新指揮官探し難航のスパーズ、モウと入れ替わりにローマ去ったフォンセカ招へいか?

2021.06.10 05:04 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新指揮官探しに難航するトッテナムが、今シーズン限りでローマを退団したパウロ・フォンセカ氏(48)と交渉を行っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏など複数メディアが報じている。今年4月にジョゼ・モウリーニョ監督を解任し、ライアン・メイソン暫定監督の下で今シーズンのプレミアリーグで7位フィニッシュしたトッテナム。

新シーズンに向けた最重要課題となる新指揮官探しでは、パリ・サンジェルマン(PSG)を指揮しているマウリシオ・ポチェッティーノ監督の再招へい、インテルを退任したばかりのアントニオ・コンテ氏の招へいに動いたが、いずれも交渉はまとまらず。

現在はアヤックスとの契約を更新したばかりのエリク・テン・ハグ監督、ブライトンのグラハム・ポッター監督、前ウォルバーハンプトン指揮官ヌーノ・エスピリト・サント氏など、様々な候補の名前が挙がっている。

そういった中、今回新たな候補として浮上しているのが、ポルトガル人指揮官のフォンセカ氏だ。

ロマーノ氏が伝えるところによれば、トッテナムはフォンセカ氏招へいに向けて3年契約での交渉を進めており、その話し合いには新フットボール・ディレクター就任間近と言われる元ユベントスのファビオ・パラティッチ氏も絡んでいるようだ。

先日にはエバートンの新指揮官候補に挙がっていたフォンセカ氏は、ノースロンドンでの仕事を熱望しており、トッテナムが同氏の招へいを決断した場合、交渉成立の可能性は高いようだ。

フォンセカ氏は前指揮官モウリーニョ監督と同じ戦術的ピリオダイゼーションをベースとする戦術家で、母国ではポルトやブラガなどの指揮官を歴任。また、シャフタール・ドネツクではリーグ3連覇など多くの国内タイトルを獲得した。

しかし、直近のローマでは得意とする[4-2-3-1]の布陣から[3-4-2-1]という新たな布陣を取り入れ、持ち味のポゼッションスタイルをベースに攻撃的なフットボールを志したものの、2シーズンを通じて守備面に多くの問題を抱えた結果、2年連続で目標のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃し、事実上の更迭となっていた。

トッテナムにとって決して理想的な指揮官とは言えないが、奇しくもモウリーニョの新天地となったローマの前指揮官を招へいすることになるのか…。
関連ニュース
thumb

セルティックがジョー・ハート獲得を決定的に! 経験豊富な元イングランド代表GK

セルティックがトッテナムから元イングランド代表GKジョー・ハート(34)を獲得することが決定的となったようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ロマーノ氏が報じるところによれば、セルティックとトッテナムは完全移籍に向けてクラブ間合意に至っており、ハートとも週給1万5000ポンド(約230万円)の条件で合意に至ったという。 契約期間などの詳細は現時点で不明も、今週中にもメディカルチェック受診、正式発表となる運びだ。 2006年から長らくマンチェスター・シティで活躍してきたハートだが、2016年にジョゼップ・グアルディオラ監督が就任して以降、そのキャリアに陰りがさし、トリノ、ウェストハム、バーンリーと国内外のクラブをレンタルで渡り歩くも、いずれの移籍先でも思うような活躍を見せられなかった。 その後、昨年夏にはホームグロウンの資格を持つトップチーム登録の選手の不足に加え、経験豊富なセカンドGKの獲得を求めた前指揮官ジョゼ・モウリーニョのリクエストを受けてトッテナムへ加入。 昨シーズンはフランス代表GKウーゴ・ロリスのバックアップとしてヨーロッパリーグ8試合を含め、公式戦10試合に出場していた。ただ、クラブは今夏にイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニをアタランタから獲得しており、序列は3番手に落ちる見込みだった。 一方、セルティックに関しては一昨シーズンは元イングランド代表GKフレイザー・フォースター(現サウサンプトン)を守護神として起用し、国内2冠を達成も、昨シーズンはギリシャ代表GKヴァシリオス・バルカス、元スコットランド代表GKスコット・ベインを併用するなど守護神を固定できず。そのことが直接の原因とは言い難いが、前年に比べて失点数は10点も増えていた。 そういった中、新守護神の獲得に動いていた中、百戦錬磨の元イングランド代表GKの獲得に動いた格好だ。 セルティックを率いるアンジェ・ポステコグルー監督はGKにもフィールドプレーヤー並みの足元の技術を求めており、ハートはキック力を除きその要求に応えられるかは不明だが、その豊富な経験はチームにとってプラスとなるはずだ。 2021.08.03 13:56 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナム、合流せずのケインに失望…罰金処分へ

トッテナムがイングランド代表FWハリー・ケイン(28)に処分を科すようだ。 トッテナムで縁遠いチームタイトルを欲して、今夏の移籍が取り沙汰されるケイン。ユーロ2020開幕前から移籍の可能性をほのめかしており、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーの興味も囁かれるなか、マンチェスター・シティ行きの憶測が加熱している。 そんなシティは移籍金1億ポンドのオファーを打診したともいわれるが、残るトッテナムとの契約期間は3年。ダニエル・レヴィ会長も売却の意思がないといわれるなか、渦中のケインはユーロ後の休暇を経て、2日からプレシーズンに合流予定だったが、姿を見せなかった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、トッテナムはエースストライカーのシティ移籍に向けた強行手段とも考えられる今回のトレーニング欠席という行動に失望。ケインに罰金処分を科すという。 なお、トッテナムはケインに1億2000万ポンド(約182億1000万円)以上の価値を見込み、依然として残留を希望。一方で、ケインはレヴィ会長との間に紳士協定があると信じている状況のようだ。 2021.08.03 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマやスパーズに遠藤&原口在籍のウニオン参戦! ECL予選プレーオフの対戦カード決定!

2021-22シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選プレーオフの組み合わせ抽選会が2日にスイスのニヨンで行われ、本選進出を懸けた全22カードが決定した。 2021-22シーズンから新たに設立されたECLは、チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐUEFA第3階層のレベルの大会。レギュレーション的には従来のELを分割する形式だ。 今回の予選プレーオフでは各国の国内王者によるチャンピオンズパス、各国の国内リーグの上位チームによるメインパスに分かれている。 今ラウンドから参戦するチームではトッテナム(イングランド)、ローマ(イタリア)、MF遠藤渓太、MF原口元気を擁するウニオン・ベルリン(ドイツ)、スタッド・レンヌ(フランス)といった名門クラブがいる。 また、その他の日本人所属クラブでは予選3回戦を突破した場合はMF香川真司のPAOK(ギリシャ)、MF齊藤未月のルビン・カザン(ロシア)、MF守田英正のサンタ・クララ(ポルトガル)が参戦することになる。 さらに、EL予選3回戦の結果次第ではFW北川航也のラピド・ウィーン(オーストリア)、FW古橋亨梧のセルティック(スコットランド)、MF田中亜土夢を擁するHJKヘルシンキ(スウェーデン)の参戦の可能性もある。 なお、ECLプレーオフの1sレグは8月19日、2ndレグは8月26日に開催される。 ◆チャンピオンズパス ムラorジャルギリス vs プリシュティナorボデ/グリムト ネフチorヘルシンキ vs マッカビ・ハイファorHBトースハウン オモニアorフローラ vs シャムロック・ローヴァーズorテウタ リガorハイバーニアンズ vs リンカーンorスロヴァン・ブラチスラヴァ リンフィールドorフォラ・エシュ vs カイラトorアラシュケルト ◆メインパス AELリマソールorカラバフ vs ブレイザブリクorアバディーン ウーイペシュトorバーゼル vs チュカリチュキorハンマルビー TNSorビクトリア・プルゼニ vs CSKAソフィアorオシエク パソス・デ・フェレイラorラーン vs トッテナム スタッド・レンヌ vs ローゼンボリorドムジャレ ラチorアンデルレヒト vs フィテッセorダンドーク ヴォイボディナorLASK vs ガラタサライorセント・ジョンストン コロス・コヴァリフカorシャフチョール vs スパルタク・トルナヴァorマッカビ・テルアビブ ボヘミアンorPAOK vs ハイバーニアンorリエカ クオピオン・パロセウラorアスタナ vs ウニオンベルリン ルツェルンorフェイエノールト vs エルフスボリorヴェレジュ ラクフ・チェンストホヴァorルビン・カザン vs RFSorヘント ディナモ・バトゥミorスィヴァススポル vs ロコモティフ・プロヴディフorコペンハーゲン サンタ・クララorオリンピア・リュブリャナ vs ソチorパルチザン トラブゾンスポルorモルデ vs ローマ シロンスク・ヴロツワフorハポエル・ベエルシェバ vs ラピド・ウィーンorアノルトシス ヤブロネツorセルティック vs トボルorジリナ 2021.08.02 23:09 Mon
twitterfacebook
thumb

ケインが合流予定日に姿を現さず…シティ移籍に向けた強硬手段の可能性も…

マンチェスター・シティ移籍が取り沙汰されるトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(28)が、チーム合流日にトレーニング施設に姿を現わしていないことがわかった。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 昨シーズン終了後にクラブレベルでトロフィーを獲得するため、トッテナムからの退団を希望する趣旨のコメントをしたケイン。家族の事情もあり、プレミアリーグ残留を望む同選手は、センターフォワード獲得を目指すシティ行きが盛んに取り沙汰されている。 しかし、3年の契約を残すトッテナムに今夏の売却の意思がないこともあり、ここまでクラブ間の交渉は進んでいない。 そういった中、先日にイギリス『テレグラフ』はケインが休暇が明ける今週のチーム合流後にダニエル・レヴィ会長に直談判を行うと報じていた。 そして、渦中のスパーズのエースは2日にトッテナムのトレーニング施設を訪れ、新シーズンに向けたトレーニングを開始する予定となっていた。 しかし、ケインは現時点でトレーニング施設のホットスパー・ウェイに姿を見せていない。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、ケインが姿を現していない理由に関して新型コロナウイルスなどの外的な要因ではなく、あくまで個人の意思だと伝えている。 ケインとしてはレヴィ会長との間で、適切なオファーが届いた場合、自身の希望でクラブを去ることができる“紳士協定”が存在していると考えており、それが守られていない現状に憤りを感じて練習ボイコットという強硬手段に打って出た可能性もあるようだ。 なお、現時点でケイン、クラブ双方から練習不在に関する説明は行われていない。 2021.08.02 19:39 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、守護神で主将のロリスとの間に不穏な空気?

フランス代表GKウーゴ・ロリス(34)とトッテナムの間に不穏な空気が漂っているようだ。 フランス代表として臨んだユーロ2020の戦いを終えて、先週にトッテナムのトレーニングに戻ってきたロリスは、先月29日に行われたMKドンズとのプレシーズンマッチで出場機会はなかったものの、早速ベンチ入りしていた。 しかし、イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えるところによれば、同31日にトッテナム・ホットスパースタジアムでファンを入れて行われた公開トレーニングにロリスの姿はなかったという。 その欠席理由に関して言及はないが、前述のMKドンズ戦でのベンチ入りを考えれば、負傷の可能性は低そうだ。 なお、今回のトレーニング欠席の数日前にはイギリス『The Athletic』が、ロリスが今後の去就について話し合うため、トッテナムの幹部との会談の場を設けるように要請したとの報道が出ていた。 ロリスの現行契約は今シーズン終了までとなっているが、現時点で新契約のオファーは届いていない。さらに、クラブは今夏に同選手の後釜候補と目されるイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(26)をアタランタから獲得している。 仮に、前述の欠席理由が去就に関する仲違いである場合は、マンチェスター・シティ移籍を希望するエースFWハリー・ケインに続きクラブ重鎮の流出という危機を迎えることになる。 2012年にリヨンから加入して以降、公式戦373試合に出場するロリスは守護神と共にキャプテンを務め、静かなるリーダーとして長らくチームを支えてきたが、今後の動向に注目が集まるところだ。 2021.08.02 14:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly