J1昇格目指す長崎が監督交代…神戸、福岡、栃木を率いた松田浩氏が監督就任、吉田孝行監督はアシスタントコーチに

2021.05.03 20:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
V・ファーレン長崎は3日、成績不振により吉田孝行監督(44)の退任を発表。アカデミーダイレクターの松田浩氏(60)が監督に就任することを発表した。なお、吉田監督は、アシスタントコーチに就任することとなり、アカデミーヘッドオブコーチングの森保洋氏がアカデミーダイレクターを兼務するとのことだ。

なお、松田新監督は手続きが完了次第9日のギラヴァンツ北九州戦より指揮を執るとのことだ。

吉田監督はヴィッセル神戸で監督を務めていたが、昨シーズンは手倉森誠監督(現ベガルタ仙台)の下でアシスタントコーチに就任。手倉森監督退任を受けて、監督に就任していた。

しかし、今シーズンはここまで4勝2分け5敗の勝ち点14で現在11位。しかし、今シーズンの成績などを総合的に判断し退任することとなった。

一方の松田氏は、現役時代はサンフレッチェ広島でプレー。広島や神戸でコーチを務めると、神戸、アビスパ福岡、栃木SCで監督を経験。2018年から長崎の育成部長兼アカデミーダイレクターを務めていた。

両氏はクラブを通じてコメントしている。

◆吉田孝行監督
「V・ファーレン長崎に関わるすべての皆さま、いつもV・ファーレン長崎をサポートしていただきありがとうございます」

「今シーズン、「J1昇格」というクラブの目標に対して、思うような結果を出すことができず、申し訳なく思っていますし、責任を感じています。立場は変わりますが、これからもV・ファーレン長崎の「J1昇格」のために、全力で邁進していきます。今後とも、変わらぬサポートをよろしくお願いいたします」

◆松田浩 新監督
「この度、V・ファーレン長崎で指揮を執らせていただくことになりました松田です。私の故郷でもある長崎で監督としてお役に立てることをとても幸せに思います。 攻守にわたり意思統一を図り、チーム全員の力を結集して、目標であるJ1昇格に向けて全力で頑張っていきたいと思っております。引き続き、ご声援のほど、よろしくお願いいたします」

また、代表取締役社長の髙田春奈氏もコメントしている。

「今シーズン新監督のもと、J1昇格を目指して戦ってまいりましたが、残り31節となった現時点で今できる最善の策は何かとみんなで考え、このような結論に至りました」

「昨年の3位の成績に吉田現監督の力があったことは紛れもない事実であり、引き続きその力を発揮してもらえることを心強く思います。また、経験が豊富で長崎愛に溢れる松田新監督の監督就任は、必ず選手、スタッフはもちろんのこと、ファン・サポーターの皆様、あらゆるステークホルダーの皆様の希望の光となると考えます」

「厳しい状況であることに変わりはありませんが、自分達を信じ、仲間を信じ、目の前の一戦一戦にチャレンジしていく姿勢でぶつかって参ります。引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします」

さらに、キャプテンのMF秋野央樹、副キャプテンのMFカイオ・セザール、MFルアン、DF毎熊晟矢もコメントしている。

「今回の吉田監督の件について、プレーしているのは僕たち選手なので、選手一人ひとり責任を感じています。今シーズンなかなか結果も出ていないこと、不甲斐ないプレーがあったこと、ファン・サポーターの皆さんには本当に申し訳ない気持ちです。 しかし、選手は誰一人下を向いていませんし、今シーズンのJ1昇格を諦めていません。 この監督交代を機にもう一度自分たちのプレーを見つめ直し、初心にかえって練習や試合に臨みます」

「このような状況で言う立場にはないことは重々承知していますが、日頃から応援していただいているファン、サポーターの皆さんにお願いがあります。僕たちを熱くサポートして下さい。僕たちに力を下さい。今この状況を変えるには、監督やスタッフ、選手の力と、サポーターの皆さんの力が必要です。V・ファーレン長崎に関わるすべての方がひとつになり、この状況を変えたいです。よろしくお願いします」
関連ニュース
thumb

長崎DF鹿山拓真が富山にレンタル 「全てをかけて闘います」

カターレ富山は24日、V・ファーレン長崎からDF鹿山拓真(25)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は「33」。期間は2022年1月31日までとなる。 東海学園大学出身の鹿山は2018年3月から特別指定選手として長崎入りすると、翌シーズンから正式入団。2年目の昨季こそ明治安田生命J2リーグ14試合に出場したが、今季はここまで1試合の出番しかなかった。 鹿山は富山入りを受けて、それぞれの公式サイトを通じてコメントした。 ◆カターレ富山 「カターレ富山に関わる皆様。初めまして! この度、V・ファーレン長崎より加入しました鹿山拓真です。J2復帰の為に、全てをかけて闘います。宜しくお願いします!!」 ◆V・ファーレン長崎 「この度、カターレ富山に移籍することになりました。シーズン途中にも関わらずチームを離れることは、とても残念で、悔しい気持ちでいっぱいですが、自分の成長を期待して送り出してくれたチーム関係者の皆さん、選手・スタッフの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです」 「この約2年半の間で、このチームを離れて、と考えることは何度もありました。自分の成長のためにも、このチームを出るべきなのか、とたくさん悩みましたが、大学3年生の時にV・ファーレン長崎でプレーすることを即決し、地元長崎で活躍して、地元を元気にしたい!という想いを忘れることができず、やっぱり長崎で活躍したい!という想いでここまで頑張ってきました」 「しかし、今年で25歳になり、サッカー選手としては、決して若くはない年齢です。しっかり経験を積み、もっと成長していくためにこのチャンスを逃してはいけないと思い、この決断をしました」 「大好きなチーム、大好きな街を離れることはすごくすごく寂しいですが、もっともっと大きくなって帰ってこられるように富山で頑張ってきます!! ありがとう!長崎!!愛してます!行ってきます!」 2021.07.24 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

北九州がサポーターの不適切行為を報告、長崎戦での行為がSNSで拡散

ギラヴァンツ北九州は21日、サポーターの不適切行為を報告した。 クラブの発表によると、17日にトランスコスモススタジアム長崎で行われた明治安田生命J2リーグ第23節のV・ファーレン長崎戦で不適切行為があったとのことだ。 試合開始前、北九州のサポーターがV・ファーレン長崎に対して不適切行為を行なっている様子がSNSにアップされたとのことだ。 北九州はクラブを通じて声明を発表し謝罪した。 「クラブマスコットはクラブの顔であり、このような行為は、クラブとして決して許される事ではありません。V・ファーレン長崎のファン・サポーターの皆さま、ならびにV・ファーレン長崎の関係者の皆様に、不快なお気持ちとご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」 「また、ギラヴァンツ北九州のファン・サポーターの皆様におかれましては、SNS等においてJリーグの掲げる、相手をリスペクトする気持ち・フェアプレイの精神に基づいた発信・発言・行動を行なって頂けますよう今一度お願い申し上げます」 2021.07.21 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎、5月から離脱続く主将MF秋野央樹が右腓骨筋腱炎と診断

V・ファーレン長崎は5日、MF秋野央樹が右腓骨筋腱炎と診断されたことを報告した。 今シーズンの明治安田生命J2リーグ開幕から13試合連続で出場していた秋野だが、5月に足首を負傷。その後、早期復帰を目指し治療・リハビリを実施していたものの、今回右腓骨筋腱炎と診断された。 そして、全治には5週間を要する見込みだという。 2年連続でキャプテンを務める中、更なる離脱が発表された秋野はクラブ公式サイトを通じて一刻も早い戦列復帰に向けた意欲を語っている。 「ケガという形で、チームの力になれていないことを悔しく思っています。今、V・ファーレン長崎の選手たちがピッチで躍動している姿を見て、刺激をもらっています。復帰したときにチームの力になれるよう、今はしっかりケガを治したいと思います」 なお、2018シーズン以来のJ1復帰を目指す長崎は今季J2の前半戦終了時点で自動昇格圏内と8ポイント差の7位に位置している。 2021.07.05 17:52 Mon
twitterfacebook
thumb

長崎FW富樫敬真が交通事故被害、一時停止不停止の軽自動車に突っ込まれるもケガはなし

V・ファーレン長崎は23日、FW富樫敬真が交通事故に遭ったことを発表した。 クラブの発表によると、事故が起きたのは22日の14時頃。長崎県大村市東本町の交差点で、富樫の運転する車が交差点を青信号で直進しようとしたところ、一時停止不停止の軽自動車が富樫の自動車の側面に衝突したとのことだ。 衝突された富樫だがケガはなく、相手の運転手もケガはしていないという。 なお、事故発生後に速やかに警察に届け出、対応しているとのことだ。 今シーズンの富樫は明治安田生命J2リーグで14試合に出場し1得点を記録していた。 2021.06.23 19:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ルキアン10得点到達の磐田が3連勝! 長崎も玉田の初ゴールで2連勝【明治安田J2第16節】

29日、明治安田生命J2リーグ第16節の5試合が各地で行われた。 4位の磐田(勝ち点29)は12位の金沢(勝ち点19)と対戦。5戦負けなしで2連勝中の磐田と6試合未勝利の金沢の対戦は、まずは16分にホームの磐田が大森のボックス左からのシュートで決定機を迎えるが、ここはGK後藤の好セーブに遭う。 一方、最後の白星から1カ月遠ざかっている金沢は25分、ホドルフォが相手の最終ラインからボールを奪い、一気にビッグチャンスへ。ボックス左へ持ち上がり、並走する瀬沼にプレゼントパスを出したが、瀬沼はGK不在のゴール至近距離でこれを外してしまう、まさかの凡ミス。 命拾いした磐田は後半へ折り返した56分、松本のスルーパスを受けたルキアンがボックス右へ侵入。クロスを匂わせつつ、ほとんど角度のないところから逆のサイドネットにシュートを突き刺し、先制点を挙げた。 これで10得点にJ2一番乗りしたルキアンは、直後の59分にも右ポスト直撃のシュートを放つなど金沢ゴールに襲い掛かる。結局、得点は1点に留まったものの、反撃を許さなかった磐田が1-0で金沢を退け3連勝を収めた。 直近3試合で2勝1分けと好調の7位・長崎(勝ち点21)は、同じく2勝1分けと好調の13位・山口(勝ち点19)をホームに迎えた。2分の最初のCKで都倉のヘディグシュートに繋げると、14分にウェリントン・ハットの見事なパスから澤田がシュート。さらに18分には、味方のロングボールを上手く収めたエジガル・ジュニオがGKとの一対一の絶好機を迎えるが、狙い過ぎたか、シュートは枠の左へ。 それでも後半立ち上がりの49分についに山口の牙城を崩す。右サイドから上がったクロスを都倉が頭で折り返すと、加藤大が押し込んで先制。続く58分には、右サイドバックの毎熊がシンプルなロングボールを送ると、抜け出した都倉が冷静にGKとの一対一を制し、追加点を挙げた。 87分に途中出場の玉田に今季初ゴールが決まり、3-0で長崎が快勝。2連勝を収めた。 ◆明治安田生命J2リーグ第16節 ▽5/29(土) ザスパクサツ群馬 0-0 栃木SC 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-0 レノファ山口 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 1</span>-0 ツエーゲン金沢 ▽5/30(日) 《12:00》 松本山雅FC vs ファジアーノ岡山 《14:00》 モンテディオ山形 vs SC相模原 アルビレックス新潟 vs FC琉球 京都サンガS.C. vs ヴァンフォーレ甲府 《15:00》 FC町田ゼルビア vs ギラヴァンツ北九州 《17:00》 愛媛FC vs 水戸ホーリーホック 2021.05.29 18:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly