東京五輪に臨むU-24スペイン代表は豪華! GKウナイ・シモンやペドリらユーロ2020のスペイン代表から6名が招集

2021.06.29 19:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペインサッカー連盟(RFEF)は29日、東京オリンピックに臨むU-24スペイン代表メンバーを発表した。

ルイス・デ・ラ・フエンテ監督は、22名を指名。18名の本大会登録メンバーに加え、予備登録メンバー4名を招集した。

今回のメンバーには、ラ・リーガで主軸としてプレーし、スペイン代表としてユーロ2020に参加しているメンバーも多数選出した。

28日のラウンド16・クロアチア代表戦で痛恨のオウンゴールを喫したGKウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)やマンチェスター・シティからバルセロナへと復帰したDFエリック・ガルシア、CBでコンビを組むDFパウ・トーレス(ビジャレアル)、バルセロナの新星MFペドリやMFダニ・オルモ(RBライプツィヒ)、FWミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)が招集されている。

また、レアル・マドリーのFWマルコ・アセンシオやアーセナルに2年間レンタルで出ていたMFダニ・セバージョスも招集。U-24日本代表としてプレーするMF久保建英の同僚でもあるMFマルク・ククレジャも招集された。

スペインはグループCに入り、エジプト、アルゼンチン、オーストラリアと対戦する。今回発表されたU-24スペイン代表は以下の通り。

◆U-24スペイン代表メンバー
GK
アルバロ・フェルナンデス(ウエスカ)
ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)
アレハンドロ・ドミンゲス(ラス・パルマス)

DF
オスカル・ミンゲサ(バルセロナ)
ヘスス・バジェホ・ラサロ(グラナダ)
エリック・ガルシア(バルセロナ)
パウ・トーレス(ビジャレアル)
オスカル・ヒル(エスパニョール)
フアン・ミランダ(レアル・ベティス)

MF
マルク・ククレジャ(ヘタフェ)
ホン・モンカジョラ(オサスナ)
マルティン・スビメンディ(レアル・ソシエダ)
ダニ・セバージョス(レアル・マドリー)
ミケル・メリノ(レアル・ソシエダ)
カルロス・ソレール(バレンシア)
ペドリ(バルセロナ)

FW
ブライアン・ヒル(セビージャ)
マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー)
ダニ・オルモ(RBライプツィヒ/ドイツ)
ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)
ラファ・ミル(ウォルバーハンプトン/イングランド)
ハビエル・プアド(エスパニョール)



1 2

関連ニュース
thumb

ビジャレアルの19歳FWピノ、リバプールとアーセナルが関心か

ビジャレアルのスペイン代表FWジェレミ・ピノ(19)に、リバプールとアーセナルが関心を寄せているようだ。 ピノは16歳でビジャレアルの下部組織に入団し、2020-21シーズンからファーストチームの一員に。昨季は右サイドを主戦場に公式戦40試合に出場し、7得点4アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出にも大きく貢献した。 昨年10月には18歳でA代表デビュー。今年3月のアルバニア代表戦で初ゴールもゲットし、通算4試合1得点。今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)出場も期待される成長株だ。 スペイン『アス』によると、ビジャレアルはピノのリリース条項を8000万ユーロ(約110億円)に設定している。しかし、リバプールやアーセナルからのオファー次第では、この金額以下でも売却を容認する可能性があるという。 ビジャレアルは昨季の後半戦にトッテナムからの半年レンタルで在籍したアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソの再獲得に本腰。収支バランスを整えるために、選手の売却が必要となる可能性がある模様だ。だが、ピノはビジャレアルが育て上げた宝石の1人。首脳陣らにとって難しい決断となるようだ。 2022.08.08 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーがエスパニョールのデ・トーマスに関心、昨季17ゴールのスペイン代表FW

エスパニョールのスペイン代表FWラウール・デ・トーマス(27)に古巣レアル・マドリーが関心を寄せているようだ。スペイン『アス』が報じている。 デ・トーマスは「RDT」という愛称で親しまれるエスパニョールの絶対的エース。マドリーの下部組織出身で、バジャドリーやラージョ・バジェカーノでの活躍を経て、2019年夏にベンフィカへとステップアップした。 ベンフィカでは飛躍できなかったものの、2020年1月からプレーするエスパニョールで大活躍。昨季はラ・リーガで34試合17得点3アシストと大車輪の働きでスペイン代表に初選出され、今夏はアトレティコ・マドリーやバイエルンなどからの関心も伝えられている。 一方のマドリーはフランス代表FWカリム・ベンゼマの代役が務まる人材を探しており、デ・トーマスは候補の1人。選手本人も古巣への復帰を優先しているとみられている。 だが、デ・トーマスを迎え入れるために、まずは放出が必須とのこと。スペイン人FWボルハ・マジョラルの売却が有力だという。同選手は昨季の後半戦にも貸し出されていたヘタフェへの完全移籍が取り沙汰されている。 ヘタフェとはクラブ間合意に達しており、選手本人の同意を残すのみ。売却が成立した場合は、デ・トーマスの確保に前進する流れだ。なお、エスパニョールは7500万ユーロ(約101億円)ものリリース条項を設定しているが、最終的な価格は2500~3000万ユーロ(約33億8000万~40億円)に落ち着くと考えられている。 2022.08.01 16:20 Mon
twitterfacebook
thumb

パコ・アルカセルがブンデス復帰を希望、古巣ドルトムントら3クラブへ売り込みか

ビジャレアルの元スペイン代表FWパコ・アルカセル(28)が、ブンデスリーガへの復帰を望んでいるようだ。 パコ・アルカセルはかつてドルトムントで活躍。2018年夏にバルセロナから加入し、公式戦47試合で26得点を記録するなど、高い決定力を見せつけていた。だが、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの加入と入れ替わるようにビジャレアルへ移籍した。 しかし、2021-22シーズンは苦難の1年に。チームがチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出という快挙を成し遂げた一方、パコ・アルカセルはケガにも悩まされ、公式戦22試合の出場で5得点5アシストという結果に終わった。 そんな中、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、パコ・アルカセルの代理人が、選手の古巣ドルトムントや、ヘルタ・ベルリン、ウニオン・ベルリンに対して売り込みをかけたとのこと。すでにドルトムントからは拒否されたようだが、首都の2クラブは回答を保留している模様だ。 ヘルタにとって、元ドルトムントのFW獲得に必要な1000万ユーロ(約13億6000万円)はかなりの大金とのこと。500万ユーロ(約6億8000万円)程度が妥当とみているようだ。 一方でドイツ『ビルト』によると、元U-21ドイツ代表FWダビー・ゼルケと、ポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクの2人に退団の可能性が残されており、今後の動向次第では選択肢の1つになると考えられている。 一方、ウニオンが獲得に乗り出す可能性は低いのではとみられている。今夏は前線に2選手を補強しており、現時点で5人のアタッカーを抱えていることから、これ以上は人員過多となるようだ。 2022.07.31 16:06 Sun
twitterfacebook
thumb

スペイン女子の練習場に珍客到来、グースが群れを成して悠々行進に「これは素晴らしい」「最高のユーロ」

現在、イングランドで開催中の女子ユーロ2022を戦っているスペイン女子代表だが、練習場に珍客が現れたようだ。 代表公式ツイッターは16日、「トレーニングの逸話」題してコミカルなBGMとともに紹介。ガンの仲間と思われる中型の水鳥が、10羽以上の群れを成して悠々とゴール裏を横切っていった。 カナダガン(Canada Goose)のようだが、種の断定は難しそうだ。中には芝生をついばむものもおり、行進の末に何食わぬ顔でフェンスの下を潜り抜け、グラウンドを後にした。 想定外のお客様に閲覧者からは「これは素晴らしい」、「誰も失いたくないね」、「最高のユーロ」などの声も寄せられている。珍しい光景に思われるが、現地在住のファンからは「イギリスでは至る所で見られるよ」との指摘もあがった。 なお、フィンランド女子代表、ドイツ女子代表、デンマーク女子代表と同居したスペインは2勝1敗でグループステージを突破。準々決勝で20日にイングランド女子代表と対戦することとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画】グラウンドを行進するガンの群れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">la anécdota del entrenamiento.<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/JugarLucharYGanar?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JugarLucharYGanar</a> I <a href="https://twitter.com/hashtag/WEURO2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WEURO2022</a> <a href="https://t.co/GNKK1wpiMQ">pic.twitter.com/GNKK1wpiMQ</a></p>&mdash; Selección Española Femenina de Fútbol (@SEFutbolFem) <a href="https://twitter.com/SEFutbolFem/status/1548074931560202241?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.18 22:22 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーMFセバージョス、ベティス移籍交渉が停滞…残留の線が強まる?

スペイン代表MFダニ・セバージョス(25)はレアル・マドリー残留の様相を呈しているようだ。 2017年夏に1650万ユーロ(約23億円)の移籍金でレアル・ベティスからマドリー入りしたセバージョス。だが、これまでマドリーでは分厚い選手層に阻まれ、多くの出場機会を得られず。アーセナルへのレンタル期間を経て復帰した2021-22シーズンも公式戦18試合の出場にとどまった。 マドリーとの契約は残り1年を切っているものの、クラブ側はセバージョスに対して延長オファーを提示するつもりはなく、今夏の放出計画の1人と位置付けている様子。スペイン『COPE』によると、マドリーは移籍金1000万ユーロ(約13億9000万円)のオファーであれば、売却を躊躇しない考えとのことだ。 しかし、移籍先として有力視されていた古巣ベティスはマドリーの要求する金額を支払えない模様。ベティス以外のクラブからも正式なオファーは届いていないとみられ、現段階ではマドリー残留の線が強まっているという。 2022.07.17 14:54 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly