バルサ新指揮官セティエンが独自色全開の初陣白星 チームの戦いぶりも「良かった」

2020.01.20 11:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは19日に本拠地で行われたラ・リーガ第20節のグラナダ戦を1-0の勝利で飾った。スペイン『マルカ』がバルセロナ指揮官の試合後コメントを報じた。

13日にエルネスト・バルベルデ前監督の後任として、バルセロナの指揮を託されたキケ・セティエン監督。就任から間もないが、初陣のグラナダ戦から志向するポゼッションスタイルをチームに体現させ、バルセロナ指揮官としてのキャリアを白星スタートで飾った。

そのバルセロナは82.6%のポゼッション率を記録して、1005本を計上した総パス本数のうち、実に921本が成功。パス本数はバルベルデ前体制下の今シーズンを上回るもので、ポゼッション率もルイス・エンリケ体制時代まで遡っても最高値だったという。

初陣から自身の色を全面に押し出して、勝利をもたらしたセティエン監督は試合後、初陣を回想。さらに、見事なパスワークからの崩しで決勝点を挙げたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、アシストのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルについても言及した。

「(チームの戦いぶりは)良かった。前半は少し決め手を欠いたかもしれないがね。グラナダの非常に良い守りを崩すのはそう簡単じゃない。それに、風があり、ピッチも乾いていたから、ありがたい日じゃなく、ボールの動きが止まってしまった。ただ、前半は相手に1本のシュートしか許さず、後半もポストを直撃したものだけだった。多くのことをうまくやってのけた。少しずつスムーズさを身につけて、ゴール前でのプレーを改善していけたら良い」

「メッシは自らのキャリアを通じてやってきたことをこのゲームでやってくれた。こうした試合で決め手もインスピレーションもなく、行き詰まっているとき、彼はいつだって素晴らしいプレーで存在感を示してくれる。あのアルトゥーロ(・ビダル)のヒールパスも素晴らしかった。ああいうプレーは前半も幾度かあって、うまくいかなかったが、メッシにボールが渡れば、高い割合でゴールに繋がる」

関連ニュース
thumb

ポルトガル戦で活躍のゴセンズ、バルサやバイエルンから関心か

アタランタのドイツ代表MFロビン・ゴセンズ(26)にバルセロナやバイエルン、ドルトムントといったビッグクラブが関心を示しているようだ。ドイツ『Sport1』、『Sport Deutschland』が報じている。 ゴセンズは19日に行われたユーロ2020グループF第2節ポルトガル代表戦で3ゴールに絡む大活躍を見せた。この活躍を受け、アタランタは移籍金を3500万ユーロ(約45億円)から4000万ユーロ(約52億円)に上昇させた模様だ。 『Sport1』によればバルセロナがゴセンズの代理人に接触を図ったとのことだ。また、『Sport Deutschland』によるとバイエルンとドルトムントが獲得に乗り出す可能性があると主張している。 アタランタ不動の左サイドとして活躍するゴセンズはここ3シーズン、クラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。今季は公式戦44試合の出場で12ゴール8アシストを記録していた。 2021.06.21 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「夢の実現だ」バルサ加入のオランダ代表FWデパイが歓喜「バルセロナ万歳!」

バルセロナに完全移籍で加入したオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)が、移籍についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 バルセロナは19日、リヨンからデパイを完全移籍で獲得することを発表。フリートランスファーでの加入となり、契約は2年間となっている。 新シーズンに向けては、FWセルヒオ・アグエロ、DFエリック・ガルシア、DFエメルソンに次いで4人目の補強となったデパイ。強力な攻撃陣をさらに強化する期待がかかる。 指揮を執るロナルド・クーマン監督とは、オランダ代表で共に働いており知った仲。アグエロ、そしてリオネル・メッシとともに強力な前線でトリオを組む可能性も高い。 そのデパイは、現在オランダ代表としてユーロ2020に参戦中。そんな中、クラブの最初のインタビューに応じ、今回の移籍について「僕は幸せであり、誇りに思っている」と語り、「世界最大で、最高のファンがいる」とクラブのイメージを語った。 改めて新シーズンに向けては「ファンで埋め尽くされたスタジアムでプレーできることにとても興奮している。バルサのファンはとても特別な方法で試合を後押ししてくれる」とファンの存在に言及。「彼らはサッカーをとても愛しており、僕はこのファンの前でプレーすることにとても興奮している」と早く後押しを受けたいと意気込んだ。 また、今回の移籍に尽力してくれた幹部にも感謝。「夢の実現だ。バルセロナの全ての幹部、会長、監督にも感謝したい」とコメント。「クラブのために全てを捧げるし、その準備はできている。ビスカ・エル・バルサ!(バルセロナ万歳!)」と、加入が待ち切れないようだ。 オランダ代表はここまで2戦2勝でグループステージ突破が決定。ユーロ制覇を手土産にバルサに合流することになるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】バルサ加入が決まったデパイのファーストインタビュー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRQ1ROdWZlZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.20 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、MLS行きの夢ブレず 「バルサと契約満了後は良いタイミング」

バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(30)が将来的なアメリカ行きの夢を改めて公言した。 母国フランスではなく、スペインでプロキャリアをスタートさせ、レアル・ソシエダ、アトレティコ・マドリーを渡り歩き、2019年夏からバルセロナに在籍するグリーズマン。度々、パフォーマンスぶりが批判の的になりつつ、公式戦99試合の出場で35得点16アシストを記録する一方で、NBA好きが高じて、以前から将来的なアメリカでのプレー願望を明らかにしている。 そんなフランス人アタッカーは今もアメリカでプレーするという夢を抱き続けているようだ。今夏もまことしやかにバルセロナからの移籍が取り沙汰されるグリーズマンだが、フランス『Le Figaro』のインタビューで現行契約を全うした後、アメリカに活躍の場を移すプランを再び口にした。 「バルセロナとの契約は2024年6月までだし、その後はアメリカに行くのに良いタイミングだと思う。あの国やあの文化、NBAが大好きで、もっと知りたいんだ。家族のことも考えないといけないけどね」 また、欧州だと切ろうとしても切れないメディアの目から距離を置け、プライバシーが守られるという点もアメリカ行きに心が惹かれ続ける背景としてあると語っている。 「プライバシーがより尊重されるのもアメリカを好む理由であり、行きたい理由だ。フランスやスペインだとそうじゃないが、アメリカだとあまり気づかれないしね」 2021.06.20 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナがデパイをフリーで獲得、契約は2年間

バルセロナは19日、リヨンを退団するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)の獲得で合意したことを発表した。契約期間は2022-23シーズンまでの2年間となっている。 PSVでプロデビューを飾り、2014年のブラジルワールドカップで鮮烈な活躍を見せたデパイ。その活躍を受け移籍したマンチェスター・ユナイテッドでは鳴かず飛ばずに終わったが、2017年から活躍の場に移したリヨンで見事に復活。公式戦178試合76得点55アシストの数字を収め、今季は公式戦38試合の出場で21得点10アシストをマーク。19得点を挙げたリーグ・アンにおいては得点ランキングで2位タイの成績を残した。 また、現在開催されているユーロでもオランダ代表の主軸として存在感を示している。 バルセロナの他、パリ・サンジェルマンやインテル、ユベントスらがオファーを提示していたようだが、オランダ代表で指導を受けたロナルド・クーマン監督との仕事をデパイが望んだことで、バルセロナ行きが実現する運びとなった 2021.06.20 02:02 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナの来季アウェイユニまで流出、ホームユニのPVに映り込む

バルセロナの2021-22シーズンのアウェイユニフォームのデザインが流出した。ユニフォームやスパイクといったギアを専門とするサイト『Footy Headlines』が伝えている。 バルセロナは15日、来季のホームユニフォームを発表。クラブのエスクード(エンブレム)から着想を得たデザインをお披露目していた。 クラブはこれに合わせてホームユニフォームの紹介PVも公開したが、その中で来季のアウェイユニフォームと見られるシャツが映り込んでしまった。 動画では白にも見えたが、『Footy Headlines』によると、バルセロナの来季アウェイユニフォームは紫色がベースになっており、無地。シャツの右脇部分に青いラインが入り、左脇部分にえんじ色のラインが入る。 また、虹色がアクセントになっており、シャツに入るクラブのエンブレムや紫色ベースのショーツに入るナイキのロゴも虹色でプリントされるようだ。 このアウェイユニフォームに関してクラブからの公式発表はまだだが、思わぬ形で流出することとなった。 ※記事写真は発表された来季のホームユニフォーム <span class="paragraph-title">【動画】来季のアウェイユニフォームと見られるシャツが映り込んでいるPV映像(0:33辺りにアウェイユニフォームと見られるシャツが映り込む)</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOSnlHekR5SiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.18 05:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly