J2で2年目に挑戦する藤枝が選手背番号発表!札幌から加入のFW中島大嘉は「81」

2024.01.08 23:05 Mon
中島大嘉は育成型期限付き移籍で藤枝に武者修行
©超ワールドサッカー
中島大嘉は育成型期限付き移籍で藤枝に武者修行
藤枝MYFCは8日、2024シーズンの選手背番号を発表した。

2023シーズンはクラブ史上初となるJ2の舞台を戦った藤枝。苦しい戦いも予想された中、12位と中位でフィニッシュ。2年目のJ2にチャレンジすることとなる。
須藤大輔監督が継続して率いる2024シーズンに向けては、経験豊富な東京ヴェルディを退団したMF梶川諒太を獲得。また、名古屋グランパスに期限付き移籍でプレーしていたFW中島大嘉を北海道コンサドーレ札幌から育成型期限付き移籍で獲得した。

その他、守備陣にはDFカルリーニョス、DFウエンデルのブラジル人2名を完全移籍で獲得。GK内山圭(←サガン鳥栖)、MFシマブク・カズヨシ(←アルビレックス新潟)も期限付き移籍で加入した。

新加入選手では梶川が「23」、中島が「81」、カルリーニョスが「29」、ウエンデルが「99」、内山が「35」、シマブク・カズヨシが「19」をつけることとなる。
また、MF榎本啓吾が「27」から「10」に、FW中川風希が「77」から「14」に背番号を変更している。

◆2024シーズン選手背番号
GK
1.岡西宏祐
21.菅原大道
35.内山圭←サガン鳥栖/期限付き
41.北村海チディ

DF
2.川島將
3.鈴木翔太
4.中川創←ジュビロ磐田/期限付き→完全
5.小笠原佳祐
16.山原康太郎
22.久富良輔
29.カルリーニョス←ボタフォゴSP(ブラジル)/完全
99.ウエンデル←ポルトゲーザ(ブラジル)/完全

MF
6.新井泰貴
7.水野泰輔
8.浅倉廉←拓殖大学/新加入
10.榎本啓吾※背番号変更「27」
13.大曽根広汰←ベガルタ仙台/期限付き→完全
15.杉田真彦
18.小関陽星
19.シマブ・カズヨシ←アルビレックス新潟/期限付き
23.梶川諒太←東京ヴェルディ/完全
24.永田貫太←中京大学/新加入
26.西矢健人←FC大阪/期限付き→完全
27.前田翔茉←常葉大学/新加入
30.芹生海翔←鹿児島城西高校/新加入
33.河上将平

FW
9.矢村健←アルビレックス新潟/期限付き延長
11.アンデルソン
14.中川風希※背番号変更「77」
17.平尾拳士朗
81.中島大嘉←北海道コンサドーレ札幌/育成型期限付き

岡西宏祐の関連記事

藤枝MYFCは15日、MF榎本啓吾(24)、MF杉田真彦(28)、GK岡西宏祐(33)との契約更新を発表した。 榎本はジェフユナイテッド千葉U-18から東海学園大学へと進学。2022年に藤枝に加入した。 2022年には明治安田生命J3リーグで34試合に出場し4得点。今季は明治安田生命J2リーグで41試合で2得点を記録していた。 杉田は静岡県出身で、順天堂大学からソニー仙台FCへ加入。2020年に藤枝に完全移籍で加入すると、2022年からキャプテンとしてもプレーしている。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで13試合に出場し1得点を記録した。 岡西は山梨学院大学附属高校から中央大学へ進学。2013年にヴァンフォーレ甲府へ加入。今季から藤枝に加入。出場機会はなかった。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF榎本啓吾 「藤枝MYFCに関わる全ての皆さま、2023シーズンたくさんの応援ありがとうございました!2024シーズンも藤枝MYFCでプレーさせてもらうことになりました!」 「初心を忘れず、プレーで表現します。個人、チームの目標達成のため、共に闘いましょう!」 ◆MF杉田真彦 「今シーズンどんな時でも熱い応援ありがとうございました。来シーズンも藤枝MYFCの選手として戦えることに感謝します」 「早くサッカーがしたいです。サッカーが生き甲斐でピッチの中が1番好きでチームメイト、スタッフと喜びたくてサポーターと喜びたいです。勝った後のスタジアムの雰囲気が大好きです」 「藤枝ファミリーをもう一つ上のカテゴリーに連れて行きたいです。選手としてもっと上の景色を見たいです。だから早く完全復活してピッチを走り回りたいです」 「今はまだ復活のために将平とリハビリを頑張ります。この怪我の期間、悔しくて嫌なことなんてたくさんありますが、復帰後の楽しさを想像して笑い飛ばして乗り越えます!」 「皆さんの応援がチームの力になります。来年も一緒に戦ってください!来年もよろしくお願いします!」 ◆GK岡西宏祐 「昨年は熱い応援ありがとうございました。どんな状況でも応援し続けていただいたサポーターの方々には感謝しかありません」 「今シーズンも自分がどこまでできるのか挑み続け、成長できるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします!」 2023.12.15 15:01 Fri
藤枝MYFCは10日、GK岡西宏祐の負傷を発表した。 クラブの発表によると、岡西は6日に左膝蓋大腿関節症と診断されたとのことだ。 なお、全治は4週間と見られている。 岡西はプロ入り後10シーズン在籍したヴァンフォーレ甲府を昨シーズン限りで退団。今シーズンから藤枝に加入していたが、ここまで出番はなかった。 2023.04.10 10:10 Mon
藤枝MYFCは7日、ヴァンフォーレ甲府からGK岡西宏祐(32)の完全移籍加入を発表した。 大阪府出身の岡西は中央大学を経て2013年に甲府入り。長く控えGKとしての立ち位置が続いたが、2020シーズンに開幕スタメンを勝ち取ると、守護神として明治安田生命J2リーグで36試合に出場した。 しかし、その後は再び第2GKに降格。今シーズンは公式戦8試合の出場にとどまり、天皇杯でもラウンド16までは先発としてプレーしたが、決勝での出番はなかった。 長年過ごした甲府から去る決断を下した岡西は、両クラブを通じてこれまでの感謝と新天地での意気込みを述べている。 ◆藤枝MYFC 「このたび藤枝MYFCに加入することになりました、岡西宏祐です。サッカーのまち藤枝でプレーできることに今からワクワクしています。須藤監督率いる藤枝の攻撃的で観客を魅了するサッカーにおける ゴールキーパーの重要性は 試合を観ていても感じているので、責任は重いですがやりがいのある仕事だと思っています」 「J2初挑戦で、これから新しい歴史をクラブと共に築いていけることに大きな喜びを感じています。このクラブのために全身全霊で戦い、サポーターの方々の期待に応えられるように頑張ります。僕自身 初めての移籍なので、このサッカー文化が根付いた地域 藤枝が好きになれるように過ごしていければと思っています。来シーズン、共に戦いましょう」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「リリースの通り、来シーズンから藤枝MYFCでプレーすることに決めました。高校時代を含めて13年間過ごした山梨は、僕にとって特別な場所であり、地元以上に大切で大好きな場所になりました。高校時代に小瀬でヴァンフォーレ甲府の試合を観て、いつかこのクラブのユニフォームを着てピッチに立ちたい。それが僕の夢になりました」 「大学時代にオファーを頂いた時は本当に嬉しかったです。一方でプロ選手にはなれたものの、周りと自分のレベルの差を肌で感じ、何も出来ずに数年が過ぎました。もしそのときにクラブを去っていたら僕にとっての山梨生活は苦い思い出となっていたはずです」 「佐久間社長をはじめ、このクラブは試合に出場していない僕のことを信じて契約し続けてくれました。この頃から、いつかこのクラブに恩返しがしたいという気持ちになりました。そして、今年の天皇杯優勝。クラブ、選手、サポーター全員の力で勝ち取ることができました」 「日産スタジアムで体感したホームのような大声援は、ベンチに座っていても鳥肌が立ちました。そしてあの場で優勝カップを掲げられた事は一生忘れないです。ただ、なかなかピッチに立てない悔しさがあったのも事実で、この気持ちはまた来年の原動力にしようと思っていました」 「そのタイミングで今回のオファーを頂き、甲府一筋で引退したい気持ちと、もう一度、違う環境でチャレンジしたい気持ちの両方が出てきました。しっかりと考えているうちに、自分の中で決めたクラブへの恩返しとして、天皇杯を優勝することができ、最高の喜びをサポーターの方々と分かち合え、タイミングとしても今じゃないのか、そして、日を追うごとに、ここでチャレンジしないとずっと後悔が残ってしまうと思い、移籍を決断しました」 「来シーズン、星のついたユニフォームを着れないのは本当に残念ですが、自分で決めた道に後悔のないように、頑張ってきます。自分のことばかり長々と書いてしまいましたが、山梨の方々には本当にお世話になり、可愛がっていただきました」 「いろいろな所で『おかにー』と声をかけてくれる温かい方々、街、そしてこのクラブが大好きです。来年は同じカテゴリーのJ2に所属しますが、このクラブのことはいつまでも応援しています。10年間こんな僕を応援してくださり、本当にありがとうございました」 2022.12.07 12:52 Wed
ヴァンフォーレ甲府のグッズアカウントがGK河田晃兵の珍しい1枚を投稿。ファンから高い評価を得ているようだ。 吉田達磨新監督を迎え、6年ぶりのJ1復帰を目指す甲府。深みのある青を基調に、武田信玄の家紋"武田菱"を赤いストライプ状にした今季のユニフォームも話題を呼んでいる。 甲府のグッズアカウントは、そのユニフォームのプロモーションのため、選手が実際に着用している動画を公開。登場したのは意外にもGK河田晃兵だった。 2013年にガンバ大阪から期限付き移籍で加入し、翌年のレンタルバック後に2015年から完全移籍で甲府へ加わった河田。岡西宏祐とともに、長期にわたって甲府のゴール前に君臨し続けている。 その河田がユニフォーム姿で登場。ただ、プロモーションのため、身に着けているのは普段のGK用ユニフォームではなくフィールドプレーヤーのものだ。「3XLでーす。観戦とかならこれかな。動くんだったら2XLの方が良さそうだけど」と両腕を広げ、肩の可動具合を確認するあたりは、さすがGKといったところか。 珍しい立ち姿はサポーターからも好評の様子。「フィールドプレーヤーで出ても違和感がないかも」、「是非ともフィールドプレーヤーと二刀流で」、「新鮮だけど似合うなー」など、"二刀流"を望む声も。さらに「やはり普段のサイズより大きいサイズにすべきか」と参考にする声も寄せられている。 期限付き移籍時代を含めれば、甲府での通算9年目を迎える河田。今季は守護神の新しい顔が見られるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】FP用のユニフォームを着るGK河田晃兵</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022オーセンティックユニフォーム <a href="https://t.co/0EhEXtfxRC">https://t.co/0EhEXtfxRC</a><br><br>皆様見たことが無いと思います<br><br>GK <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B2%B3%E7%94%B0%E6%99%83%E5%85%B5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#河田晃兵</a> 選手の FPユニフォーム姿!<br><br>身長: 184cm 80kg<br><br>試合用: 2XL<br>観戦用: 3XL<br>が良さそう3XLは肩も胴回りも丈もかなり余裕がありますね<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヴァンフォーレグッズ</a> <a href="https://t.co/fF7zytmFEK">pic.twitter.com/fF7zytmFEK</a></p>&mdash; ヴァンフォーレ甲府 グッズアカウント (@vfk_goods) <a href="https://twitter.com/vfk_goods/status/1485577565817683978?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.25 18:30 Tue
ヴァンフォーレ甲府は27日、FW三平和司(33)、DF野澤陸(23)、GK岡西宏祐(31)の契約更新を発表した。 三平は湘南ベルマーレ、大分トリニータ、京都サンガF.C.でプレーした後、今シーズン甲府へ加入。明治安田生命J2リーグで25試合に出場し、3得点を記録した。 野澤は佐野日大高校から産業能率大学を経て、今シーズン甲府に加入。明治安田J2で1試合に出場した。 岡西は中央大学から2013年に甲府へ加入。今シーズンは明治安田J2で18試合に出場した。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW三平和司 「みなさんこんにちは。今シーズン応援ありがとうございました。皆さんのおかげで小瀬で楽しくプレーできました。今年は怪我が多くチームに貢献することができず、すみませんでした。一年という短い期間でしたが本当にありがとうございました」 「最後に皆さんに一言、、、三平和司、契約更新します。2022シーズンもヴァンフォーレ と共に!!トリッキーなさんぺーをよろしくお願いします!」 ◆DF野澤陸 「今シーズンも沢山の応援ありがとうございました。来シーズンもヴァンフォーレ甲府でプレーさせていただく事になりました」 「今年自分がやってきた事が間違ってなかったと言うことを証明する為に、そして、素晴らしい甲府サポーターと共にJ1昇格を達成する為に頑張っていきます。必ずチームの勝利に貢献します!来シーズンも応援よろしくお願いします!」 ◆GK岡西宏祐 「コロナ禍にもかかわらず、スタジアムまで足を運んでくださったサポーターのみなさま、応援してくださっているスポンサーのみなさま、そしてチームに関わる全てのみなさま今シーズンも応援ありがとうございました」 「今年はチームとしても個人としても悔しいシーズンになりましたが、膝の手術をして、いろいろな方に支えられていることを改めて実感しました」 「今はまだリハビリ中ですが、しっかりと治して、チームに貢献できるように、頑張っていきます。来シーズンも応援よろしくお願いします」 2021.12.27 17:46 Mon

藤枝MYFCの関連記事

thumb 明治安田J2リーグ第24節の2試合が13日に行われた。 共に降格圏に低迷する鹿児島ユナイテッドFCvsザスパ群馬は、1-1のドローに終わった。 2連敗で18位の鹿児島と、前節16戦ぶりの白星を挙げた最下位の群馬によるシックスポインターは、立ち上がりからホームの鹿児島がやや優勢に進めていく。サイドを起点にシンプルなクロスでファーの選手を使って幾度かチャンスを創出。30分にはボックス左の外山凌がダイレクトボレーを狙うが、これは枠を捉え切れない。対してカウンター主体の戦いとなった群馬は攻撃の回数こそ少ないが、河田篤秀の反転シュートや2戦連発を狙う佐藤亮がフィニッシュに顔を出した。 ゴールレスで折り返した後半も拮抗した展開は変わらず。互いに交代カードを切りながら勝ち点3を意識した戦いを見せるもゴールが遠い。しかし、このままタイムアップかに思われた試合は最終盤に大きく動いた。 まずは90分、鹿児島が自陣中央でのボール奪取から右サイドで背後を狙う有田光希にボールを繋ぐと、そのままボックス付近まで切り込んで有田が放った左足シュートが相手DFにディフレクトする形でゴール右隅に決まった。 頼れるベテランの先制点によってホームチーム勝利かに思われたが、群馬も土壇場で意地を見せた。ほぼラストプレーとなった97分、失点に繋がるボールロストを犯した佐川洸介の足元にボールが入ると、佐川は冷静な左への持ち出しからペナルティアーク付近で左足を一閃。強烈なシュートがゴール右隅の完璧なコースを射抜き、土壇場で追いついた。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、後半終盤に打ち合う形となった下位対決は痛み分けに。 中位に位置する藤枝MYFCvs愛媛FCは、アウェイの愛媛が0-1で勝利した。 2連勝で10位に浮上した藤枝と、2試合連続0-4の大敗で9位の愛媛による好対照の両チームが激突した一戦。共に[3-4-2-1]の布陣でスタートした中、ホームの藤枝が主導権を掌握する。そして、完全に相手を崩し切るには至らなかったが、矢村健や西矢健人と前向きの前線や中盤の選手が積極的に足を振っていく。ただ、GK辻周吾を中心に要所で身体を張る愛媛の守備を前に前半のうちにゴールをこじ開けられなかった。 迎えた後半、選手交代によって劣勢の流れを脱した愛媛が完全に押し返すことに成功。すると、69分には右サイドの尾崎優成が早いタイミングで前線に送り込んだクロスをペナルティアーク付近の松田力が絶妙なワンタッチでボックス右のスペースに流すと、これに反応した石浦大雅が冷静に左足でゴール左隅へ流し込んだ。 その後はリスクを冒して前に出るホームチーム、カウンターで背後を狙うアウェイチームという構図の下で一進一退の攻防が繰り広げられたが、互いにゴールを割ることはできず。この結果、敵地で藤枝の連勝を止めた愛媛が3試合ぶりの白星を収めた。 ◆明治安田J2第24節 ▽7/13(土) 藤枝MYFC 0-1 愛媛FC 鹿児島ユナイテッドFC 1-1 ザスパ群馬 ▽7/14(日) 《18:00》 ブラウブリッツ秋田 vs レノファ山口FC 水戸ホーリーホック vs 横浜FC ヴァンフォーレ甲府 vs V・ファーレン長崎 《19:00》 モンテディオ山形 vs いわきFC 栃木SC vs ファジアーノ岡山 ジェフユナイテッド千葉 vs ロアッソ熊本 徳島ヴォルティス vs ベガルタ仙台 大分トリニータ vs 清水エスパルス 2024.07.13 21:30 Sat
藤枝MYFCは3日、清水エスパルスからFW千葉寛汰(21)が育成型期限付き移籍で加入すると発表した。 移籍期間は2025 年1 月31 日まで。加入期間中、清水との公式戦には出場できない。 静岡市出身の千葉は清水のジュニアユースで育ち、2022年にトップ昇格。同年の後半戦からFC今治へ育成型期限付き移籍すると、J3リーグ22試合で12ゴールを叩き出した。 昨シーズンは前半戦を徳島ヴォルティスでプレーし、J2リーグ8試合0ゴール。後半戦から再び今治へ期限付き移籍すると、J3リーグ16試合で7ゴールをマークした。 今シーズンから清水に復帰するも、出場機会は増えず。J2リーグで5試合、YBCルヴァンカップで1試合、天皇杯で1試合の出場にとどまっていた。 再び武者修行へ出ることが決まった千葉は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆藤枝MYFC 「このようなチャンスをいただき感謝しています。誰よりもギラギラしてゴールに貪欲に向かっていきます!よろしくお願いします」 ◆清水エスパルス 「皆さんからの大きな期待に応えられず、悔しい気持ちしかありませんが、自分の力の無さを認めて新しい環境で精一杯頑張ります。必ず這い上がってアイスタで躍動する姿をお見せします。応援していただいた方々、期待してくださっていた方々本当にありがとうございました」 2024.07.03 11:20 Wed
藤枝MYFCは1日、AIE国際高校のMF河本大雅(17)の2025シーズン加入内定を発表した。 河本は、山口県出身で、レノファ山口FC U-15からAIE国際高校へと進学した。 河本はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2025シーズンから藤枝MYFCに加入することが決まりました、AIE国際高等学校の河本大雅です。幼い頃からの夢であるプロサッカー選手のキャリアを藤枝MYFCでスタートできること、とても嬉しく思います」 「家族をはじめ自分を支えてくださった方々には感謝の気持ちでいっぱいですし、試合に出場して活躍する姿を見てもらい恩返ししたいです」 「まだまだ未熟ですが、若手として練習や試合で全力を出しチームの勝利に貢献できるよう精一杯頑張りますので、藤枝MYFCのファン・サポーター、関係者の皆様、応援よろしくお願いします」 2024.07.01 14:10 Mon
Jリーグは27日、出場停止選手を発表した。 J1では3名が出場停止に。最下位に苦しむ北海道コンサドーレ札幌のDF岡村大八、首位を窺う鹿島アントラーズのFW鈴木優磨、名古屋グランパスのMF内田宅哉が出場停止となる。 また、J2では7名が出場停止に。大分トリニータは、DF安藤智哉、FW長沢駿、MF保田堅心と3名が出場停止となる。 なお、J3はいわてグルージャ盛岡のDF深川大輔、ガイナーレ鳥取のFW富樫佑太が出場停止となる。 【明治安田J1リーグ】 DF岡村大八(北海道コンサドーレ札幌) 第21節 vs湘南ベルマーレ(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ) 第21節 vs湘南ベルマーレ(6/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF内田宅哉(名古屋グランパス) 第21節 vs湘南ベルマーレ(6/30) 今回の停止:1試合停止 【明治安田J2リーグ】 MF南秀仁(モンテディオ山形) 第22節 vsブラウブリッツ秋田(6/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFラファエル(栃木SC) 第22節 vsベガルタ仙台(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF飯田貴敬(ヴァンフォーレ甲府) 第22節 vs大分トリニータ(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFウエンデル(藤枝MYFC) 第22節 vsザスパ群馬(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF安藤智哉(大分トリニータ) 第22節 vsヴァンフォーレ甲府(6/29) 今回の停止:1試合停止 FW長沢駿(大分トリニータ) 第22節 vsヴァンフォーレ甲府(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF保田堅心(大分トリニータ) 第22節 vsヴァンフォーレ甲府(6/29) 今回の停止:1試合停止 【明治安田J3リーグ】 DF深川大輔(いわてグルージャ盛岡) 第19節 vs大宮アルディージャ(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW富樫佑太(ガイナーレ鳥取) 第19節 vs奈良クラブ(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2024.06.27 20:40 Thu
藤枝MYFCは27日、MF永田貫太の負傷を報告した。 永田は2日に行われた静岡産業大学とのトレーニングマッチ中に負傷。検査の結果、左肩脱臼と診断されたとのことだ。すでに手術が実施されており、全治は6カ月の見込みとなっている。 永田は特別指定選手として所属した昨年を経て、今シーズンに中京大学から藤枝へ正式入団。ルーキーイヤーとなる今シーズンは、明治安田J2リーグで11試合1ゴール、YBCルヴァンカップで1試合出場の成績を残していた。 2024.06.27 10:30 Thu

J2の関連記事

モンテディオ山形は14日、ホームゲーム会場の飲食店での火災事故を報告した。 14日、明治安田J2リーグ第24節のモンテディオ山形vsいわきFCが行われた中、ホームゲーム会場の飲食売店において火災事故が発生。同店舗スタッフ2名の負傷が確認されているという。なお、観客への人的被害はないという。 山形は「この火災によりお客様をはじめ多くの関係者の皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「事故原因については現在、消防および警察当局のもと現場検証を実施しております。詳細が判明次第、あらためてご報告させていただきます」としている。 なお、試合は1-2でいわきが勝利を収めていた。 2024.07.15 10:25 Mon
明治安田J2リーグ第24節の8試合が14日に行われ、首位交代が起こった。 前節終了時でV・ファーレン長崎が勝ち点50で首位を走り、同49で横浜FCと清水エスパルスが追う構図の上位3チーム。得失点差で3位だった清水だが、長崎と横浜FCが揃って引き分けるなか、唯一の勝利を掴み、首位返り咲きに成功した。 そんな清水は14位大分トリニータとのアウェイゲーム。先の天皇杯で川崎フロンターレを撃破して勢い十分の大分が相手だったが、33分に敵陣中央でのボール奪取から北川航也が繋ぎ、ボックス右からルーカス・ブラガの右足で清水が先手を奪う。 そんな清水は1-0の点差で最終盤に入り、大分もゴールに迫るが、89分のカウンターからボックス右の北爪健吾が跳ね返りを拾って再び折り返し、最後は乾貴士が右足。3連勝で勝ち点を「52」の伸ばして、首位奪還を果たしている。 首位から陥落の長崎は15位ヴァンフォーレ甲府のホームに乗り込み、45+1分に加藤大のゴールで先制したが、47分に村上千歩、58分にピーター・ウタカと連続失点。90+9分に澤田崇の同点弾で22戦無敗としたが、首位堅持とはならず。 2位横浜FCは17位水戸ホーリーホックとのアウェイ戦に臨むが、57分に草野侑己、66分に齋藤俊輔と立て続けに被弾。76分に伊藤翔のゴールで1点を返すと、87分に高橋利樹の一発で追いついたが、勝ち越しとはいかず、連勝が「8」で止まった。 ほかの上位勢では4位ファジアーノ岡山、5位レノファ山口FC、6位ベガルタ仙台、7位ジェフユナイテッド千葉がそれぞれ足踏み。プレーオフの争いでは3位後退の横浜FCが落ちてきたが、4位から6位の顔ぶれは岡山、山口、仙台で変わらずとなった。 ◆第24節 ▽7/13(土) 藤枝MYFC 0-1 愛媛FC 鹿児島ユナイテッドFC 1-1 ザスパ群馬 ▽7/14(日) ブラウブリッツ秋田 1-0 レノファ山口FC 水戸ホーリーホック 2-2 横浜FC ヴァンフォーレ甲府 2-2 V・ファーレン長崎 モンテディオ山形 0-2 いわきFC 栃木SC 1-1 ファジアーノ岡山 ジェフユナイテッド千葉 0-2 ロアッソ熊本 徳島ヴォルティス 2-0 ベガルタ仙台 大分トリニータ 0-2 清水エスパルス 2024.07.14 21:51 Sun
ブラウブリッツ秋田は14日、DF星キョーワァンの戦線離脱を報告した。 横浜FCでのプロ入りから、松本山雅FC、いわきFCでのプレーを挟み、2023年から秋田入りの星。トレーニングマッチ中に負傷し、右前十字じん帯断裂の診断結果を受けた。 全治は9カ月。今季の明治安田J2リーグではここまで1試合に出場していた。 2024.07.14 16:20 Sun
thumb 明治安田J2リーグ第24節の2試合が13日に行われた。 共に降格圏に低迷する鹿児島ユナイテッドFCvsザスパ群馬は、1-1のドローに終わった。 2連敗で18位の鹿児島と、前節16戦ぶりの白星を挙げた最下位の群馬によるシックスポインターは、立ち上がりからホームの鹿児島がやや優勢に進めていく。サイドを起点にシンプルなクロスでファーの選手を使って幾度かチャンスを創出。30分にはボックス左の外山凌がダイレクトボレーを狙うが、これは枠を捉え切れない。対してカウンター主体の戦いとなった群馬は攻撃の回数こそ少ないが、河田篤秀の反転シュートや2戦連発を狙う佐藤亮がフィニッシュに顔を出した。 ゴールレスで折り返した後半も拮抗した展開は変わらず。互いに交代カードを切りながら勝ち点3を意識した戦いを見せるもゴールが遠い。しかし、このままタイムアップかに思われた試合は最終盤に大きく動いた。 まずは90分、鹿児島が自陣中央でのボール奪取から右サイドで背後を狙う有田光希にボールを繋ぐと、そのままボックス付近まで切り込んで有田が放った左足シュートが相手DFにディフレクトする形でゴール右隅に決まった。 頼れるベテランの先制点によってホームチーム勝利かに思われたが、群馬も土壇場で意地を見せた。ほぼラストプレーとなった97分、失点に繋がるボールロストを犯した佐川洸介の足元にボールが入ると、佐川は冷静な左への持ち出しからペナルティアーク付近で左足を一閃。強烈なシュートがゴール右隅の完璧なコースを射抜き、土壇場で追いついた。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、後半終盤に打ち合う形となった下位対決は痛み分けに。 中位に位置する藤枝MYFCvs愛媛FCは、アウェイの愛媛が0-1で勝利した。 2連勝で10位に浮上した藤枝と、2試合連続0-4の大敗で9位の愛媛による好対照の両チームが激突した一戦。共に[3-4-2-1]の布陣でスタートした中、ホームの藤枝が主導権を掌握する。そして、完全に相手を崩し切るには至らなかったが、矢村健や西矢健人と前向きの前線や中盤の選手が積極的に足を振っていく。ただ、GK辻周吾を中心に要所で身体を張る愛媛の守備を前に前半のうちにゴールをこじ開けられなかった。 迎えた後半、選手交代によって劣勢の流れを脱した愛媛が完全に押し返すことに成功。すると、69分には右サイドの尾崎優成が早いタイミングで前線に送り込んだクロスをペナルティアーク付近の松田力が絶妙なワンタッチでボックス右のスペースに流すと、これに反応した石浦大雅が冷静に左足でゴール左隅へ流し込んだ。 その後はリスクを冒して前に出るホームチーム、カウンターで背後を狙うアウェイチームという構図の下で一進一退の攻防が繰り広げられたが、互いにゴールを割ることはできず。この結果、敵地で藤枝の連勝を止めた愛媛が3試合ぶりの白星を収めた。 ◆明治安田J2第24節 ▽7/13(土) 藤枝MYFC 0-1 愛媛FC 鹿児島ユナイテッドFC 1-1 ザスパ群馬 ▽7/14(日) 《18:00》 ブラウブリッツ秋田 vs レノファ山口FC 水戸ホーリーホック vs 横浜FC ヴァンフォーレ甲府 vs V・ファーレン長崎 《19:00》 モンテディオ山形 vs いわきFC 栃木SC vs ファジアーノ岡山 ジェフユナイテッド千葉 vs ロアッソ熊本 徳島ヴォルティス vs ベガルタ仙台 大分トリニータ vs 清水エスパルス 2024.07.13 21:30 Sat
栃木SCは13日、「2024 SUMMER LIMITEDユニフォーム」を発表した。 クラブカラーは黄色の栃木だが、「2024 SUMMER LIMITEDユニフォーム」はカーキ色。「夏の過酷なゲームを戦いぬく強さ、激しさ、冷静さを象徴するユニフォーム」とし、「エンブレムを縁取ったデザインが重なり合い、連結している様は連動性と一体感をイメージ」しているという。 背面は前面カーキ色だが、前面はカーキ、ブラック、ベージュが組み合わさったカラーリングに。カーキは「強さとタフさをイメージ」、ブラックは「強さと存在感を示す」、ベージュは「優雅さと洗練されたイメージを追加」しているという。この組み合わせで「視覚的にクールかつ力強い印象」を表現した。 また、GKは同じデザインだが、サックスブルーとブラック、グレーの組み合わせ。サックスブルーは「冷静さと信頼をイメージ」、ブラックは「強さと存在感を示す」、グレーは「安定感と洗練されたイメージを追加」しており、「冷静かつ鋭くゴールを死守し、戦う強さを持つ姿を表現」している。 ファンは斬新なカラーリングに「いいね」、「カーキとは渋い」、「デザインカッコイイ」、「かっこよ」、「まじでかっこいい!」、「なんか新鮮」とコメント。一方で、「腹巻しているのかと」、「遠目に見たら腹巻じゃん」、「チビTに見える」とコメントも集まっている。 この「2024 SUMMER LIMITEDユニフォーム」は8月17日(土)のブラウブリッツ秋田戦、同25日(日)のヴァンフォーレ甲府戦、9月22日(日)の鹿児島ユナイテッドFC戦、同29日(日)のいわきFC戦で着用される。 <span class="paragraph-title”>【動画】栃木がリミテッドユニフォーム発表!斬新なカーキ色は評判だが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_MX4BUiDcQw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.13 14:40 Sat

記事をさがす

藤枝MYFCの人気記事ランキング

1

【Jリーグ出場停止情報】首位窺う鹿島のエースFW鈴木優磨らが出場停止

Jリーグは27日、出場停止選手を発表した。 J1では3名が出場停止に。最下位に苦しむ北海道コンサドーレ札幌のDF岡村大八、首位を窺う鹿島アントラーズのFW鈴木優磨、名古屋グランパスのMF内田宅哉が出場停止となる。 また、J2では7名が出場停止に。大分トリニータは、DF安藤智哉、FW長沢駿、MF保田堅心と3名が出場停止となる。 なお、J3はいわてグルージャ盛岡のDF深川大輔、ガイナーレ鳥取のFW富樫佑太が出場停止となる。 【明治安田J1リーグ】 DF岡村大八(北海道コンサドーレ札幌) 第21節 vs湘南ベルマーレ(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ) 第21節 vs湘南ベルマーレ(6/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF内田宅哉(名古屋グランパス) 第21節 vs湘南ベルマーレ(6/30) 今回の停止:1試合停止 【明治安田J2リーグ】 MF南秀仁(モンテディオ山形) 第22節 vsブラウブリッツ秋田(6/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFラファエル(栃木SC) 第22節 vsベガルタ仙台(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF飯田貴敬(ヴァンフォーレ甲府) 第22節 vs大分トリニータ(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFウエンデル(藤枝MYFC) 第22節 vsザスパ群馬(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF安藤智哉(大分トリニータ) 第22節 vsヴァンフォーレ甲府(6/29) 今回の停止:1試合停止 FW長沢駿(大分トリニータ) 第22節 vsヴァンフォーレ甲府(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF保田堅心(大分トリニータ) 第22節 vsヴァンフォーレ甲府(6/29) 今回の停止:1試合停止 【明治安田J3リーグ】 DF深川大輔(いわてグルージャ盛岡) 第19節 vs大宮アルディージャ(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW富樫佑太(ガイナーレ鳥取) 第19節 vs奈良クラブ(6/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2024.06.27 20:40 Thu
2

【Jリーグ出場停止情報】J1では5選手が出場停止、広島DF佐々木翔はミッドウィークの横浜FM戦が出場停止に

Jリーグは17日、明治安田Jリーグの出場停止選手を発表した。 J1では、FC東京のDFエンリケ・トレヴィザン、東京ヴェルディのMF見木友哉、川崎フロンターレのMF橘田健人、サンフレッチェ広島のDF佐々木翔、アビスパ福岡のMF紺野和也が出場停止となる。 J2では、ブラウブリッツ秋田の小野原和哉、藤枝MYFCの内山圭、J3ではガイナーレ鳥取の温井駿斗、FC琉球の佐藤祐太が出場停止となる。 内山に関しては、15日に行われた明治安田J2リーグ第20節の横浜FC戦で一発退場。Jリーグは「ペナルティーエリア外で、ドリブルをしていた相手競技者に対し、ボールにプレーできず反則で止めた行為は、「相手チームの決定的得点機会の阻止」に該当する」と判断。「DOGSO」で1試合の出場停止となった。 【明治安田J1リーグ】 DFエンリケ・トレヴィザン(FC東京) 第19節 vs湘南ベルマーレ(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF見木友哉(東京ヴェルディ) 第19節 vs名古屋グランパス(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF橘田健人(川崎フロンターレ) 第19節 vsアルビレックス新潟(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF佐々木翔 (サンフレッチェ広島) 第13節 vs横浜F・マリノス(6/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF紺野和也(アビスパ福岡) 第19節 vsFC町田ゼルビア(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J2リーグ】 MF小野原和哉(ブラウブリッツ秋田) 第21節 vs清水エルパルス(6/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 GK内山圭(藤枝MYFC) 第21節 vsV・ファーレン長崎(6/22) 今回の停止:1試合停止 【明治安田J3リーグ】 DF温井駿斗(ガイナーレ鳥取) 第18節 vsFC岐阜(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF佐藤祐太(FC琉球) 第18節 vs大宮アルディージャ(6/22) 今回の停止:1試合停止 2024.06.17 23:05 Mon
3

【Jリーグ出場停止情報】広島FW満田誠も出場停止、ミッドウィークの横浜FM戦で退場

Jリーグは20日、出場停止選手を発表した。 今回追加されたのはサンフレッチェ広島のFW満田誠。19日に行われた明治安田J1リーグ第13節延期分の横浜F・マリノス戦でイエローカードを2枚受けて退場し、22日に行われる第19節の柏レイソル戦が出場停止となった。 【明治安田J1リーグ】 DFエンリケ・トレヴィザン(FC東京) 第19節 vs湘南ベルマーレ(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF見木友哉(東京ヴェルディ) 第19節 vs名古屋グランパス(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF橘田健人(川崎フロンターレ) 第19節 vsアルビレックス新潟(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW満田誠(サンフレッチェ広島) 第19節vs柏レイソル(6/22) 今回の停止:1試合停止 MF紺野和也(アビスパ福岡) 第19節 vsFC町田ゼルビア(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田J2リーグ】 MF小野原和哉(ブラウブリッツ秋田) 第21節 vs清水エルパルス(6/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 GK内山圭(藤枝MYFC) 第21節 vsV・ファーレン長崎(6/22) 今回の停止:1試合停止 【明治安田J3リーグ】 DF温井駿斗(ガイナーレ鳥取) 第18節 vsFC岐阜(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF佐藤祐太(FC琉球) 第18節 vs大宮アルディージャ(6/22) 今回の停止:1試合停止 2024.06.20 18:55 Thu
thumb
4

鹿児島vs群馬の残留争い直接対決は終盤打ち合いの劇的ドロー…愛媛が3戦ぶり白星で連敗ストップ【明治安田J2第24節】

明治安田J2リーグ第24節の2試合が13日に行われた。 共に降格圏に低迷する鹿児島ユナイテッドFCvsザスパ群馬は、1-1のドローに終わった。 2連敗で18位の鹿児島と、前節16戦ぶりの白星を挙げた最下位の群馬によるシックスポインターは、立ち上がりからホームの鹿児島がやや優勢に進めていく。サイドを起点にシンプルなクロスでファーの選手を使って幾度かチャンスを創出。30分にはボックス左の外山凌がダイレクトボレーを狙うが、これは枠を捉え切れない。対してカウンター主体の戦いとなった群馬は攻撃の回数こそ少ないが、河田篤秀の反転シュートや2戦連発を狙う佐藤亮がフィニッシュに顔を出した。 ゴールレスで折り返した後半も拮抗した展開は変わらず。互いに交代カードを切りながら勝ち点3を意識した戦いを見せるもゴールが遠い。しかし、このままタイムアップかに思われた試合は最終盤に大きく動いた。 まずは90分、鹿児島が自陣中央でのボール奪取から右サイドで背後を狙う有田光希にボールを繋ぐと、そのままボックス付近まで切り込んで有田が放った左足シュートが相手DFにディフレクトする形でゴール右隅に決まった。 頼れるベテランの先制点によってホームチーム勝利かに思われたが、群馬も土壇場で意地を見せた。ほぼラストプレーとなった97分、失点に繋がるボールロストを犯した佐川洸介の足元にボールが入ると、佐川は冷静な左への持ち出しからペナルティアーク付近で左足を一閃。強烈なシュートがゴール右隅の完璧なコースを射抜き、土壇場で追いついた。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、後半終盤に打ち合う形となった下位対決は痛み分けに。 中位に位置する藤枝MYFCvs愛媛FCは、アウェイの愛媛が0-1で勝利した。 2連勝で10位に浮上した藤枝と、2試合連続0-4の大敗で9位の愛媛による好対照の両チームが激突した一戦。共に[3-4-2-1]の布陣でスタートした中、ホームの藤枝が主導権を掌握する。そして、完全に相手を崩し切るには至らなかったが、矢村健や西矢健人と前向きの前線や中盤の選手が積極的に足を振っていく。ただ、GK辻周吾を中心に要所で身体を張る愛媛の守備を前に前半のうちにゴールをこじ開けられなかった。 迎えた後半、選手交代によって劣勢の流れを脱した愛媛が完全に押し返すことに成功。すると、69分には右サイドの尾崎優成が早いタイミングで前線に送り込んだクロスをペナルティアーク付近の松田力が絶妙なワンタッチでボックス右のスペースに流すと、これに反応した石浦大雅が冷静に左足でゴール左隅へ流し込んだ。 その後はリスクを冒して前に出るホームチーム、カウンターで背後を狙うアウェイチームという構図の下で一進一退の攻防が繰り広げられたが、互いにゴールを割ることはできず。この結果、敵地で藤枝の連勝を止めた愛媛が3試合ぶりの白星を収めた。 ◆明治安田J2第24節 ▽7/13(土) 藤枝MYFC 0-1 愛媛FC 鹿児島ユナイテッドFC 1-1 ザスパ群馬 ▽7/14(日) 《18:00》 ブラウブリッツ秋田 vs レノファ山口FC 水戸ホーリーホック vs 横浜FC ヴァンフォーレ甲府 vs V・ファーレン長崎 《19:00》 モンテディオ山形 vs いわきFC 栃木SC vs ファジアーノ岡山 ジェフユナイテッド千葉 vs ロアッソ熊本 徳島ヴォルティス vs ベガルタ仙台 大分トリニータ vs 清水エスパルス 2024.07.13 21:30 Sat
5

清水FW千葉寛汰が藤枝へ育成型期限付き移籍「誰よりもギラギラしてゴールに貪欲に」

藤枝MYFCは3日、清水エスパルスからFW千葉寛汰(21)が育成型期限付き移籍で加入すると発表した。 移籍期間は2025 年1 月31 日まで。加入期間中、清水との公式戦には出場できない。 静岡市出身の千葉は清水のジュニアユースで育ち、2022年にトップ昇格。同年の後半戦からFC今治へ育成型期限付き移籍すると、J3リーグ22試合で12ゴールを叩き出した。 昨シーズンは前半戦を徳島ヴォルティスでプレーし、J2リーグ8試合0ゴール。後半戦から再び今治へ期限付き移籍すると、J3リーグ16試合で7ゴールをマークした。 今シーズンから清水に復帰するも、出場機会は増えず。J2リーグで5試合、YBCルヴァンカップで1試合、天皇杯で1試合の出場にとどまっていた。 再び武者修行へ出ることが決まった千葉は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆藤枝MYFC 「このようなチャンスをいただき感謝しています。誰よりもギラギラしてゴールに貪欲に向かっていきます!よろしくお願いします」 ◆清水エスパルス 「皆さんからの大きな期待に応えられず、悔しい気持ちしかありませんが、自分の力の無さを認めて新しい環境で精一杯頑張ります。必ず這い上がってアイスタで躍動する姿をお見せします。応援していただいた方々、期待してくださっていた方々本当にありがとうございました」 2024.07.03 11:20 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly