“ダブル”ウェリントンなど9名補強で最下位から巻き返し狙う湘南が選手背番号発表! ウェリントンは前回と同じ「9」

2021.01.13 14:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
湘南ベルマーレは13日、2021シーズンの選手背番号を発表した。

2020シーズンは最下位でリーグ戦を終えていた湘南。このオフには積極的な補強を見せ、2021シーズンの巻き返しへ準備を進めていた。

かつて所属したFWウェリントンをボタフォゴSPから獲得した他、ポルティモネンセからFWウェリントン・ジュニオールを獲得。また、鹿島アントラーズからDF山本脩斗を完全移籍で、MF名古新太郎を期限付き移籍で獲得した。その他、モンテディオ山形のMF中村駿、福島ユナイテッドFCのFW池田昌生、ギラヴァンツ北九州のFW町野修斗、松本山雅FCのMF高橋諒、AC長野パルセイロのGK立川小太郎を補強した。

また、2種登録でプレーしていたMF田中聡が正式に昇格。その他、立正大学のMF平松昇、履正社高校のMF平岡大陽が新加入となった。

選手の背番号も変更され、ガンバ大阪からの期限付き移籍が延長となったGK谷晃生が「25」から「1」に、それに伴いGK富居大樹が「1」から「23」に変更。また、シャドーのポジションでプレーしたMF茨田陽生が「23」から「14」、左ウイングバックやセンターバックでプレーしたDF石原広教が「38」から「3」、シーズン終盤に出場機会を得た、DF舘幸希が「19」から「4」に変更となった。なお、ルビン・カザンへ移籍したMF齊藤未月がつけていた「16」は鹿島から加入した山本がつける。

その他、福島ユナイテッドFCへ期限付き移籍中のFWトカチ、GKキム・ミンジュンについては交渉中とのことだ。

◆湘南ベルマーレ登録選手一覧

GK
1.谷晃生←ガンバ大阪/期限付き延長※背番号変更「25」
21.堀田大暉※背番号変更「31」
23.富居大樹※背番号変更「1」
31.立川小太郎←AC長野パルセイロ/完全移籍

DF
3.石原広教※背番号変更「38」
4.舘幸希※背番号変更「19」
6.岡本拓也
8.大野和成
16.山本脩斗←鹿島アントラーズ/完全移籍
19.毛利駿也※背番号変更「44」
22.大岩一貴
26.畑大雅

MF
5.古林将太
7.梅崎司
10.山田直輝
14.茨田陽生※背番号変更「23」
18.平松昇←立正大学/新加入
20.名古新太郎←鹿島アントラーズ/期限付き移籍
25.中村駿←モンテディオ山形/完全移籍
28.平岡大陽←履正社高校/新加入
29.三幸秀稔
30.柴田壮介
32.田中聡←湘南ベルマーレU-18/昇格
40.オリベイラ
42.高橋諒←松本山雅FC/完全移籍

FW
9.ウェリントン←ボタフォゴSP(ブラジル)/完全移籍
11.タリク
13.石原直樹
17.大橋祐紀
27.池田昌生←福島ユナイテッドFC/完全移籍
33.町野修斗←ギラヴァンツ北九州/完全移籍
39.ウェリントン・ジュニオール←ポルティモネンセSC(ポルトガル)/完全移籍

監督
浮嶋敏


関連ニュース
thumb

讃岐が湘南下部組織出身の国士舘大学DF内田瑞己の来季加入内定を発表「選手としても人間としても成長できるように」

カマタマーレ讃岐は2日、国士舘大学のDF内田瑞己(22)の来季加入内定を発表した。 内田は神奈川県出身で、湘南ベルマーレの下部組織で育ち、平塚学園高校、国士舘大学へと進学した。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では16試合に出場し1得点を記録していた。 讃岐は内田について「対人に強く、クロスの精度が高いサイドバック」と特徴を紹介している。内田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2022シーズンよりカマタマーレ讃岐に加入することになりました国士舘大学の内田瑞己です。幼い頃からの夢を叶えることができたのは、家族や友人の支えがあったからだと思います」 「現状に満足せず常に上を目指し、選手としても人間としても成長できるように頑張ります。カマタマーレ讃岐のファン・サポーターの皆様、応援よろしくお願いします」 2021.12.02 19:43 Thu
twitterfacebook
thumb

「最優秀育成クラブ賞」のノミネート5クラブが発表、どのクラブでも初受賞に

Jリーグは1日、2021 Jリーグアウォーズにて紹介される「最優秀育成クラブ賞」のノミネートクラブを5クラブが決定したことを発表した。 「最優秀育成クラブ賞」は、Jクラブにおける選手育成の実績と、選手育成に携わる指導者の功績を讃え、チェアマン推薦を基に選考委員会にて決定するものだ。 選出基準については、「2021シーズンにむけて、アカデミーから自クラブおよび他のクラブへプロ契約選手を輩出したクラブの中から、輩出した選手数、自クラブでの育成期間および当該選手の2021シーズンにおける公式戦出場実績を考慮しノミネートクラブとした」としている。 今回ノミネートされた5クラブは、鹿島アントラーズ、大宮アルディージャ、柏レイソル、湘南ベルマーレ、サガン鳥栖となり、いずれのクラブも過去の受賞歴はない。 鹿島ではMF舩橋佑がJ1で2試合、リーグカップで3試合に出場、柏ではGK佐々木雅士がJ1で3試合、リーグカップで5試合、湘南ではMF田中聡がJ1で35試合2得点、リーグカップで6試合、鳥栖ではMF相良竜之介がJ1で10試合、リーグカップで6試合、大宮ではMF柴山昌也がJ2で31試合1得点を記録していた。 【最優秀育成クラブ賞歴代受賞クラブ】 2009年:浦和レッズ 2010年:FC東京 2011年:東京ヴェルディ 2012年:北海道コンサドーレ札幌 2013年:セレッソ大阪 2014年:東京ヴェルディ 2015年:清水エスパルス 2016年:ガンバ大阪 2017年:FC東京 2018年:横浜F・マリノス 2019年:京都サンガF.C. 2020年:東京ヴェルディ <span class="paragraph-title">【2021シーズントップチームへの選手輩出実績】</span> ※()は現在所属クラブ ◆北海道コンサドーレ札幌 西野奨太 ◆鹿島アントラーズ 舩橋佑 柳町魁耀(水戸) 石津快(鹿児島) ◆浦和レッズ 福島竜弥 工藤孝太 山田奈央(水戸) ◆柏レイソル 大嶽拓馬 佐々木雅士 新保海鈴(山口) ◆FC東京 大森理生 ◆横浜F・マリノス 植田啓太(栃木) 寺門陸(山口) ◆横浜FC 鈴木輪太朗イブラヒーム(徳島) ◆湘南ベルマーレ 横川旦陽(鳥取) 田中聡 ◆清水エスパルス 成岡輝瑠(相模原) ◆名古屋グランパス 東ジョン(栃木) ◆セレッソ大阪 平岡大陽(湘南) 稲葉楽(金沢) 新保海鈴(山口) ◆徳島ヴォルティス 後東尚輝 西野太陽 石田侑資(鳥取) ◆アビスパ福岡 森山公弥 ◆サガン鳥栖 相良竜之介 兒玉澪王斗(相模原) ◆大分トリニータ 弓場将輝 ◆水戸ホーリーホック 田辺陽太 ◆栃木SC 小堀空 ◆大宮アルディージャ 柴山昌也 大澤朋也 須藤直輝(鹿島) ◆東京ヴェルディ 佐古真礼(藤枝) 橋本陸斗 ◆松本山雅FC 稲福卓 神田渉馬 ◆京都サンガF.C. 中野桂太 ◆V・ファーレン長崎 五月田星矢 ◆FC琉球 澤田将 ◆福島ユナイテッドFC 阿部要門(讃岐) ◆AC長野パルセイロ 田中聡(湘南) ◆アスルクラロ沼津 杉本大雅 ◆カマタマーレ讃岐 武下智哉 ◆ロアッソ熊本 宮原愛輝 2021.12.01 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

徳島、問題行為のサポーターに無期限入場禁止処分…湘南戦での追悼セレモニー中に心ない発言

徳島ヴォルティスは1日、サポーターの行為に対する処分を発表した。 問題が起きたのは11月27日に行われた明治安田生命J1リーグ第37節の湘南ベルマーレvs徳島ヴォルティスの一戦。この試合では、11月23日に急逝した湘南のMFオリベイラ(23)を追悼するセレモニーがピッチで行われたが、その際に不適切な発言が確認された。 この行動に対し徳島は11月29日に岸田一宏 代表取締役社長名義で謝罪文を掲載「特定された行為者に対しては、厳正な対応をおこないます」としていたが、その処分が発表された。 徳島は、当該行為を行ったサポーターに対して、事実確認と処分内容を通告。対象者は1名であり、無期限の入場禁止処分を下すとともに、Jリーグや日本サッカー協会、その他Jクラブが主管する全ての試合への入場が禁止されることとなった。なお、応援団体登録を受理しているサポーター団体の登録者ではなかったとのことだ。 徳島は、岸田社長名義で改めて謝罪するとともに、サポーターへのマナー遵守徹底を管理していくとした。 「本日、11月27日の明治安田生命J1リーグ第37節湘南ベルマーレ戦にて「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に抵触するとともに、あまりにも敬意を欠いた不適切な発言をおこなった行為者への処分をご報告いたしました」 「この事象によりご不快な思いや多大なるご迷惑をおかけした湘南ベルマーレのファン・サポーターの皆さま、株式会社湘南ベルマーレ様、関係者の皆さまをはじめ、湘南ベルマーレに関わる全ての皆さまに対してあらためて心より深くお詫び申し上げます。そして、Jリーグを応援いただいております全ての皆さま、全ての関係者の皆さまに心より謝罪を申し上げます」 「ファン・サポーターをはじめとする多くの皆さまは、コロナ禍で生じた様々な制限や我慢の中でも「新しい観戦様式」に基づいてルールやマナーを守った上で観戦をしていただいております。そのような中で発生した今回の行為は誠に遺憾でなりません。クラブとして、一部の心無きサポーターが引き起こした本事象は決して許すことのできない行為であると重く受け止め、無期限の入場禁止という厳正な対応をさせていただきました」 「徳島ヴォルティスではこの度の事象を厳粛に受け止め、観戦マナーや観戦ルール(ヤジ・暴言含む)、 Jリーグ禁止事項(ホーム・アウェイに関わらず)などを遵守いただけない方には厳格な対応で臨み、今後の再発防止に向けて管理・監視の徹底を図ってまいります。何卒、ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます」 今回の件は、試合後、湘南のホーム最終ゲームということもあり試合後にセレモニーが実施。キャプテンのDF岡本拓也がオリベイラの死を悼むスピーチとともに、ファン・サポーターへの挨拶。その後、山口智監督が挨拶。静まり返ったスタジアムで言葉に詰まりながらもオリベイラに向けた言葉に耳が傾けられる中、徳島サポーターから「湘南ありがとう。湘南バイバーイ」という声が聞こえる、あり得ない事態が起きていた。 また、徳島サポーターは11月20日に行われたFC東京戦ではブーイングの行為を行い、2週続けてサポーターの問題行動が確認されていた。 <span class="paragraph-title">【動画】試合後のセレモニーで岡本拓也がオリベイラを追悼</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SwYesnVEtco";var video_start = 383;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.01 09:48 Wed
twitterfacebook
thumb

徳島が2週連続のサポーターの問題行為を謝罪、オリベイラを偲ぶ湘南のセレモニー中に「湘南ありがとう」連発

徳島ヴォルティスは29日、湘南ベルマーレ戦でのサポーターの行動に関して謝罪した。 問題が起きたのは27日に行われた明治安田生命J1リーグ第37節の湘南ベルマーレvs徳島ヴォルティスの一戦。この試合では、23日に急逝した湘南のMFオリベイラ(23)を追悼するセレモニーがピッチで行われた。 突然の訃報に湘南の選手やスタッフら関係者が悲しみ、その他のサッカーファンも悲しみがある中、試合前には黙祷。その後の試合では、残留を争うライバル同士の対戦は0-1で徳島が勝利。残留争いは最終節までもつれることとなった。 試合後、湘南のホーム最終ゲームということもあり試合後にセレモニーが実施。キャプテンのDF岡本拓也がオリベイラの死を悼むスピーチとともに、ファン・サポーターへの挨拶がおこなわれていた。 その後、山口智監督が挨拶。静まり返ったスタジアムで、言葉に耳が傾けられる中、徳島サポーターから「湘南ありがとう。湘南バイバーイ」という声が聞こえる、あり得ない事態が起きていた。 このシーンはDAZNでも中継され、SNSでも問題行動が大きな話題に。そんな中、徳島は29日に岸田一宏 代表取締役社長名義で謝罪文を掲載した。 「このたび、11月27日(土)明治安田生命J1リーグ 第37節 湘南ベルマーレ戦(レモンガススタジアム平塚)において、湘南ベルマーレ様の厳粛なセレモニー中に、徳島ヴォルティスサポーターによる「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に抵触するとともに、あまりにも敬意を欠いた不適切な発言がありました」 「この事象により、スタジアムでセレモニーに参加されていた湘南ベルマーレのファン・サポーターの皆さま、株式会社湘南ベルマーレ様、関係者の皆さまをはじめ、湘南ベルマーレに関わる全ての皆さまに不快な思いをさせ、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます」 「本事象は、クラブとして見過ごすことの出来ない行為であり、現在、行為者の特定をおこなっております。特定された行為者に対しては、厳正な対応をおこないます。今後の状況については、対応を決定しだいご報告いたします」 「改めまして、今回の事象により多くの皆さまに、多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」 なお、徳島サポーターは1週間前に行われたアウェイでのFC東京戦で“ブーイング"を行うガイドライン違反を犯しており、2週続けての問題行動に。今回はガイドラインを破るだけでなく、モラルも欠いた行動だけに、クラブとしての対応の甘さも問題視されている。 <span class="paragraph-title">【動画】試合後のセレモニーで岡本拓也がオリベイラを追悼</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SwYesnVEtco";var video_start = 383;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.29 20:22 Mon
twitterfacebook
thumb

残留争いは最終節まで持ち越し!! 岸本の決勝点で徳島が湘南を下し勝ち点「36」で並ぶ【明治安田J1第37節】

明治安田生命J1リーグ第37節、湘南ベルマーレvs徳島ヴォルティスが27日にレモンガススタジアム平塚で行われ、0-1でアウェイの徳島が勝利を収めた。 2019年にはJ1参入決定戦で対戦した両チーム。当時J1湘南とJ2徳島の一戦は1-1に終わり、レギュレーションによって湘南が残留を決めていた。岡本、岩尾の両キャプテンもその試合に出場。今季も残留をかけて15位湘南、17位徳島が勝ち点差「3」で直接対決を迎えるという、因縁めいたものを感じさせる。 湘南は23日にMFオリベイラが急性うっ血性心不全のため23歳の若さで他界。突然の出来事に気持ちの整理をつけるのは難しいだろう。“オリベリラのために”という想いを、勝利への原動力に変えられるか、スタメンには前節のベガルタ仙台戦と同じ11人を並べた。 得失点差も「16」下回っており、引き分けでも不利な状況が変わらない徳島は、出場停止のジエゴに代わり、先のPOを知る田向が7月11日の清水エスパルス戦以来となる先発に。岩尾や福岡、ベンチスタートの藤田征也、ヘッドコーチの甲本偉嗣氏などは古巣対決となる。 立ち上がりにFKからタリクがヘディングで狙うなど、序盤は湘南が押し込む展開を作る。徳島のビルドアップに対して高い位置から制限をかけ、長いボールを蹴らせて回収するというプラン通りにゲームを進めた。 徳島は18分に垣田が反転からフィニッシュ。中盤を消された状況を打破しようと、最終ラインのカカがインターセプトから思い切って前線へと駆け上がってクロスまで結びつけるなどして攻略の糸口を探る。互いにリスクを冒さず膠着状態が続く中、34分に湘南はショートカウンターからウェリントンがフィニッシュを迎えた。 手に汗握る我慢比べはゴールレスで折り返すと、徳島は51分に西谷の仕掛けからこぼれ球を岩尾がミドル。サイドに重点を置き、湘南の選手を片側に寄せて揺さぶろうとする。対する湘南は55分、大岩のロングボールをタリクが落としてウェリントンがダイレクトで狙ったが、枠の左へそれる。 堅い試合を動かしたのは1つのセットプレーだった。66分、徳島は左CKを得ると、岩尾はサインプレーを使ってストレートのクロスを大外へ送る。ボックス外から走り込んできた宮代がボレーを放つと、GK谷に阻まれるもこぼれ球を岸本がプッシュ。ユニフォームを掴まれながらも気持ちで押し込み、待望の先制点を挙げた。 追い掛ける展開となった湘南だが、ボックス脇をとることはできても、決定機を作り出すまでには至らず。フレッシュな選手を次々と投入するも、流れを変えることができない。徳島のゲームコントロールの前に苦戦し、87分には杉森にあわやの場面を許してしまう。 アディショナルタイムに入ってようやくボックス内にまでボールが到達するようになるが、93分に古林のクロスからの町野のシュートは枠の右へ。このままタイプアップを迎え、じれずに己を貫いた徳島が2019年のリベンジを達成。残留を向けて大きな3ポイントを獲得し、湘南と勝ち点「36」で並び最終節を迎えることとなった。 湘南ベルマーレ 0-1 徳島ヴォルティス 【徳島】 岸本武流(後21) 2021.11.27 16:18 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly