東京Vが新体制発表会見実施! 10年ぶり帰還のDF富澤や明大の点取り屋・佐藤凌ら11人の新戦力が意気込み

2021.01.23 23:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎TOKYO VERDY
東京ヴェルディは23日、オンラインでの新体制発表会見を実施した。2020シーズンの明治安田生命J2リーグを12位で終えた東京V。昨年末にはクラブの財政難、ゼビオホールディングスによる子会社化とピッチ外の大きな混乱に見舞われた中、今シーズンは東京移転20周年のメモリアルイヤーでのJ1昇格を目指す。

新体制発表会見に先駆けて行われた冒頭の挨拶では、中村考昭新社長が昨年末のクラブに関する一連の報道に対して言及。クラブ株式が100倍規模相当で新たに発行される懸念があるなど、大きな経営危機を迎えていたものの、「その危機は過ぎ去り、経営は安定化、盤石化しました」と、現時点でクラブ運営に問題がないことを強調した。


また、就任3年目を迎える永井秀樹監督は、「ヴェルディらしくヴェルディらしい素晴らしいサッカーをさらにバージョンアップさせて、戻るべき場所に一日でも早く戻る」と、2008年以来のJ1復帰に向けた新たな決意を口にしている。

今冬の移籍市場においてはMF井上潮音(ヴィッセル神戸)、MF藤田譲瑠チマ(徳島ヴォルティス)といった生え抜きの若手主力や、FW大久保嘉人(セレッソ大阪)といったベテランが退団した一方、11人の新戦力を補強。

その中でSC相模原からの完全移籍で10年ぶりの古巣復帰を果たしたDF富澤清太郎は、「僕がプロに上がった時からプロというものをすべて教えた下さった方」と、語る旧知の永井監督のために「これまで積み上げてきた経験」をチームに還元していくことを誓った。

また、今季は4人の大卒ルーキーが加入した中、関東大学サッカーリーグ戦で得点ランキング2位の12ゴールを挙げて、明治大学の連覇に貢献したFW佐藤凌我は、「常にゴールから逆算して動き出すところや、より多くゴール前に顔を出して得点という結果を残すところ」と、自身の長所について語った。

なお、東京Vの2021シーズンの開幕戦は2月28日に味の素スタジアムで開催される愛媛FC戦だ。

今回、新体制発表会見に登壇した新加入選手11人のコメントは以下の通り。

◆DF 3 富澤清太郎(←SC相模原)
「僕が出た時からずっとJ2を戦っているという部分に関して言えば、僕自身そこに責任を感じています。昇格の目標を達成できずに出ていきましたし、自分自身がやってきたことが何か足りず、そういった姿を後輩たちが見てきて、それを基準に育っていくわけですから、その何かひとつ足りなかったところを自分自身が経験してきたことで埋められたらなと思っています」

◆MF 4 梶川諒太(←徳島ヴォルティス※)
「3度目の加入となりました梶川諒太です。とにかく、運動量を多くしてチームの力になりたいと思っています」

◆MF 17 加藤弘堅(←ギラヴァンツ北九州)
「できるだけ早く味方の選手の特長を把握しながらゲームでどう生かしていくか、その中でゲーム中に起きている現象や対戦相手の特徴、逆を言えば、ウィークだったりをゲーム中に早く見つけて、そういうものをヴェルディのサッカーの中で生かしていけたらいいなと思います」

◆DF 42 安在和樹(←サガン鳥栖※)
「色んなチームに行ってヴェルディ以外のサッカー観に触れましたし、色んな人たちと出会ったので、そういう部分ではたくさん刺激を受けたので、そういう部分をこのチームに還元できればと思っています」

◆DF 28 山口竜弥(←ガンバ大阪)
「強みは一対一の攻守の対人や何度もアップダウンできるスタミナであったり、攻撃でアクセントを付けるところ。そこをサポーターの方々に見て頂ければと思います」

◆DF 15 ンドカ・ボニフェイス(←水戸ホーリーホック)
「強みは相手フォワードとのフィジカルの勝負。練習からすごく細かいことを要求されますし、頑張って頭を使おうと思います」

◆GK 21 長沢祐弥(←アスルクラロ沼津)
「自分の強みはシュートストップとフィードだと思っているので、是非そこを見てもらいたいです」

◆GK 41 佐藤久弥(←順天堂大学)
「自分自身の特長は足元の技術と守備範囲の広さを持ち味としているので、そこらへんをこのチームでも存分に生かし、自分自身元フォワードとして攻撃的なサッカーが好きなので、その攻撃的な印象をキーパーのところから出していけるように頑張りたいです」

◆DF 23 深澤大輝(←中央大学)
「自分がユースの時に永井監督が現役で、練習試合の時などは一緒にプレーさせて頂きました。そして、監督になられて今度は自分がその下でプレーするという立場になり、監督が現役の時からやろうとしていたことを、実現させるために自分も一緒に戦っていければと思っています」

◆FW 27 佐藤凌我(←明治大学)
「監督はすごく情に厚くヴェルディの皆さんをファミリーと呼んでいて、そういった仲間意識の強い方の下で一緒にサッカーができることは自分自身幸せなことだと思っています。そういう意味でヴェルディファミリーの一員となれたことを嬉しく思います」

◆MF 26 持井響太(←明治大学)
「ドリブルと局面を個人で打開する力が自分の武器なので、それを生かしつつ周りを生かしながらゴールに繋がるプレーを意識して戦っていきたいと思います」

※期限付き移籍

©TOKYO VERDY

©TOKYO VERDY
関連ニュース
thumb

【Jリーグ出場停止情報】相手の腹部を蹴った東京Vの佐藤優平が「著しい反則行為」で1試合出場停止

Jリーグは19日、出場停止選手を発表した。 今回新たに発表されたのは1名。出場停止となるのは、東京ヴェルディのMF佐藤優平となる。 佐藤は17日に行われた明治安田生命J2リーグ第8節のFC琉球戦に先発出場。しかし、0-0で迎えた41分、ハーフウェイライン付近で相手選手と競り合うと、倒れ込んだ佐藤がボールを拾おうとした富所悠の腹部に寝転がりながらスパイクで蹴っていた。 このプレーには、松本大主審もレッドカードを提示し、一発退場となっていた。 Jリーグは「競り合いによりもつれて倒れた後、立ち上がりボールにプレーしようとした相手競技者の腹部を過剰な力を用いて蹴った行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断」と見解を示し、1試合の出場停止処分を下した。 【明治安田生命J2リーグ】 MF佐藤優平(東京ヴェルディ) 第9節 vs京都サンガF.C.(4/21) 今回の停止:1試合停止 【YBCルヴァンカップ】 DF小池龍太(横浜F・マリノス) 第3節 vs清水エスパルス(4/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2021.04.19 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

日本サッカー界にホペイロ広めたベゼーハ氏が逝去…古巣東京Vが訃報伝える

東京ヴェルディは13日、かつてクラブでホペイロ(用具管理担当スタッフ)を務めていたブラジル人のルイス・ベゼーハ・ダ・シルバ氏(享年65)の逝去を明かした。 東京Vはベゼーハ氏の逝去に際して、クラブ公式サイトを通じて哀悼の意を表している。 「ご逝去の報に接し、前身の読売クラブ時代に来日されて用具を専門に取り扱うホペイロという職業の概念を日本に定着させた同氏の功績を偲び、クラブの選手及びスタッフ一同、謹んで哀悼の意を表するとともに心よりご冥福をお祈りいたします」 ベゼーハ氏は1991年に前身の読売クラブで監督を務めていたペペ氏に招聘されて来日。選手が使用する用具の管理を専門で行うホペイロという職業の存在を日本に広めた。 Jリーグ開幕後は、数々のタイトルを獲得したヴェルディ川崎を裏方としてサポートし、1998年まで在籍。2001年には浦和レッドダイヤモンズでもホペイロを担当した。 2021.04.13 22:23 Tue
twitterfacebook
thumb

東京Vがジャイルトン・パライバの来日を報告! Jリーグ一括管理の待機期間終了後に合流へ

東京ヴェルディは8日、完全移籍での加入が内定しているブラジル人FWジャイルトン・パライバ(30)の来日を報告した。 パライバは、新型コロナウイルス感染防止のための追加的防疫措置として、Jリーグが一括管理する14日間の待機期間を経て、4月下旬に実施されるメディカルチェックを受けてチームに合流する予定だという。また、合流のタイミングは決まり次第改めてアナウンスされる。 パライバは2シーズン前の2019年8月に東京Vに加入し、半シーズンの在籍でJ2リーグ11試合4ゴールの実績を残した。それ以前は、2010年から2年間でブラジルの6クラブを渡り歩いた後、2012年からは中国に上陸し、上海申鑫や延辺富徳、大連超越でプレー。2017年夏から東京Vに移籍するまでトルコのゲンチレルビルリイSKに所属していた。 東京V退団後は1年以上フリーの状態だったが、先月25日に復帰が決定していた。 パライバは今回の来日に際し、クラブ公式サイトを通じて改めて意気込みを語っている。 「ヴェルディに戻ってこられて嬉しいです。また皆さんに喜んでもらえるように頑張ります」 2021.04.08 23:22 Thu
twitterfacebook
thumb

東京Vが15歳でJ2最年少デビューのMF橋本陸斗とプロ契約締結「全力を尽くします!」

東京ヴェルディは8日、MF橋本陸斗(16)とプロ契約を締結したことを発表した。 橋本は東京Vの下部組織出身で、ジュニア、ジュニアユースと昇格し、現在はユースに所属している。 今シーズンは2種登録としてトップチームで活動し、ここまで明治安田生命J2リーグで1試合に出場。開幕戦の愛媛FC戦で79分からプレーしていた。なお、これは15歳10カ月26日での出場となり、J2での最年少出場記録となった。 橋本はクラブを通じてコメントしている。 「この度プロ契約を結ばせていただくことになりました。小学生の頃からずっと好きだったチームで、自分の夢であるプロサッカー選手を始められることをすごく嬉しく思います」 「感謝の気持ちを忘れずこのチームのために全力を尽くします!ファン、サポーターの皆さん、ぜひ温かい声援をよろしくお願いします!」 2021.04.08 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ジャイルトン・パライバが東京Vに復帰!背番号は10に決定

東京ヴェルディは25日、ブラジル人FWジャイルトン・パライバ(30)が完全移籍加入することを発表した。なお、入国規制の影響で来日スケジュールは調整中となっている。 同選手は2シーズン前の2019年8月に東京Vに加入し、半シーズンの在籍でJ2リーグ11試合4ゴールの実績を残した。それ以前は、2010年から2年間でブラジルの6クラブを渡り歩いた後、2012年からは中国に上陸し、上海申鑫や延辺富徳、大連超越でプレー。2017年夏からは東京Vに移籍するまでトルコのゲンチレルビルリイSKに所属していた。 東京V退団後は1年以上フリーの状態だったが、この度復帰が決定。クラブ公式サイトで喜びと意気込みを語っている。 「みなさんこんにちは。ジャイルトン・パライバです。もう一度東京ヴェルディに加入することになりました」 「東京ヴェルディの強化部をはじめチームスタッフにとても感謝をしています。戻ってくるために力を貸してくださった監督には特に感謝しています。自分と家族を歓迎してくれた日本のみなさんにも感謝申し上げます」 「東京ヴェルディのサポーターの方々からもインスタグラムでメッセージをもらいました。すぐに日本に戻り、皆さんに喜びを与えられるように頑張ります」 「パンデミックで困難な状況でもありますが早くグラウンドに戻れることを願っています。そして、日本に戻ってくるために関わってくれた全ての人に感謝申し上げます。必ずサポーターの皆さんにたくさんの喜びを与えられるように一生懸命頑張ります」 なお、背番号は昨シーズン限りで現役を引退したレアンドロ以降空き番となっていた10番を着用する。 2021.03.25 15:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly