カシージャスの心臓発作後に最初に連絡を入れたのはモウリーニョ! 「最初に心配してくれた人」

2020.10.11 14:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてレアル・マドリー、スペイン代表で活躍したイケル・カシージャス氏が、昨年の心臓発作後にジョゼ・モウリーニョ監督から最初に連絡を受けていたことを明かした。これまでマドリー、スペイン代表で多くのトロフィーを獲得した世界屈指の名GKだったカシージャス氏は、自身最後の所属先となったポルト時代の昨年5月に心臓発作を起こした。その後、同年11月に練習復帰を果たしたものの、実戦復帰を果たせぬまま、今年8月に現役引退を発表した。



また、カシージャス氏によると、自身に心臓発作が起こった数週間後には妻であるサラ・カルボネロさんにも卵巣がんが見つかり、治療を受ける必要があり、同時期はカシージャス一家にとって非常に困難な時期だったという。

そういった苦境の中、カシージャス氏には世界中のフットボールコミュニティから多くの励ましの声が届いていたが、いの一番に連絡をくれたのは、マドリー時代に確執が公のものとなっていたモウリーニョ監督という意外な人物だった。

モウリーニョ監督はマドリーを率いた時代に、当時“アンタッチャブル”と思われていたカシージャス氏から守護神の座をはく奪し、実績で大きく劣るGKディエゴ・ロペスを起用。だが、その数年後には両者の関係は修復され、良好な関係を築けている。

今回、スペイン『ESPN Deportes』のインタビューに応じた元スペイン代表GKは、自身と妻に対するポルトガル人指揮官からの思いやりある行動を明かしている。

「(病気を経験して)以前は親しくなかった人たちとも親しくなれる」

「多くの人は知らないだろうけど、例えば、私の昔の監督であるモウリーニョが最初に私の身に起こったことを心配してくれた人だった。その後、彼は私の妻のことも心配してくれたんだ」

また、カシージャス氏は心臓発作を経験したことにより、自身の人生観にも大きな変化が生まれたことを認めている。

「長い間会っていなかった人たちと再会したよ。これまでよりも普通の日常を大切にしていると思う」

「明日や来週に何をすべきかを考えるのに悩まされることはないよ。今日が何をもたらすのかを考え、その瞬間をより楽しむことが重要なんだ」

「私は多くの部分でとても幸運だったと思っているが、多くの人はそうではない。あの日は絶対に死ぬと思っていたし、あの経験が私に多くのことを考え直させた。自分が特権を与えられている幸運な人間であることを思い知らされたよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ジダン監督「チップを変えるチャンス」 解任も取り沙汰され始める状況に「自分はアンタッチャブルな存在じゃない」とも

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が苦境からの立ち直りを目指した。クラブ公式サイトが伝えている。 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスを筆頭に負傷者も相次ぎ、直近のラ・リーガ3試合で1分け2敗と思わしくない戦いが続くマドリー。さらに、1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節のシャフタール・ドネツク戦も0-2の敗北を喫して、クラブ史上初となるグループステージ敗退の危機に瀕するなど、低空飛行が続いている。 5日に敵地で行われるラ・リーガ第12節のセビージャ戦に先駆けた会見に出席したジダン監督は9日にCLでの命運がかかるボルシアMGとの最終戦を控えているが、選手たちに対する変わらずの信頼を強調した上で、リーグ戦の戦いに集中した。 「我々は状況を把握しているのと同時に戦いたいと思っている。チップを変えるチャンスであり、それこそが我々のやろうとしていること。難しい状況なのは重々承知で、同じような状況を何度も経験してきたが、明日に戦うべき試合がある。レアル・マドリーが何であるかを示すために、私は選手を非常に信頼している。私にとって、それが最も重要だ」 「明日の試合を考えず、他の試合について考えることはできない。非常に良い相手からポイントを掴み取らなければいけない。我々はこういった戦わなければならない試合が好きで、実際にそうしようとしている。今後に2試合があるのもわかっているが、まずはリーグ戦のことを考える」 また、チームの不振ぶりを受けて、解任の憶測も飛び交い始めるジダン監督は最も難しい状況を過ごしていると認め、自身はアンタッチャブルな存在ではないと語っている。 「間違いないね。しかし、我々はこれまでも難しい時間を経験しているし、批判も受けた。それは今も同じ。でも、一番かって? そうかもしれないが、問題ない。こうしたことは考えるのではなく、選手がピッチで何をしてきたのかを考えるべき。明日は良いチームであることを示す絶好の機会。それだけだ」 「自分がアンタッチャブルな存在だと思ったことはない。選手としても、監督としても、人としてもだ。1人ひとりが何らかの理由でここにいて、最後の日まで過ごすためにここにいる。何が起こるかはわからないが、知っての通り、明日は試合があって勝つことだけを考えている。それ以外はどうでも良い。私にとって重要なのは選手と素晴らしい試合をして勝つことだ」 2020.12.05 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アザールが南野を華麗に抜き去って叩き込んだレアル加入後初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はベルギー代表FWエデン・アザールがレアル・マドリーで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アザールが決めたマドリー初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3UTcyUzl6MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チェルシーで世界屈指のアタッカーとしてブレイクしたアザールは、2019年夏にレアル・マドリーに加入。度重なるケガに苦しみながらも、試合に出た際には。実力の片鱗を見せるパフォーマンスを続けている。 圧倒的なドリブルスキルと決定力を武器とするアザールだが、2019年8月7日に行われたレッドブル・ザルツブルクとのプレシーズンマッチでは、マドリー加入後初ゴールを決めている。 0-0で迎えた19分、相手のコーナーキックをGKティボー・クルトワがキャッチすると、素早くFWカリム・ベンゼマにパスを送る。自陣中央でボールを受けたベンゼマが、前線に残っていたアザールにスルーパスを出すと、裏を取ったアザールが独走。ボックスの手前で、守備に戻ってきたMF南野拓実と1対1の場面になるも、鋭いカットインで華麗に南野をかわし、ペナルティーアーク内から豪快なミドルシュートを決めた。 試合は、アザールのマドリー初ゴールが、そのまま決勝点となり、1-0でマドリーが勝利している。 2020.12.04 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

カルバハルがUEFAスーパーカップで見せた、ボール奪取からの劇的独走ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カルバハルが決めた劇的ソロゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHNGw1TjRYTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーの下部組織出身のカルバハルは、レバークーゼンで頭角を現すと2013年夏にマドリーに復帰。不動の右SBとしてチームにとって欠かせない存在となっている。 豊富な運動量を誇り、90分を通して攻守に存在感を発揮するカルバハルだが、2016年8月9日に行われたUEFAスーパーカップ決勝のセビージャ戦では、劇的なソロゴールを記録している。 2-2の同点で延長戦までもつれた試合は、延長後半終了間際の119分、右サイドのハーフウェイライン付近で相手からボールを奪ったカルバハルがドリブルを開始。延長後半ということを感じさせない高速ドリブルで一気にボックス内までボールを運ぶと、右足のアウトサイドで劇的なゴールを決めた。 試合は、終了間際の逆転弾で勝ち越しに成功したマドリーが3-2と勝利。そのシーズン1つ目のタイトルを獲得した。 2020.12.03 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが偉業キャリア通算750ゴール達成に歓喜「全てのチームメイトと監督に感謝」、対戦相手にも感謝

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、偉業を達成した。 ユベントスは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節でディナモ・キエフと対戦。試合は3-0で勝利した。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウド2020-21シーズンゴール集!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwOG4xMWtBbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> この試合に先発出場したC・ロナウドは1-0で迎えた57分にボックス右から侵入したキエーザの折り返しを流し込んで追加点を奪っていた。 今シーズンは公式戦8試合で10ゴールとゴールを量産しているC・ロナウドだが、このゴールがキャリア通算750ゴール目のメモリアルゴールとなった。 C・ロナウドは自身のSNSを更新し、750ゴール達成を喜ぶとともに、800ゴールへ意気込みを語った。 「750ゴール、750の幸せな瞬間、750のサポーターの笑顔。この驚くべき数字に到達するのを助けてくれた全てのチームメイトと監督に感謝します」 「僕を毎日より懸命に働かさせてくれた全ての対戦相手にも感謝します」 「しかし、何よりも僕の素晴らしい家族のおかげです。常に、僕の最高の瞬間と最悪の瞬間に一緒にいてくれた」 「次の目的地は800ゴール。行こう!最後まで」 C・ロナウドは、スポルティング・リスボンで5ゴール、マンチェスター・ユナイテッドは118ゴール、レアル・マドリーで450ゴール、ユベントスで75ゴールを記録。ポルトガル代表では102ゴールを決めている。 ◆所属別のゴール数 スポルティング・リスボン(2002-2003) 31試合5ゴール マンチェスター・ユナイテッド(2003-2009) 292試合118ゴール レアル・マドリー(2009-2018) 438試合450ゴール ユベントス(2018-) 97試合75ゴール ポルトガル代表(2003-) 168試合102ゴール <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIT8rGIghp8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.12.03 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!“怪物”ロナウドの高速キックオフゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年12月3日にご紹介するのは、今から17年前に元ブラジル代表FWロナウド氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆“怪物”ロナウドが絶妙なシュートフェイントでシメオネをブチ抜く!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYUWhXUWJ5aCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! キックオフからわずか14秒でのゴール。“怪物”ロナウド氏のスピードとキレが分かる爽快なゴールです。 ◆マドリッド・ダービー史上最速弾 2002年の日韓ワールドカップでの大活躍の後、レアル・マドリーへと加入したロナウド氏。マドリーでもクラブ通算177試合104ゴールという数字を残しましたが、その中でも衝撃を与えたのが、2003年12月3日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたアトレティコ・マドリーとのマドリッド・ダービーでのキックオフゴールです。 センターサークル内にいたFWラウール・ゴンサレスとロナウドがキックオフを行い、後方のMFデイビッド・ベッカムへ。ベッカムはすぐ横のMFジネディーヌ・ジダンへパスを出すと、左サイドを上がるDFロベルト・カルロスへと展開します。 ドリブルでボールを前に運んだロベルト・カルロスがアトレティコ陣地中央付近でロナウドにパス。ボールを持ったロナウドは少し持ち出すと、飛び出してきたDFディエゴ・シメオネをあざ笑うかのようにシュートフェイントで股間を抜き、抜群のスピードで一気にボックス内へ。長髪に赤いキャップが特徴の相手GKヘルマン・ブルゴスが前に出るも、シュートフェイントで体を倒させると、最後は落ち着いて無人のゴールへと流し込みました。 このゴールはキックオフからわずか14秒での得点となり、マドリッド・ダービー史上最速のゴールとなっています。 ロナウドだけでなく、ロベルト・カルロス、ジネディーヌ・ジダン、デイビッド・ベッカム、ラウール・ゴンサレスと、まさに銀河系軍団の象徴のようなゴールでした。 2020.12.03 07:00 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly