U-19日本代表候補が発表!トレーニングキャンプでは慶應義塾大学、関東大学選抜と試合も実施

2020.12.18 16:02 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
日本サッカー協会(JFA)は18日、トレーニングキャンプに臨むU-19日本代表候補メンバーを発表した。

今回のメンバーには、Jリーグで主力としてプレーするDF中村拓海(FC東京)やMF松岡大起(サガン鳥栖)、MF藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディ)、斉藤光毅(横浜FC)のほか、海外組ではベンフィカのGK小久保玲央ブライアンが招集。また大学勢では、順天堂大学のDF山﨑大地、FW大森真吾の2名が招集されている。

今回のトレーニングキャンプは21日から27日に開催。慶應義塾大学、関東大学選抜と2試合のトレーニングマッチを実施する。

◆U-19日本代表候補メンバー
GK
小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/ポルトガル)
鈴木彩艶(浦和レッズユース)
野澤大志ブランドン(FC東京)

DF
山﨑大地(順天堂大学)
成瀬竣平(名古屋グランパス)
中村拓海(FC東京)
西尾隆矢(セレッソ大阪)
バングーナガンデ佳史扶(FC東京)
馬場晴也(東京ヴェルディ)
半田陸(モンテディオ山形)
鈴木海音(ジュビロ磐田U-18)
佐古真礼(東京ヴェルディユース)
中野伸哉(サガン鳥栖U-18)

MF
柴田壮介(湘南ベルマーレ)
松岡大起(サガン鳥栖)
小田裕太郎(ヴィッセル神戸)
武田英寿(浦和レッズ)
鈴木唯人(清水エスパルス)
山本理仁(東京ヴェルディ)
荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)
藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディ)
成岡輝瑠(清水エスパルスユース)
田中聡(湘南ベルマーレU-18)

FW
大森真吾(順天堂大学)
斉藤光毅(横浜FC)
西川潤(セレッソ大阪)
唐山翔自(ガンバ大阪)


関連ニュース
thumb

日本代表のCBは谷口と板倉を抜擢! 中国代表戦スタメン発表!

17日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第7戦で中国代表と対戦する日本代表のスターティングメンバーが発表された。 7大会連続7度目のW杯出場を目指す日本。現在4勝2敗で勝ち点12の2位につけている状況だ。 今回の活動にはDF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)が負傷欠場となり代役が注目された中、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)、DF板倉滉(シャルケ)が抜擢。共に最終予選では初出場となる。 その他、FW浅野拓磨(ボーフム)はベンチからも外れている。 試合は19時00分から埼玉スタジアム2002で行われる。 ◆日本代表スターティングメンバー[4-3-3] GK:権田修一 DF:酒井宏樹、谷口彰悟、板倉滉、長友佑都 MF:田中碧、遠藤航、守田英正 FW:伊東純也、大迫勇也、南野拓実 監督:森保一 ◆サブ GK:川島永嗣、シュミット・ダニエル DF:山根視来、植田直通、中谷進之介、中山雄太 MF:原口元気、柴崎岳、堂安律、久保建英 FW:前田大然 2022.01.27 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

デュエルマイスター・遠藤航が“秘密兵器”をカスタマイズ、日の丸入りのW杯予選仕様に

日本代表MF遠藤航(シュツットガルト)がワールドカップ(W杯)予選に向け、武器を新調したようだ。 1月27日、2月1日に行われるカタール・W杯アジア最終予選のメンバーに選出されている遠藤。吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(アーセナル)を負傷で欠く中、キャプテンにも指名され、チームの中心として大きな期待が寄せられている。 遠藤の魅力と言えば、やはり対人守備の強さだろう。今季のブンデスリーガでもデュエル勝利数で2位を記録しており、日本代表でもネガティブトランジションの反応や球際の強さが際立っている。 パフォーマンスの向上に一役買っているのがマウスピース。機能面のみならず「ファイターらしく見える」と自身も語るなど、トレードマークの1つとなりつつある。 遠藤のマウスピースを手掛けるシュツットガルト在住の歯科医師・宮川順充氏は「今週のW杯予選用スプリント」と題してインスタグラムを更新。今回の最終予選に備えて微調整したマウスピースを公開した。 サムライブルーを基調としたマウスピースには、自らの署名と遠藤のネームを記載。さらには日の丸や試合日も刻まれており、この2試合に懸ける想いが伝わってくる。 現在、W杯予選6試合戦い、4勝2敗で2位につける日本代表。ホームでの2連勝を飾るためには、遠藤の奮起が欠かせない。 <span class="paragraph-title">【写真】最終予選仕様、日の丸入りの遠藤のマウスピース</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZLiGIxtdql/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Yukimitsu Miyakawa(@dr.ymwataruproject)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.27 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】ピンチをチャンスに変え勝ち点3を! 主軸不在のCBは元川崎Fコンビの谷口&板倉と予想/vs中国代表【カタールW杯最終予選】

27日、日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第7戦、中国代表戦をホームで戦う。 最終予選初戦のオマーン代表戦をホームで落とし、不安が過ぎるスタートを切った日本。10月にはサウジアラビア代表にもアウェイで敗れ、窮地に立たされることとなった。 しかし、その後のオーストラリア代表戦、ベトナム代表戦、オマーン代表戦では苦しい試合を続けながらも3連勝を記録。現在はグループ2位にまで浮上し、残りの4試合に臨むこととなる。 2月1日には首位のサウジアラビア代表との試合が控えているだけに、是が非でも勝利し、直接対決に臨みたいところだ。 <span class="paragraph-title">◆ピンチをチャンスに</span> <span data-other-div="page1"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jpn20220127_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> 21日に行われる予定だったキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中止となり、またしても実戦がないままで最終予選に臨むこととなる日本。その日本は、いつになく不安材料を抱えている。 今回の最終予選には、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)の両CBが不在。安定した守備を見せていた2人が抜けることは、少なからずチームにとってはマイナス材料だ。 特に吉田はキャプテンとしても大きな影響力があり、ピッチ内外での存在感は抜群。マイナスではないと強がっても仕方ない存在だろう。 また、攻撃陣もFW古橋亨梧(セルティック)、オマーン戦でチームを救ったMF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)も負傷欠場。MF堂安律(PSV)やMF久保建英(マジョルカ)が復帰したことはプラス材料と言えるが、選択肢は狭まったと言える。 ただ、マイナス面であっても悲観しているわけではない。キャプテンを任されることとなったMF遠藤航(シュツットガルト)は「他にも良い選手たちはいます」とコメント。しっかりと、招集された選手が活躍できると自信を見せた。 森保一監督も「“代わりに入ってくる選手”ではない」と語り、「チーム一丸となって戦い、日本の総合力で勝利したいと思っています」と中国戦に意気込みを語った。 W杯最終予選といういつもと違う位置付けの試合において、DF植田直通(ニーム)が1試合に出場したのみ。その他のCBは、代表歴も浅い選手ばかりであり、見るものが不安になるのは当然だろう。 ただ百戦錬磨のDF長友佑都(FC東京)は「ナーバスにならずに、その選手たちの特徴が出せる精神状態をサポートする」と技術ではなくメンタル面が重要だとコメントしている。 出場が予想される植田は「2連勝することにフォーカスしています」と意気込み、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)は「代表チームが勝つことを最優先に」とアピールは関係ないとコメント。DF板倉滉(シャルケ)も「何を言われようと試合が終わった時に勝ち点3を日本に与えられれば」と勝利を誓った。 森保監督が誰をチョイスするのかは分からないが、しっかりと日本のために力を尽くしてくれるはず。ピンチをチャンスと捉えて、ベストなパフォーマンスを見せてもらいたいところだ。 <span class="paragraph-title">◆ベールに包まれた謎だらけの中国</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jpn20220127_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> 対する中国は、現在グループ5位で勝ち点5。日本に敗れれば、2位以内が消滅。3位でプレーオフに回ることを目指す必要が出てくる。 窮地に立たされている中国は、11月の予選が終わり、リー・ティエ監督を解任。リー・シャオペン監督を招へいして、チーム再建に取り組んでいる。 選手53名を招集して合宿を行うなど、今回の予選に向けて準備をしてきた中国。どのような戦いを見せるのか、全てはベールに包まれ、謎が多い状況だが、帰化選手はDFティアス・ブラウニング、MFアラン、MFアロイージオの3名のみ。FWエウケソンやFWフェルナンジーニョは招集されず、アロイージオは累積警告で出場停止となる。 9月に対戦した際は5バックでブロックを作り、なかなか日本に攻撃をさせないスタイルで追い込んできた。リー・シャオペン監督は日本戦に向けて「戦術の面では我々のレベル全てを発揮して、中国代表らしい試合になって欲しい」とコメント。「一縷の希望があるので、希望を捨てずに明日の試合に全力を尽くす」と、勝ちを目指して戦うと意気込んでいた。 コンディションも悪くないとされる中国。9月のように日本を苦しめる可能性は大いにありそうだ。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[4-3-3]</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jpn20220127_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:権田修一 DF:酒井宏樹、谷口彰悟、板倉滉、長友佑都 MF:田中碧、遠藤航、守田英正 FW:伊東純也、大迫勇也、南野拓実 監督:森保一 前述の通りCBの2名が不在となるだけに、必然的にメンバーはこれまでと変わってくることとなる。 まず守護神だが、ここはGK権田修一(清水エルパルス)で間違いない。17日から行っていた国内組のトレーニングキャンプから参加している権田。コンディション面も問題なく、しっかりとゴールを守ってくれるだろう。無失点で終えられるかに注目だ。 最終ラインも右サイドバックはDF酒井宏樹(浦和レッズ)、左サイドバックはDF長友佑都(FC東京)で問題ないだろう。権田同様に国内組のキャンプから参加し、コンディション面は全く問題ない。経験が少ないCBのカバーを含め、ピッチ内で経験を還元してもらいたい。 そして注目のCBだが、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)とDF板倉滉(シャルケ)と予想する。 ともに最終予選の出番はこれまでないが、それぞれしっかりと代表チームのコンセプトは理解している。谷口はポジショニングに加え、攻撃面で起点となれるパス出しができる点が特徴。対人の守備も得意としており、このチャンスをしっかりと活かしてもらいたいところだ。 また、板倉も今シーズンはシャルケでしっかりと出番を掴んでおり、これまでもエールディビジのフローニンヘンでCBとしてプレーしてきた。ヨーロッパでの豊富な経験をついに生かすチャンス。川崎Fでは互いに知った中であり、連係面も問題はないだろう。空中戦でも生きる両者のコンビが機能してくれるはずだ。 中盤より前は、慣れ親しんだメンバーで、連係面を重視するだろう。 アンカーにはキャプテンに任命されたMF遠藤航(シュツットガルト)が入り、インサイドハーフにはMF田中碧(デュッセルドルフ)、MF守田英正(サンタ・クララ)が入ると予想する。10月のオーストラリア代表戦で埼玉スタジアムでお披露目された3人の中盤は、よりブラッシュアップされて再び躍動してくれるはずだ。 前線は右にMF伊東純也(ヘンク)、左にMF南野拓実(リバプール)が入り、1トップにFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)が入ることになるだろう。この3人の連係面も問題なく、しっかりとパフォーマンスを出せるはず。伊東の仕掛けから大迫が決めたあの形を思い出せるか。ゴールが少ない今の状況を打破するためにも、それぞれの特徴を出し切ってもらいたい。 ベンチには久保や堂安、FW浅野拓磨(ボーフム)やFW前田大然(セルティック)と特徴を持った選手が揃っており、流れを変えることも可能。森保監督の采配にも大きな注目が集まることだろう。 相手は今回も十分に分析してくることは間違いなく、どう打開するのか。しっかりと勝ち点3を積み上げ、サウジアラビア戦に向かいたいところだ。 中国戦は27日の19時にキックオフ。試合はDAZNで配信され、解説に中村憲剛氏、佐藤寿人氏が登場。試合直後には『THE REVIEW』として、試合の分析も行われる。 2022.01.27 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「ベストなメンタルとフィジカルで」9月に日本に敗れた中国代表MFウー・シー「落ち着いた気持ちで」

中国代表のMFウー・シー(上海申花)が、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表戦を前に記者会見に臨んだ。 中国は現在グループ5位。勝ち点5の状況となっており、日本戦に敗れれば2位以内に入る可能性は消滅。わずかに残る3位を目指し、プレーオフを経てW杯を目指すこととなる。 11月の予選で窮地にたった中国は、12月にリー・ティエ監督を解任し、リー・シャオペン監督を招へい。大量に選手を招集し、合宿を行って今回の2連戦に向けて準備をしてきた。 キャプテンでもあるウー・シーは日本戦について「明日はアウェイで日本と対戦することになるが、日本でのファンやサポーターがいることは日本に有利であり、僕たちにとっては不利でもある。ただ、チャンスでもある」とコメント。「サポーターがたくさんいる中で試合をすることはとても久しぶりなので、僕たちはベストなメンタルとフィジカルでこの試合に臨みたいと思っている」とコメント、意欲を見せた。 9月に日本と対戦した際には、中国が前線しながらも1-0で日本に敗れていた。今回の試合に向けては「過去の試合は過ぎ去ってしまったので、今重要なことは明日に向けて力を注ぐことだ」とコメント。「プレッシャーを感じずに、落ち着いた気持ちで、明日素晴らしい試合になるように頑張りたいと思う」と、すでに視線は試合に向いていると語った。 2022.01.26 21:07 Wed
twitterfacebook
thumb

「アジアNo.1」と日本代表を語る謎だらけの新生・中国代表リー・シャオペン監督「中国代表らしい試合に」

中国代表のリー・シャオペン監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表戦を前に記者会見に臨んだ。 中国は現在グループ5位。勝ち点5の状況となっており、日本戦に敗れれば2位以内に入る可能性は消滅。わずかに残る3位を目指し、プレーオフを経てW杯を目指すこととなる。 11月の予選で窮地にたった中国は、12月にリー・ティエ監督を解任し、リー・シャオペン監督を招へい。大量に選手を招集し、合宿を行って今回の2連戦に向けて準備をしてきた。 試合に先立って公式会見に臨んだリー・シャオペン監督は、「明日はアウェイでアジアNo.1の日本と対戦することになる。メンバーには落ち着いて、全身全霊を投じて欲しいと思う」とコメント。「戦術の面では我々のレベル全てを発揮して、中国代表らしい試合になって欲しいと思っている」と、中国の良さを出して戦いたいと意気込んだ。 今回の中国代表にも帰化選手が含まれているが、クラブの経営破綻などの影響もあり中国にはいない状況。ブラジルなどから合流したがコンディションについては「海外組もすごくコンディションが良く、フィジカルの面でもメンタルの面でも良い状態になっている」と、問題はないことを強調した。 日本戦に向けては「サッカーに関して言えば、それぞれの力、チーム全体の実力にかかっているので、私としてはベストを尽くして、やってきたことを選手全員に教え込んで、素晴らしい試合になることを期待している」と語り、「結果はどうであれ、それぞれの選手のその時の力の発揮することにかかっているので、明日はベストを尽くして戦いたい」と、選手のパフォーマンスが重要であると語った。 また、今回敗れれば2位以内が消滅する中国。日本戦の位置付けについては「中国にとってはまだ希望がある。一縷の希望があるので、希望を捨てずに明日の試合に全力を尽くす」と語った。 2022.01.26 20:43 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly