ミシャ体制4年目の札幌が新加入選手含め28名と新シーズンに向けて合意

2021.01.06 20:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
北海道コンサドーレ札幌が、2021シーズンの選手契約に関して発表。新加入選手を含む28名が合意に達した。

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が率いる4シーズン目の札幌。2021シーズンに向けては、FC琉球を退団した元日本代表MF小野伸二(41)やエースFWジェイ(38)などベテラン選手に加え、タイ代表MFチャナティップやフリーキックの名手であるDF福森晃斗(28)ら主力選手も合意に達した。

新加入選手は移籍組と新卒組を合わせて10名が加わることとなる。

合意した28選手は以下の通り。

※は新加入選手
GK
菅野孝憲(36)
大谷幸輝(31)※
阿波加俊太(25)
中野小次郎(21)※

DF
福森晃斗(28)
キム・ミンテ(27)
田中駿汰(23)
岡村大八(23)※
柳貴博(23)※
中村桐耶(20)※

MF
深井一希(25)
宮澤裕樹(31)
駒井善成(28)
チャナティップ(27)
荒野拓馬(27)
中野嘉大(27)
ルーカス・フェルナンデス(26)
金子拓郎(23)
高嶺朋樹(23)
青木亮太(24)※
小野伸二(41)※

FW
菅大輝(22)
ジェイ(38)
アンデルソン・ロペス(27)
ドウグラス・オリヴェイラ(25)
オケチュク・ガブリエル(25)※
小柏剛(22)※
中島大嘉(18)※

関連ニュース
thumb

堅実な試合運びを見せた広島、札幌に無失点快勝で2試合ぶり白星!【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節、北海道コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島が26日に札幌ドームで行われ、0-2で広島が勝利した。 札幌が1試合消化が少ないながらも勝ち点39で並ぶ両チームの対決。札幌は第28節のセレッソ大阪戦で勝利を挙げたものの、前節のヴィッセル神戸戦で敗れ、リーグ戦ここ5試合の成績は1勝4敗と苦しい時期が続いている。また、得点数もそのC大阪戦での2つのみとなっており、まずは失点を抑えることが主題となる今節の先発は、神戸戦からの変更は1人。トゥチッチに代わって小柏が起用された。 一方の広島も、この2試合前に柏レイソルに快勝したものの、22日に行われた第32節のC大阪戦で敗れたため、ここ5試合の成績は2勝1分け2敗といまいち乗り切れない状況が続く。スタメンはC大阪戦から4人変更。青山、東、柴崎、ジュニオール・サントスがスタメンに名を連ねた。 3月の前回対戦では8分までに2ゴールを挙げて勝利を収めた広島は、今回も立ち上がりから札幌ゴールに迫る。まずは2分、青山のパスを受けたドウグラス・ヴィエイラがドリブルでDF2人の間を突破しGKと一対一に。ここはGK菅野に軍配が上がるが、そのCKの場面で、左から上がったクロスのこぼれ球をドウグラス・ヴィエイラがボックス右からシュートを放つと、高嶺がブロックしたサードボールを佐々木が押し込んで、再び早い時間帯の先制に成功した。 またも出鼻を挫かれた札幌は、10分にルーカス・フェルナンデスがドリブルでボックス右に侵入しシュートまで運ぶ。22分には金子がボックス手前から左足で狙うが、ここはGK林に阻まれた。さらに31分にはピッチの幅を広く使ったパスワークで広島を翻弄。最後にボックス右のスペースでパスを受けた駒井は佐々木に止められてしまうものの、ここまで同様の形で何度か相手ゴールを脅かしている。 失点以降ペースを握り続けるホームの札幌。40分には左サイドの菅からボックス手前の駒井へ鋭いパスが繋がり、そこからゴール左下を狙ったシュートを放つ。良いコースを捉えていたが、好調のGK林にここも好セーブをされてしまった。 まずは追いつきたい札幌は、ハーフタイムに荒野に代えてドウグラス・オリヴェイラを投入。すると51分、そのD・オリヴェイラのワンタッチパスがゴール前の金子に渡り、金子は細かいタッチでDFを巧みにかわしゴールに流し込んだ。しかし、ここはオフサイドの判定に。それでもD・オリヴェイラの投入で攻撃に厚みが増した。 対する広島は55分にジュニオール・サントスに代わり森島がピッチへ。65分に得たCKのチャンスでは、柴崎のクロスに荒木が頭で合わせる決定機を迎えたが、GK菅野に掻き出され、追加点ならず。 その後、札幌は飲水タイムを挟んで青木とトゥチッチを入れ替え。その直後のプレーで菅が左サイドから入れたグラウンダーのクロスが広島の選手に当たってゴールに向かう。あわやオウンゴールというシーンだったが、GK林もここでビッグセーブを披露。そのCKではルーカス・フェルナンデスのクロスをD・オリヴェイラが頭で合わせるも、惜しくも枠を捉えることができず。 着々と勝利が近づく広島は、77分に藤井のクロスをダイレクトで合わせたドウグラス・ヴィエイラのシュートがクロスバーに阻まれて得点のチャンスを逸したが、80分過ぎにそのD・ヴィエイラがボックス右で菅に足首を踏まれて転倒。一旦プレーは流されたが、その後にオンフィールドレビューなどでしばらく協議が続いた結果、広島にPKが与えられることに。これをD・ヴィエイラ自ら決めて、終盤で点差を広げた。 これで逃げ切るのみとなった広島。後半アディショナルタイムには足をつったD・ヴィエイラと東を下げつつ時間を使って試合をクローズ。2試合ぶりの勝利を収めた。一方の札幌はこれで2連敗となった。 北海道コンサドーレ札幌 0-2 サンフレッチェ広島 【広島】 佐々木翔(前3) ドウグラス・ヴィエイラ(後39) 2021.09.26 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

防戦一方の神戸、中坂の先制点を守り切って札幌に勝利!【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、ヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌が18日に神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われ、1-0で神戸が勝利を収めた。 ホームの神戸は今夏に武藤、大迫、ボージャンという一流選手を獲得しながらも、直近2試合で勝利なし。今節で勝利すれば他会場の結果次第では3位に浮上できる可能性もあるため、ホームで3試合ぶりの白星を挙げたいところ。 対する札幌はチャナティップや福森ら主力選手がいまだにケガから復帰できていない。それでも、新戦力のミラン・トゥチッチが初先発を飾った前節のセレッソ大阪戦には勝利しており、ポジティブな要素は少なくない。調子を落としている神戸相手に、6カ月前のリベンジを果たせるか。 序盤から札幌が攻勢に出る。タッチライン際に張ったウィングバックの選手まで最終ラインから一気にロングボールを送り、そのセカンドボールを2列目の選手が先に拾って前進し、神戸の選手を敵陣に押し込んでいく。 その後も攻め込まれていた神戸だが、1本目のシュートで先制に成功する。22分、GK飯倉からのロングボールに抜け出した武藤がボックス右に侵入して中央にマイナスのクロスを送ると、これに合わせたのは中坂。ワンタッチでゴール左に流し込み、リードを奪った。 スコアが動いてからもボールを保持したのは札幌。[4-4-2]で守る相手のライン間に人を多く配置し、最終ラインからの鋭い縦パスで素早くゴールに迫っていった。 しかし、またしても神戸が決定機を迎える。武藤が相手DFの持ったボールに触ると、前方にいた大迫のもとへと転がる。そのまま大迫が相手DFを置き去りにしてボックス左にドリブルで侵入し、GK菅野との1対1を迎えたが、肩でセーブされてしまった。 後半も展開は変わらず、札幌がボールを保持して神戸がカウンターを狙うという構図に。 すると68分、札幌にビッグチャンスが訪れる。中央で荒野、駒井がワンタッチでつないでいき、ボックス中央で待っていたドウグラス・オリヴェイラのもとにボールが到達。しかし、フリーの状態で放ったシュートはGK飯倉にファインセーブで防がれ、同点弾とはならなかった。 一方、自陣でのプレーが続いていた神戸は、カウンターに活路を探す。大迫がDFを背負って時間を作るものの、疲弊した味方の上がりが遅れてしまい、なかなか相手ゴールに近づけない。 すると、防戦一方となったホームチームは78分に武藤に代えてDFの小林を投入。システムを[5-4-1]にして、無理することなく1点を守り切るプランに変更した。 追いつきたい札幌は試合終盤、ボックス内で構えるドウグラス・オリヴェイラとジェイにロングボールを送り続ける。しかし、およそ10分間に及ぶパワープレーでも得点は奪えず、試合終了。1点を守り切った神戸が3試合ぶりの勝利を手にした。 ヴィッセル神戸 1-0 北海道コンサドーレ札幌 【神戸】 中坂勇哉(前22) 2021.09.18 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:神戸vs札幌】ボージャンが遂にデビューか!? 強力な神戸の攻撃ユニットに札幌が立ち向かう

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 18:00キックオフ ヴィッセル神戸(5位/48pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(10位/39pt) [神戸総合運動公園ユニバー記念競技場] ◆ついにカルテットが揃う!?【ヴィッセル神戸】 前節は日程が後ろ倒されたことで2週間前と1週間多く調整期間を得た神戸。サンフレッチェ広島相手に1-1のドローに終わった試合からしっかりと準備する時間を取れた。 チーム合流から連続出場、そして日本代表とフル稼働していた大迫勇也もしっかりとチームに溶け込む時間が取れたはず。さらに、今節はもう1人の助っ人のデビューが予想されている。 それは元スペイン代表FWボージャン・クルキッチ。今夏神戸に加入した新たなバルセロナ戦士だ。アンドレス・イニエスタ、セルジ・サンペールともチームメイトとしてプレー。同じカンテラ出身の3人がJリーグのピッチで揃う可能性がある。 チームとして3位争いをする中でどんな化学反応をピッチ上で見せるのか。チームを加速させる力になることが期待される。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF:セルジ・サンペール、山口蛍 MF:武藤嘉紀、アンドレス・イニエスタ、ボージャン・クルキッチ FW:大迫勇也 監督:三浦淳寛 ◆上位を諦めない札幌、全力で立ち向かう【北海道コンサドーレ札幌】 前節はアウェイでセレッソ大阪と対戦し0-2で快勝。リーグ戦の連敗を3でストップさせることに成功した。 中2日で同じチームとの連戦となったなか、しっかりとリバウンドメンタリティを示したチーム。中位から少しでも上位に浮上するためにはここからの試合で勝利しなければならない。 この先は残留を争うチームとの対戦が多く、シビアな戦いが強いられるはず。その中でも勝利を収めていくための力をチームとして見せなければいけない。 混沌としている3位争いに加われる可能性もゼロではない。しっかりと連勝を収めれば一気にチャンスも広がるだけに、強大な相手にしっかりと立ち向かえるか。札幌が全力を出して立ち向かう姿に期待だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、高嶺朋樹 MF:金子拓郎、駒井善成、荒野拓馬、ルーカス・フェルナンデス MF:小柏剛、青木亮太 FW:ミラン・トゥチッチ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2021.09.18 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌DF福森晃斗、右ヒザ内側側副じん帯を損傷…5日のルヴァン杯FC東京戦で負傷交代

北海道コンサドーレ札幌は11日、DF福森晃斗の負傷を報告した。 今季も3バックの一角として主力を張る福森だが、5日にレモンガススタジアム平塚で行われたJリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ準々決勝第2戦のFC東京戦に先発して、24分に負傷交代した。 診断の結果、右ヒザ内側側副じん帯損傷を確認。全治は明らかにされていないが、8日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第19節のセレッソ大阪戦で今季リーグ戦を初めて欠場した。 なお、その今季はここまでJ1リーグ26試合に出場して1得点4アシストをマーク。公式戦全体だと、33試合に出場していた。 2021.09.11 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:C大阪vs札幌】異例となる中2日の再戦、今度はどっちが勝つ?

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2021年9月11日(土) 18:00キックオフ セレッソ大阪(11位/36pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(12位/36pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆3日前の再現を【セレッソ大阪】 中断期間でありながら、未消化のリーグ戦を戦ったC大阪。8日に行われたのもまさかの札幌戦で、0-3とアウェイで完勝を収めた。 前回対戦から日が空いてないだけに、何かを大きく変えることは難しい。移動を考えれば回復にしか時間を割けない日程。ただ、3-0と結果を残して帰ってきたC大阪には大きなアドバンテージがあるだろう。 特に守備の部分ではピッチを広く使う札幌に対し、しっかりと前からプレスをかけて制限をかけ、コンパクトに保つことで札幌の良さを消した。この点は、しっかりと継続していきたいところ。相手の出方が変わっても有効と言える。 一方で、攻撃面ではカウンターで得点を重ねた前節を考えれば、しっかりとチームとしてつないで崩すという戦い方にはこだわりたい。その点は札幌のプレスに阻まれることもあり、一歩間違えばハマって逆のスコアにもなる可能性はある。 ポイントはスペースをどう使うか。先手を取った方が優位に試合を進めることは間違いない。前線の連係にも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、チアゴ、瀬古歩夢、小池裕太 MF:坂元達裕、喜田陽、原川力、乾貴士 FW:大久保嘉人、加藤陸次樹 監督:小菊昭雄 ◆3日前の戦いの修正はできたか【北海道コンサドーレ札幌】 前述の通り、3日に対戦した相手との対戦。0-3で完敗を喫しただけに、この一戦で修正を図りたいところだ。 しかし、時間はほとんどなく、ポイントを絞っての修正になることは間違いない。特に前節の失点はセットプレーとミスからのもの。チームとして全く機能していなかったわけでもなく、勝機はある。 明らかに選手層が薄い3バックも、中心であった福森晃斗がヒザの負傷で離脱中。人のやりくりが重要となるが、正直そこを突かれて連敗を喫しているとも言える。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の対策は気になるところだ。 また、攻撃面もチャンスを決めきれていれば、結果が変わるという試合が多く、いかに効率よくゴールを奪うことができるか。リベンジに燃える気持ちをしっかりと結果で示したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、高嶺朋樹 MF:金子拓郎、駒井善成、荒野拓馬、ルーカス・フェルナンデス MF:小柏剛、青木亮太 FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2021.09.11 15:33 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly