主役永井が合計3得点でVERDY LEGENDSを勝利に導く! キングカズ&ラモスと豪華過ぎる共演!《永井秀樹 引退試合》

2017.08.14 21:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
永井秀樹 引退試合premium dream last match『OBRIGADO NAGAI』が14日に味の素フィールド西が丘で行われた。VERDY LEGENDS(東京ヴェルディOB主体)vsJ LEGENDS(永井の古巣クラブOBや仲間たち)は、VERDY LEGENDSが3-2で勝利した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽ヴェルディ川崎時代に初代Jリーグ王者に導いた松木安太郎監督率いるVERDY LEGENDSは、日本サッカー界のレジェンドで横浜FC所属のFW三浦知良やMFラモス瑠偉、MF前園真聖、FW武田修宏、MF北澤豪、GK菊池新吉ら黄金時代のメンバーが駆け付け、現役からはアルビレックス新潟のDF富澤清太郎、東京Vで永井秀樹の愛弟子であるMF井上潮音、MF澤井直人もメンバー入り。メンバー外だった東京Vユース出身のFW森本貴幸、過去に東京Vに所属したGK新井章太の川崎フロンターレコンビも足を運んでいた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽一方、日本代表の伝説的ストライカーの釜本邦茂監督率いるJ LEGENDSは、かつて永井秀樹が在籍していた横浜フリューゲルスや横浜F・マリノス、清水エスパルスのOBであるMF山口素弘、DF波戸康広、MF澤登正朗、MF大榎克己、DF小村徳男、DF斉藤俊秀。同年代のライバルであるFW福田正博、FW永島昭浩、MF礒貝洋光ら、MF中田浩二やMF戸田和幸、現役からは横浜FMのFW齋藤学、FC東京のMF石川直宏が参戦した。また、2011年に逝去したDF松田直樹も天国から駆け付け、父が背負った背番号3のユニフォームをまとった長男がメンバー入りした。
(C)CWS Brains,LTD.
▽『キャプテン翼』の作者高橋陽一氏のキックインセレモニーで幕を開けた永井秀樹の引退試合。開始早々にムードメーカーのFW藤吉信次のシュートでVERDY LEGENDSが最初の決定機を作るが、前半はJ LEGENDSでプレーするこの日の主役が早速魅せる。11分、ボックス内に抜け出した永井秀樹がDF柳沢将之に倒されてPKを獲得。これを自ら左隅に蹴り込んで先制点を決めた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽その後も山口や澤登のゲームメークから永島と福田が決定機に絡むなど、J LEGENDSのペースが続く。だが、DF三浦淳寛と共に10分過ぎに投入された武田が現役時代さながらのストライカーぶりを発揮。直前のプレーをベンチサイドのラモスやキングカズから批判された武田は19分、左サイドからのクロスをゴール前の藤吉が反転から強烈なシュート。これはGK都築龍太のビッグセーブに遭うが、跳ね返りを武田が鋭い反応からダイビングヘッドで押し込んだ。
(C)CWS Brains,LTD.
▽このムードメーカー武田のゴールで勢いづくVERDY LEGENDSは、直後の22分にも柳沢の右クロスを武田が頭で流し込むが、ここはオフサイドの判定。すると、直後の26分にはJ LEGENDSがボックス手前の好位置でFKを獲得。これを名手・澤登が見事なキックで直接左隅に突き刺し、前半はJ LEGENDSの1点リードで終了した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽迎えた後半、永井秀樹が入ったVERDY LEGENDSは、緑の11番を背負ったキングカズと10番を背負うラモスがピッチに送り出され、前園、北澤らと共にJリーグ開幕頃のオールドファン垂涎の豪華なメンバー構成に。対するJ LEGENDSは、戸田や磯貝や大榎らと共に故松田直樹の背番号3を背負った長男がピッチに立った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽VERDY LEGENDSは、病み上がりのラモスが60歳とは思えない運動量とテクニックで観客を沸かすと、キングカズも高速シザーズで相手を抜きにかかるなど、見せ場を作る。一方、J LEGENDSもピッチ内で一際小柄な背番号3がボックス内で仕掛けるも、ここは富澤が大人げなくボール奪取し、観客から盛大なブーイングを浴びた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽後半に入って拮抗した展開が続く中、46分にこの日の主役の永井秀樹がVERDY LEGENDSとしてこの日最初のゴールを奪う。ボックス手前左でボールを持った師匠ラモスから絶妙なパスをボックス右のスペースで受けた背番号45が、鋭いシュートをニアサイドに突き刺した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽2-2のタイに戻った試合は、ここから拮抗した展開に。残り10分を過ぎると、レジェンド釜本、松木の両監督がピッチに入る。釜本がレジェンドの片りんを窺わせる一方、松木の悪クロスには容赦なくブーイングが飛ぶ。その中で58分にはVERDY LEGENDSに勝ち越しゴール。ボックス内で藤吉と短いパス交換をみせ、最後は冷静に流し込んだ。
(C)CWS Brains,LTD.
▽その後、一度ピッチを退いたキングカズが武田共に投入され、永井秀樹やラモスと一緒に勝利のホイッスルを聞いた。この日の主役永井秀樹が合計3ゴールを決めた引退試合は、VERDY LEGENDSが3-2で勝利した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、同日行われた前座試合の国見高校OBvs帝京高校OBによる、“高校サッカー名門対決”は、国見高校OBが1-0で勝利した。▽高校サッカー界屈指の名将小嶺忠敏監督率いる国見は、今回の主役MF永井秀樹と実弟・MF永井篤志に加え、GK都築龍太やFW船越藏、現役としてFC東京でプレーするDF徳永悠平、FW大久保嘉人らが参戦。対して名将古沼貞雄監督率いる帝京は、天才MF礒貝洋光やMF中田浩二、MF本田泰人、MF阿部敏之らに加え、ゲストプレーヤーとして俳優の勝村政信、マラドーナのモノマネ芸人としてディエゴ・加藤・マラドーナが参戦した。

▽20分ハーフで行われた試合は、帝京が中田と本田のダブルボランチに礒貝が前線で観客を沸かせるが、試合の流れは国見が握る。永井秀樹が現役さながらの鋭い仕掛けで身体が重い? 帝京守備陣を切り裂くと、前半14分にボックス手前左でFKを獲得。これをこの日の主役永井秀樹が鋭い右足のキックで直接右隅に突き刺し、国見が先制点を奪った。

▽迎えた後半、途中出場のディエゴと勝村のホットラインでチャンスを作るなど、帝京が立ち上がりから見せ場を作る。一方、国見は永井兄弟のホットラインで2度のチャンスを作るが、永井篤志のシュートはGKのファインセーブに遭う。その後、帝京がセットプレーの場面でゴール前のディエゴが“神の手ゴール”を試みるが、ここはシュートを枠の右に外したことに加え、主審からイエローカードまでもらってしまった。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、永井秀樹の直接FKのゴールによって国見OBが“高校サッカー名門対決”を制した。

VERDY LEGENDS 3-2 J LEGENDS
【VERDY LEGENDS】
武田修宏(19分)
永井秀樹(46分)
永井秀樹(58分)

【J LEGENDS】
永井秀樹(12分[PK])
澤登正朗(26分)
関連ニュース
thumb

京都、磐田はそろって勝利!琉球は敗れて上位2チームと差が広がる【明治安田J2第19節】

19日、明治安田生命J2リーグ第19節の6試合が各地で行われた。 3連勝後に3戦ドローと足踏み状態の首位京都(勝ち点38)は、アウェイで金沢と対戦した。序盤から攻勢に出る京都は6分に左サイドの敵陣深いところでスローインを得ると、飯田がロングスローの気配を見せつつ、ボックス手前の左に速いボールを入れる。受けた三沢がワントラップから迷いなく右足を振り抜くと、見事なミドルシュートがゴール左隅に決まり、ゲームを動かす。 追いかける展開となった金沢は29分に試合を振り出しに戻す。京都守備陣の背後のスペースを何度も狙い、右サイドの崩しから丹羽が至近距離でのシュート。これはGK若原に防がれたものの、続くCKからクリアボールを渡邊が拾ってミドルを狙う。これがウタカに当たってコースが変わり、GK若原の逆を突いた格好でネットに吸い込まれた。 それでも地力に勝る京都は36分、ゴール正面で松田天馬がキープして右へ小さくはたく。受けた三沢はヘッドアップし、これでもかというくらい周囲を確認すると、シュート性の低いボールを左のポスト方向へ。走り込んだ宮吉がファー詰めのような形で合わせ、再びリードを奪う。結局、これが決勝点となり、京都が首位をキープした。 破竹の5連勝で2位に浮上した磐田(勝ち点38)はホームに千葉を迎えた。雨中での一戦は31分に千葉がビッグチャンスを迎える。敵陣中央でボールを受けた船山が、ワントラップから反転して意表を突いたロングシュート。これはクロスバーに嫌われ、さらには37分にカウンターから見木が惜しい場面を作る。 押され気味のサックスブルーだったが、苦しい状況を打破したのは背番号10だった。前半のアディショナルタイムに鈴木雄斗からのクロスを山田がゴール前で胸トラップし、ハーフボレーを左隅に突き刺して先制点を奪取する。 後半も攻め込まれる場面が多かったものの、守備陣の奮起と相手の精度にも助けられて6連勝を達成。首位の京都をぴたりと追走した。 前節は4試合ぶりの白星を挙げて上位に踏みとどまった4位琉球(勝ち点36)は、アウェイで岡山と対戦。ゴールレスで迎えた42分、宮崎幾笑のシュートはポストに助けられるも、セカンドボールを上門に押し込まれて先制を許してしまう。後半に入っても61分に白井、84分には木村に追加点を奪われ、0-3の完敗。上位2チームとの差が開いてしまった。 ◆第19節 ▽6/19 栃木SC 0-2 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎</span> ヴァンフォーレ甲府 2-2 レノファ山口FC 松本山雅FC 0-0 大宮アルディージャ ツエーゲン金沢 1-2 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C.</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田</span> 1-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山</span> 3-0 FC琉球 ▽6/20 《15:00》 SC相模原 vs 東京ヴェルディ 《18:00》 水戸ホーリーホックvs モンテディオ山形 《19:00》 ザスパクサツ群馬 vs FC町田ゼルビア ギラヴァンツ北九州 vs 愛媛FC ▽6/21 《19:00》 ブラウブリッツ秋田 vs アルビレックス新潟 2021.06.19 21:14 Sat
twitterfacebook
thumb

北九州DF河野貴志がトレーニング中に負傷、右大腿二頭筋肉離れと診断

ギラヴァンツ北九州は17日、DF河野貴志の負傷を発表した。 河野は13日に行われたトレーニング中に負傷。検査で右大腿二頭筋肉離れと診断され、全治約8週間とのことだ。 関西大学から2019年入団の河野。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグでセンターバックとして4試合に出場していた。 2021.06.17 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮の10番、黒川淳史が入籍を発表「今まで以上に強い責任感を持って精進」

大宮アルディージャは17日、MF黒川淳史(23)が入籍したことを発表した。 クラブの発表によると、お相手は一般女性とのことだ。 黒川はクラブを通じて「私事ですが、このたび入籍いたしましたことをご報告させていただきます。選手として今まで以上に強い責任感を持って精進を続け、幸せな家庭も築いていけるように努めていきたいです。今後とも、よろしくお願いいたします」と喜びとともに、覚悟を語った。 黒川は大宮の下部組織出身で、2018年、2019年は水戸ホーリーホックへと期限付き移籍。2020年に復帰すると背番号10を背負い、明治安田生命J2リーグで37試合に出場し7得点を記録していた。 今シーズンもここまでの明治安田J2で全18試合に出場しているが、ゴールを挙げられず。チームは降格圏に低迷している。 2021.06.17 15:10 Thu
twitterfacebook
thumb

琉球の選手とスタッフ1名ずつが新型コロナ陽性判定

FC琉球は16日、選手1名とスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定受けたことを発表した。 当該選手は、14日に行われたJリーグ公式検査で陽性疑いの判定を受け、医療機関にて陽性と診断されたとのこと。選手には発熱などの症状がないという。 この結果、13日と14日にトップチームの選手・スタッフがPCR検査を実施。15日にスタッブ1名が陽性判定を受けたとのことだ。残りの選手とスタッフは陰性が確認されている。 また、管轄保健所から当該選手に対する濃厚接触者はいないと判断されているものの、スタッフに対してはクラブスタッフ2名が濃厚接触者と判定されたとのこと。クラブスタッフ2名につきましては管轄保健所の指示に従いPCR検査を受検するとのことだ。 なお19日に予定されている明治安田生命J2リーグ第19節のファジアーノ岡山戦は、試合当日のキックオフ3時間前にJリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査を実施。オンサイト検査で陰性になった選手・スタッフのみが試合にエントリーされる。 2021.06.16 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟と京都が揃って勝点逸…遠藤保仁J通算700試合到達の磐田が2位浮上【明治安田J2第18節】

13日、明治安田生命J2リーグ第18節の全試合が各地で行われた。 ここ数試合で調子を落とす京都と新潟は今節も苦しむことになった。群馬をホームに迎えた2位の京都(勝ち点37)は、12分にバイスのロングボールを起点に味方の落としを受けたウタカのシュートというシンプルな展開で先制。しかし、前半アディショナルにPKを献上し、同点とされてしまう。 それでも64分に、ボックス中央のこぼれ球を拾ったウタカのゴールで勝ち越し。だが、77分の群馬のCKで渡辺にヘディングシュートを流し込まれ再び同点に持ち込まれると、結局2-2で決着。3試合連続ドローとなった。 一方、首位の新潟(勝ち点37)も岡山とのホーム戦。前半に再三のチャンスを作りながらもゴールレスで後半を迎えると、68分に上門に守備ラインの隙を突かれ失点。 その後、島田と藤原がミドルシュートを狙うも、GK金山がゴールに蓋をする。さらに後半アディショナルタイムでは、CKから鈴木がヘディングシュートを放つが、左ポストに嫌われ万事休す。0-1で敗れ、ここ5試合で3敗目を喫した。 そして、そんな上位2チームの喉元に食らいついたのが3位の磐田(勝ち点35)だ。5位の甲府(勝ち点30)との上位戦となったなか、この試合で遠藤保仁がJ通算700試合出場を達成。 そんな記念すべき試合は意外なスタートを切る。4分、クリアボールからルキアンにボールが渡って一気にチャンスを迎えた磐田。ここにチェックにいったメンデスがボックス手前で背後から倒してしまい一発退場に。 これで大きなアドバンテージを得たホームの磐田は15分、遠藤の左CKのセカンドボールを拾った大津が、ボックス中央から強烈なシュートをGKの頭上に突き刺し先制。 最後までこのゴールを守り切り、磐田が破竹の5連勝。京都と勝ち点38で並び、2位に浮上している。 その他では、霜田正浩監督を迎え、新体制となった大宮がホームで栃木と対戦。開始5分にイバのゴールで幸先よく先制するも、40分に矢野にゴールを許し1-1のドロー。連敗は回避したものの、14試合未勝利となった。 ◆第18節 ▽6/13 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-0 レノファ山口 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-0 SC相模原 ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ</span> アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> 京都サンガS.C. 2-2 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 松本山雅FC FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ブラウブリッツ秋田</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 愛媛FC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> 大宮アルディージャ 1-1 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 3</span>-0 ギラヴァンツ北九州 2021.06.13 22:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly