ガスペリーニ、自身不在の中でラツィオ撃破のチームを絶賛! 「もはや私を必要としない」

2020.06.25 20:29 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が、ラツィオ相手に劇的な逆転勝利を飾ったチームを絶賛している。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。

チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内維持を目指す4位のアタランタは24日、ホームで行われたセリエA第27節で2位のラツィオとの上位対決に臨んだ。

開始早々にオウンゴールで先制を許すと、直後の11分にもMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチに見事なミドルシュートを決められ、キックオフからわずか10分で2点を追いかける苦しい展開に。
それでも、リーグ最高の攻撃力を誇るチームは前半のMFロビン・ゴセンズのゴールで前半のうちに1点を返すと、より攻勢に転じた後半半ばにはMFルスラン・マリノフスキーの見事な左足のミドルシュートが決まり、同点に追いつく。さらに、80分には右CKからDFホセルイス・パロミーノに値千金のヘディングゴールが生まれ、ついに試合をひっくり返した。

その後、FWルイス・ムリエルらの決定機逸で試合を決める4点目こそ奪えなかったものの、セリエAで21試合無敗を継続していた難敵ラツィオ相手に3-2の鮮やかな逆転勝利を飾った。

前節のサッスオーロ戦での退席処分により、今回の一戦をスタンドから見守ることになったガスペリーニ監督は、試合後にイタリア『スカイ』のインタビューに応じると、「もう監督は必要ないのではないかという気持ちだ」と、自身の不在を感じさせない見事な戦いぶりを見せた選手たちを称賛している。

「選手たちに、ちょっとしたアドバイスをすることもできないし、スタンドから眺めるのは面白くなかった」

「私にとっては苦痛だったが、このチームはもはや監督を必要としないように感じさせられた。そのことに満足している。彼らは何をすべきか正確に理解しており、必要なのは彼らを動かすためのジェスチャーや言葉だけだ」

「アタランタにはチームとしての成熟度、フットボールに対する自信がある。したがって、今夜のように最も困難な状況にあっても、それが揺らぐことはない」

「ラツィオのようなチームに対しても0-2から反撃し、常に戦況を好転させられるという自信を持っている。そのように感じられるスカッドは決して多くないはずだ」

リーグ戦27試合で77ゴールと、昨シーズンに記録したクラブのシーズン得点記録に早くも並んだアタランタは、今季のセリエAで最も逆転勝利が多いチームでもある。

ガスペリーニ監督はスロースタートの傾向を改善点に挙げながらも、逆転勝利に導いた個々のパフォーマンスを称賛している。

「我々は以前からスロースタートの傾向がある。それは何度も起こっており、修正に苦労している。今夜はより慎重に入るつもりだったが、2失点を喫した」

「2点を追いかけるのは難しい。カウンターを許す可能性があり、(ラファエウ・)トロイと(ホセルイス・)パロミーノを動かし、パプ(アレハンドロ・ゴメス)を前に出してバランスをとった。ある時点でバランスを見つけることができ、背後にスルーパスや相手選手の抜け出しを防げるようになった」

ゴメスは万能な選手であり、フィールドのどこでもプレーすることができる。そして、インパクトを与えることができる。また、ヨシプ・イリチッチはベンチからのスタートとなったが、3点目のゴールをアシストしてくれた。それだけに彼が万全の状態を取り戻すことを望んでいる」

なお、今回の劇的勝利により、5位ローマとの勝ち点差6をキープしたアタランタは、今節引き分けた3位のインテルとの勝ち点差を「4」に縮めており、3位浮上のチャンスも出てきている。

関連ニュース
thumb

前節ミランに5発圧勝のサッスオーロが10人アタランタを撃破《セリエA》

アタランタは4日、セリエA第21節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 前節サンプドリアに快勝した4位アタランタ(勝ち点)は最前線にホイルンド、ルックマンとエデルソンが2シャドーの[3-4-2-1]で臨んだ。 前節ミランに5発圧勝とした15位サッスオーロ(勝ち点20)に対し、アタランタがポゼッションする展開となったが、7分にピンチ。ボックス内からデフレルのシュートでゴールを脅かされたが、GKムッソが好守で凌いだ。 その後もアタランタがボールを持つも好機を作れずにいると、28分に退場者を出してしまう。メーレがベラルディにスライディングタックルを見舞うと、VARの末に一発レッドカードとなった。 10人となったアタランタはハーフタイムにかけては守勢に回った中、44分にはベラルディの直接FKでゴールを脅かされるも0-0で前半を終えた。 迎えた後半も劣勢のアタランタは52分にもベラルディのコントロールシュートでゴールに迫られると、55分に失点する。左サイドからカットインしたローリエンにシュートを決められた。 数的不利、1点ビハインドとなったアタランタはサパタを投入するも、終盤にかけても好機を作ることはできず。前節ミランを破った好調のサッスオーロに0-1のまま敗れた。 2023.02.05 06:43 Sun
twitterfacebook
thumb

S・インザーギ、連覇に前進の準決勝進出に「当然の結果」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 1月31日のコッパ・イタリア準々決勝でアタランタと対戦したインテル。伏兵のDFマッテオ・ダルミアンが57分に均衡を破ると、その1点のリードで勝ち切り、準決勝一番乗りを決めた。 連覇に向けて、また一歩前進した前回王者のS・インザーギ監督は妥当な結果だと胸を張った。 「この試合にどうしても勝ちたかった。昨季に優勝して、シャツに刻まれてもいる。この試合に向けてはできる限りの準備をした。調子の良い素晴らしい相手に最初から最後まで見事なパフォーマンスだったし、準決勝進出は当然の結果だ」 また、3バックの右でプレーするなか、殊勲のゴールを決めたダルミアンにも言及している。 「彼は昨季も3バックの一角で何度かプレーしたし、よくやってくれた。監督にとって、変幻自在な選手がいるのは本当にアドバンテージだ。彼は私の下でいつだって貢献してくれ、今夜のような結果も得るにふさわしい」 そして、DFフランチェスコ・アチェルビに賛辞の言葉を送り、話題はFWロメル・ルカクに及んだ。 「ルカクを見て気に入ったよ。時間の経過とともに、良くなっていった。ただ、まだ分数を重ねる必要があるのは明らか。とはいえ、とても満足しているし、試合を追うごとに良くなっていくと思う」 2023.02.01 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ダルミアン弾のインテルがアタランタを退けてベスト4一番乗り《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝、インテルvsアタランタが1月31日に行われ、1-0でインテルが勝利した。 ラウンド16でパルマを下したインテルと、スペツィアを下したアタランタによる4強進出を懸けた一戦。 インテルはラウタロとルカクの2トップで臨み、アタランタはサパタを最前線に、パシャリッチとボガを2シャドーに配す布陣で臨んだ。 立ち上がりからインテルが押し込む流れとなると、21分にバレッラが枠内シュートをマーク。その後もインテルが攻め込み、アタランタが自陣で耐える時間が続く。 そんな中、前半終盤の41分にインテルに決定機。チャルハノールの左足ミドルが右ポストに直撃した。 ゴールレスで迎えた後半、55分にルックマンとホイルンドを投入したアタランタに対し、57分にインテルが押し切る。ラウタロのダイレクトパスをボックス手前左で受けたダルミアンが左足でゴール右へ蹴り込んだ。 その後もインテルがアタランタの反撃を許さずウノゼロ勝利。準決勝ではラツィオvsユベントスの勝者と対戦する。 2023.02.01 06:57 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、アタランタDFデミラルの獲得目前か… 買取義務or買取OP付き半年レンタル

インテルがアタランタのトルコ代表DFメリフ・デミラル(24)獲得に急接近しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 インテルは今冬ないし夏にスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)がパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍することが確実に。その後釜として複数の選手をリストアップしていると伝えられてきた。 シュクリニアルは夏までは残留しそうな雰囲気が漂うが、一方で後継者となり得る新センターバックは今冬中にやってくる模様。その選手こそアタランタのデミラルだ。 アタランタで不動の地位を築くデミラルだが、年明け以降はベンチスタートが続き、28日に行われたセリエA第20節のサンプドリア戦ではわずか3分間の出場に。ここ数週間で「風向きが変わった」とされ、両クラブとも交渉締結を確信しているという。 デミラル本人もインテル行きを希望。半年レンタルが軸となるようで、移籍市場閉幕が迫るなか、買い取り義務か買い取りオプションのどちらを付帯するかで話し合いが続いているとのことだ。 一方、シュクリニアルの今冬中のPSG移籍もまだ可能性が残されており、現段階ではインテルの要求額とPSGのオファーに開きがあるものの、両者とも歩み寄りの姿勢があると考えられている。 だが、PSGはチェルシーからモロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)のレンタル獲得が目前となっており、ファイナンシャル・フェアプレーの観点から両選手を獲得できる公算は低いとも指摘されている。 2023.01.31 15:06 Tue
twitterfacebook
thumb

絶好調ルックマン弾などでサンプドリアに快勝のアタランタが上位陣追走《セリエA》

アタランタは28日、セリエA第20節でサンプドリアをホームに迎え、2-0で快勝した。 前節ユベントスとの打ち合いを3-3で引き分けた6位アタランタ(勝ち点35)は、[3-4-2-1]のシステムで臨んだ。 19位サンプドリア(勝ち点9)に対し、最前線にホイルンド、2シャドーにルックマンとボガを据えたアタランタが押し込む展開で立ち上がっていく。 しかし9分にピンチ。ガッビアディーニ、ウィンクスと立て続けにボックス内から枠内シュートを打たれたが、GKムッソが好守で凌いだ。 さらに20分、スローインの流れからレリスに際どいボレーシュートを打たれてひやりとする。 押し込み続けるアタランタは27分にようやく好機。ホイルンドがボックス左で仕掛けて前を向き、GK強襲のシュートを浴びせた。 その後も敵陣でのプレーを続けたアタランタは42分に押し切る。 ルックマンのヘディングシュートがポストに嫌われたプレーの流れから、最後はメーレがヘディングシュートを押し込んだ。 アタランタが1点をリードして迎えた後半、57分にルックマンが個人技でリードを広げる。右サイドでパスを受けたルックマンがDFを一人かわして加速。ボックス右へ侵入し、対応してきたDFを一瞬外して右足を一閃。ゴール左へシュートを決めきった。 2点をリードしたアタランタはホイルンドらをお役御免としてサパタらを投入。前線をフレッシュにし、攻め手の維持に努めた。 終盤にかけても危なげなく試合を進めたアタランタが絶好調ルックマンのリーグ戦3戦連発弾などでサンプドリアに快勝、上位陣を追走している。 2023.01.29 06:49 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly