グループ首位のクロアチア代表にモドリッチ、コバチッチら25名が招集《カタールW杯欧州予選》

2021.08.17 10:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クロアチアサッカー連盟(HNS)は16日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むクロアチア代表メンバーを発表した。

ズラトコ・ダリッチ監督は25名に加え予備メンバー4名の合計29名を招集した。

今回のメンバーにはMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)やMFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、DFデヤン・ロブレン(ゼニト)らが順当に選出された。
また、ドイツ代表を選択して物議を醸したDFボルナ・ソサ(シュツットガルト)がついに招集された。

ユーロ2020ではグループステージを2位で通過したものの、ラウンド16でスペイン代表に敗れて敗退していたクロアチア。ここまで予選3試合を戦い、2勝1敗でグループ首位につけている。

9月1日にアウェイでロシア代表(6pt/2位)と、同4日にはアウェイでスロバキア代表(5pt/3位)と、同7日にはホームでスロベニア代表(3pt/5位)と対戦する。

今回発表されたクロアチ代表メンバー25名と予備メンバー4名は以下の通り。

◆クロアチア代表メンバー25名
GK
イビツァ・イブシッチ(オシエク)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
シモン・スルガ(ルートン・タウン/イングランド)

DF
ミレ・シュコリッチ(オシエク)
ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ)
ヨシプ・ユラノビッチ(レギア・ワルシャワ/ポーランド)
ドゥイエ・チャレタ=ツァル(マルセイユ/フランス)
ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド)
フィリプ・ウレモビッチ(ルビン・カザン/ロシア)
デヤン・ロブレン(ゼニト/ロシア)
ボルナ・ソサ(シュツットガルト/ドイツ)
ヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ/ドイツ)

MF
ルカ・イバンシイッツ(ディナモ・ザグレブ)
ニコラ・モロ(ディナモ・モスクワ/ロシア)
ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ/ロシア)
マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)

FW
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア)
アンテ・ブディミル(オサスナ/スペイン)
アントニオ=ミルコ・チョラク(マルメ/スウェーデン)
ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ)
マルコ・リヴァヤ(ハイドゥク・スプリト)

◆予備メンバー4名
MF
ロブロ・マイェル(ディナモ・ザグレブ)
ルカ・スチッチ(ザルツブルク/オーストリア)
トマ・バシッチ(ボルドー/フランス)

FW
クリスティヤン・ロブリッチ(ゴリツァ)

関連ニュース
thumb

悔しいベスト8目前の敗戦…それでもサポーターは最後までゴミを拾って立ち去る

日本代表が貫いた姿勢は、サポーターにも波及。悲しい中でも、その精神を貫いた。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 2010年の南アフリカW杯に続いて2度目のPK戦での敗退。また、2大会連続であと一歩まで迫ったベスト8の夢がすり抜けることとなった。 最後はPK戦だったとはいえ、悲しい結末を迎えた中、日本のサポーターは選手を迎えると、最後までゴミをしっかりと拾い、スタンドを片付けて去っていった。 今大会で選手、そしてサポーターが見せた精神は世界を大きく揺るがしたはず。日本の試合はもう今大会見られないが、この精神はカタールに残り続けてくれそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】大会から敗退も最後まで日本代表サポーターはゴミ拾い</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2022.12.06 07:10 Tue
twitterfacebook
thumb

最後まで守られた日本代表の精神、最後のドレッシングルームもいつも通り整頓し大会を去る

日本代表の姿勢は、最後まで変わることはなく大会を去ることとなった。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 悲願のベスト8という目標を達成できなかった日本。あと一歩、あと半歩まで迫った中での敗退には、全ての選手が悔しさを滲ませていた。 しかし、日本代表の精神は最後まで失われることなく貫かれることに。悔しい思いをした後であっても、しっかりとドレッシングルームは整頓され、いつものように折り紙で作られた鶴と「ありがとう」とアラビア語と日本語で書かれた手紙を置木、大会を去ることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】最後まで精神を貫いた日本代表のドレッシングルーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2022.12.06 06:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「PKを蹴る勇気がすごいのよ」4年前の悔しさ知る武藤嘉紀が日本代表を労う「誰も悪くない!」

ヴィッセル神戸に所属する元日本代表FW武藤嘉紀が、日本代表選手たちを称えた。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16が行われ、日本はクロアチア代表と対戦した。 前回大会のファイナリスト相手に互角の戦いを挑んだ日本は、前半からアグレッシブにプレー。すると前田大然が先制ゴールを奪い、リードして前半を終える。 後半に入りクロアチアが押し込み始めると、55分にイバン・ペリシッチがネットを揺らして同点に。しかし、その後は粘り強く戦い1-1のドロー。延長戦もゴールが生まれず、PK戦にもつれ込んだ。 すると日本は、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。さらに4人目の吉田麻也も失敗すると、クロアチアは3人が成功し、1-3で敗退となった。 4年前、ロシアW杯でベルギー代表相手に悔しい敗戦を喫してベスト16に終わった日本。メンバーの1人として経験した武藤は試合後にツイッターを更新した。 「このプレッシャーの中、PKを蹴る勇気がすごいのよ。。。」 「誰も悪くない!本当にお疲れ様でした!」 W杯という舞台でのPK戦でキッカーを務めた選手たちへ労いのメッセージ。これにはファンも「その通り」と賛同する声が。また、「次に進むためにはこのプレッシャーに勝てる精神力が必要だと思う」という声も届いた。 <span class="paragraph-title">【SNS】PKキッカーに見解、日本代表選手を労う武藤嘉紀</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">このプレッシャーの中、<br>PKを蹴る勇気がすごいのよ。。。<br>誰も悪くない!<br>本当にお疲れ様でした!</p>&mdash; Yoshinori Muto/武藤 嘉紀 (@yoshimuto18) <a href="https://twitter.com/yoshimuto18/status/1599830886459273221?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「新時代を見せてくれた」岸田首相がカタールW杯で健闘した日本代表に感謝「勇気と感動を与えていただきました」

岸田文雄首相が、日本代表の選手たちに感謝の言葉を送った。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 新しい景色を見るために戦っていた選手たちだが、最後はPKでの敗退と悔しい結果に。岸田首相も、自身のツイッターで労いの言葉と共に、感謝の気持ちを綴った。 「PK戦で惜しくもあと一歩届かず、サッカー日本代表、悲願のW杯ベスト8進出はなりませんでした。しかし最後まで勝利を諦めずプレーする姿に勇気と感動を与えていただきました」 「日本サッカーの新時代を見せてくれた監督、選手、関係者の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【SNS】岸田首相がW杯で健闘した日本代表に感謝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">PK戦で惜しくもあと一歩届かず、サッカー日本代表、悲願のW杯ベスト8進出はなりませんでした。しかし最後まで勝利を諦めずプレーする姿に勇気と感動を与えていただきました。<br>日本サッカーの新時代を見せてくれた監督、選手、関係者の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。</p>&mdash; 岸田文雄 (@kishida230) <a href="https://twitter.com/kishida230/status/1599825268189040640?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 06:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ブラジルがネイマールの復帰弾などで韓国に4発快勝!アジア勢はラウンド16で全滅…《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のブラジル代表vs韓国代表が5日に行われ、4-1でブラジルが勝利した。 グループGを首位で通過したブラジルは、主力を温存して臨んだグループG最終節のカメルーン代表戦から先発からミリトン以外の10人を変更。ケガ明けのネイマールとダニーロやリシャルリソン、カゼミロ、マルキーニョス、GKアリソンらベストメンバーで臨んだ。 一方、3日前に行われたポルトガル代表戦で勝利しグループHを2位で通過した韓国は、その試合から先発を2人変更。イ・ガンインとクォン・ギョンウォンに代えてファン・ヒチャンとイ・ジェソンを先発で起用。最前線にチョ・ギュソンを据えた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 試合は早い時間にスコアが動く。ブラジルは7分、ボックス右深くから侵入したハフィーニャの折り返しがファーサイドに抜けると、フリーのヴィニシウスがワントラップから難なくゴールネットを揺らした。 幸先良く先制を許したブラジルは、11分に自陣ボックス内でクリアをしようとしたチョン・ウヨンに対して、後方からボール奪取を試みたリシャルリソンが足を蹴られてPKを獲得。このPKをネイマールがゴール右下に決めた。 立て続けに失点した韓国は、17分に左サイドからカットインしたファン・ヒチャンが強烈なミドルシュートでゴールを脅かしたが、これはGKアリソンの好セーブに防がれた。 2点のリードで主導権を握ったブラジルは、29分にセットプレー崩れのボールを敵陣でキープしたリシャルリソンがボックス右手前のマルキーニョスへ繋ぐと、中央へのパスをカゼミロがワンタッチでゴール前へ。最後はゴール前に走りこんだリシャルリソンが難なくゴールに流し込んだ。 さらにブラジルは36分にも、ネイマールのパスをボックス左で受けたヴィニシウスがファーサイドへふわりと浮かせたクロスを上げると、走りこんだパケタが右足ボレーでゴール左隅に流し込んだ。 ハーフタイムにかけてもブラジルは、パケタやハフィーニャに決定機が訪れたが、追加点を奪うことは出来ず、前半は4-0で終了した。 迎えた後半、韓国はチョン・ウヨンとキム・ジンスを下げてソン・ジュンホとホン・チョルを投入。すると47分、キム・ヨングォンのロングフィードに反応したソン・フンミンがボックス左からゴールを狙ったが、これは飛び出したGKアリソンが体に当て、ゴール右に外れた。 その後は一進一退の展開が続く中、韓国は68分に左クロスのこぼれ球をボックス右のファン・ヒチャンがダイレクトシュート。さらにGKアリソンが弾いたボールをソン・フンミンが詰めたが、シュートはマルキーニョスのスライディングブロックに阻まれた。 この試合最大の決定機を逃した韓国だったが、76分に1点を返す。右サイドで獲得したFKからイ・ガンインがクロスを供給すると、クリアボールをペナルティアーク手前で拾ったペク・スンホが左足一閃。強烈なミドルシュートがゴール右に突き刺さった。 1点を返されたブラジルは、80分にGKアリソンとケガ明けのネイマールを下げてGKウェヴェルトンとロドリゴを投入。その後も危なげない試合運びで試合を締めたブラジルが、前半のゴールラッシュで韓国を下してベスト8進出を決めた。 ブラジル 4-1 韓国 【ブラジル】 ヴィニシウス(前7) ネイマール(前13[PK]) リシャルリソン(前29) パケタ(前36) 【韓国】 ペク・スンホ(後31) 2022.12.06 06:03 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly