日本代表初招集8名、Jリーガーが大量招集! 東京五輪世代は冨安健洋のみ招集

2021.03.18 14:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
日本サッカー協会(JFA)は18日、3月の代表ウィークに向けたA代表メンバーを発表した。日本代表は昨年10月、11月に海外組のみでヨーロッパ遠征を実施。それ以来4カ月ぶりの代表活動となった。

今回は25日に国際親善試合で韓国代表と、30日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル代表戦を行うこととなる。
3月にはU-24日本代表の活動も行われるため、MF久保建英(ヘタフェ)やMF三笘薫(川崎フロンターレ)ら東京オリンピック世代の選手たちは招集を外れた。

一方で、Jリーガーが大量に招集。初招集は8名となり、GK前川黛也(ヴィッセル神戸)、DF山根視来(川崎フロンターレ)、DF中谷進之介(名古屋グランパス)、DF小川諒也(FC東京)、MF江坂任(柏レイソル)、MF原川力(セレッソ大阪)、MF川辺駿(サンフレッチェ広島)、MF坂元達裕(セレッソ大阪)が招集されている。

森保一監督は「このコロナ禍で代表戦をやらせていただける意義を感じなければいけない」とコメントした。今回発表された日本代表メンバーは以下の通り。

◆日本代表メンバー
※3/22追記

GK
西川周作(浦和レッズ)
権田修一(清水エスパルス)
前川黛也(ヴィッセル神戸)★

DF
吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
松原健(横浜F・マリノス)
山根視来(川崎フロンターレ)★
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
中谷進之介(名古屋グランパス)★
小川諒也(FC東京)※
冨安健洋(ボローニャ/イタリア)

MF
江坂任(柏レイソル)※
遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
原川力(セレッソ大阪)※ケガのため不参加
南野拓実(サウサンプトン/イングランド)
古橋亨梧(ヴィッセル神戸)
守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)
川辺駿(サンフレッチェ広島)★
鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
坂元達裕(セレッソ大阪)※ケガのため不参加
稲垣祥(名古屋グランパス)★※追加招集
脇坂泰斗(川崎フロンターレ)★※追加招集

FW
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア)

★初招集

1 2

関連ニュース
thumb

「ラインとボールの間に芝が見えない」元プレミアの主審2名が三笘薫のクロスの瞬間に言及、「ルールの誤解がある」とラインアウトの認識違いを指摘

世界中で物議を醸している日本代表の劇的な逆転ゴール。プレミアリーグの元審判員が見解を示した。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節で日本はスペインと対戦した。 勝てばグループステージ突破となる日本だったが、相手はスペイン。難しい戦いが予想された。 その中、前半にアルバロ・モラタのゴールでスペインが先制。日本は苦しさが増したが、後半に反撃。堂安律が豪快に左足でミドルシュートを叩き込むと、田中碧がクロスを押し込み逆転。2-1で勝利していた。 劇的勝利だったが、田中のゴールが世界中で物議を醸すことに。堂安のグラウンダーのパスをファーサイドに走り込んだ三笘薫が折り返したのだが、そのボールがラインを割っていたというのだ。 VARのチェックが入ると、しばらく時間がかかったものの日本のゴールが認められることに。肉眼では見極められないほど僅かにラインにかかっていたという。 しかし、角度によっては完全に外に出ているようにも見えること、そして何よりもルールの解釈を誤っている人が多く、ボールの設置面がラインの外に出ていれば良いと思っている人が多いが、ボールは球体のために設置面ではなく、ボールがラインの延長線上にかかっていないかということが重要になる。 この件について、かつてプレミアリーグで主審を務めていたピーター・ウォルトン氏がイギリス『ITV』で言及。ボールの一部がラインにかかっていることを見たのだろうと見解を示した。 「私は同じ角度から見ている。規則では、地面についているボールの位置がラインを越えているという理由だけで外に出たという誤解がある。ボールは曲線だから、明らかに違う」 「CKではボールがラインを越えていても、まだラインを越えていないことはよく見かける。この場合、VARが求めているのは、ボールが明らかにフィールド・オプ・プレーから出たことを審判に示唆する証拠であり、今見ている限りの証拠では、審判の目の前にはない」 「私が提案したいのはゴールライン・テクノロジーだ。VARはフィールド・オブ・プレーを離れたかどうかを発見するために、これらのカメラを使用している」 「しかし、もし選手の脛やブーツがボールの上を通過してハッキリと見えない場合、VARはレフェリーに『あなたに伝えるべき証拠はない。フィールド上の判定のままにしてください』と言うだろう」 「FIFAがどのような写真を見せてくれるかにもよるが、規則は具体的だ。ボールのカーブがライン上にある場合、ボールはまだインプレーだ。それを示す証拠はあるだろうか?」 また、カタール『beIN Sports』では同じくプレミアリーグでかつて主審を務めたマイク・ディーン氏ががこの件に言及。上空からの映像で、「ラインとボールの間に芝が見えない」と指摘。越えていれば少なからず芝が見えると主張し、VARの判定の妥当性を説いた。 「なんとか手に入れたアングルがあるが、これを見る限り、ボールと白線の間にある緑の芝生が全く見えない」 「テクノロジーは、すべての選手が体に29個のデータポイントを持っているため、選手がボールを蹴った時、足がボールに触れた時にボールと選手の信号を送ることがわかる」 「これにより選手がいつボールに触れたか、外に出たかというのが分かる」 「前に見たアングルが1つある。コーナーフラッグから見下ろす位置からのアングルがあり、ボールがアウトに見えないというものだった」 「あれは正しいジャッジだったと思う。わざわざ判定を作っているのではなく、技術を駆使して正しい判定にたどり着いたはずだ」 いずれにしても、大きな注目を集めることとなった日本の決勝ゴール。VARというテクノロジーに今回は救われたと言って良いだろう。 2022.12.02 22:22 Fri
twitterfacebook
thumb

激闘の後でも祝賀会前にゴミ拾い!スペイン戦後の日本サポーターを英紙が紹介「日本のファンに多大な敬意を」

歴史的な勝利の夜でも、これまで通りの活動が行われた。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節で日本代表はスペイン代表と対戦した。 グループ首位のスペインに対し、2位の日本は負ければ敗退。引き分けの場合は他会場次第という状況で、前半にアルバロ・モラタにゴールを許した。だが、ビハインドで迎えた後半直後に堂安律、田中碧のゴールで一気に逆転。そのまま、逃げ切って首位で決勝トーナメント進出を決めた。 グループステージではジェットコースターのような心境を味わうことになった日本のサポーター。歓喜に沸く中でも、現地のファンは試合後に好例となったゴミ拾いを行っていた。 イギリス『サン』は「絶頂の中でも、上品な日本のファンが時間を作って祝賀会の前に清掃活動を行った」と紹介。併せて「カタールの日本のファンに多大な敬意を表します。彼らがしたことは言葉にできないほど驚くべきことです!」といったファンのコメントも紹介している。 日本サポーターの影響を受け、他国のファンにも浸透し始めたスタジアムのクリーン活動。最終的には各個人がスタンドにゴミを残さず、清掃の必要すらなくなることを願うばかりだ。 <span class="paragraph-title">【写真】劇的なスペイン戦後でもこれまで通りゴミ拾いをする日本のサポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jpn20221202_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jpn20221202_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jpn20221202_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jpn20221202_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2022.12.02 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

驚愕の的中率!! 日本の大金星2つ&コスタリカ戦黒星の全予想的中のパンダが現れる

日本代表のスペイン代表撃破を願いながらも、勝てると予想していた人がどれだけいただろうか。日本人は信じて願わないはずだが、世界の見方はスペインが勝利するというものが多かったはずだ。 その中で、またしてもこの大金星を予想し、的中させていたということを聞けば驚きではないだろうか。 それはカタールにいるジャイアントパンダのスラーヤとスハイル。カタールの『beIN Sports』に毎日出演し、各試合の予想を行っているのだ。 この2頭のパンダは、カタール・ワールドカップ(W杯)開催にあたり、中国からカタールに贈られたもの。ドーハの北、アル・ホールにあるパンダ・ハウス・パークで予想を行っている。 展示室の中を歩き、窓に貼られた2つの国旗に向かって歩き、どちらを選ぶかというものだ。 2頭のうち1頭が予想を行うのだが、なんと日本がスペインに勝利することを予想しており、見事に的中させたという。 ただ、凄いのはこれだけではない。なんと、初戦でドイツ代表に対して日本が勝利するということも予想。もちろん外した予想もあるが、多くの人が予想できなかったドイツとスペインに対する金星をどちらも予想していたというのだからとんでもない力を持っていそうだ。 なお、第2戦のコスタリカ代表戦ではしっかりとコスタリカ勝利を予想しており、日本戦の予想的中率は100%。こうなるとラウンド16のクロアチア代表戦の予想も気になるところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表のスペイン戦金星を予想したカタールのパンダ</span> <span data-other-div="movie"></span> <span class="paragraph-subtitle">◆第3戦:日本代表vsスペイン代表</span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>Who did our pandas go with… Japan or Spain?<a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a>&quot; <a href="https://t.co/l46RsziJB9">pic.twitter.com/l46RsziJB9</a></p>&mdash; beIN SPORTS (@beINSPORTS_EN) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1598258670663606272?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】パンダがドイツ戦の金星、コスタリカ戦黒星も的中の偉業</span> <span data-other-div="movie2"></span> <span class="paragraph-subtitle">◆第2戦:日本代表vsコスタリカ代表</span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>Who did our pandas go with… Japan or Costa Rica <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/HwcbVyJNCp">pic.twitter.com/HwcbVyJNCp</a></p>&mdash; beIN SPORTS (@beINSPORTS_EN) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1596771038280531968?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-subtitle">◆第1戦:ドイツ代表vs日本代表</span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a>? <a href="https://t.co/hRRReO6Cbm">pic.twitter.com/hRRReO6Cbm</a></p>&mdash; beIN SPORTS (@beINSPORTS_EN) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1595326284565041152?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「この恐怖は僕たちに警戒心を抱かせる」スペイン代表DF、後半の日本の気迫を語る「モチベーションと激しさの点で彼らが上回った」

スペイン代表のDFパウ・トーレスが日本代表戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節でスペインは日本と対戦した。 勝ち点4で首位に立つスペインと、勝ち点3で2位につける日本の対戦。試合は立ち上がりからスペインが支配すると、12分にアルバロ・モラタがヘディングを決めて先制する 先制後は完全に試合を支配したが、日本の粘り強い守りの前に、ゴールを奪えない。すると後半立ち上がりに連続失点。 スペインはその後も前半同様に支配。日本に何度カウンターを仕掛けられそうになった中、最後まで攻めたがゴールを奪えず2-1で敗戦。2位でグループステージを通過することとなった。 パウ・トーレスは試合後に日本戦を振り返り、後半は日本のプレッシャーにやられたと明かした。 「チームは順調にスタートし、準備も万全だった。僕たちは彼らよりも優れていたと思うけど、後半はモチベーションと激しさの点で彼らが上回った」 「この恐怖は僕たちに警戒心を抱かせるものだ」 また、逆転ゴールについても言及。それでも自分たちが上手くいかなかったとした。 「日本は物議を醸すプレーで反撃してきたし、僕たちは攻撃面で十分な力を発揮できなかった」 スペインはラウンド16でグループFを首位通過したモロッコ代表と対戦する。パウ・トーレスは「今度はグループを首位で終えたモロッコのような難しいチームと対戦する。先の対戦相手のことは気にしないし考えない」とコメント。1つずつ勝っていくとした。 2022.12.02 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「僕が見た時は外にあった」“韓国のメッシ”は田中碧のゴールに不満、日本でもプレーした元韓国代表FWは「側面がラインにかかっていた可能性」とVARを支持

スペイン代表を撃破した日本代表の決勝ゴールについて、韓国代表選手が疑問を呈した。韓国『朝鮮日報』が伝えた。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループEの最終節が行われた。 日本はスペインと対戦。勝てば文句なしのグループステージ突破を決められる状況だったが、スペインの前に圧倒され苦戦。前半に失点する。 しかし、ハーフタイムでの選手交代で立て直すと、48分に堂安律の豪快なシュートで同点に追いつき、その5分後に決勝ゴールが決まった。 堂安からのグラウンダーのパスがファーサイドに流れたが、三笘薫が懸命に折り返し、田中碧がゴール前で詰めてネットを揺らした。 ただ、このシーンではボールがラインを割っていたとスペインの選手たちが主張。一方で、副審は旗を上げておらずVARのチェックに委ねられることに。しばらく時間がかかった中、肉眼では気がつかない程度であるがラインにかかっていると判断され、日本のゴールが認められ、2-1で勝利を収めた。 このシーンには多くの議論がなされ、世界中でも話題に。VARチェックをしたのだから間違いないという意見もある一方で、それでも出ていたと判定に不服な人々も多い。 そんな中、韓国の『SBS』で中継の解説を務めていたのがKリーグ1の水原FCに所属するMFイ・スンウが、持論を展開。ボールは出ていると主張した。 「出ていたと思う。ゴールラインを越えていた。僕が見た時は外にあった」 VARのチェックがありながらも、それでも出ていたと主張するイ・スンウは、かつて「韓国のメッシ」ともいわれた逸材。バルセロナのカンテラ育ちで、久保建英とも一緒に在籍していた。ロシアW杯には出場したが、今回は選出されなかった。 一方で、反対の意見を述べたのが元韓国代表FWで、清水エスパルスや横浜F・マリノスでプレーしたアン・ジョンファン氏。韓国『MBC』で解説を務めているが、「我々は細かい違いは見分けることができない」とVARについて言及し、「ボールが丸く、下の部分は出ていたようにも見えるが、側面はラインにかかっていた可能性がある」と、目に見えたものが真実ではない可能性を指摘していた。 また、韓国のサッカー解説者として知られ『MBC』で解説を務めているソ・ヒョンウク氏は「スペインの選手たちもボールがラインを出たと考え、アグレッシブには寄せなかった。それが敗因と言えるだろう」とコメント。セルフジャッジしたことがゴールに繋がったと指摘した。 2022.12.02 21:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly