衝撃OG記録も…横浜FCが小川航基の2発で湘南とドロー【明治安田J1第2節】

2023.02.24 21:07 Fri
©︎J.LEAGUE
24日、明治安田生命J1リーグ第2節の湘南ベルマーレvs横浜FCがレモンガススタジアム平塚で行われ、2-2の引き分けに終わった。

湘南はアウェイでの開幕戦を5-1とサガン鳥栖に快勝。ハットトリックを達成した大橋祐紀と日本代表FW町野修斗の2トップを筆頭に、山口智監督はこの日も前節と同じ11人を先発に起用した。
一方の横浜FC・四方田修平監督も初戦と同じ11人をスタメンに起用。0-1で敗れたものの一定の手ごたえを得た名古屋グランパスと同様、ユーリ・ララら新加入選手5人が中盤を形成する[4-2-3-1]を継続した。

雨中の"神奈川ダービー"はキックオフからのファーストプレーでネットが揺れる。横浜FCは長いボールを起点にこぼれ球を回収し、縦パスを小川航基へ当てて人数を掛けると、井上潮音が引き取ってボックス右へ侵入。転倒するも近藤友喜がつなぎ、小川が左隅へ流し込むと、副審は旗をあげたが、VARによる長いオフサイドチェックの末にゴールが認められた。

想定外の先制パンチを食らった湘南だったが、すぐさま攻勢に転じる。町野、大橋、永木亮太と立て続けにフィニッシュシーンを迎えると、11分には石原広教のインターセプトから古巣対戦となる小野瀬康介が運んでフリーの町野。17分には中盤の小野瀬からの対角フィードを大橋が頭で落とすと、町野が右足のファーストタッチでンドカ・ボニフェイスをかわし、左足のコントロールショットを沈めて同点とした。
互いにゴール前での攻防が繰り広げられ、小川のポストプレーから井上の左足ボレーが左ポストを叩いた直後の23分、想定外の形で次の1点が生まれる。自陣深い位置からビルドアップする横浜FCに湘南がプレスをかけると、左に開いていた和田拓也が大きなサイドチェンジ。だが、右足のキックはアウトにかかり、そのまま自陣のゴールへ吸い込まれてしまった。

ただ、信じられないオウンゴールにも横浜FCは意気消沈せず、小川が足の長い強烈な一撃を放てば、三田啓貴もミドルを見舞う。それを上回るような勢いで湘南も町野がCKから右ポスト直撃のシーンを作り、直後にもGKとの一対一を迎えた。

追い掛ける横浜FCだったが、前半終了間際にアクシデントが発生。ガウリエウが町野との競り合いの最中に足を痛め、自ら交代を申し入れて岩武克弥が急遽ピッチに送られる。

互いに鋭い攻撃を見せながらも、ボックス侵入数やシュート数では湘南に差を付けられた横浜FCは、ハーフタイムにも井上に代えてカプリーニを投入。続けざまに鋭い左足を見せ、GKソン・ボムグンの仕事を増やす。

66分には小川のヘディングが右ポストを掠めるなど、相手陣地での時間を増やす横浜FCはセットプレーの数も増え、FKからはこぼれ球を拾った途中出場の橋本健人が狙う。すると83分、カプリーニの左CKから小川が高い打点のヘディングを叩き込み、ついに試合を振り出しに戻した。

選手交代を含めて4バックに布陣を変更したものの追い付かれた湘南は、直後にCKから波状攻撃を仕掛けると、ボックス内で町野が中村拓海に倒されてホイッスル。PKが宣告された。だが、VARによる確認の結果、混戦の中で湘南にオフサイドがあったとし、判定は変更となった。

9分以上のアディショナルタイムまでゴールに迫った両チームだったが、同点のままタイムアップ。激闘の末に勝ち点「1」を分け合った。

湘南ベルマーレ 2-2 横浜FC
【湘南】
町野修斗(前17)
OG(前23)

【横浜FC】
小川航基(前1)
小川航基(後38)
関連ニュース

町田がJ1初挑戦から2試合目で歴史的1勝! 米本拓司一発退場の名古屋は開幕連敗【明治安田J1第2節】

明治安田J1リーグ第2節の1試合が2日に豊田スタジアムで行われ、アウェイのFC町田ゼルビアが名古屋グランパスを1-0で下した。 0-3完敗スタートの名古屋は4選手が入れ替わり、ハ・チャンレと中山の新戦力に米本、永井が先発。一方、引き分け発進の町田は出場停止の仙頭と負傷のナ・サンホに代わり、下田と藤尾がスタートから出場した。 どちらが勝っても今季1勝目となる戦いは立ち上がりからオ・セフンをターゲットにしたシンプルな攻めを繰り出す町田のリズムに。守りでも名古屋に崩しまでもっていかせず、先にペースを掴む。 すると、21分に敵陣右サイドでのロングスローから、その跳ね返しを拾った鈴木が右足でクロス。オ・セフンもゴール前に飛び込むなか、藤尾が今季第一号をヘッドで決め、町田が先手をとる。 前節に続いて先制の町田は39分にもボックス左の藤尾が縦に仕掛けてからの折り返しにオ・セフンが反応し、追加点に迫る場面も。結局、前半を通じて持ち前の強度で上回り続け、試合を折り返す。 後半も序盤から町田がセットプレーを駆使しながら追加点に迫る形を作るなか、名古屋も重心を前目に置くが、なかなか突破口を見いだせず。63分には山中と中山の代わりに倍井と久保を送り込む。 そのなか、前半と同じリズムをもって試合を進める町田も次のひと刺しを狙い続けるなか、74分にミッチェル・デュークを投入。そのタイミングで名古屋も目玉新戦力の山岸を送り込み、勝負に出る。 そんな名古屋は87分にもパトリックと井上の新加入勢を送り出したが、87分に自陣低い位置で藤尾とボールを争った米本が相手が裏を抜け出そうとしたところを手で止め、痛恨のレッドカードが下る。 数的優位に立った町田は最後まで試合のコントロールを失わず、J1初挑戦から2試合目でクラブ史に残る初勝利。名古屋はホーム開幕戦でも仕切り直せず、連敗スタートとなっている。 名古屋グランパス 0-1 FC町田ゼルビア 【町田】 藤尾翔太(前21) 2024.03.02 16:05 Sat
thumb

激しいつばぜり合いは湘南が制す!鈴木章斗の決勝点で京都を退け今季初勝利【明治安田J1第2節】

2日、明治安田J2第2節の京都サンガF.C.vs湘南ベルマーレが、雪の舞うサンガスタジアム by KYOCERA行われ、アウェイの湘南が2-1で勝利を収めた。 京都は柏レイソルとの開幕戦を、後半アディショナルタイムに追い付いての引き分けで終え、対する湘南ベルマーレは川崎フロンターレとの"神奈川ダービー"で逆転負けを喫した。 互いに今季初勝利を目指したゲームは、序盤から攻め合う展開となり、8分にはホーム開幕戦に意気込む京都が、カウンターから福田の右足心之助が右足を振る。 これをしのいだ湘南は、前節同様セットプレーから先制点を奪う。15分、右CKはGKク・ソンユンにパンチングされるも、ペナルティアーク左で待ち構えていた田中聡がダイレクトで左足を一閃。グラウンダーのシュートを鈴木章斗がスルーすると、ボールは右隅へ吸い込まれた。 先手を取られた京都だが、4分後にすぐさま追い付いて見せる。福田のクロスを田中がクリアし切れず、豊川雄太に収まると、ワントラップからの右足シュートが左ポストに当たってゴールインした。 以降も目まぐるしい攻防が続き、21分には京都のハイプレスを回避した湘南が決定機を作るが、池田昌生の右足フィニッシュはわずかに左へ外れ、3分後にも鈴木雄斗のスルーパスから鈴木章斗がGKとの一対一を迎えたが、このシュートも枠の左へ逸れた。 京都も27分に右クロスから原大智、湘南も30分に麻田将吾とのスプリント勝負を制したルキアンがGKとの一対一を迎えたが、両守護神が立ちはだかり、好機の多かった前半はタイスコアに終わる。 折り返しての51分には。京都の2センターバックを湘南の2トップが翻弄し、鈴木章斗が決定機を迎えたが、GKク・ソンユンがビッグセーブを披露し、ゴールを許さない。対する京都は69分、右CKから原大智がネットを揺らすも、GK富居大樹に対する川﨑颯太のファウルを取られ、ゴールは認められなかった。 再びスコアが動いたのは82分、湘南は左CKを獲得すると、杉岡大暉のキックをニアで大岩一貴がフリックし、ゴール前でフリーとなっていた鈴木章斗が左足で蹴り込んだ。 再三再四チャンスを迎えていた20歳FWにようやくゴールが生まれた湘南は、最終盤には大野 和成らを投入して5バックで逃げ切り勝ち。今季初勝利を敵地で挙げている。 京都サンガF.C. 1-2 湘南ベルマーレ 【京都】 豊川雄太(前19) 【湘南】 田中聡(前15) 鈴木章斗(後37) 2024.03.02 16:00 Sat
thumb

柏が敵地で王者神戸を撃破! 新戦力の木下が83分決勝弾【明治安田J1第2節】

2日、明治安田J1リーグ第2節のヴィッセル神戸vs柏レイソルがノエビアスタジアム神戸で行われ、柏が0-1で競り勝った。 連覇を目指す神戸は開幕戦で昇格組のジュビロ磐田から順当に勝利。対する昨季残留争いの柏が王者相手に狙うは今季初白星。開幕戦は京都サンガF.C.と対戦し、後半ATの被弾でドロー発進…エース細谷に今季初ゴールも欲しい。 体調不良の吉田監督に代わって菅原コーチが指揮する神戸。開幕戦と同じ先発11人を並べたなか、10分、扇原のFKに山川が頭で合わせてファーストシュート。惜しくもゴール左へ外れる。 柏のポゼッションに対してカウンター主体で先制点を狙うなか、右ウイングの佐々木が積極的に最終ライン背後へスプリント。ファーストシュートに繋がったFKも佐々木が獲得したものだ。 柏も神戸同様、開幕戦と同じ先発11人。24分、自陣でのボール奪取から相手を連続で“剥がして”ロングカウンターを発動すると、最後はCKを獲得。これを機に流れを引き寄せ、直後には敵陣深くのハイプレスでショートカウンターも。 そんななか、やや劣勢の神戸にアクシデント。汰木が接触プレーで痛めて交代を余儀なくされる。33分、ジェアン・パトリッキがピッチへ入る。 その神戸は36分、センターサークル付近で扇原が柏の縦パスをカット、拾った山口を経由し前を向いた大迫が佐々木へスルーパス。佐々木はボックス右から右足を振るもゴール左へ外れる。汰木交代は痛いが、ここに来てギアが上がり、攻撃にも“らしさ”が現れる。 しかし、ゴールレスで折り返した後半立ち上がりに再びアクシデント。51分、積極性が光った佐々木が痛め、武藤との交代に。武藤が今季初出場となった一方、神戸はこの時点で残りの交代可能回数が1回となった。 60分過ぎからオープンな展開となりながらも、決め手を欠く両チーム。柏は67分、白井・山田・小屋松を下げ、島村・土屋・木下をピッチへ。今季加入の島村がJ1デビューとなったなか、細谷&木下の2トップに変更する。 柏としては、前半から引き続きポゼッションで上回り、敵陣深くまで運ぶことはできるが、堅守神戸を上回る一手には乏しく、結果的に攻守を繰り返す展開。 神戸は試合も終盤に差し掛かる80分、最初の戦術的交代として、扇原を下げて宮代を投入。こちらも大迫&宮代の2トップに変更し、[4-4-2]のミラーゲームと化す。 そうなると、神戸と柏、互いに選手の守備位置を外した“動き出し”が重要となるわけだが、これを繰り出したのが柏。試合終盤、アウェイチームが王者相手に均衡を破る。 83分、後方からのロングボールを右サイドに流れた細谷が回収すると、粘って潰れ、追い越した島村にボールが渡る。ボックス右外まで運んだ島村が中央へラストパスを送り、これに途中出場の木下が右足シュートで応え、GK前川の手をかすめてゴール右隅へと吸い込まれた。 追い込まれた神戸は猛攻へ。後半アディショナルタイム3分、二次攻撃から酒井が右からクロスを上げると、飛び込んだジェアン・パトリッキのヘディングシュートは惜しくもゴール右へ。 続く90+4分にはエース大迫がゴール前でドンピシャヘッド。今度は枠をとらえるも、柏GK松本のファインセーブに遭う。最終盤に来てようやく決定機を迎えた神戸だが、結局最後まで1点が遠く、0-1でタイムアップ。王者は第2節にして今季初黒星となった。 柏は昨季2戦2分けの王者から勝ち点「3」。接戦をモノにし、開幕1勝1分けとした。 ヴィッセル神戸 0-1 柏レイソル 【柏】 木下康介(後38) 2024.03.02 15:05 Sat

町田がナ・サンホ&山口瑠伊の負傷報告…両選手とも今季加入

FC町田ゼルビアは2日、FWナ・サンホとGK山口瑠伊の負傷を発表した。 新加入のナ・サンホは先の明治安田J1リーグ開幕節に先発し、存在感を発揮したが、23分にピッチを後に。同じく今季から加入の山口はベンチ外だった。 ナ・サンホは右ヒザ内側側副じん帯損傷の負傷。離脱期間は明かされていないが、しばらく不在となる。山口は2月21日の練習中に負傷し、右足関節捻挫と診断された。 両選手は2日に敵地で行われる第2節の名古屋グランパス戦でメンバー外に。引き分け発進のチームは初勝利を目指す。 2024.03.02 14:20 Sat

【J1注目プレビュー|第2節:名古屋vs町田】共に悔しさ残る開幕戦、今季初勝利を掴むのは!?

【明治安田J1リーグ第2節】 2024年3月2日(土) 14:00キックオフ 名古屋グランパス(20位/0pt) vs FC町田ゼルビア(11位/1pt) [豊田スタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆開幕は惨敗、ホームですぐに取り戻せ【名古屋グランパス】</span> 開幕戦は鹿島アントラーズをホームに迎え、0-3で惨敗。ホーム開幕戦で手痛い現実を突きつけられてしまった。 ディフェンスラインを一新した今シーズン。強固な守備を売りにしていた名古屋にとっては、経験値の低い選手に入れ替わったことで苦戦は予想されていた。しかし、まさかの3失点。新体制での鹿島に力負けしてしまった印象だ。 特に昨シーズン後半戦から鳴りを潜めた攻撃陣は今シーズンも懸念材料になりそうな予感。わずかシュート5本に終わってしまった。 攻撃と守備は切り離すことができず、良い攻撃ができなければ守備は後手に回り、良い守備ができなければ、攻撃もスムーズに行かない。切り離せない両者だが、どちらかで自信を持ったプレーができるかが重要。2トップで臨む新シーズン、まずは初ゴールを奪って勝利を手にしたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:ランゲラック DF:野上結貴、ハ・チャンレ、井上詩音 MF:中山克広、米本拓司、山中亮輔 MF:稲垣祥、森島司 FW:和泉竜司、キャスパー・ユンカー 監督:長谷川健太 <span class="paragraph-subtitle">◆J1の底力を知った開幕戦、歴史的1勝へ【FC町田ゼルビア】</span> ホームで迎えたクラブ史上初のJ1のゲームは、終盤にガンバ大阪に追いつかれて1-1のドローに終わった。 近年低迷するG大阪が相手であり、前半から押し込む展開に持ち込めていたが、仙頭啓矢の退場で流れが一変。数的優位に立ったG大阪が前に出続けると、最後は耐えきれず、宇佐美貴史の完璧なFKに沈んだ。 それでも、初ゴール、初勝ち点と歴史的な一歩を踏み出した町田。次の一歩は初勝利だろう。ただ、仙頭は出場停止、FWナ・サンホは負傷交代と不安材料は残る。昌子源も開幕戦を欠場し、名古屋戦も難しそうだ。 そして、今季の町田には外国籍枠の問題が浮上。ただ、ナ・サンホが不在となれば、昨季エースとして活躍したミッチェル・デュークも出番があるはず。オーストラリア代表FWがチームに活力をもたらせるだろう。 相手の守備陣は不安を抱えた状況。攻撃陣が躍動し、強度の高いサッカーで名古屋食いを目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:谷晃生 DF:鈴木準弥、チャン・ミンギュ、ドレシェヴィッチ、林幸多郎 MF:バスケス・バイロン、柴戸海、下田北斗、平河悠 FW:ミッチェル・デューク、藤尾翔太 監督:黒田剛 出場停止:仙頭啓矢 2024.03.02 11:20 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly