アスレティックが鮮烈なデビューシーズン過ごした23歳MFプラドスと2031年まで契約延長

2024.06.27 23:15 Thu
アカデミー育ちのプラドス
Getty Images
アカデミー育ちのプラドス
アスレティック・ビルバオは27日、スペイン人MFベニャト・プラドス(23)との契約延長を発表した。

新契約は6年間延長し、2031年6月30日までとなる。
アスレティックの下部組織育ちのプラドスは、2022年7月にファーストチームに正式昇格。2022年7月から1年間はミランデスへとレンタル移籍していた。

2023-24シーズンはアスレティックでプレーし、ラ・リーガで26試合、コパ・デル・レイで7試合に出場し、チームのカップ戦優勝に貢献していた。

ファーストチームでデビューシーズンで大きな貢献をしたプラドス。エルネスト・バルベルデ監督の下で大きく羽ばたき、クラブの未来を託されることとなった。

記事をさがす

ベニャト・プラドスの人気記事ランキング

1

アスレティックが鮮烈なデビューシーズン過ごした23歳MFプラドスと2031年まで契約延長

アスレティック・ビルバオは27日、スペイン人MFベニャト・プラドス(23)との契約延長を発表した。 新契約は6年間延長し、2031年6月30日までとなる。 アスレティックの下部組織育ちのプラドスは、2022年7月にファーストチームに正式昇格。2022年7月から1年間はミランデスへとレンタル移籍していた。 2023-24シーズンはアスレティックでプレーし、ラ・リーガで26試合、コパ・デル・レイで7試合に出場し、チームのカップ戦優勝に貢献していた。 ファーストチームでデビューシーズンで大きな貢献をしたプラドス。エルネスト・バルベルデ監督の下で大きく羽ばたき、クラブの未来を託されることとなった。 2024.06.27 23:15 Thu

アスレティック・ビルバオの人気記事ランキング

1

バルセロナSDデコ氏がニコ・ウィリアムズ&ダニ・オルモの代理人と接触、交渉に進展か

バルセロナが2人のスペイン代表選手の獲得に迫っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 今夏はウインガー補強を最優先に動いているバルセロナ。さまざまな選手が候補に挙がったなか、現在はアスレティック・ビルバオのスペイン代表FWニコ・ウィリアムズ(22)の獲得に注力し、加えてRBライプツィヒのスペイン代表MFダニ・オルモ(26)への関心もかねてから報じられている。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるデコ氏は、スペインの優勝で幕を閉じたユーロ2024から間もない16日に、ダニ・オルモの代理人を務めるフアンマ・ロペス氏と接触しとのこと。さらにその翌日には、ニコ・ウィリアムズの代理人を務めるフェリックス・タインタ氏と昼食を共にしたという。 デコ氏はニコ・ウィリアムズとダニ・オルモがそれぞれバルセロナ入りに熱心なことを確認。交渉に進展があったという。 ニコ・ウィリアムズには5800万ユーロ(約99億1000万円)の契約解除条項が存在。ダニ・オルモにも6000万ユーロ(約102億5000万円)の契約解除条項が設けられているが、こちらは期限が20日に迫っている。 近年は財政難に悩まされているバルセロナだが、先日『カタルーニャ・ラジオ』のインタビューに対応したジョアン・ラポルタ会長が財政状況の改善をアピール。ニコ・ウィリアムズの獲得も「今ではイエス」と主張していた。 ラ・リーガのハビエル・テバス会長も、スペイン『スポルト』のインタビューで同意見のコメント。もう少しで実現する「1:1ルール(移籍金や給与の貯蓄に充てられる資金をすべて投資することが許可されている状態)に戻れば」との注釈付きで、その事実を認めていた。 なお、ダニ・オルモに関しては、マンチェスター・シティやバイエルンといったより資金力のあるクラブも関心。スペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)がミランへと向かうアトレティコ・マドリーもこの争いに急きょ加わったようだが、選手本人は破格のオファーがない限り、他の3クラブを優先する見込みだ。 2024.07.18 17:23 Thu
2

ディアビの高額売却迫るアストン・ビラ、エメリ監督が評価のフェリックスを後釜に検討か

アストン・ビラはアトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(24)の獲得を選択肢に入れているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。 昨シーズンはプレミアリーグを4位でフィニッシュし、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を掴み取ったアストン・ビラ。1982-83シーズン以来となる欧州最高峰の戦いに備え、移籍市場で活発な動きを見せている。 現在進行中の大型取引は、フランス代表FWムサ・ディアビ(25)のアル・イテハド移籍。すでに個人間では合意済みで、クラブ間交渉は移籍金5500~6000万ユーロ(約93億8000万~102億3000万円)でまとまりつつある。 加入1年目ながら公式戦54試合に出場し、前線のさまざまなポジションをこなしつつ10ゴール9アシストを記録したディアビ。主力アタッカーの抜ける穴を埋めにかかるビラは、後釜候補の1人としてフェリックスを検討しているという。 実現の可能性は不透明なものの、ウナイ・エメリ監督が関心を寄せているとのこと。アスレティック・ビルバオのスペイン代表FWニコ・ウィリアムズ(22)も高く評価しているというが、こちらはバルセロナが熱心に獲得へ動いている。 2019年夏から在籍するアトレティコでは、ディエゴ・シメオネ監督との関係が悪化したフェリックス。2022-23シーズン後半はチェルシーへ、昨シーズンはバルセロナへレンタル移籍した。 引き続きカタルーニャのクラブでのプレーを望んでいるが、ニコ・ウィリアムズらが加われば再度の移籍の可能性は大幅に低下。将来は宙に浮き、古巣ベンフィカからの関心も取り沙汰された。 2019年夏に1億2600万ユーロ(約214億9000万円)で獲得したアトレティコは、現行契約を2029年6月まで残す状況。そう安値では売らないはずだが、ビラは獲得に本腰を入れるのだろうか。 2024.07.22 22:20 Mon
3

アスレティック育ちのDFイマノルがスパルタ・プラハに完全移籍、ロシツキSDも評価「我々のスタイルにとてもフィット」

スパルタ・プラハは16日、アスレティック・ビルバオのDFイマノル・ガルシア・デ・アルベニス(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は明かされていないが、複数年契約とのことだ。 イマノルは、アスレティックの下部組織出身で、2021年7月にファーストチームに昇格した。 左サイドバックでプレーするイマノルは、昇格後にミランです、エイバルへとレンタル移籍を経験。アスレティックでは公式戦10試合の出場に終わっていた。 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)では61試合で2ゴール7アシストを記録していた。 スパルタ・プラハのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるトマシュ・ロシツキ氏はイマノルについて高く評価している。 「イマノルはテクニックに優れた選手だ。コンビネーションプレーに適応する能力を持つ彼は、我々のプレースタイルにとてもフィットする」 「彼のスピード、動き、良いクロスを活かしたいと思う」 2024.07.17 09:55 Wed
4

アスレティック退団のムニアイン、南米屈指の強豪への移籍を考慮か?

アスレティック・ビルバオを退団した元スペイン代表MFイケル・ムニアイン(31)に南米屈指の強豪への移籍話が浮上している。アルゼンチン『TyC Sports』が報じている。 報道によると、南米屈指の名門クラブであるリーベル・プレートの副会長であるマティアス・パタニアン氏とムニアインの代理人であるオマル・ロドリゲス氏が、今月17日にマドリードのサンティアゴ・ベルナベウ近くで会談を行ったという。 現在、フリートランスファーの31歳は新しい国、新しいリーグでのプレーを考慮しており、以前にいつかユニフォームを着てみたいという願望を明かしていたリーベルはその有力な候補になっているようだ。 12歳でアスレティックの下部組織に入団したムニアインは、16歳7カ月の若さでヨーロッパリーグ予選でファーストチームデビュー。その後、2019年に“ロス・レオネス”のキャプテンに任命されたワンクラブ・マンは、本職の攻撃的MFとウイングを主戦場にバスク純血主義を掲げるクラブを牽引。 15年間に及ぶアスレティックでのキャリアの中で、歴代2位の公式戦560試合に出場し、76ゴール70アシストを記録。2度のスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝、昨シーズンのコパ・デル・レイ制覇に貢献した。 2024.07.19 20:35 Fri
5

右手首手術のウナイ・シモン、リハビリが長引けば前半戦全休か…アギレサバラも負傷し開幕スタメンは20歳パディージャが濃厚に

右手首の手術を受けたアスレティック・ビルバオのスペイン代表GKウナイ・シモンが4~5カ月の離脱になるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 スペインの守護神として最多4度目のユーロ優勝に貢献したウナイ・シモン。かねてより右手首を痛めていた守護神は、プレシーズンを前に同箇所の手術を決断すると、19日に手術を受けていた。 クラブから詳細な離脱期間は明かされていないが、『マルカ』によれば順調にリハビリが進めば4カ月程度での復帰が可能とのこと。しかし、リハビリが長引いた場合は、前半戦を全休しクリスマス休暇明けでの復帰となるようだ。 新シーズンの序盤は守護神が不在となるアスレティックは、控えのスペイン人GKフレン・アギレサバラとU-23メキシコ代表GKアレックス・パディージャの2人体制で乗り切る予定だったが、クラブは16日にアギレサバラの負傷を発表。 トレーニング中に右腰部を強打したアギレサバラは、検査の結果、第2、第3、第4腰椎横突起骨折と診断されたとのこと。全治については明かされていないが、同紙は全治まで6週間以上を要すると伝えており、新シーズンの開幕戦はトップチームデビューとなる20歳のパディージャがスタメンを務めることが濃厚となっている。a 2024.07.20 00:45 Sat

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly