うつ病発症の末に契約解除…イリチッチが1年ぶりにアタランタを訪問! 元同僚やサポーターと再会

2023.12.19 19:45 Tue
イリチッチが古巣アタランタの同僚らと再会
Getty Images
イリチッチが古巣アタランタの同僚らと再会
元スロベニア代表MFヨシップ・イリチッチ(35)が古巣アタランタを訪問した。『フットボール・イタリア』が伝えている。ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が長期政権を敷くアタランタにおいて、同体制初期にアルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメスと共に2枚看板として君臨したイリチッチ。中村俊輔氏をお手本にしてきたという、直接FKを得意とするレフティーだ。
しかし、全世界に新型コロナウイルスが蔓延していた2020年、イリチッチは自身のコロナ感染やうつ病発症に伴いチームを離脱。復帰後もパフォーマンスは戻らず、契約解除の末に昨年10月、母国のNKマリボルへと移籍した。

アタランタを去って1年強、イリチッチは契約解除以来初めてイタリアを訪れ、18日に行われたセリエA第16節アタランタvsサレルニターナをスタンド観戦。複数のサポーターがかつての大エースに気付いて写真撮影を求めると、イリチッチもこれに快く応じたという。

イリチッチに見守られたアタランタは、元同僚のFWルイス・ムリエルやMFマリオ・パシャリッチがゴールをあげ、格下サレルニターナをホームで4-1と一蹴。7位に浮上した。
今もメンタルヘルスの問題と向き合いながら現役を続けるイリチッチ。母国スロベニアでこのまま選手キャリアの幕引きを迎えるとみられているが、元気な姿を見られたアタランタサポーターは嬉しかったことだろう。

なお、試合後はピッチに降りて元同僚らと抱擁を交わし、サポーターらと共にアタランタの快勝を祝った。

1 2

ジャン・ピエロ・ガスペリーニの関連記事

アタランタがマルセイユのアルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(25)に関心を寄せ始めたようだ。 バレルディは最新のアルゼンチン代表メンバーに名を連ねるセンターバック。19歳で加入したドルトムントには定着できず、20-21シーズンからマルセイユへ移り、今季はヨーロッパリーグ(EL)準決勝・アタランタ戦に出場した。 左右両足を遜色なく操るビルドアップ能力、対人能力、リーダーシップ等はいま欧州で高く評価されているようで、つい先日にはフランス国内で「バレルディにアトレティコ・マドリーから関心」との報道も。 イタリア『カルチョメルカート』によると、どうやらアタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は、自らの目で確かめた上でバレルディを気に入った様子。具体的な情報はないが、大変大きな感銘を受けた様子と伝えられる。 イタリア系でパスポートも保有するバレルディの市場価値は推定2000万ユーロ(約33.9億円)、マルセイユとの契約は2026年6月までとなっている。 2024.06.13 13:55 Thu
アタランタはベルギー代表MFチャールズ・デ・ケテラエル(23)の買い取りに際して、値引きを希望しているようだ。 昨シーズン、クラブ・ブルージュからミランへ加わるもその巨大なポテンシャルを発揮できず、わずか1年でアタランタに買い取りオプション付きのレンタルで加入したデ・ケテラエル。それでも、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下で復活を遂げると、公式戦50試合14ゴール11アシストを記録し、ヨーロッパ・リーグ(EL)初優勝やコッパ・イタリア準優勝にも貢献した。 充実のシーズンを送ったデ・ケテラエルは、アタランタへの残留を希望。アントニオ・ペルカッシ会長も買い取りに動いていることを明言しているが、イタリア『カルチョメルカート』によると買い取り金額である2200万ユーロ(約37億4000万円)からの減額を希望しているとのことだ。 ただし、ミランとしては2197万ユーロ(約37億2000万円)以下での売却は損失につながるため、交渉が難航する可能性もある模様。とはいえ、アタランタとしては完全移籍による買い取りが既定路線であるため、最終的には交渉成立することが期待される。 2024.06.06 10:40 Thu
オランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)を巡るアタランタとユベントスの本格交渉が始まるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 EL王者アタランタからユベントスへの移籍が噂されてきたコープマイネルス。ベルガモに強い愛着を持つ本人は「アタランタに大きなお金が落ちることが重要」という旨をコメントしつつ、移籍希望を認めている。 アタランタのオーナー、アントニオ・ペルカッシ氏も4日、登壇したイベントで「電話が来れば話し合う」とコメント。どうやら実際にはすで電話が来ているようで、今後数日で交渉が本格化していく見通しだという。 そんななか、アタランタでは最終ラインの中心であるイタリア代表DFジョルジョ・スカルヴィーニが重傷を負い、長期離脱が避けられないことに。 そこで、コープマイネルスの売却交渉とセットになるのではないか、とみられているのが、ユベントス保有でローマへレンタル移籍中のU-21スペイン代表DFディーン・ハイセン(19)。かねてよりジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が興味を持つ逸材センターバックだ。 現ユベントスは選手獲得に多額の資金を投入できず、「移籍金+戦力譲渡」はコープマイネルス獲得に向けても現実的なカード。 アタランタのコープマイネルス評価額は6000万ユーロ(約101.4億円)、ユベントスのハイセン評価額は3000万ユーロ(約50.7億円)。この距離感を埋められるか、「ここから最もアツい局面が訪れる」という交渉の推移やいかに。 2024.06.05 13:40 Wed
アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が、プレミアリーグクラブからのオファーを断ったそうだ。 ヨーロッパリーグ(EL)優勝が66歳にして指導者キャリア初のタイトルとなったガスペリーニ監督。長年積み上げてきた“オールコート・マンツーマン”が、今季公式戦無敗だった最強レバークーゼンを大きく凌駕した。 充実の2023-24シーズンも残すはセリエA1試合。無事に来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権も確保したことで状況は落ち着き、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のロングインタビューであれこれ語る。 ELでの勝ち進みとともに注目されてきたのが、ガスペリーニ監督自身の去就。一時ナポリ行きも取り沙汰されていた指揮官は「イタリアを愛し過ぎている」と言い、ナポリ以外の打診があったことを自ら明かした。 “国外で指揮を執る可能性はありますか?” 「いやいや、少なくとも今はないよ」 「最近就任オファーを貰ってね。とても素敵な内容で、それはプレミアリーグからのものだった。EL優勝のおかげだろうか…海外クラブからオファーなんて以前は全くなかったよ(笑)」 「しかしだ。海外へ行くと観光気分で『ああ…素敵な雰囲気だ』なんて思う一方、月曜から土曜まで何をすればいいんだ? 私はイタリアが大好きだし、結局一番落ち着くのさ」 今季で就任8年目、さらなる契約延長に向けて交渉中のガスペリーニ監督。他クラブでくすぶっていた選手の個性を発揮させる術に長けた老将は、もうしばらくアタランタで続けそうだ。 「ジャンルカ・スカマッカに関してひとつ。実はトレーニングで一番頑張るのがヤツなんだ。タトゥーを見るとそう思わないかもしれないが、とてもいいヤツなんだよ」 2024.05.31 12:10 Fri
アタランタがミランからベルギー代表FWチャールズ・デ・ケテラエル(23)を買い取る際の詳細が明らかになっている。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 クラブ・ブルージュからミランへ加わった昨シーズンは思うような活躍が見せられず、今シーズンは買い取りオプション付きのレンタルでアタランタに加入したデ・ケテラエル。ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下では再起に成功し、クラブのヨーロッパ・リーグ(EL)初優勝やコッパ・イタリア準優勝にも貢献した。 デ・ケテラエル本人は「僕次第で決めて良いなら、必ずアタランタに残る」と語っていたなか、アントニオ・ペルカッシ会長も、9日に行われたEL準決勝2ndレグのマルセイユ戦後にベルギー代表FWの買い取りを宣言。「一応ミランと価格について協議するが、最後は必ず買い取らせてもらう」とコメントしていた。 肝心の買い取り額は2200万ユーロ(約37億4000万円)で、すでに投じているレンタル料300万ユーロ(約5億1000万円)に上乗せされる形とのこと。また、ミランは将来の売却時の10%を受け取る条件で、さらにボーナスとして400万ユーロ(約6億8000万円)を得る可能性もあるという。 前述の通り、ペルカッシ会長が値引きに動く可能性はあるが、アタランタへの完全移籍移行はまず間違いなし。来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)での活躍も期待される。 2024.05.24 21:18 Fri

記事をさがす

ジャン・ピエロ・ガスペリーニの人気記事ランキング

1

うつ病発症の末に契約解除…イリチッチが1年ぶりにアタランタを訪問! 元同僚やサポーターと再会

元スロベニア代表MFヨシップ・イリチッチ(35)が古巣アタランタを訪問した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が長期政権を敷くアタランタにおいて、同体制初期にアルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメスと共に2枚看板として君臨したイリチッチ。中村俊輔氏をお手本にしてきたという、直接FKを得意とするレフティーだ。 しかし、全世界に新型コロナウイルスが蔓延していた2020年、イリチッチは自身のコロナ感染やうつ病発症に伴いチームを離脱。復帰後もパフォーマンスは戻らず、契約解除の末に昨年10月、母国のNKマリボルへと移籍した。 アタランタを去って1年強、イリチッチは契約解除以来初めてイタリアを訪れ、18日に行われたセリエA第16節アタランタvsサレルニターナをスタンド観戦。複数のサポーターがかつての大エースに気付いて写真撮影を求めると、イリチッチもこれに快く応じたという。 イリチッチに見守られたアタランタは、元同僚のFWルイス・ムリエルやMFマリオ・パシャリッチがゴールをあげ、格下サレルニターナをホームで4-1と一蹴。7位に浮上した。 今もメンタルヘルスの問題と向き合いながら現役を続けるイリチッチ。母国スロベニアでこのまま選手キャリアの幕引きを迎えるとみられているが、元気な姿を見られたアタランタサポーターは嬉しかったことだろう。 なお、試合後はピッチに降りて元同僚らと抱擁を交わし、サポーターらと共にアタランタの快勝を祝った。 <span class="paragraph-title">【動画】古巣サポとの写真撮影に応じるイリチッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="und" dir="ltr">Back home for <a href="https://twitter.com/hashtag/AtalantaSalernitana?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AtalantaSalernitana</a>: <br><br>Josip Iličić <a href="https://twitter.com/Atalanta_BC?ref_src=twsrc%5Etfw">@Atalanta_BC</a> <a href="https://t.co/2cWYbp8JNT">pic.twitter.com/2cWYbp8JNT</a></p>&mdash; Lega Serie A (@SerieA_EN) <a href="https://twitter.com/SerieA_EN/status/1736824680147718650?ref_src=twsrc%5Etfw">December 18, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.12.19 19:45 Tue
2

“無冠の帝王”脱却へ…66歳ガスペリーニ監督が指導者人生初タイトルへ意欲「私が率いたアタランタ史上最強と証明を」

アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督がコッパ・イタリア決勝戦へ意気込んだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 アタランタは日本時間15日28:00、コッパ・イタリア決勝でユベントスと対戦する。 翌週のヨーロッパリーグ(EL)決勝にも残るなか、アタランタで長期政権を敷く老将、66歳のガスペリーニ監督にとっては、長い指導者キャリアで「初タイトル」が懸かる試合だ。 「私は未だにトロフィーを掲げたことがなくてね(笑) それでも、これまで指揮したクラブとの試合に行くと、常に大きな敬意を持って迎えてもらえるんだ」 「これは私の誇り。いつでも成長を目指し、昨日の自分を超えて行こうではないか。誰もが自分との戦いに勝利するチカラを秘めている」 対ユベントスについても言及。今季リーグ戦はアウェイで0-0ドロー、ホームでも2-2ドローで決着している相手だが、どうやら勝ってトロフィーを掲げる自信はありそうだ。 「まずユベントスについてだが、期待値が下がるのも当然な試合が続いているのは間違いない。しかし、我々対戦相手にとって彼らはいつも嫌な相手なのだよ。過小評価はダメだ」 「私が指揮したアタランタの中で、今のチームが最も強いかどうか…ここで勝てばそれが証明できるし、その可能性も高いとみている。いつも以上の熱量を伴う試合になるのは確実だよ」 当代最強のオールコート・マンツーマン…CL8強時代に劣らぬ存在感でタイトルを目指すガスペリーニ・アタランタだ。 2024.05.15 13:50 Wed
3

健全経営のアタランタ、オーナーが移籍噂コープマイネルスの売却を排除せず「どう転んでもチーム強化に」

移籍噂のオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)について、所属するアタランタのオーナーが口を開いた。イギリス『90min』が伝えている。 今夏のビッグクラブ移籍が話題に上がるコープマイネルス。セリエAで2シーズン連続の2桁ゴールをマークする攻撃的MFで、オランダ代表でもユーロ2024を控えて序列が高まる26歳だ。 関心はナポリとユベントスに始まり、現在はインテルとミラン、さらにリヴァプール、昨夏アタランタからFWラスムス・ホイルンドを獲得したマンチェスター・ユナイテッドも。 アタランタとしては、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督がローマのU-21スペイン代表DFディーン・ハイセンを大変気に入っており、同選手の保有元であるユベントスへコープマイネルスを売却することによって、ハイセン獲得の交渉材料とする…というプランの存在も報じられる。 コープマイネルス自身が移籍願望を明言するなか、適切な“売り”の繰り返しでアタランタを健全経営の超優良企業に育て上げたオーナー、アントニオ・ペルカッシ氏がイタリア『メディアセット』の取材で本件に初言及。 「コープマイネルスに様々なクラブが関心を寄せるのは当たり前だが、どこかのクラブと利害関係が生まれる雰囲気はない。今のところはね。この段階で話すことは何もないよ」 「シーズンが終わって初めて、当事者間で話し合うことになる。どう転ぶにせよ、目的はアタランタが強化されるものでなくてはならない」 昨夏のホイルンドに続くコープマイネルス売却を排除しなかったペルカッシオーナー。コープマイネルス自身は移籍願望と同時に、アタランタに巨額の資金が落ちることも望んでいる。 「僕もガールフレンドもイタリアが大好き。熟考できる選択肢(移籍先)を望んでいるけど、何よりアタランタが十分なお金を受け取れることが重要だ。僕はベルガモで素晴らしい時間を過ごしているんだ」 コープマイネルスは現状リバプールもしくはユベントス行きが現実的と、イギリスとイタリア両国で伝えられている。 2024.04.05 17:45 Fri
4

EL優勝のガスペリーニ監督、さらなる長期政権へ「プレミアリーグのオファーを断った」

アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が、プレミアリーグクラブからのオファーを断ったそうだ。 ヨーロッパリーグ(EL)優勝が66歳にして指導者キャリア初のタイトルとなったガスペリーニ監督。長年積み上げてきた“オールコート・マンツーマン”が、今季公式戦無敗だった最強レバークーゼンを大きく凌駕した。 充実の2023-24シーズンも残すはセリエA1試合。無事に来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権も確保したことで状況は落ち着き、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のロングインタビューであれこれ語る。 ELでの勝ち進みとともに注目されてきたのが、ガスペリーニ監督自身の去就。一時ナポリ行きも取り沙汰されていた指揮官は「イタリアを愛し過ぎている」と言い、ナポリ以外の打診があったことを自ら明かした。 “国外で指揮を執る可能性はありますか?” 「いやいや、少なくとも今はないよ」 「最近就任オファーを貰ってね。とても素敵な内容で、それはプレミアリーグからのものだった。EL優勝のおかげだろうか…海外クラブからオファーなんて以前は全くなかったよ(笑)」 「しかしだ。海外へ行くと観光気分で『ああ…素敵な雰囲気だ』なんて思う一方、月曜から土曜まで何をすればいいんだ? 私はイタリアが大好きだし、結局一番落ち着くのさ」 今季で就任8年目、さらなる契約延長に向けて交渉中のガスペリーニ監督。他クラブでくすぶっていた選手の個性を発揮させる術に長けた老将は、もうしばらくアタランタで続けそうだ。 「ジャンルカ・スカマッカに関してひとつ。実はトレーニングで一番頑張るのがヤツなんだ。タトゥーを見るとそう思わないかもしれないが、とてもいいヤツなんだよ」 2024.05.31 12:10 Fri
5

カギを握るは“大器DFの譲渡”? ユベントスのコープマイネルス獲得交渉が本格化へ

オランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)を巡るアタランタとユベントスの本格交渉が始まるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 EL王者アタランタからユベントスへの移籍が噂されてきたコープマイネルス。ベルガモに強い愛着を持つ本人は「アタランタに大きなお金が落ちることが重要」という旨をコメントしつつ、移籍希望を認めている。 アタランタのオーナー、アントニオ・ペルカッシ氏も4日、登壇したイベントで「電話が来れば話し合う」とコメント。どうやら実際にはすで電話が来ているようで、今後数日で交渉が本格化していく見通しだという。 そんななか、アタランタでは最終ラインの中心であるイタリア代表DFジョルジョ・スカルヴィーニが重傷を負い、長期離脱が避けられないことに。 そこで、コープマイネルスの売却交渉とセットになるのではないか、とみられているのが、ユベントス保有でローマへレンタル移籍中のU-21スペイン代表DFディーン・ハイセン(19)。かねてよりジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が興味を持つ逸材センターバックだ。 現ユベントスは選手獲得に多額の資金を投入できず、「移籍金+戦力譲渡」はコープマイネルス獲得に向けても現実的なカード。 アタランタのコープマイネルス評価額は6000万ユーロ(約101.4億円)、ユベントスのハイセン評価額は3000万ユーロ(約50.7億円)。この距離感を埋められるか、「ここから最もアツい局面が訪れる」という交渉の推移やいかに。 2024.06.05 13:40 Wed

アタランタの人気記事ランキング

1

サーレマーケルスにプレミア3クラブも関心…低コストで獲得可能な優良銘柄

プレミアリーグの3クラブが、ミランのベルギー代表MFアレクシス・サーレマーケルス(25)に関心を寄せているという。 得点関与に課題がある故、ミランで重要な存在になりきれず、昨季ボローニャへレンタル放出されたサーレマーケルス。CL切符に貢献してミラノへ帰ってきたが、パウロ・フォンセカ新体制に居場所を確保するのは難しいとされる。 ともあれ年俸が高くなく、獲得コストも低いと見積もられているため、チアゴ・モッタ新監督のユベントス、またアタランタから関心が。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ここにきてイングランドからノッティンガム・フォレスト、レスター・シティ、イプスウィッチ・タウンもサーレマーケルスに興味。 同選手は現在ミランで練習再開も、ミランは各クラブとの意見交換を積極的に進めているとのこと。売却益を1000万〜1500万ユーロ(約17.2億〜25.9億円)と見込みつつ、1200万ユーロを超えることはまずないとされている。 2024.07.17 13:40 Wed
2

アタランタがオライリー獲得のため3度目のオファー計画、ユベントスなどからも関心か

アタランタはセルティックのデンマーク代表MFマット・オライリー(23)に対して、3度目のオファーを計画しているようだ。 昨シーズンはクラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)優勝を成し遂げるなど、充実のシーズンを送ったアタランタ。一方で、今夏の移籍市場ではオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)やブラジル代表MFエデルソン(25)にビッグクラブが関心を示しており、クラブとしては主力流出に備えた中盤補強を模索している。 そんな中で、クラブが注目したのがセルティックで中盤の主力に定着し、昨季も公式戦49試合19得点18アシストの成績を残したオライリー。すでに2度のオファーを送り、最初の提示額は1500万ユーロ(約25億9000万円)だったが、より高額を望むセルティックに拒否されていた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、アタランタは諦めず3度目のオファーを計画中とのこと。提示額についても、増額する構えのようだ。 オライリー自身はすでにアタランタとの長期契約で合意している模様。ただし、選手にはユベントスなどからの接近もあり、アタランタが交渉を急ぐことが予想されている。 2024.07.16 10:40 Tue
3

ユベントスの2番手GKペリン、年俸2倍オファー含めた7つもの打診を全て拒否か

ユベントスの元イタリア代表GKマッティア・ペリン(31)が、手元に届いた打診全てを拒否したようだ。 ユベントスの2番手GKペリン。 時折、正GKヴォイチェフ・シュチェスニーとのローテーションで起用される元イタリア代表の実力者だが、そんななかでも今季は加入後最少となるセリエA出場3試合にとどまった。 そのためか、31歳とまだまだ若いペリンには各クラブが熱視線。イタリア『トゥット・スポルト』によると、アタランタ、モンツァ、フィオレンティーナ、コモ、パルマ、古巣ジェノアがユベントスに照会を依頼したという。 また、スュペル・リグ(トルコ1部)の強豪、ジョゼ・モウリーニョ新監督のフェネルバフチェは、年俸純額300万ユーロ(約5.1億円)をペリン側に提示。現年俸の2倍とされる額だ。 ただ、契約をあと1年残すペリンは全ての打診にお断り。ユベントスはクリスティアーノ・ジュントリSDが2年延長+オプション1年を調整しており、ペリンは今後のキャリアをこちらに一本化しているとのことだ。 2024.06.24 20:55 Mon
4

EL王者アタランタが21歳のガーナ代表MFスレマナをカリアリから完全移籍で獲得

アタランタは17日、カリアリのガーナ代表MFイブラヒム・スレマナ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 エラス・ヴェローナの下部組織で育ったスレマナは、2022年7月にファーストチーイムに昇格。2023年7月にカリアリへ完全移籍していた。 セリエAでは通算37試合に出場し2ゴールを記録。カリアリでは、2023-24シーズンに公式戦24試合で2ゴールを記録していた。 ガーナ代表としても2024年6月にデビュー。今後が期待される若手のボランチだ。 2024.07.17 23:50 Wed
5

ボローニャがFWカンビアギを獲得、昨季まではレンタル先のエンポリでプレー

ボローニャは12日、アタランタのイタリア人FWニコロ・カンビアギ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月までの5年間。移籍金は1000万ユーロ(約17億2000万円)とのことだ。 アタランタの下部組織出身である走力に長けたセカンドストライカーのカンビアギは、2022年夏からエンポリにレンタル。在籍2シーズンで公式戦66試合出場8ゴール7アシストを記録していた。 ラツィオやジェノアも獲得に興味を示していたようだが、チャンピオンズリーグに出場するボローニャが獲得を決めた。 2024.07.13 08:00 Sat

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly