序列低下のズマにPSG&古巣エバートンが関心か?

2020.07.03 15:54 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーに所属するフランス代表DFクル・ズマ(25)にパリ・サンジェルマン(PSG)やエバートンが熱視線を注いでいるようだ。フランス『Le10Sport』が報じている。

昨シーズンにレンタル先のエバートンで主力として活躍したズマは、昨夏フランク・ランパード新監督率いるチェルシーに復帰。シーズン序盤から主力として起用され、ここまで公式戦34試合に出場している。

しかし、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーの完全復活以降は、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン、イングランド代表DFフィカヨ・トモリとポジションを分け合う形が増え、リーグ再開後のリーグ戦では3試合連続ベンチと序列が低下。

また、今夏の移籍市場でスカッド刷新を目指すランパード監督は、現在は守備的MFを主戦場としながらも、センターバックでプレー可能なウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(21)をリュディガーの新たな相棒としてリストアップしているとも言われており、ズマの立場はより厳しくなっている。

そのため、選手・クラブ双方が条件次第で今夏の移籍を検討していると見られている。

そういった中、『Le10Sport』はズマの新天地候補として、いずれもセンターバックの補強を目指しているPSGとエバートンの名前を挙げている。

PSGでは今シーズン限りでの退団が決定しているブラジル代表DFチアゴ・シウバ(35)に加え、プロ契約締結を拒否したU-18フランス代表DFタンギ・クアシ(18)がバイエルンに旅立っており、センターバックの補強が急務だ。

これまではバイエルンのフランス代表DFリュカ・エルナンデス(24)らの名前が挙がっているが、コロナ禍で緊縮財政が求められる中、その移籍金の捻出は困難だ。

そこでより安価な金額で獲得可能であり、3バックと4バックの双方でプレー可能なズマが新たな獲得候補として浮上しているようだ。

一方、昨夏にも完全移籍での買い取りを目指していた古巣エバートンは、カルロ・アンチェロッティ監督がセンターバックの現陣容に満足していらず、同ポジションの補強を優先事項に掲げているという。そういった中、前述のチアゴ・シウバらと共に獲得候補の一人として関心を示しているようだ。

なお、ズマには両クラブ以外にもトッテナムやレスター・シティといったプレミアリーグ勢が関心を寄せている。

コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! 軌道が読めないドログバの無回転ミドル

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月24日にご紹介するのは、今から10年前に元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆セーブ不能、ドログバの強烈ミドル!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJhYk9HZE01dyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 飛んだコースはGKの正面にも関わらず、その威力と無回転による予測不可能な動きでネットを揺らす、GK泣かせのスーパーゴールです。 ◆ドログバの右足シュートが炸裂 チェルシーの頼れるエースストライカーとして、4度のプレミアリーグ優勝や、チャンピオンズリーグ制覇など多くのタイトルを獲得してきたドログバ氏。在籍した8シーズンで公式戦164ゴール86アシストを記録しました。 中でも見事だったのが、2011年1月24日に行われたプレミアリーグ第24節のボルトン戦でのゴール。 前半11分、MFフローラン・マルダからのパスを受けたドログバは、相手のプレッシャーが弱いことをみるやすかさず右足でミドルシュートを放ちます。ゴールまでは25m以上あったものの、シュートはグングンと伸び、浮き上がるような弾道でゴールネットに突き刺さりました。 後ろからの角度で観ると、無回転のシュートは全く予想のつかない軌道を描いており、相手GKユッシ・ヤースケライネンの反応が遅れたのも納得のゴールです。 2021.01.24 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ホーム無敗が崩れたリバプール、チェルシーの86試合無敗の礎を築いたモウリーニョが称賛「祝福する」

先日のバーンリー戦で、ホームとしては69試合ぶりに黒星を喫したリバプールに対し、ジョゼ・モウリーニョ監督が賛辞を送っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 本拠地アンフィールドで68試合無敗を誇っていたリバプールの長い戦いはついに幕を閉じた。21日に行われたプレミアリーグ第18節のバーンリー戦、押し込みながらも相手の牙城を崩せずにいたリバプールは、終盤にPKを与えてしまい0-1で敗戦。4年に及ぶホーム無敗記録に終止符が打たれた。 モウリーニョ監督はかつてチェルシーを率いていた際、2004年夏の就任から解任される2007年9月まで、プレミアリーグでのホーム戦は一度も負けることはなかった。そして、チェルシーが2004年2月から2008年10月までの間にスタンフォード・ブリッジで築いた86試合無敗は、プレミアリーグ史上最長記録となっている。 リバプールが脱落してしまった今、破ることがより困難となった驚異の記録に、ポルトガル人指揮官は「記録は破られる可能性がある」とした上で、リバプールのロングランを称賛した。 「リバプールが成し遂げたことは驚くべきことであり、非常に非常に困難なことだ。チェルシーでの我々の記録が未だ最長記録であり、誰かがこの記録を超えるのは難しい。しかし、リバプールがホームでのプレミアリーグの試合でこれほど長い間負けていないという素晴らしい記録を作ったことを祝福したい」 なお、モウリーニョ監督は2013年6月に再びチェルシーの指揮官として復任するが、2014年4月にサンダーランドに敗れるまでホーム無敗を貫いた。 2021.01.23 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

アフリカ史上最高ストライカーの1人、エトーがユナイテッド戦で決めた圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元カメルーン代表FWサミュエル・エトー氏がチェルシーで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆エトーがユナイテッド相手に決めたハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIeFZIdW1iRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バルセロナやインテルで圧倒的な活躍を見せたエトー氏。2013年夏には、当時インテル時代の恩師ジョゼ・モウリーニョ監督が率いていたチェルシーにフリートランスファーで加入していた。 抜群の身体能力と攻撃センスで得点を量産したエトー氏だが、2014年1月19日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、ビッグゲームでハットトリックを記録している。 まずは0-0で迎えた17分、相手陣内中央右でボールを持ったエトーは、ドリブルで中央へカットインしていく。鮮やかなフェイントでマークをはがしたエトーは、ボックスの際から左足でミドルシュート。ディフレクションでトップスピンのかかったシュートは、美しい弧を描いてゴール左に決まり、見事な先制点となる。 続く45分、チェルシーが右コーナーキックを得る。クロスはクリアされたものの、こぼれ球を拾ったMFラミレスが、右サイドのDFギャリー・ケイヒルにパス。ケイヒルがグラウンダーのボールをゴール前に入れると、フリーのエトーが合わせ、2点目を奪った。 最後は後半開始早々の49分、再び右コーナーキックのチャンスから、ケイヒルが叩きつけるようなヘディング。これはGKダビド・デヘアがセーブしたものの、跳ね返りをエトーが押し込み、ハットトリックを達成した。 試合は、ビッグゲームで気を吐いたエトーの活躍でチェルシーが3-1でユナイテッドを撃破している。 2021.01.23 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

セリエA首位のミラン、チェルシーからDFトモリを買取OP付きレンタルで獲得!

ミランは22日、チェルシーからイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「23」に決定。今回の契約にはレンタル期間終了後の買い取りオプションが付随している。 なお、イタリア『スカイ・スポルト』など現地メディアが伝えるところによれば、今回の契約の詳細に関しては100万ユーロ(約1億2000万円)の有償レンタルとなり、買い取りオプションの金額は2500万ユーロ(約31億5000万円)だという。 8歳からチェルシーのアカデミーに在籍していたアスリート型のセンターバックであるトモリは、2016年5月にトップチームデビュー。以降、ブライトンやハル・シティ、ダービーへの武者修行を経て昨シーズンからトップチームに定着。 同シーズンにはイングランド代表デビューを飾るなどブレイクを果たしたが、今季はブラジル代表DFチアゴ・シウバの加入もあり、センターバックとしてはチーム5番手に甘んじていた。そして、出場はプレミアリーグ1試合、FAカップ1試合、EFLカップ2試合のみだった。 なお、今シーズンここまではセリエA首位に立ち、2010-11シーズン以来のスクデット制覇にまい進するミランは、今冬の移籍市場でトリノのフランス人MFスアリオ・メイテ、フリーの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチと手薄なポジションにテコ入れを図っている。 2021.01.23 04:01 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー退団のピアソン、9年半在籍したクラブへの失意語る「単なるビジネスだった」

ブラガのブラジル人FWルーカス・ピアソンが、不遇だったチェルシー時代を振り返っている。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 ピアソンは2011年夏にサンパウロからチェルシーに加入すると、初年度にチェルシーユースの年間最優秀選手に選出。将来に期待がかけられていたが、その後はマラガやフィテッセ、フランクフルト、フルアムらへのレンタル移籍を繰り返すことに。結局チェルシーのトップチームでは公式戦3試合の出場しか果たせぬまま、今月14日にブラガへ完全移籍した。 ピアソンは以前から、青田買いで獲得した若手選手を高値で売却するチェルシーの手法を批判している。ロンドンのクラブを完全に離れた今回も、『インスタグラム』においてチェルシーで味わった失意を明かした。 「僕たちが(レンタル先から)戻ってくると、いつも新しい監督がいた。そして、夏のプレシーズンを過ごしている途中で新しい選手が入ってくるんだ。その度に、『うまくやれば監督が引き留めてくれるかも』と思っていたよ」 「でも心の底では、クラブは新加入選手に大きなお金を払っている以上、間違いなく彼らを起用するから、僕らにチャンスはないと思っていた。3~5週間はクラブにいられると分かっていたけど、その後にレンタル先をクラブが見つけてくる」 「最初の頃は、チェルシーが本当に自分を必要としていて、僕が成功して戻ってくることを望んでくれていると思っていた。でも、3~4回目のローンの後で、これは単なるビジネスだと理解したんだ」 また、インタビューのなかでピアソンは、2年間で公式戦58試合に出場したフルアムに完全移籍できなかったことについて、非常にフラストレーションが溜まったと吐露している。 「僕はフルアムに残ることを確信していた。そこでの2シーズンは素晴らしかったし、クラブを愛していたからね。だから、何が起こったのかはいまだに分からないよ。チェルシーからはトマシュ・カラスも来ていたが、彼も残らなかった」 「フルアムがチェルシーに出したオファーが十分だったかどうか、そもそもオファーを出していたのか、わからない。でも、僕は2年間でクラブやファンと素晴らしいつながりを持っていたから、厳しい決定だった。プレミアに残れず、フラストレーションもあったね」 さらに、ピアソンはチェルシーで良い時期を過ごしたとは言い難いものの、そこで得た経験は大きなものだったと、現在の前向きな心境を語った。 「チェルシーでは正直言って大変だったけど、後悔はしていない。若い時にスペインやオランダ、ドイツに行けたんだ。良い経験になったし、トップリーグでプレーできて楽しかった。もちろん、1つのクラブにずっといられる方が良いだろうけどね」 2021.01.22 16:19 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly