足を感じています。これまで以上に努力をし目に見える結果でこのクラブに貢献できるように精進していきます。引き続き応援よろしくお願いします」 一方、下部組織から過ごした浦和では「このたび、シント=トロイデンVVへ完全移籍することになりました」と語りはじめ、さらなる活躍とこれまでのサポートに感謝した。 「浦和で培った経験を世界の舞台で発揮できるように、そして、浦和レッズアカデミーの選手たちの目標となれるようにこれからも努力を続けていきます。改めまして11年間ありがとうございました」 2024.02.01 17:24 Thu

「キャッチしてこぼすのが嫌だった」失点前のプレー判断はイラク戦の反省から、GK鈴木彩艶が失点シーンを語る「悔しい部分はある」

日本代表GK鈴木彩艶(シント=トロイデン)が、バーレーン代表戦での失点シーンを振り返った。 31日、アジアカップ2023・ラウンド16のバーレーン代表vs日本代表がアル・トゥマーマ・スタジアムで行われ、1-3で日本が勝利。ベスト8進出を決めた。 グループEを首位で通過したバーレーンと、グループDを2位通過となった日本との対戦。試合は毎熊晟矢のミドルシュートの跳ね返りを堂安律が決めて先制すると、後半早々には良い守備から久保建英が追加点を奪う。 しかし、セットプレーからオウンゴールで失点し嫌なムードに。それでも上田綺世が毎熊のパスを受けて3人を振り切ると、GKの股間を抜く豪快ゴール。1-3で勝利を収め、準々決勝に進出した。 4試合連続でゴールを守っている鈴木。勝利したことについては「今日のゲームも完全なアウェイのなると事前に聞いていましたし、前回のイラク戦はそういった中で早い時間帯に失点してしまって、難しい展開になりました。勝利するというところで次のステージに繋げられたことは良かったです」と、まずは勝てたことが良かったとした。 前半は相手のオフサイドだったが一対一もセーブするなど、良いプレーを見せていた。「オフサイドになりましたけど、常に笛が鳴るまで自分としてはプレーし続けますし、あのシーンも落ち着いて対応できました」とコメント。「ボールにアタックしようかなと思ったんですけど、相手の状況が良かったのでステイして、角度的にも良くて自分の間合いで対応できました」と振り返った。 一方で後半にはオウンゴールで失点。CKから相手のシュートを弾くも、浮き球を処理しにいったところ、上田と交錯してオウンゴールとなった。「後半の失点というところは、どちらもボールに反応するので、少し悔しい部分はあります」と語る鈴木。「最初のボールで自分としては手が使えるので、下ではなく空中に弾けば、セカンドボールにも対応できると思いました」とプレー選択を語り、「自分としてはキャッチした感覚があってぶつかって失点しまいました」とコメント。上田との接触については、「僕のことも見えてなかったといっていて、いくら声を掛けていても上田選手はゴールライン上にいたのでどちらも反応しました」と、互いに失点を防ごうとした結果だとした。 ただ、失点に繋がるCKの前に右からのクロスがDFに当たって浮き球になると、鈴木はパンチングを選択。これが短くなってしまい、繋がれた結果がCKになっていた。 鈴木はそのシーンを振り返り「空中に上がったボールは凄く回転がかかっていたので、キャッチしてこぼすのが嫌でした」とコメント。「前回のイラク戦で同じシーンがあってキャッチミスをして、そこをセカンドボール拾われたシーンがあって、そのイメージで弾きに行ったし、もっとトライしていいんじゃないかと言われました」と語り、イラク戦での失敗を繰り返さないようにパンチングの判断にしたと説明。ただ、キャッチしに行っても良いと言われたと明かした。 これでセットプレーからはロングスローを含めて4失点目。4試合連続失点中と守備陣としては残念な結果になっている。 「アジアカップではセットプレーが大事になる」と語る鈴木。「セットプレーで失点することは非常にもったいないので修正したいです」と自薦への意気込みを語った。 <span class="paragraph-title">【動画】CKからのシュートに反応も、その後に接触してボールはゴールへ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UQYzszRD4BY";var video_start = 323;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.01 06:20 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly